1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ

GWも明け、仕事がとんでもない状況になってきた。

昨日も、晴天の土曜日だというのに、、、
朝から仕事場、午後から横浜。
いい陽気だなぁ
うららかな陽気の日のこことか、舞浜のお仕事って、
みんな幸せそうな顔してて、、、、好きくない。

んで、今日も午後からお仕事なんですが、
こんなふうに忙しくなってくると、ついつい億劫になってしまうのが、このブログの更新。
基本、本人は「自転車ブログ」と思っていて、
走ってもないし、ローラーも漕いでないから、更新の必要ないじゃん!かといえば、
目にする無法な存在とか、物欲とか、あれ買ったとか、成果の挙がらぬダイエットの話とか、、、
その瞬間は、今日は更新しよっ!と思うものの、
仕事を終えて、家に戻ると、
―あ~、もうひと文字も打ちたくねぇ。燃え尽きた。。。
あしたのジョー状態となり、
―面倒くせぇ。いっそもうやめちゃうか。。。どうせ走ってないし。
なんてことを思ったりする。

さて、毎年4月も半ばを過ぎるあたりから、あるキーワードで当ブログに来ていただける方が増えてまいります。
「佐渡ロングライド」
私、2007年に130、2008年に210に出場し、完走レポをアップしておりますが、
先日、ひさ~しぶりに読み返してみると、ヘタレテースト満載で、
それぞれの距離が初めてという方には、多少は参考になるかも(汗)、
今回、初出場の方々。
走ってみれば、時間は思っている以上にあります。
敵は、混み混みトイレの排泄対策と、後半に控えた坂。
沿道のあたたかな声援を励みに、がんばって、楽しんできてくださいませ。
あとは、、、晴天を祈ってます!

…なんてことを思いながら、自らのレポを読んでいたところ、
ついでに読んだ前後の記事で、
―ブログって書いてるといいねぇ~
と思わず、頬が緩んでしまう写真が、
きゃ、きゃわゆい
きゃ、きゃわゆい
たしかこんときは、、
―わが息子もずいぶん大きくなったな~
なんてことを思って、眺めていたと記憶してますが、2年後の現在と見比べてみれば、
こにくたらしぃ!
一目瞭然。2年前のかわいさ倍増。
よく悪友や自転車仲間から
「大きくなったな~」
と言われても、毎日顔をつき合わせている親父からしてみると、いまひとつ実感できませんからねぇ。そして、思った。
―このブログ、ひょっとして将来の息子に向けての最高のプレゼントになるかも。これからも疲れた体に鞭打って、細々と続けていくかねぇ。

で、早速、新たな思い出を付け加えようと、
いま、この記事を書きながら、、、
―父ちゃんさ、今日は午前中なら走れるんだけど、これから一緒に走らない?
とネタ作り走に誘うと、
「だめ!忙しい」
と、あっさり断られる。まったく親の心、子知らず。
―しゃ~ない!母ちゃん、行こう!
スポンサーサイト
昨晩、帰省先から毎度のように肥えて戻ってまいりました。

年末年始と、息子が高熱を出したり、
(休日診療所に感謝)
落ち着いたと思ったら、、
―人口カバー率90%以上地域から外れてたり、
(地元民の妻に言わせりゃ、予想の範疇だったようだ)
で、すっかりご挨拶が遅れてしまいましたが、

あけまして おめでとうございます
ほとんど自転車に乗らない自転車ブログ化しておりますが、
本年もよろしくお願い申し上げます。

んで、今年1本目のエントリーも非自転車ネタの近況報告となります。
実は心ひそかに…
―今年はボチボチとRunでもはじめてみようかな。。。
と思ってたりもしていたのですが、
今年はなんか天候がおかしいのか、普段はほとんど雪の降らない、この三陸の町も、
大晦日、元旦と、うっすら雪化粧である。
「外はすべるから危ないよ」
という義父母の言葉に甘えて、いきなし挫折の“炬燵の人”となり、
獅子舞
各戸を訪ねてくれる獅子舞を堪能したり、
神様
ここは漁業の町なので、神信仰も強いです。
あ~、古きよき日本の風習を味わう。
                    ↑   ↑
あっ、このご祈祷の2日にようやく高熱にうなされていた息子も復活。
上半身は神妙にしておりますが、
しびれ
慣れない正座に、ぴくぴく動く足の指がいとおかし(笑)

んで、復活したと思ったら、もう帰京の時間。
ローカル線が吹雪で不通となってしまったため、
義父母に最寄の新幹線駅(といっても車で2時間近いけど)まで送っていただき、
なんか今回はお騒がせしただけの帰省となってしまいました。

で、昨夜、わが家に帰ると、
年賀状の束の中に、一通の封書を発見!
そのまま無視しようと思ったら、、、
「出るんでしょ?父ちゃん。いや、出ようよ、父ちゃん!一緒に」
山登りのご案内
―う~ん。どうしよ。
年明け早々になかなか忙しい日が続きそうだし、
これに出た日が父子関係逆転の日になりそうな気がする。。。

+31.9cm、+24.7kg

ありきたりですが・・・早いものです。

共働きのわが家。息子はゼロ歳時から保育園に通っており、
息子のほかにも、ゼロ歳から成長の過程を垣間見ることのできた子が数人おります。
「○○くん」―はい!
開始早々、そんな一人の子の名が呼ばれ、、ちょっとうる~~っ。。。

こんな調子で息子の番を迎えたら、思いやられるよ。
と思っていたら、免疫ができちゃったのか、意外と冷静に見入っておりました。
証書授与
うん!大きくなった!!
衣装のためか・・・・立派に見えるぞ!

