1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.01まとめ

昨日はひさびさに仕事場にでかけて、カタカタ。
最近、ずっと自宅PCだったので、慣れないキータッチにはかどらず。
と、いうことで本日も再び、コタツでカタカタの日。
(今月の仕事場の家賃。。。もったいな)

ということで、私。仕方なくPCで仕事こそしてますが、
本当のところは、典型的なアナログ人間で、
日常的に持ち歩いている手帳はかなり大事なものであります。
公私のアポイントは言うに及ばず、その記載項目は多岐にわたり、
走った日には距離や場所、感想なんかもシコシコとメモっているのですが・・・
去年10月くらいに、その情報満載の手帳を、失くしてしまったんですね。

で、自転車の記録についていえば、いまでこそRUNNETを利用して走行日誌をつけるようにもなりましたが、それをはじめる秋以前の記録は・・・失くした手帳の中に。
サイコンは購入後しばらくしてから買ったものだし、
走った日のすべてをブログに書いているわけでもないので、
ロードを始めた1年目の記念すべき走行記録が、正確なところわからないのです。

それで、今年からは備忘録として「月のまとめ」をつけて見ることにしました。
自転車と、も1つ「あれ」についても・・・以下まとめ。

☆2008年1月のまとめ☆
・ずんどこの自転車生活
 走行距離 265.1km(年間合計 265.1km)
 反省…立て続けに妻と帝釈天ヘルシーロードを走るなど帰京後の出足こそ良かったものの、結果的に寒さに負けたことは明らかですね。今月は1回だった100K超をせめて2回は行い、来月はせめて400kmはクリアしたいものです。
・ずんどこの体格変化
 85.Xkg(27.X%)→81.9kg(26.2%)
 反省…2日に帰京直後の測定で、目をそむけたくなる数値が出、あまりのショックにコンマ以下を記入しませんでした。いちおう、減ってはいるようですが、昼飯を抜くとか、昼は蕎麦のみとか・・食事依存の結果なので。。。おそらくリバウンドもあるかと。そうならないようにも漕がねば。

スポンサーサイト
お仕事飽和状態で、
自宅-仕事場の往復時間ももったいない、
ということで、昨日以来、冬の仕事定位置である自宅リビングこたつに根をはやし、
気がつけば、本年初の完徹となりました。

連続15時間ほどにわたるカタカタ作業もお昼前にようやく終わり、
―ふぅ・・・
当初の予定では、走っちゃう!予定でしたが、
眠いし、寒いしで、かんたんに断念。
かといって、新たな仕事に取り組む気力も、体力もないので、
13時。ひさ~しぶりに寝室に向い、寝ちゃうことにしました。

zzz・・・

「父ちゃん!車で連れてって!」
気がつきゃ、横に息子がおりました。学校から帰ってきたようです。
―わり~ねむいんだ。
「スイミングさ。車で連れてってよ」
いつもは、1人電車に乗って2つ3つ先の駅まで行くのですが、
帰宅後、爆睡オヤジがいたので、楽をしたくなったようです。
たまにはいいかね。今日は進級試験だというので見てみたいし。。。
―ちょっと仕度するから待っててくれ

で、車走らせ、スイミングスクール着。
「じゃあ、ねぇ~~」
親といるより、友達といるほうがいいんでしょう。さっさと行ってしまう。
でも、いいんだ。スクールの近くにはスポーツ自転車専門店があるので、
独り物欲を刺激されに行く(本日はゲット物なし)。
で、早々と引き上げて、今度は銭湯に。
息子が通うスイミングスクールの裏手には、ごくふつ~の銭湯がありまして、
たま~の送迎の際には、必ず立ち寄る習慣となっています。
だから、出かける前の仕度というのもタオルとシャンプー、石鹸の用意。

いいですよね~銭湯って。
徹夜明け、仮眠後の疲れた体には応えられません。
―ああああ~きもちい~~って思わず、声もでます。
とくに、早い時間の銭湯じゃ、40そこそこの私なんて、若輩者で。
ジイサマたちの武勇伝にお付き合いするのも、また一興。
―あああ・・・疲れが抜けていく。。。
あたたかい湯船が名残惜しいですが、そろそろ進級試験の様子を見にいかねば!

すると、スクールの前で妻とばったり。
なんでも、仕事帰りに先ほど行った自転車屋さん(妻のTREKを購入した店です)に立ち寄り、チューブの補充と(この店は650Cを常に常備してくれています)、佐渡出場の報告に行ってたんだそうです。
で、そのまま2人でガラス越しに息子の試験鑑賞。
うん、なかなかいいでないかい・・・
泳いだあとの息子の感触もよかったようで、笑顔です。
―どうだった?
「ブイ!」
―ほ~よかったね。
しかも、差し出す手のひらには昇級のしるしのバッヂが2つ。
「なんかね。試験の後、先生にもう一個上の級も泳いでみればって言われてやってみたら、受かっちゃった」
お~、このスクールでは珍しいと聞く、飛び級合格! おめでと~!
息子はどちらかというと、運動が・・・なので、めでたいことです。

ながら族

風は強いようですが、天気に恵まれたこの週末。
私は時間の大抵をリビングのコタツで過ごしておりました。
部屋からノートPCを移動してきて、ゆっくりペースでお仕事。。。
カタカタ(一応、PC打つ擬音です)、カタカタ・・

ふと時間をみると、まもなくお昼。
―さぁ、大阪国際女子マラソンだ!!とチャンネルを合わせる。
福士さんはとっても好きなアスリートなので、
本日は仕事がなくても走らずに、TV観戦だったでしょう。。。
カタカタ・・・

