1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の最も好きな光景は…
苦労して登った乗鞍岳のうねうねを見下ろす瞬間だったり、
佐渡ロングゴール後の青い空だったり、いろいろと美しい光景はありますが、
最も嫌いな光景といえば…
夜の新幹線ホーム
この回送だらけの夜の新幹線ホームと、深夜の羽田。
なんとなく心寂しい気分となります。

先ほど、日帰り名古屋出張から帰ってきたときに撮った写真ですが、
本日はそれほど心寂しくありません。

苦闘を予想された仕事が思いのほかにスムーズに運んだということもありますが、
ちとびっくりした再会に、心はまだまだ興奮気味でありました。

昼時。名古屋での出来事。
午前中の仕事を終えて、午後の仕事までの「ぼ~ぉ」としていた時間を過ごしていたときのこと。
―ん?
―いるわきゃないよな。
―でも、似てる。似すぎてる!!
あまりにも知ってるお方に似ている人物とすれ違ったので、思わず「ぺこっ」と頭を下げたのですが、
「ええ~っ、ずんどこくん!?」
と、わが名を呼ぶではないですか。
―や、やっぱり○○さん?な、なんで名古屋に…いや日本にいるんですか?
ニューヨークに住んでいるはずのお方が、自分の目の前にいる現実が信じられず、凝視。
「なに?」
―いや、幽霊かと思って、足見てました。
「ははっ、最近、日本に帰って来たんだよ。住むところもようやく決まったんで、そろそろ連絡入れようと思ってたんだ」
ともかく、びっくり。会社員時代の海外出張時に、つたない私の外国語伝達能力をフォローしてくれていたお方との再会です。
「ずんどこ君は相変わらず飲んでるの?」
―飲んでますけど、前ほどは。最近は自転車にはまっちゃって、、云々。。。。
体系の変化を納得されるとともに、酒命人間の変化に驚かれましたです。
で、決まった住まいと言うのが、私の仕事場に近いので、次回の「昼飯の」約束をして別れる。

で、そんなこんながあってお家に帰ってきたわけですが・・・
宅の奥様。「見て、見て~」と大興奮でございまする。
わ~買っちゃったんだ・・・
そう、ここにも知人ご夫妻が載ってるんですですよね。
―いいねぇ、よく写ってるね~。いつかいきたいねぇ。。。でも、まずは月曜日の「野田」を楽しもう(笑)!

で、恒例の今月のまとめ。
・自転車生活
走行距離 GIOS:139.5キロ、Raleigh:315.6キロ
       計 455.1キロ(年間合計 3481.1キロ)
・体格変化
79.3キロ(23.2%)→80.0キロ(24.7%)・・・ただただ悲しい・・・。
スポンサーサイト

基点に立つ

何度か触れておりますが、本郷通りが気に入っております。
飛鳥山駒込近辺には、(多少ですが)起伏もあるし、
朝も夜も、(他の一般道に比べればですが)交通量も少ない。
本駒込を過ぎると、広大な東京大学構内の緑も目について、
そんな場所を仕事前に流していると、なんとなく優雅な気分になってきます。

本日朝も、そんな道を快適に走っていると・・・
―あらら。通り過ぎちゃったよ。
信号にもつかまらず、あまりに順調だったため、いつもは右折するはずの本郷三丁目の交差点を真っ直ぐ通過してしまいました。
―ま、いいか。そのまま行っちゃえ!
湯島聖堂を右手にみて、左手には神田明神
神田明神
止まって写真撮っちゃおうっと。
さらに秋葉原を横目で見やりながら進んでいくと・・・お~っ!道路基点だ!!
自転車を立てかけて、撮影準備をしていると、
「撮ってあげようか?」
日本橋
親切なおじさん、ありがとうございました!

すっかり観光おのぼりさんモードになってしまいました。
―そろそろ仕事場に急がねば!
と、早々に退散し、かなり早めに回しますが、思うことは、
―あ~、三越前でも撮っとくべきだったな・・・
来日中の国賓さまに合わせてのことでしょうが、日本橋三越は多くのユニオンジャックで装飾されていたのでありました。わがラーレーとの2ショットはさぞかしだったかと。

日本橋の写真でおわかりの通り、
いまのところ、まだこんな格好でジテツウしております。
確実に寒くなってはおりますが、陽射しのある朝は漕ぎ始めれば暑ささえ感じるほど。
夜間は漕ぎはじめこそ、+アームウォーマーをつけてますが、
帰宅時にはすっかりさげて、腕輪状態になっております。

帰路も遠回りしたかったけど、日帰り出張の明日は朝早い出発のため、最短距離で。

走行距離 33.9キロ

おっ!届いた♪

初の歌舞伎観劇がよほど深層心理に残っていたのか、
昨夜は強烈に恐ろしい夢をみるも・・・(コワかったよ~~)
リフレッシュ効果は絶大で、ひさびさに快適な目覚めである。

起床後、恒例の体重測定をし(泣)、手紙置き場をみると、
―あっ、昨日届いてたんだ!
今週末でした
今週末に控えた「野田市周遊+渡良瀬遊水地100kmサイクリング」の案内が届いておりました。
妻と2人でまったりと楽しんでくることにします。

あっ、当日は若干の未舗装部分があるとのことで、
私はミニベロで参加するつもりなのですが、
―そういや、ミニベロでの最長距離は…50Kも走ったことないね。
ということで、本日は相当に遠回りして、仕事場に行こう!と思っていたところに・・・連絡あり。
最短距離で仕事場に行く必要があるようです。はぁぁぁ。。。

夜。
遅くまでやらなければいけない状況ではあるが、ある程度の時間で帰ることに。
しかも寄り道もせずにまっすぐに。

走行距離 30.0キロ

帰ったときに、息子か妻のどちらかが起きていないと困るのである。
なぜなら、本日仕事場に行くと、郵便物の不在票が届いており、そのブツというのが・・・これ。
おっ!届いた!
row_kumaさん、お手数おかけしました)
―早く着てぇ・・・
こう思うのが人情で、仕事しながらも、ちらちら、うずうずでございました。

幸い、息子も妻も起きておりました。
―お~い!写真撮ってくれ~
後ろはどう???
ふむふむ。この冬は快適に過ごせそう!

