1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ざむかったぁ、手足耳がすべて千切れてるかと思った。
似非さざん海岸(笑)
(先日の初詣ライドで本家で撮れなかったので、職場近くの相似で・笑)
本日、厳寒のなか、今年初のジテツウをしぶしぶ決行です。

実は昨日の日曜日、ちょっと体調を崩しまして、早く寝てしまおうと、近所の蕎麦屋で真昼間から寝酒飲んでたら、電話。
―超スピードで、上げました!
との連絡あり。そそくさと千鳥足で受け取りに行きました。
メットじゃねぇよ、カバーだよ
「なに、これ?」
うん、いい質問!めがねケースです。なかには、、、
パリミキ自転車メガネ
一部で話題のパリミキ自転車専用メガネが入っとります。

ちなみに、このメガネケース。なかなか頑丈にできてるんですが、お店の方によりますと、
「なんでも日常的にはツール缶として使用できることを意識して作ったとのことです」とのこと。
めがねフレーム色にあわせた色もありますが、1,500円もとられるので、無料のこいつをもらってきましたが、
現在、後悔中。たぶん、近々、黄色を購入しにいくと思う。

で、こういうものってすぐに試したいけど、あいにく酔っ払いである。
―おし!明日のジテツウで試そう!
と、寝床についたのが昨晩のこと、、、まさかこんなに寒くなるなんてねぇ。。。
―電車で行きてぇ!
の思いを強くするも、なんとか体にムチ入れ、自転車通勤の支度。
―どう?父ちゃん?
「おお!いいじゃん、なかなかいいよ!」
とは息子の弁なので、父を褒めれば、なんかでるかもの魂胆みえみえで、外見評価はあてにならず(笑)

でわ、極寒のなかのファーストインプレッション!

実はこのメガネの外見を初めてみたとき気になっていたのは、、、
脇の空間
脇に過剰じゃねぇ?と思えるほど開いている空間でした。
―こっから風を巻き込んで、煩わしいんじゃないの~~~???
んで、私の場合、お店の人の・・・
「高価な薄いレンズと、安価な厚いレンズと両方現物見ましたが、厚いほうがかえって格好よく感じた」
という声に従って、分厚いレンズにした影響もあったのか、
まぁ、ミニベロのんびり走ではありましたが、
今日のような強風下での、30km/h前後の走行では、とくにレンズ内の風の遊びは感じずの合格点。

んで、その2。
わが息子のこのメガネの最大の感激ポイントだった。
―父ちゃん!めがねの色がどんどん変わってるよ!!
という子供らしい感動ポイントである、外光にあわせたレンズの色の変化ですが、、、いままでのが、
濃いの
こんな濃い色の偏光レンズだったので、それよりは心持ち眩しいかな~という気はするものの、
今日のような冬の光の限りでは、これまたOKという感じ。ただ、
仕事場につき、さぁ、仕事!と思ったとき、透明化まで多少時間を要するかなぁという感覚はありましたが、
(具体的にはパソコン画面が暗く感じるというか、、、)
ぼくの場合、仕事場について即仕事なんて気にはまずならないので、個人的には問題なし。

で、最大に感動したポイントは、、、夜間の快適さ。
ぼくは、コンタクトレンズってのがまったくダメなタイプなので、
コンタクト+普通のアイウエアという選択肢がなく、
上の写真の跳ね上げ式を使うしか方法はなかったのですが、
ご覧のように、跳ね上げ式のレンズ色は濃すぎて、夕方になると、かけながらの安全走行は問題あり!
しかも跳ね上げると、前傾姿勢とると、視界が邪魔で、満足に走れない状況でしたが、、、
邪魔なんだよ
こんなふうに跳ね上げて、前傾とると、上のグラサンが邪魔で前方みえないのね。。。ま、それで帰路は遅かったわけさ(爆)

それがこのレンズだと、夜は当然透明状態なので、クリア、クリア!!