スタート時間直前、なにやらリビング内が騒がしくなってきました。
―なにやってんの?
「そろそろ私もチューブ交換ができるようにならないとね。外は寒いから、ここでやろうと思って。気が散る?」
―いや。どうぞ・・・カタカタ・・・。
妻。最近、私以外の自転車ブログも複数愛読するようになったようで、
大魔王様は、いつでも、人を選ばず来るということを学習したようです。
それに、私は週末に出張や仕事が入ることが多く、
サラリーマンである妻が走れるときに、いつも付き合ってあげられるわけではなく、
佐渡130の完走に燃える妻曰く、
「チューブ交換は、いつでも独りで練習できるようにするために、乗り越えなきゃいけない壁」とのこと。なるほどその通りです。

「前輪と後輪どっちがいいかね」
―どっちも一緒だよ。ただ、後ろのほうがどっちかというとパンクも多いし、ホイールはずす練習になるんじゃない?
ということでカタカタ・・・する目の前で、こんな光景も始まりました。
チューブ交換のはじまり~

普段とっても過保護に育てているので、車輪外すだけで悪戦苦闘する妻。
カタカタ・・・ん!?もしもし、スプロケはずす必要ないんだから、ネジを取っちゃう必要はないんだよ。緩めるだけでいいんだよ。
カタカタ・・・タイヤひっぱれば、はずれるって・・・ほれ!?こうやって・・・
腰を上げて実技指導。。。カタカタ。

そうこうしているうちに福士さんは独走してます。がんばって!

カタカタ・・・タイヤレバーは2本目をずらしていくんだよ。。。ぱかってはずれない?
再び、実技指導。。。も一度戻して、さぁ、やってみて。カタカタ。。。
なんとかチューブはずしに成功。次いで、はめこみ作業に挑戦です。
カタカタ・・・あっ、ぐにゃぐにゃじゃなくて、少し空気入れてからのほうがいいよ。
そうそう。
やわらかいので妻にも簡単です

妻のタイヤは非常に柔らかく、あっという間にはめてしまいました。
「やった~できた!!」
―え!?こっからだよ。課題は。
「え、ほかにすることある?」
―携帯ポンプで空気入れ。外にフロアポンプは持ってけないでしょ。

予想通り、悪戦苦闘開始。
なんと!いきなし、バルブの先端を折ってしまって、本当にチューブ交換の必要に迫られ、
最初の手順からやり直しをし・・・(いい練習になったじゃないか)
再び、空気入れの段階にきて、1回、2回・・・20回・・・。
「もうだめだ~」
もう気になってカタカタどころじゃありません。
―何気圧くらいはいったか調べてみよう!
4気圧か・・・か弱い女性だとこのくらいなのかな・・・。
―とりあえず、イベントではアシストカー来るの待って空気入れてもらうか、ASまでたどり着いてね。念のためCO2ボンベも携帯しとこうかね。とりあえず、交換はできたんだから、もう1人でも走れるよ!

で、今度は組み立てに悪戦苦闘している姿をみながら・・・カタカタ再始動はじめるも。

福士さんに釘付けです。
なんというか・・・壮絶でしたね。
私、恥ずかしながら涙流して観戦しておりました。
今後に影響がでないか、かなり心配です。
さすがにマラソンの練習期間が短かったかな・・・
彼女が元気に走る姿。また、見れますよね。

ちなみに、肝心の仕事の進捗ですが・・・・(汗)。
本日(24日)は日帰り出張で、最終の新幹線で帰ってきたのですが、
最寄り駅に着くなり、妻に電話。
―あのメールほんと?ちょっとジョナサンまで出て来て。。。
で、いま酔っ払ってます。。だって、あまりにもびっくりさせるんだもの。。。

本来、本日のエントリーは単なる出張の備忘録。平和なもののはずでした。
だから、行きの新幹線では、車窓越しに、こんなカットを撮り・・・
富士山!

―あ~綺麗だな~今年もスバルラインを上りたいな・・・と思い、
本日の仕事先の浜名湖湖畔にいけば、
ちょっと仕事を抜け出して、パシャリとし、
浜名湖。ここも周ってみたおですね。

―あ~、琵琶湖の前に浜名湖も走っておきたいな・・・と思い、
たまたま出くわした知人から、
お酒の接待を受けたうえ、
食べかけですが・・・

こんなものまでご馳走していただき、
あ~いい1日だったで、終わる予定だったのですが・・・。

浜松駅につき、本日の仕事先である浜名湖畔に行くためのバスに揺られていたときのこと。
携帯がぶるぶる~とメール着信。妻からのようです。
おそらく、出張ご苦労様!っていうメールだろうね・・・と見てみると、
『父ちゃん!私も佐渡申し込んだよ』
(そうかいそうかい。そりゃ楽しみだね・・・)
『当日、息子のことはばあちゃんに頼んだから』
(手回し完璧だね。大事なことだよ)
『130でエントリーしたからね。がんばろうね』
(ん!?)