感謝観劇

う~ん。。。
われながらまったくもってベタなタイトルをつけたもんですが、
強引にOFFとした本日、充実の1日を過ごすことができました。

縁あって、わが手元にある本日付けの観劇チケット2枚。

実は私、
いまでこそ「趣味=自転車、読書」と記載しておりますが、
学生~20代中盤までは、趣味といえば「観劇」でして、
果ては、身内と、よほど親しい友人のみぞ知るですが、
かの劇団○季の入団試験を受け、あと一歩で受かっちゃうよ~のところまで行っちゃったという歴史を持つ人間でして(入ってたら、その後の人生どうなってたんだろう???)、
ま、ともかく観劇大好き人間だったときがあったわけです。あ~ハズカシ。。。
でも、その当時からなぜか近づけなかったのが、「歌舞伎」。
―10代、20代そこそこには、敷居が高いなぁぁぁ
なんて、勝手に思ってしまっていたのです。

と、いうことで、チケットに食いつき、有休取得の妻を伴い、いざ・・・
国立劇場へ
皇居周回時にいつも横手に見えるこの建物に、本来の目的で入るのも初めてでございます。
勇み足で、相当に早く到着してしまったので、館の付属施設で・・・
劇場ソフト
―かあちゃんは、初体験?
「いや、18のときに玉三郎を見たけど・・・、久しぶりでわくわくだよ」
なんて、会話をしながら、時間つぶし。

その後、うれしい出会いなんかもあったりして・・・

いよいよでございます。
初の歌舞伎です!
はまった!
正味3時間以上の演目だったわけですが、長さなんて感じず、魅入っておりました。

終了後の会話。
―4幕で泣いてたでしょ。
「だって、よかったじゃん!」
―うん、たしかにね。
「父ちゃんこそ、何度か“播磨屋”って言ったでしょ。小声で・・・」
―うっ、聞こえてたの?言いたかったんだもん。
「とにかくよかったねぇ~」
―自転車、朱印もらいに次ぐ、夫婦共通の趣味にしたいねぇ~
「うん!また来よう!」

大盛り上がりでございました。
で、演目は大老・井伊直弼のお話だったのですが、
とかく悪人で描かれがちな大老の心情が描かれておりまして、
終演後は、自然と足が向かいます。
桜田門へ
桜田門へ・・・。あ~感慨。

当初は感激してるであろう母ちゃんをそのまま赤坂のY’sに連れて行き、
勢いでなんか買ってもらうという手筈だったのですが、、遠のいちゃった。
その代わり、乗換駅の後楽園ユニクロで、ヒートテックなど4点を本日の御礼として買ってもらいましたとさ。
あまりにも変化のない日常に自分がブロガーであることを忘れつつありました。
22日、23日。
雨のためジテツウ断念。電車通勤があまりにもつまらないものであることを再認識する。
24日、25日。
自宅に引き篭もる。
なんか能率が上がらないので、気分転換にWii Fitを引っ張り出したり、
シャカシャカとローラー台を漕いだりもして、それなりに汗をかく。
各日45分と50分。
CATVで放送していた宇宙戦艦ヤマトを見ながら・・・なんだか知らないウルトラマンが始まるとともに、飽きてきたのでやめる。やはりローラー台1時間越えは飽き性の私には大きな壁である。

で、本日は3日ぶりの外出。
朝6時に起きて・・・残念ながら地下鉄に揺られ、新木場乗換え。
―げっ!なんでこんなに混んでるの~~!
幸せそうな家族連れ、蹴飛ばしたくなるようなカップルのなかにまぎれて、
スーツ姿の疲れたオヤジ1匹。
案の定、舞浜駅で電車はガラガラに、車窓越しに見える入場ゲートは黒山だ。。。
夢の国は不景気知らずのようです。
―ま、皆様、今日という1日を楽しんでください。
で、そこから数駅ガタゴトと揺られて、
メッセ
さ来週ならねぇ。。。来れるんだろうか???
―ふぅ・・・間に合ったぁ。
22日デッドラインのお仕事をなんとか終える。綱渡りだな。。。
3時か・・・
いつもなら仕事場近くにある深夜営業の居酒屋さんで軽くひっかけて、
5時ごろに戻ってきて、ソファで仮眠のパターンですが、
ちょっと自らの体と相談してみる。
―疲れてるか? 「いや、オヤジ意外と大丈夫だ」
―眠くないか? 「意外なことに眠気はない」
―なら帰るか? 「うん、がんばっちゃうかね」
ということで、深夜帰宅を決断いたしました。もちろん、タクシーは使いませんよ。

