1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は悪友Mとその友人とで、三浦半島ライドの予定だったのですが、諸事情により延期。

仕事資料は昨日中に自宅移動をすませており、
本日の予定は、15時ごろまで仕事に集中して、夕方は妻と河口までポタろうという算段ですが、
朝飯後、宅配便さん着。
依頼主名「小栗旬」ねぇ。。。悪友Sからでした。
おおっ!
ブログで、SCOTTのサイコンが壊れてると、頻繁にこぼしたのが提供者の心を揺さぶったのでしょうか、、
サイコンの説明書と、心拍センサー!
さらに、仰山のおまけまでついておりまして・・・
ありがたい・・・
ボトルゲージ、タイヤ、ブラケット、携帯ポンプ、サドルバック(チューブ入り)・・・、
―感動した!心遣いに感動した!ありがたく受け取っておく。
とメールすると・・・折り返し、電話あり。
「感動させておいて、悪いけどさ。いま旅先なんだけど、パンク修理一式忘れちゃって、これからいう住所に明日午前必着で送ってくれ。今度会ったとき返すから」
さすがわが悪友。。。おばかだ。
写真中ポンプとチューブ、+タイヤレバーとパッチをつけて、リボンをつけて送ってあげた。

まぁ、こんな悪友であるが、せっかくの心遣いである。
その気持ちを無駄にするのもなんなので、ボタン電池を購入しに、街に出る。
ちょうど昼飯時だったので、妻子と出かけたのですが・・・
―なに!!!2人とも入ったことないの!!!
餃子の王将
いま、日本でもっとも元気のいい会社。
―それはいかん!一度はこの味を体験しておかないと!
息子12歳、妻ン歳にして、餃子の王将の餃子初体験。
(オヤジはもう4桁に突入してると思う)

んで、目的であるボタン電池を購入し、
リビングにシートを広げて、点滅信号をだしていたTREKのサイコンから電池交換。
こちらはものの数分で終了し、SCOTTの番。
―う~~ん、なかなかセンサー照合してくんないんだけど。。。
本日何度目かになる、悪友Sに電話し(悪いね、行楽中に)、コツを聞くも、
心拍計とケイデンスは探知してくれるも、スピードメーターが反応しない。
ま、スピードにはそれほど興味もないので、本日はここで諦めることにする。

こんな作業をしている間にも、電話が入り、このGW中の楽しい予定が決まったりしておりました。
3日:スバルライン登坂
5日:三浦半島ライド
6~8日とかなりハードな仕事の日々になっちゃいそうだけど、それはそれ、楽しみは楽しみ。
ここでオヤジはふと思った。
GW中だけでなく、今年は土日に遠出する機会が多くなりそうだ。
電話問い合わせじゃ「ない!」と冷たくあしらわれたけれど、足を運べばあるかもしれない。
近くのカー用品屋さんに・・・やっぱりなかったETC。でも、
見通しのない予約
行ったついでに予約は入れておいた。200人待ちだそうだ。
「夏休みにギリギリ間に合うかどうかだと思いますよ」だそうだ。
それでも栄村、そして妻の実家である三陸に行けば、十分元はとれる計算。
(しかし、国。。。金の使い方、間違えてるよ。やっぱり。。。)

気がつけば、すでに日暮れ間近。
こんな時間じゃ、予定していた妻とのライドは無理な話で、この足でスーパーに買い物へ。
目的の食料品売り場に行く途中で・・・
ジテツウ用
ジテツウによさそうな服があったので、購入しようとするも・・・あっ!
―母ちゃん、財布車においてきちゃった。。。買って。。。
買ってもらった(汗)

そんなこんなで、走れず・・・、仕事できず・・・のGW初日終了。
明日からは出張なのですが、
今日の遅れ分の仕事を取り戻さなきゃならんので、ちと早めに現地入りして、ホテルにこもろうと思う。
買いなおし・・・
事情を知ってる一部の方は、あれ?って思う写真ですね。
あれこれその素晴らしさを訴えて、妻用購入してもらいました。
んで、早速、明日はこれを借りてってしまう・・・オヤジ。
スポンサーサイト
怒ると損するのはこちらなので、
―温和にいこー!
を信条に生きておりますが、朝早々に不条理な出来事が起こる。
―こやつまた同じミスを・・・何度目だよ。
このまま放置しておくと、永遠にこちらが嫌な思いをしかねないので、ちと注意のつもりが・・・

詳細書くのも不愉快なので割愛しますが、
要は・・・人間だれもが過ちは犯すさ。ただ、そのフォローには誠意をつくすべきだろう・・・
私が言いたかったのは、そんなところだ。

と、まぁ。心ならずも本日は最悪のスタートとなりました。。。気がつきゃ、11時だよ。

朝から晴天なので、早々にジテツウウエアに着替えていたのですが、
今日のように気持ちが荒れているときは、
当然気持ちも散漫。安全運転に支障がでそうで、
『今日はジテツウやめたほうがいいんじゃないの』
なんて心の声が聞こえてきたりする。

ただ、せっかくの天候。しかも、再度着替えるのも面倒なので、
『いつも以上に安全運転を心がける』
と自分に言い聞かせて、発進も・・・そう吹っ切れるものではなく、
なんとなくアクシデントが起こりそうな気配を感じて、
ちょっと進路を変えて、御用達の自転車屋さんに。
店長と自転車談義をし、
思いっきり目の保養をすれば、多少気は晴れるかな…と思いまして。
―こんちわ!ひさしぶりです!