え、えーっ!!!!
妻が出るにしても、40キロのグルメ観光コースだと思い込んでおりました。
見間違いじゃないよな・・・
で、深夜のジョナサンに呼び出したわけですが、
―ほんとに130にエントリーしたの?
「うん」
―130ってさぁ・・・Z坂とかあるんだよ。
「うん」
―うんってさ・・・大丈夫?
「佐渡に行って、40Kっていうのもちょっともったいないし、今年は80Kがないし、100Kでるなら130Kがんばろうと思って」

ロードに出遭って、4ヶ月の妻。
これまでの最大の上りは荒川CRのインポイント?あるいは荒川河口橋?
しかも、そこを上りながら、つらい、つら~~いと言ってるのに・・・
私の210Kエントリー同等・・・いや、それ以上に壁が大きいような気も・・・
「とにかくがんばりたいんだよ」とのことです。

吉見休憩所。関宿城。。。物見山。。。
この冬は、妻同伴で足を延ばさねばっ!
先日、悪友から電話があったとき・・・
―そういやさ、ヒルクライム申し込んじゃったよ。草津の!
と喜び勇んで報告したら、
「ずんどこさぁ・・お前って、友達甲斐がないというか・・普通は一緒に出よう!とか、誘うもんだろ」と散々批判されたんですが・・・
悪友よ。悪い!懲りずに、また、やってしまった。

ということで、ヘタレ。セブンイレブンの払い込み受領書を前に、武者震い・・否、びびっております。
金・・払っちゃった。。。

まず、左の7,250円のほうですが・・・・
この週末にホームページが2008年版に更新されたことを知ったヘタレ。
自宅PCの前で思案に暮れておりました。
「出るんでしょ?」と妻。
―いやさぁ。今年は迷ってるんだよ。フェリー代、宿代、それに高速代やガソリン代と結構かかるし、僕ばっかり遊んでるのもね。。
実際、最近、ロングを乗ること自体に自信喪失気味で、出たい気持ち半分、今年はやめようかな~という気持ち半分だったのですが・・・
妻、曰く「何言ってんの?父ちゃんにとって思い入れのあるイベントでしょ。出なよ。なんなら(来月の)誕生日プレゼントとして私が払ってあげようか?」
―ほんと?2年連続だけど出ていいの?
すると、黙って福沢諭吉1枚を出してくれました(プレゼントとしてフェリー代や宿代も期待したのですが・・)。
で、早速、お仕事のスケジュールを確認し、どーやら大丈夫そうなので、ポチッ!
今年は無謀にも210Kに挑戦してみることにしました。
これまで未踏破の距離。。。はたして大丈夫でしょうか?
去年の130K出場の経験から言って、
敵は起伏と充実したエイドステーション(AS)。
たしか制限時間は12時間ですが・・ASの旨いものを堪能していると、たぶん無理!?
それにASのトイレは大行列なので、時間節約のためには、コースに点在する公衆トイレなどを利用したほうがよさそうですね。
現時点で設定した目標タイムは・・・ズバリ!11時間59分
それでも、この冬は“荒川峠”にもまれ、時間を見つけては物見山の奥まで行く必要がありそうです。

なお、このイベントですが、高騰するガソリン代のコストパフォーマンスを考えて、現在、妻を勧誘中。妻は短い距離で出場思案中です。

で、も1個。右側の3,250円のほうですが・・・
上のイベント申し込みのためにスポーツエントリーにアクセスしたところ、
自分ばっかり楽しむのもな~~と思わせるイベントが掲載されていたので、
―お~い、妻!こんなのあるけど出ない?
南房総「菜の花サイクリング」。名前からして長閑でしょ。
「うん。興味はあるけど、多少起伏があるっていうのが気になる。なんなら息子とでてみない?私はその日は自動車運転の練習しにいくつもりで、応援するよ」
―そう・・・なら、お前出てみる?
「えっ、僕が!!」
―うん、そんなに大した起伏じゃないと思うよ。去年のゴールデンウィークに修善寺のコースを足つきなしで回れたんだから大丈夫だよ。
「でもな・・・ペース速いんじゃないの?」
と尻込みするので、事務局に確認の電話。ご丁寧にも折り返しかけてきてくれて、
『時速15キロほどのサイクリングなので、お子さんでも大丈夫です』
『スタートまもなくキツメの上りがありますが、そこを乗り切れば、ゴール間近に2~3の軽い起伏があるくらいで・・』
―だってさ。
「そのスピードなら出たいな。上りは大丈夫だよ」
と心強いことを言うので、家族サービスのイベントとして、菜の花咲き乱れているはずの春の房総を楽しんできたいと思います。

しかし、もう1台。スポーツ自転車がほしいな・・・。

伝説の男?

遡って金曜日のお話です。
近所の馴染みのショップで、クリートやら、バーテープやらを購入した日の夕方。
お仕事中の私に妻からメール着信。
「今日は早く仕事が終わりそうなんだけど、そっちは開いてる?」
なんでも、セール中の御徒町OD-BOXに行きたいらしい。
昼間買ったクリートが安く売ってたら嫌だな~~とチラッと思うも、
興味はあったので、待ち合わせてお供することにしました。

まずは、5階。。。サイクルウエア売り場です。
ここでは、別行動で男女それぞれの売り場に向かいます。
ほぉ~! やはり安くなっているようですね。
見るだけのつもりでしたが、
7,000円台の長袖ジャージの棚に1枚残っていた青のXLと、3,000円台になっていたシューズカバーを購入。
一方、妻はお気に入りの品がなかったようで、「下行こう!」

実車は目に毒だよな・・・と思いながら、2人で4階に移動です。
なるべく実車やホイールを視界に入れないように、
タイヤやら、ケミカルやら、ライトやら、輪行バッグやらを眺めていたら、
(幸いにもクリートは昼間の店と同価格でした。ほっ)
ん!?妻の姿がいつの間にやら見当たらない。きょろきょろ。
実車の前で、男性と話し込んでました。ん!?あの人って・・・殿村さん?
なんでも、陳列してあったcorratecのロードが「かわいらしかった」ので、見惚れていたら、捕まった、否、光栄にもお声をかけていただいたそうです。
ちっ!僕なんて10回はこの店来てんのに、一度も話しかけられたことないのに!