この時間だと、帰宅後、昼すぎまで爆睡してしまう可能性もあるので、
最悪、自宅で仕事できるように、メッセンジャーバッグにたくさんの資料を詰め込んで・・・重っ!
再度、自らに確認。
―いつも以上の安全運転を心がけよう!
平地のサイコン表示が23キロほどのまったり、ゆったり走で、
下りになると・・・漕がなかったりする。
が~らがら
靖国通りをはじめ、すべての道ががらがらでございました。
赤信号で止まり、交差する道も静かなもので、数台のタクシーが通り過ぎるだけ。
まだ都会は眠っております
寒さに強い体質ということもあってか、半袖+ハーフパンツ+アームウォーマでまったく平気な気候。
―体内時間をこの時間に合わせて、深夜の東京を走るのも意外と悪くないかもしれないな・・・
なんてことを思いながら、漕ぎ進める。

走行距離 29.9キロ

帰宅後、
ぷふぁ・・・!
やっぱり、こいつはかかせません。

ひと寝して、朝食を家族と囲み、息子を学校に送り出す。
「もしかして、今日は父ちゃん、家で仕事するの?」
という発言と表情がちと気に障ったりもしたが、、、
さ、ちょっと二度寝して、昼過ぎからぼちぼちと仕事でも始めるか。
夕方走。息子は付き合ってくれんだろうな。。。
月曜日からジテツウ。うん、幸先よし!

実は先週までは「凍結アクエリアス」をボトルゲージに携えていましたが、、、
これだけ秋が深まると・・・たった15キロの行程では、ほとんど溶けない!ことを今更ながら学び、
出発前に自販機に
本日からようやく液体に変更でございます。

 しかし・・・むちゃくちゃ忙しい。
 明日は徹夜もありえるか???
 今日は回り道して帰ろうかな・・・

21時。いい加減に腹が減ったので、店仕舞いとする。
―今日はほぼ1日、座りっぱなし。帰りはぱ~っと発散しちゃおう!
と、チョコ3粒を口に放り込んで、皇居に向かう。
―お~!車少ない!!ひゃっほ~!
半蔵門からの下りを堪能して、桜田門でパシャ。
桜田門
(携帯のカメラ機能に“ナイトビジョン”ってのがあることを初めて知る)
ここから少し。。。というか自分レベルではかなり必死に喘いでみる。
1周周り、、竹橋で離脱。
必死に漕いだのは7キロほど?でしょうが、かなりぜぇぜぇ、はぁはぁ状態。
なんかミニベロの乗り方として正しくないような気もしますが。。。

皇居周回。
内堀通りは、私のようなヘタレ自転車乗りでも、ちょっと踏んでみたくなる道です。
―こんどロードで来てみよ っと。

走行距離 38.4キロ

にしてもな。。。22時半ごろに帰宅したわけですが、
それから揚げ物主体の夕食をたんまり食べて・・・就寝。
これじゃあ、痩せんわなぁ。
仕事場で決まった時間に夕食にしたほうがいいんだろうけど、
母が用意してくれた晩飯を無駄にはできないし、
なにより、食事しながら目前に息子を座らせて、
その日の学校の出来事をきく時間って大切だと思うし、悩みどころ。

男性陣から贈り物

昼から息子と2人でスーパーへ慌しく買い出しへ。

帰宅するや、父ちゃんはお仕事に取り掛かりますが、手はとまりがち。
だって、横のキッチンでは・・・
米とぎ
なんか奮闘しております。
―ほんと手伝わないでいいのか?
「いいよ。いまは」
ほんと気になる。
「ねぇ、父ちゃん!細切りって、どうやんの?」
ちょっとだけ見本(?)をみせて、
―まぁ、ケガせんように、やってくれ。。。
ひやあせ、ひやあせ・・・
「ねぇ、どんくらいまでやればいいの~?」
で、見に行くと。。。あっ、切る作業は終わってたんだね。
炒める
―きつね色になるまで、ね。なったら、隣の鍋に移しといて、そのあとは人参と牛肉も炒めて、鍋にいれてね。
「次は~?」
―水入れて!
なかなか働いてくれます。いや、それどころか・・・番人か?
灰汁とり
父ちゃんはそこまでちゃんと灰汁とりしないよ。
―あんまとりすぎて、水分なくすなよ。

そんなさなかに、追い出していた母ちゃんが帰ってきました。
ならば、こちらも仕事なんてやめて・・・飲もう、飲もう!
のも~のも~!
中央のブーケは、なけなしの小遣いで買った息子からの贈り物。
―お前も一緒に乾杯しよう。
と、キッチンにいる息子も交えて、オードブルなんぞつまむ。

で、いいころあいにメインディッシュ登場。
旨いねぇ~~
美味しいねぇ。

で、歌なぞを歌いまして♪
ハッピー!バースディ!!
母ちゃん、誕生日おめでと~!
(ちなみに、年齢はロウソクの色でわかるようになってたりして・・・)

あっ、メインディッシュとブーケを贈った息子には負けますが、
まったり走ろうね~
こんなものの料金を本日払い込みました。
秋空の下、ふたり仲良く走ろう、ね。
昨日の遅れを取り戻すべく、最短距離で仕事場へ。
晴天の下の自転車はやっぱり気持ちいい。ただ、
日常生活では感じないものの、多少は週末ライドの疲れが残っているのか、
サイコンに表示されるスピードはいつもより遅め、足も少し重い、
なんとなく感じる右膝の痛みが気になったりする。

