1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年はわが家にとってある意味、記念の年になってしまった。
息子誕生以来、こぢんまりと続けてきたクリスマスのホームパーティ。
妻も私も仕事がどうにもならない状況により、中断。
―悪いね。パーティできなくて
「いいよ。この不景気に仕事があるんだから、がんばんなよ」
と大人の対応をしてくれた息子は、イブの日にばぁちゃんと2人ケーキを食したみたいです。
(そのご機嫌ぶりから、ばばサンタからこの世でもっとも下品なプレゼントをもらった気配濃厚)

で、明けて25日。妻は相変わらずおいそが氏。
私は…もう年内仕事アップはあきらめ、正月なしにすることにしました。
年末・年始でだだ~っと仕事し、取引先の皆様が仕事始めの日にメールを開くと、、お~!お年玉という計画にいたしました。なので、そんなにあせっても仕方ない。
そんなわけで、その日は仕事のことは強引に忘却して、京王帝都井の頭線・永福町駅に向かいます。

ん~。早く着きすぎたようです。約束時間の1時間半近くも前だし・・・ね。
ってことで、時間まで周辺を散策。
―懐かしいね~ぇ
この辺は私の小・中・高校時代の思い出がつまった場所でもあります。
―あっ!
散策途中に私の高校の制服集団発見。
ついつい話しかけて先生の名前など上げてみるも、気味悪がられ、
去っていく彼らの後ろ姿に、昔の自分たち(当ブログにも登場する悪友集団ですね)を重ねてみたりする。あれから25年。

さて、少し早いが約束の場所「黒森庵」に。
念願の黒森庵
―すんません。aizさんと約束してるんですが・・・
本日は当方の執拗な「連れてって」攻勢が実を結び、蕎麦ポタ師匠aizさんご推奨のお店で真昼間から、蕎麦&酒の極楽和風クリスマスパーティに招いていただきました。
なんせ私、酒についてはあえてコメントしませんが、蕎麦なら365日OKの蕎麦喰い、心はうきうきです。にしても、参加メンバーを待つ間、客のすする蕎麦の音。ごくっ、拷問でございました。

約束時間ジャストにjinさんmimiさんご到着。
(mimiさんとは忘年会で面識はあるものの、本格的にお話したのは初めて!uniqueで魅力的な方っす!)
aizさんは少し遅れるということなので、軽くビールで始めちゃいましょう♪
つまみ・・・うめぇ~~~
すべての料理が創造性にあふれてて、うまいっす!
jinさんの手
 ↑  ↑
飲み会番長の手。

そうしているうちに、さぁ真打登場!つまみ、ビール追加で盛り上がる。
なんとaizさんは、こんな豪勢な肴を持参です。
サイスポ
70年代のサイスポ!!
シマノの広告
シマノの広告ですが、600って・・・各社広告を見るだけでオモシロイ!
あっ、こんな企画モノもございました。
企画モノ
jinさんと2人でジ~~~ッ(笑)
こんなものを持っているaizさんですから、自転車歴長いし、造詣も深い。
私の時期主力戦闘機について、参考になるお話をいろいろ拝聴する。

で、主役の蕎麦に。
あつあつ きのこの白もり
季節限定「あつあつ きのこの白もり」。
ペーコンやら、きのこやらが入っているスープにつけて食べるんですが、
邪道だと思うでしょ?でもね。
そもそも蕎麦自体が格別にうまいので、いけるんです、これが!(あ~また食いてぇ)
当然のごとく流れで、男3人は蕎麦追加。
薬味のわさびだけでなくなっちゃいそ~!で、あわててスープにつけてっと。。。
その後の蕎麦湯がまた・・・。
皆様、実際、味わってみてください。