まぁ、きっかけはどうであれ、お話しするチャンスではあるので、
―こんにちわ。彼女はいま650に乗ってるんですよ。
「えっ!そうなの!珍しいね。備品集めるの大変でしょ」
―そうなんですよ・・・・と乱入成功。
なぜ、650よりも700Cなのかを、クランク位置などの丁寧な解説交えて、説明してくれました。マシン音痴の妻も(僕もだけど)納得顔で、「も少し慣れたら、700購入考えてみようかな・・」とつぶやく。

話を続けていたら、坂の上りの話になりました。
すると、妻がニヤリ・・「この人、今度、山登りするんですよ」・・・ったく余計なことを。。
「へぇ~、そうなの!?」
―はい。この春に初めてヒルクラレースにでてみようかと。上り苦手なんですけどね。
すると、殿村さん、ほかのお客さんの対応でも忙しいだろうに、身振り手振りを交えて、ヒルクラのコツを伝授してくれました。
「いい。絶対に力入れて握っちゃだめだよ。卵だと思ってブラケットを握って、こうやってぐっぐっだからね」
―は、はい。。。こ、こうですか?
「そう。卵ね。卵」
―気をつけるようにします。
「あとヒルクラ当日はサドルを5ミリくらい下げるといいよ」
―わ、わかりました。やってみます。
う~っ、恐縮しまくりです。

で、本で読むよりは、偉大な先輩の直接の講義は印象に残ったようで、
翌日に物見山に挑んでいたとき、気がつくと「卵、卵!」と独り言を発する自分がいました。
というわけで、本日は初めてのバーテープ交換の日。
愛車の納車は一昨年12月だから、1年と1か月もそのまんま・・・
1年間、お世話になりました。

だから、見るも無残なぼろぼろです。

1年間、ありがとねっと、いろいろなことを思い出しながら、解きはじめます。
ブラケットカバーをめくると・・・
ロゴはこんなに鮮明だったんだ!

元々はこんなに鮮明なロゴだったっけね。
さらに、べりべりはがしていき・・・
びろびろはがしますが・・・

まる1年も巻かれた状態だっただけに、こびりついてなかなかはがれません。
なんとかはがすも、剥がし残しも多いし、べっとべとの状態です。
パーツクリーナで、べたべたを剥ぎ取って、午前中の作業は終了。
すっぽんぽんのハンドル

とりあえず、剥がされたテープから1片を切り取り、イベントの完走証などが入った思い出の箱にしまっておくことに。

ここで昼飯食いついでに、妻子とともに買い物にいく。
アリオでは、靴下カイロの追加補給。
そして、ドイトでは安価で売っていた冬物グローブと・・・まかだま氏ご推奨のブツをめっけることもできました。

さ、いよいよ午後の作業再開です。
新品バーテープを開けると・・・なんだ最後に止めるテープってついてるんですね。
―このぶっとくて短いテープは?ブラケット裏に貼るものかね??
やはり、実際に取り組まないと、知らないことって多いものですね。
(買ったビニールテープはサドルバッグのお供にすることにします)
あとは一応、バーエンドに貼る予定の両面テープと、
先ほどドイトでゲットした「自己融着テープ」を用意して・・・
これは!!すばらしい!!!感動モノの商品です!

さぁ、妻と息子の視線を思いっきり感じながら、作業開始です。

・・・・
寡黙な父ちゃん。
・・・・ハンドルの角
真剣なので、作業中の写真はなし
・・・・ブラケット部分
ひたすら寡黙。がんばる父ちゃん。

で、できた!!
左、よ~~し。
最初に左が完成

右、よ~~~し。
あとからやった右のほうが多少できばえがいい??

―何分くらいやってた?
「う~~ん。30分くらいかなぁ。出来もまずまずじゃない?」
―まずまず?
「い、いや。綺麗にできてるよ」
で、じっくりみると、最初に巻いた左はちとラフかな???

とりあえず格好はなんとかなったみたい、
かつ握り心地もなかなかGOODですが・・・
問題は走ってみて、解けないかどうかですね。
今週中に試走できるか!?はたして、その結果は?

ところで、とくにワイヤーを交換したわけではないので、ワイヤ類を固定していたテープを剥がす必要はなかったわけですが、今回は、経験のため、そしてハンドル掃除のため、あえて剥がしてみました。で、再固定の際に使用した自己融着テープですが、これが感動するシロモノです(いったいどんな仕組みで接着するのか、純文系の私には???)。こんな商品があること自体知らない私に教えてくださいました、まかだまさん、ありがとうございました。昨日の靴下カイロといい、ローディーの輪っていいですね。
実は昨日の夕方に御徒町にいって、、
なかみは長袖ジャージとシューズカバーなどです

こんな姿になって帰ってきましたV
(ここでちょっと印象深いことが起こりましたが、また後日)

で、ど~しても走って試してみたかったので、
バーテープ巻きは明日以降に譲ることにして、寒風のなかロングを決行しよ~!と寝床につくも、、あちゃ~~~ちょい寝すぎました。

急ぎ飯食って、着替えて・・・・ふふっ、ついに!念願の!!
やっとカバーを買えました。。。

しかも、カバーの下にはホッカイロも忍ばせて、出発です。

10時過ぎか・・・白鳥見に行くか?それとも・・ちとがんばってみるか。
と、とりあえず荒川CRをひさびさ上ってみることに、
(あっ、ほんとだ。笹目の下が砂利だらけだ!舗装の前触れであってほしい…)
―ど~しよ。名栗湖に行くか?物見・西平経由でどっかに行くか?その前にたどり着けるかね?!?!
風が強いのです。21~24キロで必死に漕ぎ、往路からすでにヘタレ気味。
とりあえず、入間の信号が赤なら直進、青なら名栗と決めて、、

その結果、ここにいました。
今年初の上りは大東大坂となりました

物見山。大東大坂の直前ですがここに来るまでで結構、へとへと。大丈夫か?
時速15キロ弱・・・自分なりにはまずまずか。
で、決してヘタレタわけではなく(!)、今年初めてだったので、一応、途中で止まって、お決まりショットを撮っておくことにする。
今年はいっぱい来ようっと!