順調に仕事を進めるも、なおも進捗は遅れ気味。でも、
20時半には、カタカタ打ち込み作業に飽きる。帰ろうっと。
―ん?この時間なら???
ちょっと試したいことがあったので、妻に電話してみる。
―まだ会社?
「いや、さっき会社出て、いま駅だけど」

おし!
こちらも急ぎ帰り支度をして、帰途の準備。
この時間になると、ちとお腹がすくので、たった15キロの距離ではありますが、
チョコ一粒
チョコを一粒、口に放り込んでから漕ぎ始めることにしています。
(ジテツウ開始以来のわが引き出しは“OLのような”お菓子箱状態です)

最短経路で自宅へ。すでに妻も帰っておりました。
―ぜぇぜぇ、どんくらい前に帰ったの?
「いまだよ。3分くらい前かな?」
―電話のときは駅にいたんだよね。なら自転車のほうが早いかな?ぜぇぜぇ。。。
実は、妻の会社と私の仕事場は同じ駅でして、
一度、電車と勝負してみたかったのです。

走行距離 30.1キロ
いま、21時前。
繁忙期だというのに、すでにビールぐびぐび、代表戦見ながら寛いじゃっております。

本日は午前中に仕事の大切な資料が到着するということで、
朝から自宅待機でございました。
ぼちぼちペースで仕事のデータ整理をしながら、
ちい散歩を見ちゃったり、おっ!子連れ狼やってんだ!!と思ったりしながらも、、、
―あ~、来ない。宅配便。
状況的に早く仕事場に行かなきゃ、やばいんだよ。
子連れ狼佳境のあたりから、そそくさと準備をはじめる。
メッセンジャーバッグに荷物移動、ジテツウファッションに変身、空気圧調整。
これで荷物さえ受け取れば、すぐに出かけることができます。
・・・でも、来ない。東名高速大渋滞か???

とりあえず昼飯は食っておくことにする。
キッチンに目を向けると、非常食用のカップラーメンが目に入り、、気が進まんけどこれでいいか。
で、麦茶でも出そうかねと冷蔵庫を開けると、
―まずっ!
やばいものを見てしまった。いま食べないと、腐っちゃうよな・・・ってことで、こんな昼飯になってしまった。
カロリーオーバーだよ・・・
仕事場に行ってれば、ジテツウの上に、もり蕎麦だっただろうに、その差何カロリーだよ。

洗い物を終えても来ないので、
鞄のなかにある資料でできる分だけでも、本格的に仕事を始めちゃうことにし、
2時間ほどで終えるも・・・まだ、来ない。

3時半ごろ、ようやく到着。
―あのさ、これ午前指定じゃないの?
その受け答えにむかっ腹が立ち、非常にやわらか~く(だったと思う)抗議。
静まらない怒り、いまさら仕事する気にもねぇ。。。
そんななか息子君が下校してきた。
―ねぇ、自転車乗りに行かない?
「だめ~ぇ。友達と遊ぶ約束してきた」
―そうかい。
ランドセルを放り投げて、出かけていってしまった。虚しさを感じるオヤジ。

なら、ローラー台とちらっと思うも、虚しさに拍車がかかるような気がして、
―いいや、もう仕事はすべて明日回し!
本来ジテツウに使うために、準備万端整えていたミニベロで出動。
とりあえず荒川にでます。
すでに夕暮れ近くだったので、右岸を千住新橋あたりまで進み、橋を渡って、帰路はひさしぶりに左岸を使うことに。
千住左岸
あっ、本日は往路が向かい風だったんだ。
左岸には、ロードでは避けたい未舗装の部分がほんの少しありますが、今日はミニベロなのでずんずん進む。でも・・・
あったっけな???
左岸にもこんなに立派な車止めってあったっけな???
まぁ、それ以外は人もいないし、おおむね快適です。
あと・・・夕刻の左岸は、右岸よりも圧倒的にコウモリが多いですね~。結構な数が鋭角に飛び回っておりました。
月夜にコウモリ・・・写らないね
やっぱ携帯じゃ、写りませんね。

ほんの1時間のちょい乗りでしたが、気分転換にはなったかな。

走行距離 21.1キロ
前夜(10日)、栃木の親戚のお通夜から戻ってきたのが11時前のこと。
「明日の用意は大丈夫なの?」
―うん、もう自転車は積み込んだし、ウエアも用意したし、メットなんかは玄関先に置いてあるから準備は大丈夫だよ。
「じゃあ、早く寝たほうがいいよ」
―うん、でもさ。Yさんが今日テレビに出るんだよ。わざわざ話してきたとこみると、見ろよっていう脅しだからさ。。。
12時半ごろ、やっと放映。。。あぁ、ねむい。。。明日は起きれるだろうか。

3時過ぎ。遠足当日の子供よろしく、パチリと目が覚める。でも、不安要素は満載です。
―お山に登るのは悪友と登った7月の乗鞍以来か・・・
―200K走るのは佐渡ロング以来、それどころか100K以上もつくば以来かよ・・・
なのに睡眠時間2時間少しで大丈夫か???おれ?・・・なんてことを思いながら、リビングに用意してあった荷物を背負い、習慣でビンディングシューズを履き・・・
―あっ!これじゃあ、運転できないね。
と、目に付いた300円くらいで買ったズックに履き替えて、出発!