夜の前傾姿勢を知らないド近眼自転車乗りとして、かなり感動的な体験でした。

走行距離 33.8キロ

ちなみにぼくは、4ランクある下から2つめのレンズにしました。
店員さんかえらとりあえず勧められた、傷がつきにくいレンズ?
―傷がつかないレンズじゃないんでしょ。なら、意味ないじゃん。
で、店員さんから助言のあったレンズの薄さ加工についても、個人的にはご指摘のとおり、このフレームには厚いレンズのほうがデザイン的にも合うような気がする。

あくまでも個人的な感想。
スポンサーサイト
この週末に控えた栄村に、ロードとミニベロのどちらで出ようか迷ってます。

大半が山岳コースとはいっても、
レース色のない宿泊45キロコースだし、特に今年は妻との~んびりと走るつもりなので、
速さ求める度0%。
ただ、少し前のエントリーにある灼熱の鎌倉・湘南を走った日の前夜に、
妻よりも自分のほうが足手まといになるんじゃないの?という怪我を負いまして、
少しでも楽な自転車で走りたいと、
通勤や街探索以外ではあまり使用しないミニベロで、距離走ったり、山を登ったり試しておりました。

んで、怪我というのが…あんまり絵を想像することお勧めしませんが、
右足親指の爪が縦に半分ぱっくりと割れて、爪なし地肌。
これがね、、、まじめに痛いし、連日の大量出血で、
怪我した当初は、栄村はDNS致し方なしかな、と思っておりました。

それがミニベロの軽いギアで走ってみると、
―平地も、坂ものんびりな分には意外といける?おし!出場はOK!
しかも、人間の回復力とは相当なもので、
2週間前にはすべて地肌だった右足親指左側に、本日現在2分の1強の爪が生えてまいりました。

さて、かなりゆっくりペースだったとはいえ、
先週の松郷・定峰ライドで、このヘタレ私がほぼアウターのみで上れたことから考えて、
(パンクのため、あの行程ではもっともキツイ白石手前は押し歩きだけど)
―ミニベロのほうが坂は楽!
は、ほぼ立証できたといえます。ただ、それを口にしちゃったんだよね。
黙ってれば、そんなちっちゃい自転車で大変だね、、だったのに、
「ふ~~ん。ミニベロは楽なんだ」
なんて妻や子に言われると、なんか癪。
―ほ、ほらさ。父ちゃんは去年も走ったから、同じ自転車じゃつまんないじゃん
とか、答えているけど(汗)

さらに、発見までされちゃった。
「父ちゃん、爪ずいぶん生えてきたね。血もでてないね」
あちゃあ~、包帯し忘れてたよ(汗)
つまり、、、そうだよ。痛みもほぼなし!の状態。
―ただね。今回母ちゃんに伴走する必要があるだろ。となると、ギアに余裕のあるミニベロのほうがなんとなく良さそうな気がするんだよね。
う~ん、あんまし説得力はないみたい。

ということで、出発のぎりぎりまでどちらで出るか悩んでみようと思う。

そのためには、その体制を整えなきゃね。
ということで、本日出勤前に開店直後の鹿浜・marco自転車タイヤショップに駆け込み、
ミニベロタイヤ
先日激しくバーストしてしまったミニベロタイヤを購入。
そういえば、ミニベロ購入2年、初のタイヤ交換か。。。そりゃパンクもするわな。

さらには先日、パンクさせちゃったお詫びと、ど~せなら久々のイベントはニュータイヤで走ってもらおうと、、、(決して父ちゃんはロードでもカーボンじゃんと気づかれる前の予防線ではない・汗)
650Cタイヤ
妻用に、なめらかな走りをするという評判のSERFAS SECA TRI購入。
marcoさんが有難いのは、ミニベロや650Cでも当然のように陳列されていること。ほんと助かります。