で、下り基調のアップダウンを楽しみ、苦しんで、
次の目的地へ。はい、まだまだ寂しい・・・越生梅林です。
越生梅林

非常に寒い冬となっていますが、現在のふくらみ状況は、こんな感じ。
さむ~~い1月の梅

ピンク色は確認できますが、まだまだちっちゃいです。
シーズンになったら、また来たいなぁ。。。できれば妻と。

ここで時計を確認すると、、えっ!?もう2時!!
体は元気なので、予定通り、西平→松郷峠→・・・とこなそうかとも思ったのですが、
本日は4時半帰宅予定なので、ここで折り返すことに。
ただ、いつもは復路、物見山は避けて、国道(?)で帰るのですが、
今日は同じ道を帰ることにしました。物見山逆からは初めてです。
逆回りは割りと楽ちんと聞いてましたが、、、
往路は50km/h以上出てたんだものね。。。やっぱし私にはキツイ。
短期大学の一文字ずつの看板だって、行きは読み取り不可能でしたが、
「学」「大」「期」「短」「園」「学」「村」「山」。スローモーションのように通過します。
なんか個人的には往路の大東大前より遅いし、辛かった気がする。。。
ふぅ~~しんどかった

ふぅ・・・なんとか今年初めての本日の上り終了。

その勢いで下って、川島から荒川CRに。
が、CRにインした途端、もようしてきました。。。秒読み段階。
軽犯罪をおかそうかとも思うも、うまいポイントは探せず、
ホンダエアポートに急ぐことに。
川島→本田航空間は我ながら速かった。抜かしまくりました。
受付の方にことわり、朝顔を拝借し、ギリギリセーフ。
朝顔前で時間を確認すると、えっ?3時!?!?急いで帰らないと。
自動販売機に後ろ髪引かれながらも・・・立ち去ることに。

ご褒美の追い風をいただき、帰着の時間は、4時30分ちょいすぎでした。

走行距離 131.0キロ
体重 83.6キロ(体脂肪率:25.4%)・・ちなみに走行後の現在は80.9キロです

ホッカイロは◎でした。シューズカバーの効果もあったのかもしれませんが、今日は寒かったはずなのに、痛くも、千切れそうにもなりませんでした。hirotoさん、jinさん、ありがとうございました。ペコッ。

こまごまと購入

仕事場に向かう途中、馴染みの自転車屋さんに寄ってきました。
「おはよう!また、チューブ?」
―いや、ちゃいます。寒くて乗ってないから、パンクもしませんよ。
「ほんとに寒いよね」
―いまそこのファミマで、これ買ってきちゃった。
「お~っ!それいいのかね?今年はシューズカバーだけじゃ寒くてね。よかったら教えてよ」
―了解!

そのブツというのがコレ。
ホッカイロ

あちこちの自転車愛好家さんからの評判が意外といいので買ってみました。

で、別にカイロを自慢しに来たわけじゃありません。
まずは、そろそろボロボロになりつつある・・・
クリート

を手にとって、店内ぶらぶらうろついてみる。
KHSのF20Rをみたり、、、
最近、妙に気になっているMINIVELO 20(ブルーノ)をじっくりと観察するも通過し、

結局、買ったのが、コレ。
 ↓  ↓
バーテープ

愛車購入1年にして、ようやっとバーテープを巻きなおす気になりました。
不器用なため、文字を揃えられるわきゃないので、無地にすることは決めてたのですが、
―思いっきり初心者にご推薦のヤツはどれ?
「う~ん、最初は粘着剤がついてないほうがいいと思うよ。巻きなおしやすいしね」
というオヤジさんのアドバイスに従い、購入しました。

色は頻繁に巻き直しをし、慣れようかな・・・と明るめの色にしようかちらっと思ったのですが、まっ、不精だもんな・・・と汚れの目立たない「黒」を選択し、店をでる。
―あっ、そういや、青は腐るほどあるけど、黒はなかったな・・・
と思いだし、100円ショップに立ち寄って、
黒のビニールテープ

 ↑  ↑
コレも購入し、この週末は悪戦苦闘するはずです。さてはて。。。

肩透かしくらう

実はこの3連休にかなりがっかりしたことがある。
無謀ともいえるツール・ド・草津のエントリーを済ませた勢いで、
次の出場イベントを物色していたときのこと・・・
―やっぱり佐渡かな・・今年は5月18日か、メモっとこう。お~い妻も出ない?
「え~、坂多いんでしょ!?」
―大丈夫だって。80キロコースだってあるから…なんてやり取りをしていたとき、

あっ、そういえば今年は第1回TOKYOセンチュリーライドなんてのが開かれるんだっけ、
そろそろ日程やコースも決まったかな・・・と、ググってみたところ。

はい。ご存じの方も多いでしょうが、
日程は相変わらず、「2008年5月開催予定」のままですが、場所が決定しておりました。
なんと「荒川河川敷管理道」って・・・荒サイじゃん。

首都圏初の長距離市民サイクリング大会。
しかも、大会名にセンチュリーを謳い・・・、とどめにURLは100mile.jp。
私。かなり期待していました。
悪友を誘い、ヘタレンジャージャージ(仮称)で走ろう!と勧誘もしてました。
都庁とか、東京タワーとか、お台場とか・・普段は車がいっぱいの名所を駆け抜けられるんだと思っておりました。東京マラソンのように。。。
こりゃ、東京在住のローディー(ヘタレ)として出なきゃならん!!!!!
だから、主催会社に勤める大学時代の後輩への年賀状には、
―定員オーバーでもねじ込め!・・・と嘆願してたのに・・・
なぜに荒サイ・・・なぜにハーフセンチュリー。。。そういつのまにかに80kmライドになっていたのです。