さらに、ご主人がこんなものを打ってくれました。
ゆずきり
ゆずきりです。これはもう香りだけで、逝っちゃいます。
ん?気がつけば・・・
閉店後
すでに暖簾はしまわれておりますが、宴は続く。
酒リスト
幸せじゃ。
う、うめぇ・・・
至福じゃ。
でも、なにが至福って、
ご主人、マイヨ!!
ご主人の加藤さんを加えて、年齢・性別・職業が異なる皆さんとの会話でございます。

自転車の話はもちろん、テーマに上ったのはエコ、音楽、女子高生、仏像、電機メーカー、ポニョ&エヴァンゲリオン、カメラ、ラジオ・・・などなどなど、とても有意義な時間を過ごせました。
皆様、どうもありがとうございました。
そして、ご主人の加藤さん!
帰りにmimiさんが「あんなお父さんが欲しい」とつぶやいておりましたが、私も激しく同意です。
(子供にしては少し歳をとってますが…)
美味しいもの、そして美味しい会話をありがとうございました。

さぁ!栄養補給は万全!!
本日よりなが~い仕事モードに突入です(泣)
スポンサーサイト
tavasukeさん立案、hiroto&shimahonさんダブル幹事の企画
2008 クリスマスライド in YOKOHAMA
に夫婦で参加してきました。

ヨコハマの下町・山手を仲間とともに、のんび~りと走るという企画。
これならロードのない私もついていけるし、
何より先日の忘年会に出席できなかった妻はひさびさの再会と新たな出会いを前々から楽しみにしており・・・、
先週のお休みに、近所の100円ショップに買出しにでかけ、
お互いの愛車を、リースやツリーで装飾した、クリスマスバージョンに仕上げました。
(あっ、そういや自分たちの愛車の写真は撮ってないや・・・)
ちなみに、下町と山手の間には「坂」が存在することは伏せといた(笑)

駐車場を用意していただいたhirotoさんのご自宅へ。
(早朝からの対応、感謝です)
ご近所のAパパさんはお子さん送迎後に合流とのことで・・・
Aママさんとの4両編成で、この日の集合場所へ
待ち合わせ場所に・・・
「あ~、このお方はゆっくりも漕げるんだ。よかった」(おそらくの妻の心の声)

いち早く、日本大通り「gooz cafe」に到着し、コーヒータイムを過ごしていると、
次々と参集してきました。
ずら~っと朝の横浜に
う~ん。このメンツで走ると、愛車紹介ショットがど~してもaiさん中心になっちゃう(笑)
ただ、本日はもひとつおまけに、
エロピスト。かっくい~!
チョイ悪(極悪?)goshiさんのエロピストと初めて遭遇することができました。
(向こう側のshimamonさんの鉄アンカーも、乗ってみたい車の1つです)
さて、後に合流する“トナカイ”さんを除く、20人の横浜ライドの出発です。

午前中は・・・横浜三塔めぐりをからめたのんびりポタ。
三塔その1三塔その2三塔その3
う~~ん。さすがこのヘタレを生み出した横浜。
由緒正しき歴史を感じる街ですね~。
三塔制覇のあとは、大通公園のなかをまったり、それから黄金町(ここは夜、電車で来たいね)と、hirotoコースリーダーが観光ペースで、いろいろな横浜の表情を網羅してくれています。
途中で、こぢんまりとしたパン屋さん前で停まったと思うと、
シベリア
横浜名物「シベリア」です。
「これを日本丸の前で食べましょう!」ということになり移動。
(途中、私が大好きな桜木町駅の駅そばの香りに腹の虫がなる)
シベリアはでかいので、夫婦で2分の1にして食べました。

で、昼飯会場に。
JICAの施設のようですが、ここは大収穫でした。
まず、なんといっても安い!驚愕の価格でございます。
(横浜仕事の際は、いつもたか~いパシ○ィコや、クィ○ンズで食べてましたが、今後はここにしようっと)
で、安い上に、絶景!
絶景が広がるテラスで
この日は暖かだったので、食後のコーヒー飲みながら、語る。語る。。。ん!?
この日のトナカイさん
お仕事の合間をぬって、21人目の参加者トナカイさんの登場です。
目の前に積まれたプレゼントは、トナカイさんが運んでくれてきたものでなく、この日の参加者が各自1,000円以内で持ち寄ったもの。
そう、何年ぶりだろう???プレゼント交換会を行いました。