あとは、、、先日のパンク時に使い果たしたパンク修理パッチを買って、、、あっ!ご主人に聞いてみよう。
―すみません。タイヤが裂けちゃったときのパンク修理のコツってありますか?パッチで補強してもぜんぜんもたなかったんだけど。
「あっ、それならこういうのがあるよ。チューブとタイヤは素材が違うから、パッチはだめみたいだね」
と、タイヤ専用の補強物とあわせて購入。
タイヤブート
この商品については、できれば効果を試したくないので、
しばらく持ち歩くので、ご一緒する方、誰か試してください(笑)
先週のいつだったか?
朝、時間があったので、出勤前に自転車をいじっていると、、、ん? えっ! まさか!?
―こ、こわれた?
リビングにスコットを持ち出して、ひっくり返して、素人調整などしていたときのことである。
後輪をまわして、タイヤの様子などを観察していると、、、
―ん?キュっと変な音がする。
ブレーキ調整をし、再び、回してみるも、、、キュ、キュと定期的な異音が消えない。汗、ヒヤ汗。

車輪をまわし、後ろから眺めてみる。
うねうねしてるのを、肉眼で確認。
上から眺めてみると、キュキュ音の原因発見。
タイヤが蛇行し、あるポイントでフレームにすれていた。
再び、後ろから眺める。
―ふれだよね。ふれにしては大きいような気もするけど、、、
ホイール自体が曲がった?という考えを必死に打ち消し、仕事場へ―。

こんな調子で、先週の後半は常にホイールのことが頭をぐるぐるまわり、
仕事が手につかなかったりしました。

で、土曜日に少し時間ができたので、自転車屋さんにすっとんでいく。
いちおうゲンを担いで、
初代ロードGIOSに死亡宣告したお店をはずし、別のショップに。車に自転車積み込んでGO!
―すいません。ホイール見てもらえます?ふれですよね?曲がっちゃったわけじゃないですよね?
もう、祈るような気持ちである。
「たしかにずいぶん大きくゆれてるねぇ」
―ふれですよね?
「……」
―曲がっちゃってます?
「うん。大丈夫!ふれだ。このスポークがゆるんでる」
ほっ!よかった~!!

「でも、ごめんねぇ~。マビックのスポークレンチ、置いてないんだよ。うちじゃ、締められないや」
―えっ!普通のスポークレンチじゃ、ダメなの?
「うん、専用のが必要なの」
機会音痴全開の私。それを見越してか…
「ワイズさんとか、大きいお店いけばやってくれるよ。安心して」
―わかりました。時間があるとき行ってみます。
「ん?そういえば買ったときに、専用のレンチ、ついてたはずだよ。自分でしめればいいよ」

ということで、自宅に帰るや、いなや、、、
このMAVIC キシリウムエリートの元の持ち主である悪友に電話。
―ホイール買ったとき、レンチついてなかった?
「そんなんついてたかな~?ついてたような気もするし、、、ま、探して、それらしいのが見つかったら送るよ」
んで、首をなが~~~くして待つこと、約1週間。
本日、仕事を終えて、自宅に戻ると、宅配便が届いておりました♪
待ってたよ~
待ってたよ~。
早速、ゆるゆるにゆるんでいた1本のスポークをしめる。
後輪をまわしてみる。
まわった♪
をお!スムーズに回ってくれるじゃないか!よかった~!

すると、ここで妻。
「あっ!その宅配便。着払いだったんで、立て替えといたから」
―そ、ありがと。
と、しっかりと返金。
「お釣わたすから」
―いや、いらん。釣りはとっといて
なんせホイールが壊れたことを思えば、安い安い、、、渡したのは千円だけど。



さて、実は本日、もう一品、自転車関連の購入物があるんですが、
明日は出張で、朝早いんで、、、それはまたおいおい。
ちょっと切羽詰った状況にあり、
―あっ!これあとでブログに書こう!
とか思っても、すでにキーボード打つ気力がなかったり、健忘しちゃったりで、
またまた更新が滞ってます。
まぁ…ここ1週間のルーチンは、
朝起きて、飯食って、仕事場に来て、座って、終電か自転車で帰って、深夜に飯食って(昼抜いても、太るよな…泣)、寝るという、、究極のつまんない生活だからあえて人様の目に触れるブログに公表するまでのことも少ないんだけど。。。