本日はtavasukeさんプレゼンツ。
ヤビツ→宮が瀬→道志みち→山中湖、帰りは箱根登って200Kという面白そうなんだか、怖いんだかな~という待望の企画の決行日です。
―ま、なんとかなるだろ。

集合場所に向けて、がらがらの首都高速を順調に進むも、霞ヶ関を過ぎて・・・降りる。
「おはようございます!ずんどこさん、今日はよろしく!」
妙にハイテンションな完徹のtavasukeさんに電話です。
―すんません。シューズ忘れました。取りに帰って出直します(泣)
本日のドジその1 安物ズックと履き替えた肝心のSPD-SLシューズを忘れる
慌てて取りに帰るも・・・もう正規集合場所・時間には間に合わないこと確定。
―どっか適当な合流場所を指示ください。
と、小田急線・秦野駅のコインPに向かう。
ここからほど近い国道246名古木交差点が私のスタート場所になりました。
朝からすみませんでした
謀らずも・・・この時点でひとつの難敵“200オーバー”が消えることに。

で、ほどなく皆様と合流し、ちょっと登ったところにあるコンビニでお詫び&談笑。
本日は楽しみましょ~!
実は本日とっても楽しみにしていたことのひとつが、野獣のなかの一輪の華のaiさんの新車拝見でした。
かっこいい~~!!
向こうに見えるは、旦那様junさんのマドン。手前に鎮座するのが・・!!
―う~ん!かっこええ!!
カンパの金色ホイールがまったくいやらしくなく、上品に見えます。やっぱ個人的には炭より鉄に惹かれるな~~(旦那、ごめん!)
で、感心して眺めていたとき・・・ん!なぬ!?
あさひオリジナル
ブルベ1000もミニベロで走っちゃうリュウさんはここでは置いとくことにして・・・
その手前のブルーのヤツって・・・
―ちょっとtavasukeさん、そいつで来たんですか!!!
「はい」って、それって、サイクルベースあさひオリジナルの・・・すげぇです。
(試乗させてもらいましたが、乗ってみると軽さを感じるいい自転車です。でもねぇ。今日のコースを!)
で、和気藹々で表ヤビツを登り始めます。
最初の激坂をなんとかこえ、、小休止後、なだらか目の坂を順調にのぼり・・・
―さすがモストロ。頭が軽いね♪・・・あっ!ひきかえしま~す。
本日のドジその2 小休止時、メットを置き去りにする
激坂が終わった部分でよかったけど、ヘタレには上しなおしは辛い。
でも、朝一ですでに迷惑かけてるもんだから、必死のヒルクライム。
最後尾から皆さんを見守ってくださっているリュウさんの姿が見えたときには、ほっといたしました。ぜぇぜぇ・・・すでに売り切れか?
で、なんとかここにたどり着く。
心強かったサポートカーの2人組
そう左の石田さんはなんと今回、補給食満載、工具充実(結局、大きなマシントラブルなしでした)のサポートカーで、われわれをフォローしてくれていたんですね。
(初山伏のお方にラクチンだよ~なんて発言は空耳でしょう)
お水がおいしいです!
車に積んであったお水など、心遣いが嬉しかったです。

このころから雨が強くなってきました。
裏ヤビツを下っていくわけですが・・・ただでさえボコボコの道に雨は怖いです。
雨の中の景色はいいのですが、こわいっす
ペースをあげることなどとてもできず、宮が瀬で終わりにします?なんて話もではじめる。

結局、進む!選択をし、
道志へ
ヘタレ2度目の道志みちに!
真打登場!
ん?jinさん!さっきまで車列にいましたっけ?(サポートカーの2人組って紹介しちゃったよ)とにかく真打登場です!
jinさんは道志挑戦のその日にケガをした過去があり・・・憧れの道なんでしたよね。
なんとなく進路が明るくなってきているような気も・・・
リーダー、ロードをひく
しかし、ミニベロを駆るリーダーは健脚です。
ちなみにこのずっと先に、赤い彗星さんが滑走しておられます。
(hirotoさんの写真って・・・いつも撮れない。。。速過ぎだよ。でも、引いてくれるときの安心感はなんなんだろ、とフォローしとこ!)
しかし、道志みちって、最高!(妻よ!今度行くぞ!!)
いい道だよねぇ
で、あそこを登る前に、道の駅で昼食。
うどんとパイを購入。ポトフがうまそうでした!
ふふっ。
ぴ~かん!
見事な秋晴れでございま~す!
ここで濡れたウエアやシューズを乾かしながら、長めのしゃべくりタイム。

「そろそろ行きますか」
この先を知ってる人の顔がなぜか暗くなる・・・山伏峠
なんなんでしょう?この峠。斜度も距離もそれほどではないと思うのに、視界になが~いのが見えると精神的にきます。
相変わらず・・・ビューンとhirotoさん。おら、あの悪魔と自転車歴ほとんど変わんないんだよね。
で、ヘタレ続きますが、後ろから威圧感。
―うわっ!Aパパさんだ~。
このお方、まだ自転車歴半年強なのに・・・200越えも、和田制覇もしちゃってるんだよね。あわわ。
いい機会なので、必殺一桁キロ登坂を研究させてあげることにする(笑)
2人並んで仲良くゴールです。
で、まもなくまさとさんがやってきて、サポートカーの石田さん含めてお話していると・・・きた~!
おめでと~!
予想を裏切って、早々に真打到着です。
次いで、ご夫婦も・・・なんとjunさん、直前スプリントで・・・
がんばれ~
皆で、がんばれ、aiちゃん状態。
全員の安全を見守る形で、健脚2人がトリを飾ってくれました。
ありがとうございます。
この後、山中湖におりると・・・ご褒美が。
姿を現してくれました
雲の切れ目からみえる霊峰・・・じ~んと来てしまいます。