食事中、
Aママさん、しょこランさん、aiさんと楽しそうに話す妻の表情が印象的でした。
女性4人で走る経験なんて、そうありませんからね。

ぽかぽか陽気のなかで、楽しい仲間とダベリング。
「今日はここで終わりにします~?」なんて声も聞こえてきますが、
重い腰をあげて、午後の部“山手名所めぐり”に突入。

ははっ。初っ端から、港の見える丘公園前の坂。
各自自分のペースで上っていきます。
ただ、本日私はミニベロなのでロードより坂はちょい楽だ。
(Wレバーなので、最初のギア選択間違えると辛いけど)
妻も最後方から上ってきました。
全員足つきなし!自分含めて多くの人がぜいぜいと言っとりますが・・・

さぁ、ここから坂の街ヨコハマのはじまりです。
なぜかここから先頭を引くHさんが道を間違いはじめるようになる。
先頭のほうを走ってたので、、下ったと思ったら、
「すみませ~ん!間違えました」
はい。へこへこ上りかえします。
こんちきしょ~とちと思うも、何回かめの下り路地前で、「皆さんは待っててください」
と一人下っていくHさん、
「やっぱりここも違いました」
う~ん、このときの笑顔をみると、ど~やら単に個人的に上りたかったようだ(疑惑)。

ただ、上ったご褒美がありました。
競馬場跡
日本で始めての競馬場跡だそうです。
この逆方向の眺めは、ベイブリッジや富士山まで望めて、素晴らしかった!
で、さらに進んで、本牧山頂公園。
こっちもよかったなぁ。。。
こちらも絶景が広がっておりました。

ここからは一路、朝の集合場所まで目指して、
楽しい時間が終わっちゃう
(このサンタさんはパンでなく、おにぎりしか食べられんそうです)
でも、楽しい時間ははやく過ぎてしまいますね。
皆口々に、今日の、今年の思い出。
そして、来年の再会を約束して解散でございます。
(もちろん、物欲談義に花を咲かせるものもおります)

わが夫婦は、Aパパ&Aママさんとともに、hirotoさんにひかれて帰還。
途中。。。おっ!
ロナウド、ルーニー乗ってたのかな???
なんとマンUのチームバス?らしきものと遭遇したほか、
本日堪能したヨコハマを一望できるスポットに立ち寄って、
みなとみらいを一望
臨時撮影会。
照れる
こっぱずかしいのでモザイク処理しますが…自転車を共通の趣味にして以来、
やたらと2ショット写真が増えたような気がします。

皆様、楽しい1日をありがとうございました。

走行距離 33.1キロ
※短い距離でしたが、実は私、午後の部では結構心拍上がっておりました。

あっ、プレゼント交換の戦勝品。
プレゼント交換
妻はマグカップで早速、朝のコーヒーを飲んでおりました。
で、時間厳守の時計を私はすっかり気に入り・・・
んで、このおもちゃが結構すごくって、匍匐前進して、ばばばばばーっと機関銃を撃つのですが、
昨夜、乾杯しながらこれで遊んでいると・・・息子に奪われた。
前エントリーの復帰走以来、1ミリたりとも走っておりません。
個人事業主(零細)である私にとって、
声をかけられた忘年会に出席するのも大事な仕事だったりします。
でもね。。。仕事関係の飲み会って、正直会場に向かう足も重かったりする。