んでも、1つだけ、ぜひ書いておきたいことがあるので、休憩時間に駄文を寄せる。

あれは、先週の末のことだったか、友人から着信。
「いいぞ!この土日のセール品だし、絶対買うべし!ただ、キモイからお揃いの色はやめろよ」
なんて内容のメールでございました。
―ふ~~ん。3,990円ねぇ。。。なら騙されたと思って買ってもいいけど、土日は一歩も外でれないな…
と、『街に出る用があったら、買っといて』と、妻に転送。

んで、土曜だか、日曜だかに仕事してると。。。着信。
「いいよ~!自分の分も買っちゃったよ。こりゃもう脱げないね」
と妻から大絶賛のメールです。
で、その日。明け方の3時だか、4時だかに寒風に凍えて、自転車で帰ると。
リビングに、私の分が置いてありました。
ライトダウン
ライトダウンジャケット BY ユニクロ

まず、驚いたのが持ってみて、着てみて、、、軽い!!
感覚―携帯電話、いやボールペンより軽いんじゃねぇの!?!?
一瞬...こんなんで暖かいのかねと思いましたが、、ごめんなさい、ユニクロさん。
これがねぇ。
きわめて温かいんでございます。

私、冬の普段着はチーム愛などさらさらないのに、温かいを理由に、
米メジャーリーグのスタジャン等々の防寒具を愛用しているんですが、
徒歩時には重宝しても、自転車のときは厚くて邪魔!
なので、ヒートテック、そのうえにポロシャツ+ダウンベスト(+鞄に長袖ジャージを忍ばせる)
で、通勤していたのですが、
3~4時帰宅となると、これじゃあ、さすがに寒くて、
帰宅後の熱燗の合数も...進みでしたが、

おとといだかにこいつを試してみたところ、Gooooood!!!!!
軽いので、まったく漕ぎの邪魔にならないし、
ジッパーを上まであげれば、ぬくぬくで、帰宅することができました。
お供がビールに
こうして収納することができるので、
往路お日様がでているときは、鞄に忍ばせることもできる。

あっ、ちなみにロードでバビュって走る方には、おそらく暑いかと思いますが、
の~んびりポタモード時の防寒にお困りの方は、ご検討されてもいいかも。

※セールが終わったため、5千円くらいになってると思われます。
今日は横浜・山手方面に行きたいところがあったんですが、
どうも事情が許してくれないみたい(泣)

んでわ、仕事場へと気持ちは思うんだけど、
昨日(土曜)の終日、、、
宇都宮
宇都宮仕事(適切な写真がない...)で、体が動かない。なので、自宅でへこへことお仕事。

―あ~、気分が乗らん。
気がつくと、出かけていた息子も戻ってきていたので、、、あっ!そうだ!
―2人とも、ちょっと手伝ってよ。
実はちょっとした事情により、ロード2台を車に乗せていたのですが、
そろそろ車検の時期が近づいておりまして(諭吉ひらひら・泣)、引き上げて来ようかと。
少しでも自転車に触れれば、気分転換になるかも?

外は寒いです。
手早く2つのフレームと、タイヤ4つを取り出して、、、
―そうだ。TREKのほうは2人で組み立ててみなよ。自分たちのなんだから。
「ええ!!できるかな~~」
やっとる。やっとる
…と言いながら、2人仲良く、多少悪戦苦闘し、組み立てておりました。

―おっ!ご苦労様。できたじゃん。
と、2人を眺めると、、、ん?あれれ??
この2人って、こんなに差があったっけ.....
目検討では、いつのまにやら5cm以上も息子のほうが大きい!?
―初の組み立て記念でこれ乗ってみる?
「え!いいの?」
―うん、もう父ちゃんのになったからいいよ。転んだらもちろん怒るけどね。
と、いうことで、息子初の炭車体験。
 ↓   ↓
初のカーボン
大きくなったとは言っても、私とはまだ10cm以上の差はあるはずなんだけど、
最近の子はほんと手足が長いので、結構さまになってたりした。
―どうだった?
「すごかった。これはスピードでそうだし、上りも楽そうだね」って、暗に父批判かよ(笑)

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。