ホームページによれば、志木秋が瀬までの往復って・・いつも走っているコースじゃん!
―う~ん、果たして金を払って、走る意義があるのか?
ヘタレオヤジ参加を迷っております。
ちょい気にかかるのが、『初回はハーフセンチューリーとして開催いたします』という記述。
ヘタレオヤジの拡大解釈によると、大会が成功に終われば、
―第2回はセンチュリー?コースも変わる?もしかしたら、第1回の出場者には優先申し込み資格でもできる???
う~~~ん。迷う。考えてみれば、妻にとっては慣れたコースなので、初のロングイベント(?)としては絶好のような気もするし・・・、気に入ってくれれば、能登や沖縄、ホノルルの序章になるかもしれない。いや、逆にホームコースで開かれる大会だ。出なきゃいけんかな・・・

ということで、本日のエントリーは独り言でしたが、
最後に主催の東京新聞さま。
いっそ笹目下の舗装を直すように尽力してくれないだろうか・・・
知らない人がレース気分であそこにつっこんだら、落車が続出するような気も。。。
2回目以降のためにも、イベントの成功を祈っているので。

ぐ~たらな連休

この3連休、まったく走らずじまい。
まぁ、仕事してたといえば体がいいですが・・・
走ろうと思えば、早朝なり、夕方なりに繰り出せたわけで、
(実際、徐々にですが、明るい時間が増えてきましたね)
―雨に負けた
―寒さ、コタツの魔力に負けた
―ついでに谷川真理マラソンの人手に負けた
というのが正確なところで、ナマケモノよろしく家に根をはやしてました。

そんなこんなで、この週末は乗るどころか、自転車に触ったのも、ぺしゃんこになってたタイヤのチューブ交換時の1回だけ、
冬の外でのチューブ交換は、手がかじかみ辛いものですが、
―ほ~、暖かい家のなかだと、チューブ交換もらくちんだね・・・
と納得したのが、ココ最近の自転車関連の唯一の収穫でしょうか・・・

で、こんなことでヒルクラなんてできんのかよ!と自問自答しているわけですが、
一応、水面下では減量作戦を進行中だったりします。
先週取り組んだ作戦その1は、ずばり!昼飯を食わない!!
でも、これだと夕方になると、仕事できませんね。
辛抱たまらず、早めに仕事を切り上げ、目の保養の自転車屋めぐりをする日を続けておりました(フトコロ寂しく収穫はなし)。
で、常に空腹感と闘っているため、
自宅に帰ると、夕食が待てず、ついつい間食物を探しがちで、
―おっ!ポテチ発見!ってなことになると、瞬間的に開封したくなり・・・
「父ちゃん!!!ヒルクラは?草津は!?デブるぞ!!」
と、すんでのところで、優秀な監視者である息子に脅され、制させる日々。

肝心の結果も、体脂肪率こそ25%台と戻りつつあるものの、体重は微減に留まっている惨状です。

作戦その1は、労多くして功少なしということが判明し、
今週は、作戦その2として、昼飯は蕎麦のみを決断。
たったいま決行すべく、仕事場近くの蕎麦屋に出かけてきたわけですが、
「あれ?ずんどこさん??」
あちゃ、こういう日に限って、知人との偶然の再会はあるものです。
流れで、同席したわけですが、
うどんと牛丼を頼む知人に影響されて、ついつい・・・
蕎麦に・・・カツ丼をつけてしまった。。。作戦その2の出足だというのに・・・
「ずんどこさん、まだ自転車やってるの?」
―うん、一応ね。春には初めてヒルクラレースにでるよ。ただ、最近思うように走れてなくてね。ほら、家。妻も始めたから付き合っててさぁ。
と、手元にカツ丼手にしながらも、妻に聞かれたら怒られそうな完全な責任転嫁。

まぁ、カツ丼は旨かったですが、これじゃいかんな。
予報によれば、今週は寒いといいますが、時間が空いたらこまめに走らないとっ。
「何名様ですか?」
―独りです。
「4月19日に、1名様、ご一泊、お車でお越しですね」
―はい。よろしくお願いします。
たったいま、宿の予約をすませました。

う~ん、こんなおでぶヘタレが出て良いのだろうか・・・
3ヶ月先だというのに・・・すでにドキドキしております。

すでにバイブルブログのコメント欄で白状しておりますが、
このヘタレ。ついにヒルクラレースにエントリーしてしまいました。
ロードに出遭った昨年も、佐渡ロングライド(但し、130K)、ツール・ド・ちばというロングライド系のイベントには参加しましたが、お山イベントは初めてで、、はたして大丈夫か!?