天候の影響もあり、時間が押しております。急ぎ籠坂峠をのぼりますが、日暮れも近し。
もう日暮れも近し
このまま箱根突入は危険と判断し、246で帰途につくことに。

この下り基調の道を、りゅうさんが旧道織り交ぜながら絶妙に道案内してくれます。
―こういう方じゃないと、ブルベって無理なのかな・・・
と、思いつつ、ついていくも・・・
実はこの日、ひさびさに出動させたGIOS君。
日頃の扱いを恨んでか、ギアの調子がまったくダメだめ君で、
リアはハイギアがまったく使い物にならず(これは普段も使わないからいいんだけど)、
フロントが変えると落ちる。
もう再三にわたって、ご迷惑のかけどうしだったので、宮が瀬から籠坂のてっぺんまでは「インナー縛り」で漕いでおりました。まぁ、山伏の下り以外はそれで不自由はなかったんだけど。。。
このりゅうさん電車の乗車は、さすがにインナーのみではちとキツく、ものはためしでアウターにかかってくれたときにはほっしつつ、往路で皆さんと合流した名古木でお別れするまで快適ライド。

参加した皆様、
こんな素晴らしい1日をどうもありがとう!
箱根含みの際にはまた参加させてください。
それまで精進だ。

走行距離 139.5キロ

しかし、これだけのスポットを走って、わずか(?)139キロとは、秦野って、自転車乗りにとって、素晴らしい住処か???
昨日は、ひさびさのロング決行。
―雨のヤビツ。
―絶景の道志みち。
―相変わらず可愛げのない山伏峠。
―ご褒美の霊峰の姿。
自らのドジが招いた途中合流や、天候の影響もあり、当初予定の箱根含みの200Kの達成はなりませんでしたが、
充実の1日を送ることができました。

帰宅後の一杯が美味しかったことと言ったら・・・
自転車って、仲間って、いいねぇ・・・
いい顔してます!
・・・はっ!
なぜ? フローリングの上に???
至極の一杯を飲んだ後、そのまま、リビングで寝入ってしまったようです。
(毛布をかけてくれたのは?息子!?さんきゅ~)
朝食をすませ・・・ベランダによっこらしょ!
雨の中、ご苦労さん!!
汚ねぇ~です。
雨の中、坂と・・・よく働いてくれました。ありがとね!
昨日はひさびさ出動させたためか、心臓部のスラム君のご機嫌が麗しくなく、
やっぱり自転車は乗ってないと、普段からいたわってあげないと、いかんですね。
―おしっ!綺麗にしちゃるぞ。
ゴシゴシ後、つけおき
泡まみれにして、ばしゃばしゃ。。。
ぴかぴか
ひさびさGIOSブルーが顔をだしました。

最近、ミニベロに心奪われてましたが、たまには乗ってあげないとね。

さて、大いに楽しませていただいたライドの詳細につきましては、
今晩あたり、札幌でしたためることにします。

これからまたまた出張。父ちゃん、ちょいとお疲れ気味ですが、
昨日養った英気を励みに、いってきま~す!!!

※翌日加筆※
すんません。昨夜は慌しく。。。
楽しいライドの詳細・・・いましばらくお待ちください。
昨夜は、怪しい大人たちの集い“よるたま”の縮小版「ぷちたま」の日。
43にもなると、日頃の飲む機会は、どうも利害関係どっぷりになりがちとなりますが、
共通項は「趣味=自転車のみ」という会合は、純粋に愉しい。
冒頭から池袋に集まったのは、row_kumaさんシャウラさん。そこにしんすけさんが加わって、宴の幕開け。
 わいわい。ごくごく。むしゃむしゃ。がやがや。
うん!めでたし!!シャウラさんの自転車復帰も近そうです!
ん!? 話題の国産タイヤのインプレはどこかで早晩みられそうな気配。
ほ~ぉ! 今度の炭車はほんと強力ウェポンなんだな。。。
ふむふむ。実はアルミって、いいんじゃないか???・・・などなどなど。
そこに本日も朝(未明?)から朝練、家族サービス、宴会掛け持ちと忙しいおるべーさん登場。
わいわい、がやがや
さすがにお疲れ気味のようですが・・・それでもやっぱり元気でした。

さて、昨日のメインイベントは・・・例のブツの受け渡しでございました。
すでに受け渡しが完了した人からの評判が妙にいいブツですが、、、
か、かっこいい~
おお~!!
うっとり
これは噂に違わぬ、かっちょいいです!早速、袖を通すと・・・
―ほっ。
見栄張って、「L」にしたんだよね。この冬は楽しく乗れそうです。

今朝。
実は昨夜皆さんと別れた後、偶然にも旧友と遭遇し、タクシーにて深夜帰宅となってしまったのですが、ぷちたまの際、早い者勝ちの特権でゲットした至極の紙2枚を、妻に見せたところ、効果絶大である(いまごろ有給取得手続き中か?)。さるお方に大感謝である。