で、打ってかわって、昨夜の話。
連日の酒席となりますが、足取りはかろやかです。
田園都市線「あざみ野駅」下車。EZナビウォークの指示に従い、たどり着いた場所は・・・
カルタさん、来たかったんすよ!
店主さん自らも自転車を愛するカルタさんです!
来たくて来たくてたまらなかったお店です。方々のブログで拝見する料理がどれもとっても旨そうなんだもん。
tavasuke兄貴の下に出会った自転車仲間との忘年会でございました。
参加メンバーは、よくもこれだけ集まったなという25~6人だったかな?
ご厚意により、お店は貸切の飲み放題(美食付)でございます。
兄貴の発声で宴のスタート。
タバスケさん、HNの由来をはじめて知りました
しっかし、いつ見てもかっこいいよな。でも、乾杯の挨拶なのに、乾杯を忘れちゃうところが好き(笑)。
んで、飲み会番長を皮切りに、自己紹介。
幹事様。楽しい宴をありがとです!
所属チームのタマレンジャーとの最大の違いは、女性が豊富なところかな(爆)
仲間
野郎は思いっきり省略させていただきますが、aiさん、mimiさん、松さん、Aママさん、ままんさん、しょこらんさん(記入漏れあったら、ごめんなさい)。。。くくっ。タマレンの皆さんには悪いが至福のときである。

で、女性といえば妻である。
後日、今年のイベント振り返りを総括するつもりでおりますが、
妻の今年一番は佐渡130の完走
その完走は、日々、自転車整備にいそしむ夫の貢献なんて気持ちはこれっぽっちもないらしく、
このライドのおかげ100%と思っているようで、
ぜひとも、そのお礼をと猛烈に参加したかったみたいなのですが、
あいにく年内の超繁忙日がこの日に重なり、朝からご機嫌が・・・
私の番ではそんな自己紹介をした記憶が。。。

で、自己紹介で印象に残ったのが、悔しいかなこの人である。
ほんと思う。この歳になって、こんなに得がたい仲間ができるなんて、幸せなことです。
2008年が明けたときに、いまの“つながり”なんて想像できませんでした。
元来、ネットには非常に懐疑的で、
自転車の記録をつけようと、重い腰をあげたブログ。
今年得た最大の宝物は、つくばのメダル以上に、あなた方との出遭いかな。

あっ、忘年会の詳細については、ほかをあたってください。
楽しかった!、旨かった!ってこと以外は、見事に忘却しちゃったので。。。
事故以来、1週間超の休眠期間を終えて、本日からジテツウ再開です。
天からの祝福
お~!抜けるような青空とぽかぽか陽気!!神に感謝だ!!

ひさびさの自転車だったので、当初は荒川CR経由で感覚を取り戻そうという目論見でしたが、
出立間際に大迷惑なメールが入り、それほどはゆっくりできない状況となり、
いきなしの一般道。久々の車との併走に最初は正直びびるも・・・風を切るこの感覚。
やっぱり自転車は気持ちいい!!と再認識です。
本日はいつもに増して、ゆっくりと漕いでいきました。
多少の上り坂でも、通常以上の乳酸のたまりを感じるのは、ひさびさの自転車というよりも、ここ数日、体の回復を考えて実践していた「極力動かぬ生活」のためかと。

最短経路で仕事場最寄り駅の市ヶ谷駅に…もそのまま外堀通りを通過して、
マラソンコースでお馴染みだった四ツ谷手前の坂に。
でもね。この坂がキツイのは35K超も走ってきたランナーにとってであって、
自転車乗りにとっては、それほど…といままでは思っていたが、今日は乳酸出現(泣)。
そのまましばらく直進すると、迎賓館脇に気持ちいい下りのあとの激坂が控えているのですが、
―あ~あ、きつかった
どうやら休養効果なんてものはなく、ヘタレ足は健在のようである。