ツール・ド・草津
 ・4月20日(日)
 ・白根山コース(18キロ)
 ・男子C(ロードレーサー 41~50歳)


実は昨年12月初旬の段階では、参戦を固く決意していたのですが、
魔の期間(忘年会~クリスマス~お正月)を経た体重著明増で、
ここ数日、スポーツエントリーのページを開きながらも、ポチッするか思い悩んでおりました。
だって、平均勾配6%・・・こう聞くとなんとか行けそう???と思うものの、
6%って・・・富士スバルラインよりもキツイってこと・・・
昨夏の悪友とのスバルライン登坂で、2時間を切れなかった、このヘタレ・・・大丈夫でしょうか。。。

ともかく決めてしまったことなので、
目指すはタイムではなく、“脚付きなし、景色を楽しむ”を課題にがんばってまいります。
せっかく出るからには、ちゃんと練習もしないとね。

※今回も独りで行くことにしました。観光地・草津での開催なので、応援団(妻・息子)も連れていこうかな・・・と思ったものの、
―応援来るか?
「行く、行く!!!」
―・・・。やっぱやめよう。ゴールデンウイーク直前で宿代もったいないし・・・
もちろん真意は格好悪い姿をみせたくないためだったりします。
ここのところ乗れてないのですが・・・
今朝、何の気なしにタイヤを触ると、ぐにゅ。
どうやら、スローパンクを起こしていたようです。
―いつでも乗れるように、チューブ交換でもしとくかね。。。
と思い、買い置きのチューブを用意したところ・・・
―・・・(汗)。ありゃりゃ。ロングバルブじゃない(泣)。
間違って、購入してしまったようです。

最近、家の近所に「サイクルベースあさひ」ができたのですが、
先週、ちょっと覗きに行ったとき、
―おっ!?ちと安い??
と、700×18~23Cのみにとらわれてつい買ってしまったのです(しかも2個)。

と、いうのも、
年末に馴染みのショップに目の保養に出かけたとき、店長さんから
「そういえば、原油高の影響で春ごろからチューブも値上げするみたいだよ」
との話を聞き、安いチューブを探していたもので・・・
いくら安くても使えなきゃ意味ありませんね。

と、いうことで、
本日は仕事場に向う前に、自転車屋さんに立ち寄り、
『700×18~23C(ロングバルブ)』の文字をしっかりと確認して購入。
明朝にでも、チューブ交換しとこっと。

手元に残った、短いバルブのチューブ(パナレーサー)、ど~しよかな・・・

08年仕事始動

本日朝から本格的に08年の仕事始動。
ほんのいままで、かなりの著名人とお会いしてきたのですが、
(仕事帰りに、初めてリカンベントの自転車便さんを見ました)
既知の間柄ながら、新年一発目の仕事としては、タフすぎる仕事相手で、
なまった頭が回転せずに、終始、あちらのペースに巻き込まれる始末。反省。

充実した自転車ライフは、充実した仕事あってのものだとも思うので、
今年は、去年の反省をふまえて、本業もせいぜいがんばらないとっ!と決意表明。
(ホールディングバイク、炭車、鉄車のためにもね)

ということで、本日は今年初めてスーツに袖を通しているわけですが、
朝の着替えで、軽い衝撃を受けることになりました。
―ワイシャツの一等上のボタンが・・・はまらない!!!
4着試してみたものの、すべて(泣)。
年末には、ボタンをしめたうえで、指が入るスペースまであったのに・・・(泣泣)

息子や妻から「父ちゃん、最近、またおなか出始めたね」と言われ、
おなかは意識していたものの、首は盲点でした。
息子、本日も朝から夕方までお出かけ。
徐々に親から離れていくのは健全な自然のなりゆき・・とわかっていても、やはりちょっぴり寂しかったりします。。。

日曜日のリビングに妻と2人。
まるで、老後の予行練習のような空気です。
「今日、どうするの?」
―床屋行こうと思って。
「ふ~ん、じゃあ、走りにいかないんだ」
―・・・。明日から仕事だから走る?床屋はまた今度でいいや!

彩湖、ホンダエアポート、吉見など荒川上流方面を提案するも、
(うっ、白鳥を忘れてた!失念)
「初めて走るところがいいな」とのことなので、
まずは、すいていた国道122号を北上し、一般道の練習をし、
芝川と交差するポイントで、CRに入ります。
お昼ちょい前でしたが、風もほとんどなく、あたたかな日差しのなかの快適ライドです。
―走ってよかったよ。今日は自転車日和だね~~
「うん。気持ちいいね~」
こんな会話をしていると、あっという間に芝川終点「八丁橋」に。
芝川上流から

このまま妻は未踏のヘルシーロードに入ります。
―でも、この道。利根大堰まで行けば別だけど、途中に食事できるお店はないよ。
「利根大堰なんて、まだ無理。ある程度、雰囲気味わって、折り返してさくらでいいよ」
―わかった。とりあえずいつも露店がでてる公園があるから、そこを目指そう。
と、シャカシャカ目指したものの、お正月のためか、いつもの露店はやってなく、
なおも、漕いで行くと、、あれ???同時に後ろを走る妻の声。
「うどん屋があるよ!!」
―そだね。
見沼に、うどん屋さんなんてあったっけな?
夫婦のんびりポタだと周囲のいろいろなものを発見できたりします。
―とりあえず、入ろう!食べよう!
見沼のうどん屋さん

小奇麗で、なかなか感じのよいお店です。
「私は肉汁うどんにするよ」
―僕も同じの大盛りね!(昨夜、オビワンさんとこで誓ったのに、つい習慣で・・・)
肉汁うどん。うどんは讃岐系で汁もうまかったです!

―ん!?うまい!こりゃ大盛りで正解だった。

偶然見つけたお店が美味しいと幸せな気分になりますね。
ということで、大盛り分消化のために、伊奈町あたりまで足を伸ばして、Uターンして、帰路に。
走行距離 66.8キロ
体重 83.7キロ(体脂肪率:26.8%)
※帰宅後、妻に「あと30キロくらい行くと利根川だったんだよ」と言ったところ、「たどり着くのは当分ムリだと思う」と足をガクガクさせながら申しておりました。
息子、本日17時まで外出ということで、昼前に夫婦で繰り出しました。
08年初出走!

ホームコースの荒川CRに本年初見参となります。
でわ、出発です!