で、ご機嫌の妻を見送って、本日はあとで触れるような事情のため、家でお仕事。
その前に・・・。
存在すら忘れかけていた↓こいつ↓をセッティング。
ひさびさ、ねずみ
実は昨夜の会合の際、つくづく思ったのである。
だって、昨日の参加者って、大中小の規模の差こそあれ、このヘタレを除く全員がダイエット成功者、漕げば速え~方ばかりである。
―おらもがんばろ。
しかも、実は明日は、別のお仲間さんたちと、すげぇ~ロングライドが控えているのです。
「ゆっくりですから」なんてオフレが出てはおりますが、なんせ自転車乗りが言う言葉。話は半分で受け取らなくてはいけません。
さて、ジテツウ効果はいかに・・・
―ダメだ~。
以前と同じ強度のはずなのに、93~4で楽に回せてたのに、油断するとサイコン表示は89だよ。
で、90以上に戻し・・・汗だくだく。
45分が過ぎたころ、明日の予行練習に「アウターハイ」を踏んでみるも・・・つれ~!
55分でマシンを降りる。
―お前、がんばるんじゃなかったのか?せめてあと5分はやれよ!
と、自分で自分をつっこんでから、朝風呂を浴びる。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名前を「ひらがな」で書いていた当時だから、小学校低学年のころだったか。
ちょっと両親を恨んでいた時期があった。
―なんでこんな名前にしたの?って。
平仮名で書くと、女の子の名前が本当に嫌だった。
ある年の夏休み。田舎に遊びに行ったときのこと。
「○○君は、おじさんと同じ名前なんだね」と呼びかけられた。
とっても、男らしい方で、子供心に妙に嬉しくなった記憶がある。
その方が闘病の末に亡くなった。本日はお通夜。
いまのところ、ジテツウ実行日UP率100%となっておりますが、
―ジテツウなんて日常さ!わざわざアップすることもないか・・・
の域に早く達したいものである。いまは“覚えたての猿”状態ということで。。。

ということで、夜は雨?の予報は気になりますが、
朝、しゃかしゃかと漕ぎはじめます。
本日はあんまゆっくりもしてられないので、最短ルートを進みます。
路面電車(都電)が併走する王子・飛鳥山を過ぎ・・・
最近、なんだか本郷通りがとても気に入ったので、まっすぐ進みます。

で、急ぎではありますが、本日は気になる物体の正体をつきとめてやろうと。。。
駒込を過ぎ、へこへこと漕いでいると、東大の少し手前あたりで、
ぎくっというか、ぞくっというか、妙に存在感のある白い物体を視界の左側に感じていたのです。
正体はこんなお方でした
正体はこれでございました。ちとほっとする。

  仕事場着。
  本日も順調にお仕事・・・の合間に、
  “ぷちたま”の連絡やら(〆ラー解禁するぞ~!)、
  ミニベロポタ誘いの連絡を受けたりする。
  仕事の励みだね~~ぇ。

本日は往路まっすぐだったので、復路は皇居をぐるんぐるんしてからと思っていたのですが、
思いのほかに仕事が長引いてしまい、
帰るころの空模様は、すでにどよ~~~んという感じ。
急いで最短経路で帰宅です。
―降るなよ~、降るなよ~
あと2キロほどのところで、頬にポツリと冷たいものを感じるも、ギリギリ・セーフ!

走行距離 30.6キロ

さて、本題である。
ジテツウをはじめて知ったのは、
―ふ~ん。思っていたよりは車道走る自転車って多いんだな、ってこと。
もちろん、歩道を走っている自転車のほうが多いものの、
ママチャリの学生さん、おばちゃん、おじいちゃんと意外と車道を走っております。
これはこれで結構なお話なのですが・・・
これがねぇ。対向自転車に異様に出くわすのです。そう、逆走くん。
こえ~ぞ~。
何が怖いって、必然的にすれ違わなきゃならないわけですが、
もうねぇ。。。かなりの高確率ですれ違いざまに右にハンドルを切るとです。
―おいおい、そっちに行っちゃうの~~!
そうなると、私も右に行かざるを得ません。こえ~よ~。
  プワァァァ~~~ン
案の定、クラクションを鳴らされ、ビィュ~~ンと真横に大型車通過。ぞぉ~である。

ってことで、わたしゃ、逆走者のために命を落としたくはないので、
左側に避けなさい・・・じゃなくて、自転車は左側通行ね。
昨晩の妻子との会話が、
―ど~も、かみ合わないな~
と思ったら、迂闊にもこのオヤジが曜日を勘違いしていました。
―え~!明日は土曜日なの~。金曜日じゃないの~(泣)
当初の算段では、金曜日であるはずの本日、必死に仕事をし、
土曜であるはずの明日は、ひさびさGIOSでお山の筈だったのに(泣)

これはやばい!
なぜなら「土曜日夕方までにおねがいね」なんて仕事があったのです。
まだ、かなり残りがあるぞ~。
ってことで、本日は寄り道せずに真っ直ぐ仕事場へ。
(漕ぎ進めるほどに背中にある、秩父のお山が遠のいていきます)

到着後、気合を入れて・・・今日までの仕事をなんとか終える。ふぅ。。。
で、ここからは自分のなかの日曜日に行うはずだった、月曜日までの仕事に取り掛かるも、
夕方からじゃ、終わらせるなんて無理!
よって、真の日曜日である明日に持ち越しか・・・と21時店仕舞いして、帰途につく。
土曜日は若干交通量が少ないですね~
土曜夜の都会の道は、車も少なめで結構走りやすかったりします。
で、走りながら考えていたことは・・・
―明日はひさびさロードに乗りたいな~ってこと。
実現のための算段をあれこれとめぐらせ・・・う~ん、やはり無理かな???