で、昨日予告していた目的地に着きました。
神宮外苑の並木
数日前に、新聞で見た光景よりも黄色は薄れておりましたが、まだまだ名残ありで満足。
―ん?もしかして、僕のミニベロ、風景にとけこんでないかい??
と自己陶酔し、並木道を少し流してみることに。
―うん!似合うぞ。オレ、もしかしてはまってないか!?
妄想は暴走モードです。。。あっ、ベンチが空いてる!で、ブレーキ。ずりゅ。
危うくこけそうになりました。だって、
ブレーキは気をつけましょう!
路面は一面、落ち葉だらけ。復帰走でこけたらシャレにならんところでした。
気を落ち着かせるために、まずは記念撮影。
ほれぼれ
はぁ、うっとり、惚れ惚れである。
ぼぉぉぉぉ
で、一服して、しばらくぼぉぉぉ、鞄に小説でも入ってたら読みふけりたいところですが…仕事に行かなくちゃね。

「いちょうまつり」はまだ開催中のようで、
出店
休みの日に家族で来るのもいいかもしれません。

走行距離 38.5キロ

帰路は、結構とばしてみましたが、痛みもそうは感じず、全快間近のようです。

経過報告

一応、自転車ブログのつもりなので、怪我すると物欲にでも走らない限り、アップすることはほとんどないのだけれど、もしかしたらご心配してくれている方もいるかもしれないので、現状のご報告です。

医者によると、打撲、内出血のみで、深刻な異常はなし。

全治は2週間だそうだから、まったく「重症」ではございません。
実際、すでに1週間が経過し、無惨だった下半身の紫色もだいぶひき、順調に回復しているようであります。で、医者曰く、
「痛くなければ、自転車にも乗っていいよ」とのこと。
今回の件で、ロードは散っちゃいましたが、幸いにも私にはミニベロがある!
(友人の下に“代車”の受け取りにはまだ行っておりません)
でも・・・事故以来、乗っておりません。
なぜなら、下腹部にまだ腫れが残っており、まだ、痛いのである。
朝起きで、屈伸運動をしてみると・・・イテテっ。
―もう少し、様子を見てみようかな・・・
という現状であります。

で、ジテツウ中断後、まったく気にしなくなったのが天気。
前夜、朝とあれほど天気予報を気にしていた生活が嘘のように、
新聞もテレビもお天気欄は、スル~。
どうせ、今年は年末までほぼ仕事場に入りびたり確定なので、
外がぴ~かんでも、雨でも、雪でも、まったく関係ないし。
ということで、毎朝家を出るときの動物的感で傘持参の有無を決定しているのですが、
昨夜は、自宅最寄駅に帰着すると、豪雨。
―すまん。駅まで傘持ってきて・・・
と、またまた妻に借りをつくってしまった。

で、なぜアップする気になったかといえば、
本日1日日常生活を送ってみて、なんとなく昨日までより痛みを感じず・・・
落ち込み気味の気分が好転傾向にある。
となると、途端にうずうずしてきて、なんか無性に神頼みをしたくなってきた。
―明日は終日、晴れてくれ!!
昨日だか、おとといだかの新聞に、神宮外苑の見事な黄色い絨毯の写真が掲載されていた。
リハビリ走の目的地として、ぜひ明日この目で見てみようかと思っている。

落ち葉掃除なんて、野暮なことしてないよね。。。
今回の件ではかなり周辺からもお見舞いの言葉をいただいており、恐縮しきりである。
そんななかの1人に、私に自転車を薦めてくれた友人がいるんですが、
(今回に限りいつもの悪友という表現は止めることにします)
おとといだかに、今回のことで何度目かの電話をくれた。
「体はどうよ?」
―うん、痛いけど、大したことない。あんがと。
「保険は?」
―体には利くけど、自転車は芳しくないみたい。
「○○保険の特約でも調べてみなよ。補償範囲かもしれんぞ」
―あんがと。見てみるわ。
なんて、やりとりをしておりまして。話は自然の成り行きで新車の話と進んでいきました。
「新車の見込みは?」
―う~ん。なんとなく欲しいのはあるんだけどね。何かと物入りの時期なんで、すぐってわけにもいかないかな。。。
「ふ~ん。貸そうか?しばらく」
―・・・。え!?
「代車。取りに来れば、貸すよ」
―ほんと!?じゃあ、さ。トーエイのランドナー持ってたよね。あれでいいよ。
「あれはいま別のに貸してるし、ずんどこはあれじゃあ、多分、満足しないよ。ピンキーならいつでもいいよ」