学校からの贈り物のなかに、親としてかなりうれしいプレゼントがありました。
センスがいいなぁ。。。
養護教諭の先生からのものなのですが、
なかを開くと、1~6年の4月とこの3月の体重・身長が記載されておりまして、
―ふ~ん。身長が31.9センチ、体重が24.7キロか。大きくなったはずだ。
んで、洒落ているのが、この黄色いリボンでして、
『リボンの長さは6年間の身長の伸びと同じです。』
いかします。この先生の発案なのか、最近の流行なのかわかりませんが、
卒業生全員のリボンを切っている姿を思い浮かべて・・・感謝。

そう、息子よ。
いろいろな人の支えがあって、いまの自分があるんだよ。
常に感謝の気持ちを忘れちゃならん!

ということで、現在妻子は謝恩会出席中。
父はこれから街に、感傷の盃をひとりかたむけにまいります。
昨夜は、怪しい大人たちの集い“よるたま”の縮小版「ぷちたま」の日。
43にもなると、日頃の飲む機会は、どうも利害関係どっぷりになりがちとなりますが、
共通項は「趣味=自転車のみ」という会合は、純粋に愉しい。
冒頭から池袋に集まったのは、row_kumaさんシャウラさん。そこにしんすけさんが加わって、宴の幕開け。
 わいわい。ごくごく。むしゃむしゃ。がやがや。
うん!めでたし!!シャウラさんの自転車復帰も近そうです!
ん!? 話題の国産タイヤのインプレはどこかで早晩みられそうな気配。
ほ~ぉ! 今度の炭車はほんと強力ウェポンなんだな。。。
ふむふむ。実はアルミって、いいんじゃないか???・・・などなどなど。
そこに本日も朝(未明?)から朝練、家族サービス、宴会掛け持ちと忙しいおるべーさん登場。
わいわい、がやがや
さすがにお疲れ気味のようですが・・・それでもやっぱり元気でした。

さて、昨日のメインイベントは・・・例のブツの受け渡しでございました。
すでに受け渡しが完了した人からの評判が妙にいいブツですが、、、
か、かっこいい~
おお~!!
うっとり
これは噂に違わぬ、かっちょいいです!早速、袖を通すと・・・
―ほっ。
見栄張って、「L」にしたんだよね。この冬は楽しく乗れそうです。

今朝。
実は昨夜皆さんと別れた後、偶然にも旧友と遭遇し、タクシーにて深夜帰宅となってしまったのですが、ぷちたまの際、早い者勝ちの特権でゲットした至極の紙2枚を、妻に見せたところ、効果絶大である(いまごろ有給取得手続き中か?)。さるお方に大感謝である。

で、ご機嫌の妻を見送って、本日はあとで触れるような事情のため、家でお仕事。
その前に・・・。
存在すら忘れかけていた↓こいつ↓をセッティング。
ひさびさ、ねずみ
実は昨夜の会合の際、つくづく思ったのである。
だって、昨日の参加者って、大中小の規模の差こそあれ、このヘタレを除く全員がダイエット成功者、漕げば速え~方ばかりである。
―おらもがんばろ。
しかも、実は明日は、別のお仲間さんたちと、すげぇ~ロングライドが控えているのです。
「ゆっくりですから」なんてオフレが出てはおりますが、なんせ自転車乗りが言う言葉。話は半分で受け取らなくてはいけません。
さて、ジテツウ効果はいかに・・・
―ダメだ~。
以前と同じ強度のはずなのに、93~4で楽に回せてたのに、油断するとサイコン表示は89だよ。
で、90以上に戻し・・・汗だくだく。
45分が過ぎたころ、明日の予行練習に「アウターハイ」を踏んでみるも・・・つれ~!
55分でマシンを降りる。
―お前、がんばるんじゃなかったのか?せめてあと5分はやれよ!
と、自分で自分をつっこんでから、朝風呂を浴びる。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名前を「ひらがな」で書いていた当時だから、小学校低学年のころだったか。
ちょっと両親を恨んでいた時期があった。
―なんでこんな名前にしたの?って。
平仮名で書くと、女の子の名前が本当に嫌だった。
ある年の夏休み。田舎に遊びに行ったときのこと。
「○○君は、おじさんと同じ名前なんだね」と呼びかけられた。
とっても、男らしい方で、子供心に妙に嬉しくなった記憶がある。
その方が闘病の末に亡くなった。本日はお通夜。

ありがとう!

昨夜のよるたまは楽しかったなぁ。。。
結構なものまで頂戴して、息子も私も大喜びでございます。
row_kumaさん、まかだまさん、ありがとうございました。

で、楽しい宴の模様は、立ち直っていれば今夜にでもまとめることにして・・・

ふぅう・・・私、ただいま落ち込んでおります。
宴の後の埼京線のなかで、携帯に流れるニュースを目にいたしました。
酔っていたからじゃなかったんだ。。。今日も朝からさかんに流れています。

いろいろなものをいただきました。
勇気、興奮、、、まさに男惚れでした。
ありがとう!
ありがとう。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。