走行距離 30.3キロ

ところで、昼間仕事に勤しんでいると、毎度おなじみ妻からの「走ってるよメール」着信。
本日は秋が瀬公園にいるようです。
妻は秋が瀬
ん?今日もママチャリなんだ。
帰宅後、理由を聞いてみたら、
「パンクがね。怖いんだよ」
―う~ん。荒川のサイクリストさんは女性が立ち往生してたら、なんとかしてくれると思うんだけど…と言いかけて、ふと気がついた。
そうだ!ミニベロ専用ポンプを買いに行くのが面倒で、妻のTREKの携帯ポンプを、通勤用のメッセンジャーバッグのなかに拝借してるんだっけ。ごめん。
―さぁ、本日もジテツウだ!
と、いつものように国道122号に出ると、長めの渋滞表示が出ておりました。
急ぎ仕事場に行って、終日がんばっても、ど~せ1日で終わる仕事量ではないし、、、遠回りしていくことにしました。くるっと方向転換して、
荒サイ。人影なしです。
荒川CRに入りました。
ウォーキング中の爺様、婆様を目にするくらいの、のどか~な平日のCRは、
車止めもほぼ開放状態なので、信号ばかりの一般道と違って、ノンストップで快適に進めます。

―どこで降りようかな???
と思いつつ選択した場所は、四ツ木橋でした。
江戸川CRにアクセスする際に使う国道6号を、本日は逆方向に進むと・・・見えてきました。
小学生の男子が大好物のビル(笑)
写真見せたら、やはり息子は大喜びでした。
続いて見えてくるは、写真撮る状況ではなかったですが、神谷バー
この道は帰路に使用するには障害物が多すぎるかもしれません。
もちろん、ここでは立ち止まらなくては、ね。
雷門は人でいっぱい!
すっかりジテツウであることを忘れて、観光オヤジ化。
―さぁ、次は西郷どんか!?
と一瞬思ったものの、ビンディングで階段上るのが億劫なので通過も、すぐにストップ。
不忍池
すげぇ~。群生しておりました。
この後、湯島天神のだらだら坂を登って、毎度の後楽園経由で、仕事場へ。

すっかり、はとバスコースを堪能したのに、
自宅からの所要時間は、15分くらいしか変わりませんでした。
(このコース。近いうちに家族ポタしてみよっと)

  しかし、自分で惚れるほどに、仕事がんばってんな。
  ここ数日のオレ。

20時半。
―もう疲れちまった。残りは明日だ。
で、最短距離で帰宅。

走行距離 41.1キロ
目覚めると・・・
サボりてぇ~~と思わずにいられない天気♪
―うお~っ!!!
っと叫びたくなるような空。
一瞬、さぼっちゃおうかな・・・と思うも、おとなしくジテツウ決行。

ちなみに、ジテツウ時の格好は、
最寄り駅のイトーヨーカドーのセールで買い込んだテニスウエア(アディダス&ナイキ)に、
ハーフパンツという井出達です。

本日も早々に着替えを済ませて、玄関をでるも・・・
―寒みぃ!!!
瞬時に引き返し、
自転車ウエア用の引き出しをあさって、羽織るものを探す・・・これでいいか。
TTが速くなれる気がするレプリカ(幻想)
漕ぎ始めは快適も・・・しばらく漕ぎ進めていくと、あちぃ!
まだ出番は早かったようです。
―そういえば、カバンのなかにウインドブレーカーが忍ばせてあったんだっけ。。。

   (あ~本日もたんまりと仕事した)

さて、帰路。
22時も近かったこともあって、やはり肌寒い。
後楽園
(いま気づいたけど、いや~な看板が写ってるな)
でも、長袖ジャージ(往路と同じ格好)はちょいと暑いかな???
明日はアームウォーマー。
明後日はウインドブレーカーで試してみようっと。

走行距離 30.2キロ

レプリカジャージ効果なのか?いつもは片道約1時間ほどかかるのに、45分で帰ってこれましたとさ。
盛岡出張に行っておりました。
石割桜
(何年ぶりだろ?石割桜。。。大きくなったような気がする)
晴れた昼間は暖かいけれど、朝晩なんて、もう寒くて、街中の気温計は10℃そこそこの数値を示しておりました。
仕事ばかりでは味気ないので、東京に帰る前に立ち寄ってみました。
昨夜、地元の方から仕入れた情報によりますと、
「かなりの高確率で見られると思うよ(南部訛り)」
ということなので、、、待ち。水面をみつめる。
鮭の産卵が見られるらしい・・・
―来ねぇ。いねぇ・・・
新幹線の出立時間が迫っていたので、あきらめましたが、
この季節。鮭の産卵が見られるらしいです。。。あ~見たかった。。。

繁忙期でございます。
3月中ごろ~GW前、9~10月ってのは・・・忙しいです。
今年も例に洩れず、この秋は3分の1くらいは非東京暮らしでしょうか?
―まっ、仕事が無くなりゃ困るので、致し方なしです。
ついでに、
―平地ロングでも、お山でも・・・自転車シーズンと言われるこの時期に走れないから、いつまでたっても遅いんだ。合点。合点。
などと、後付の理由をつけてみたくなったりしたりして。。。

ということで、先月のまとめ。

☆2008年9月まとめ☆
・自転車生活
走行距離 GIOS:62.9キロ、Raleigh:163.8キロ
       計 226.7キロ(年間合計 3026.0キロ)
ふぅ・・。ジテツウ始めといて良かったよ。ミニベロなかったら100行かないじゃん(泣)
・体格変化
78.2キロ(22.8%)→79.3キロ(23.2%)
まぁ・・当然の結果だわな。食べ物は旨いし、ローラーもしばらく漕いでないし・・・。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。