ピンキーってのは、もちろん愛称で。
タンゲ
こいつ。パナソニック タンゲ2のことです。
2006年9月30日に、こいつら高校時代の仲間と富士五湖に行ったとき、
「ほい!ずんどこはこれに乗って」
と渡された。私が自転車にはまるきっかけを作ってくれた思い出の車です。

―おっ!それはうれしい。今は体調悪いけど、近いうちに受け取りにいくよ。
この寒さじゃ、もう峠なんて足は向かないし、
主流となるはずの平地ロングなら、鉄のピンキー君はありがたい。
ただ、ひとつ気がかりなことがあった。
―あのさ、あれって、チューブラだったよね。パンクはしにくいって話だけど、万一のときに、不器用な俺でも直せるかね?
「大丈夫、大丈夫。かえって、簡単だって」
―そう?じゃ、しばらく借りるわ。
と話はここでいったん落ち着きました。

で、この友人というのが、実に自転車持ちでして、
最近、私のミニベロ購入に刺激されたのか、あのバイクフライデーを購入したばかりと思ったら、
さらに、とんでもない高級ロードをゲットした。
(そのうち一緒に乗るときにでも、ご紹介しますが、写メ送られて来た時には卒倒しました)
それで少し気になったので、聞いてみた。
―いままで乗ってたのは、どうしたの?
「もちろん、あるよ。そうかあれを貸すって手もあるのか」
―ええ~っ!でも、実はホイールも、スプロケも、新しいすげぇのに移植しちゃったって、オチじゃない?
「いや。いつでも走れる状態だよ」
―でもいいのかよ。十分というか、俺にとって、超のつく高級車だぞ?
「大切に乗ってくれりゃあ、いいよ」
ってことで、その友人の気が変わらなければ、いまのところ、高級炭車が代車にくることになっているのですが・・・

分不相応な私が乗っちゃっていいんだろうか?
で、仮にそいつを借りたとして、そんな乗り味を体感しちゃって、大丈夫だろうか?
体がもう少し癒えたら、日程を調整して、受け取りにいくつもりですが、
新車を買ったときに、がっかりしそうで・・・怖いような気がしたり、
一度、炭車でグリーンラインを走ってみたくもあり・・・

さて、この友人の家の帰り道。
車のトランクには、タンゲ2が収納されているのか?はたまた炭車が鎮座しているのか???

いずれにしても、げに有難きは友の存在。
少なくても、ロード空白期間は回避できることになりそう。

ありがとう、GIOS!

先日、病院で・・・
「大したことないけど、下半身を動かす自転車は再出血の可能性もあるから、しばらく我慢したほうがいいかもね」と言われたときには、
―ちぇっ、ジテツウもできないのか、でも、こそっとやっちゃうかね。
なんて思ったもんでしたが、心配することなかった。なぜなら・・・
―痛くて、乗れない!
で、ときに訪れる激痛というのが厄介もので、なかなか集中力が保てず、
結果、仕事の進捗とは裏腹に、早めの電車帰宅につながっております。
この光景が好きでした・・・
―ああ、この美しき光景に幸せを感じたんだよねぇ。。。

40を“肥えた”オヤジに、多くをもたらしてくれた、
GIOS VESPRO SRAM RIVAL
いま存在する大切な人間関係も、こいつがもたらしてくれたものと言っても過言ではありません。