―んん!?!?なんか変。
重くなったせいでしょうか?走るときってこんなにボコボコしたっけな・・・
追い風に乗って、妻はどんどん行ってしまうし・・・ゆっくりポタにしようって言ったのに・・・
とりあえず妻を追って、止まってもらう。
違和感を感じた後輪をみてみると、ホイールにタイヤがうまくはまってない(O.O;)
おそらく、年末のライドで腰痛抱えてパンク修理したときに、おもいっきしラフな修理をしてしまったのでしょう(;^_^A
ともかく妻に待ってもらって、タイヤはめなおし・・・(ったく、新年早々・・・か、固い)・・・
―悪い待たせた!
「いいよ。事故する前に直せてよかったよ」

再出発です。本日は四ツ木橋でCRを離れます。
本日はすいてるだろうから、妻にも水戸街道走れるだろうと・・・
案の定、車も少なく、当初は「快調だよ」とご機嫌だった妻ですが、
途中、左折車にびっくりしてしまったみたいで・・・「あ~怖かった」を連発しながらも、江戸川CRにたどりつきました。妻、江戸サイデビューです。
あっ、本日の目的地は関宿…ではなくて、新年らしく柴又帝釈天です。

近くのガードレールに2台を結びつけてっと。
柴又帝釈天、2人とも初めてきました!

さすが、新年。。。さすが東京名所・・・・すっごい人ごみ。。。寅さんの格好した方までいらっしゃいます。
とりあえず観音様をタワシで磨き・・・・
(強い足になりますように・・・と隣の妻が発言!)
お賽銭を放り込み、、あっ、忘れずにもらわないとっ。
ご朱印

ご朱印集め。昨夏の関西旅行をきっかけに始めた夫婦共通の趣味です。

さてっと。お腹もすいたし、なんか食うかね~と思っても、飲食店はどこも行列。
―その辺で買い食いでいいかね?「いいよ」
で、団子食って、モツ煮食べて、酒は我慢して、、、ん?あっ、十円饅頭だ!
10円饅頭ゲット!

20個入りを息子への手土産とすることにしました。

―さ、帰ろ!で、水戸街道でいい?
「嫌だ!絶対にサイクリングロードがいい!!」
―じゃあ、江戸サイを下って、葛西経由で荒サイでいいの?おそらく向かい風強いよ。
「それでもいい」・・・余程、往路の車左折が怖かったようです。
それでは出発と思い、ガードレールにくくりつけた自転車にまたがろうとしたところ、魔王様!?前輪に降臨されていました。。。お賽銭、45円じゃ足りなかったかな?
―妻よ、悪い。江戸川にでてパンク修理だ。

で、新年初のパンク修理を済ませ、
旧江戸川、葛西臨海公園経由で、荒川CRへ。
ははっ、思ったとおりでした。昨日の凧揚げでは無風だったのに・・・さすが気まぐれ荒川です。
走行距離 67.3キロ
体重 84.3キロ(体脂肪率:26.7%)

※ちなみに息子の手土産として買った10円饅頭は、あまりの強風のため、帰路の荒サイで封をとき、堀切で栄養補給し、15個入りの饅頭として息子に渡しました。あまりに申し訳ないため、夜は新年初ボウリングのリクエストに応える。わが家ではボウリングを年に2~3回しますが、私は計ったように150台しかでません。一昔前は180は当然、200アップもそんなに珍しくなかったのに・・・

荒川にご挨拶

昨夜(2日)、帰京。
荷物をおくや、体重計に上る。。。新年早々、嫌なものをみました。
体って、数字って、、正直です。
人間、飲んで食べて、動かないと、容易に肥えるということです。
しかし、85キロオーバーか・・・体脂肪率27%超か・・・ふぅうう。

で、一夜明けて、晴天。
早速、走りたいところでしたが、
―父ちゃん、欲しいものがあるんだよ~~
と資金豊富な息子の申し出に、車で街に繰り出すことに。
まだまだ三が日。もしかしたらチャリ関連の掘り出し物に出遭えるかもしれないし、ね。
駅近くの大型スポーツ店。
あいにく自転車関連は安くなってませんが、
その代わりにアンダーウエアとして使えそうなアンダーアーマーのブツをゲット。
妻もセール中のタイツをゲットできたようです。
で、だらだら生活納めに相応しい昼食として、親子3人でラーメンを平らげ、
帰宅したころには、もう4時。
―もう走れる時間じゃないね。
「じゃあさ、正月らしく凧揚げでもしようよ」という息子の提案に従い、

今年初の荒川に。
―はぁぁぁぁ、予想通り、ローディさんが結構いるよ。
「父ちゃん、走りたかった?」と息子。
―(そんなに寒くなさそうだし、風も・・・・)
「走りたいんでしょ」と妻。
―言わせるな!さ、凧揚げるぞ!
田舎で買ってきた連凧

なぜ、風がない・・・こういう日に限って。
高くあがった!っと思っても、すぐに落ちてきちゃいます。
お陰で、結構、走り回ることになり、体の重さを実感することに。

ともかくホームコースの荒川CRさま。
今年1年、よろしくお願いいたします。
20080101162204
東北といっても、本来三陸はあまり雪は降らないんですが、大晦日、そして元旦とちらちら舞ってます。

めったに見られない雪や風習、そして何よりお年玉に息子は大はしゃぎ。
夫婦は……なんか昨日から妻の目を開けた姿をほとんど見てないような気もZZzz....
一方、私。実は新年からジョギングでも…と弱い決意を持って帰省してきたのですが、寒さの前に、コタツの魅力に勝てず、まるでブラウン管のなかのギャル曽根と対決してるような生活で…帰京後には驚愕の測定値を御披露目することになりそうです。
こんなヘタレですが今年も宜しくお願いいたします。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。