そういえばブログはこいつを手に入れて2ヶ月後に開設したので、
きっかけもなく、肝心なこの相棒について触れたことは、たぶんなかったかも。

そもそもはFELT55を購入しに行ったのです。
でも、タッチの差で在庫が切れ、店を去ろうとしたときに視界に入ったのがコイツ。
最初に惹かれたのは、穴のあいたような個性的なクランクで、
リアメカを見ると、まったく知らない「RIVAL」という表示があった。
―なにこれ?
「あ、スラムってMTBでは有名なメーカーなんだけどね・・・云々・・・」
―ふ~ん。
実は私、圧倒的GIOSユーザーと異なり、ジオスブルーって好きではなかったんですが、
この時点で天邪鬼の血が騒ぎました。しかもメカオンチなので、
―シマノじゃなければ、扱えなくても当然で済むかな・・・
なんて、思いもあったりして。。。即日購入でございました。

90kg以上あった体重を、いまのレベルにしてくれたのもこいつ。
初めて100K越えしたのも、センチュリー越えしたのも、、、
ヘタレレベルながら、多くの名だたる峠もこの相棒と一緒に越えてきました。

イベントもこいつといっぱい出たなぁ。
・2007年
 佐渡ロングライド 130
 ツール・ド・ちば 3日間
 東京エンデューロ ペア(妻と参戦)
・2008年
 南房総菜の花サイクリング(息子と参加)
 ツール・ド・草津
 佐渡ロングライド 210
 Mt.富士ヒルクライム
 全日本12時間耐久サイクリングinつくば(妻子と参戦、銀メダル!)
結果はともあれ、ロード初心者の無謀な挑戦を支えてくれたのは、この相棒でした。

そして・・・
ブログを開設し、たくさんの大切な出会いをもたらしてくれたのも、すべてこいつのお陰。

全損となったとき、妻が予想もしない発言をしてくれました。
「ところで、父ちゃん、GIOSはどうするの?」
―うぅ・・・ん
「あのさ!フレームだけでも飾ることにしない?思い出の自転車なんだからさ」
この妻の配慮・・・うるうるでございました。
"(/へ\*)"))ウゥ、、、皆様、ありがとうございます。

本来、おひとりおひとりに返礼を差し上げなければいけないところですが、
どうやら、遮二無二、稼がんといかん状況になってしまいそうで、
このエントリーを持ちまして、御礼のコメントとさせていただくご無礼をお許しください。

本日、病院に行ってきました。
別にひどくなったわけではありません。
「大したことないよ」という医者のお墨付きをもらうべく、行ってまいりました。
実のところ、近所の病院までアクセル踏むのも、結構痛かったりします。

場面は変わり、とある総合病院外科の診察室。
「自転車同士でぶつかったんだって?最近増えてるんだよ」
ふむぅ。。。嘆かわしい現実にあるようです。
で、無駄話好きな私はお医者さんとその辺のお話しなどしていると、
「あっ、そこに寝て、患部見せてみて?」
実は患部というのが、、、その・・・恥部なんですよね。
「うわっ、これはひどいわね。痛いでしょ」と看護士さん。
―・・・。それほど痛くはないんですけどね(見た目ひどいですよね)。
で、お医者さん凝視、触診の結果(痛かったよ)、
「うん、問題ない。痛みと内出血は2週間くらい続くだろうけど、とくに心配ない。大丈夫だよ
とのことです。

再出血を防ぐため、できればしばらくは自転車漕ぐのは控えたほうがいいとのことですが、
お医者さんのお墨付きをいただき、ほっとしました。
と、いうことで、皆様。体のほう大丈夫です!!

ただね。。。
愛車のほうはね。。。昨日、保険の約款をみて覚悟はしておりましたが、、
ま、一所懸命働きますです。

で、心境はとても複雑でございますが、
ロード生活も早期に復帰するつもりなので、そのとき継続してないと悔やむので、
以下、今月のまとめです。
・自転車生活
走行距離 GIOS:83.9キロ、Raleigh:433.8キロ
       計517.7キロ(年間合計 3998.8キロ)
な~んだ、あんまりロードに乗ってないじゃん!・・・なんて簡単にふっきれるかい!!
・体格変化
80.0キロ(24.7%)→81.3キロ(25.1%)・・・この原因はほぼ明白の“熱燗”。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。