ついでに、愛車の気になっていたところをみてもらうことにしました。
―このミニベロ。とっても走るんで気に入ってるんですけど、数週間前から異音がしはじめて、いろいろ弄ってるんですが、いっこうにおさまらなくて・・・
と、サドルをギュウギュウ。。。ギシギシ。。。
―こんな感じです。
「あっ!この異音はねぇ」

店長さん。即座に原因指摘。
なんでも、皮サドルのBROOKSは・・・
乗っていると、皮がたゆんでくるらしく(特に私、重いしねぇ)、
定期的に皮を張り伸ばす必要があるそうで・・・(自分の不勉強を恥じる)、
処置をしてもらうと・・・感激の無音!
不勉強でした(恥)
「ホームセンターの安いのでいいから、14インチのちっちゃいスパナ買うといいよ」

ここしばらく悩まされていた異音が解消したことで、
すっかり気分もよくなった往路。

ただ、そう簡単にはふっきれないよね。。。やっぱり。
仕事してても、どうしても午前中のことを思ってしまい、進捗も芳しくなく、
あまりに能率があがらないので、21時ごろに切り上げ、帰途につきましたが(寒かった)、
自宅につき、習慣で頭に手をやると・・・あわわ。
ヘルメット、仕事場に忘れてきちゃったよ。

走行距離 31.0キロ

1回もうけたラン♪

前エントリーの追記のとおり、
朝の寒さから、悲惨な5合目の光景と恐怖の下りを思い浮かべて、GW後半へと順延にした息子のスバルラインチャレンジ。
今日の天気をみれば、結果的には実行できたいうような気も・・・。でも、、、

その分も楽しませていただいた、充実の休日でした。

起きたらぴ~かん。
わが家のベランダからくっきりと見える富士の姿を眺めながら、
自分の選択ミスを悔い、ため息の親父でしたが、ふと考えなおす。
そう、本日息子には友達との約束もさせず、つまりフリー。
―もうお昼近くだけど、どっか別のところに行こう!
んで、二人してサイクルウエアに着替えて、さっそく・・・と思ったら、あらら。
TREKがパンクしておりました。
―???
昨日のローラー台。あまりにも久しぶりのため接着面に異物でも付着していたのだろうか。
(初めて体験するパンク原因。。。)
ともかく早急にパンク修理し、改めて出発。

結構。風の強い日で、息子の希望は―。
「帰りは絶対追い風!だから向かい風のほうに向かおうよ」
了解。この時期なので河口に向かうことになるのかな…と思い、荒川に出てみると、
風は上流から吹いておりました。
―じゃ、上流に向かうけど、帰りに風向きが変わっても文句は言うなよ!
「言わないよ」
新荒川大橋→朝霞水門までは、風音で会話が聞こえないほど。でも、
「風が強い割には、冬と違ってやわらかいっていうか・・・これならなんとかなりそう」
―そうか。それなら彩湖ぐるぐると思ってたけど、もう少し足伸ばすぞ!うどん食いに行こう!
「いいねぇ!」
青空のもと・・・気持ちいい♪
朝霞水門を過ぎると、風向きも変わり、かなりご機嫌で漕いでおります。
基本的に私が前を引く形で進みますが、
7~8分の力ならば、ぴったりとついてきてくれるし、
坂なんかで、ほぼ本気のスピードで漕いでも・・・それほど遅れずについてきてくれる。
「父ちゃん!いま40km/hくらい出てたよ!ちょっとツライ」
―悪い!ほらスコットのサイコンは壊れてるからさ。
1年くらい前までは5割くらいの力でも気がつけば米粒化してたのに、
息子の成長を実感し、うれしさ噛み締める父であった。

ちょっとのどかな光景になったので、ポタリングモードに切り替えて、
牛。
ほんの最近までは、牛だ~、牛だ~!って大喜びだったのに、それほど興奮することなく、漕いでる。。。これはちょっと寂しい成長か。。。でも、
「うわっ!」
CR。とおせんぼ。
「クララが立った気持ちもわかるよ!」
さすがにとおせんぼされた横を通るのはビビッてたみたい(笑)
んで、中学校の話や、興味のある部活の話などを聞きながら、漕ぎ進めて第一目的地とうちゃ~く!
川岸屋さん
「今日は自転車暑かったでしょ?」とお店の方。
本当に自転車乗りにやさしいお店です。
定番メニュー
それぞれの定番メニュー。
父:ざるうどん天ぷらつき+モツ煮
息子:肉うどん

続いてはもちろん、
榎本アイス
榎本牧場まで足を伸ばしてジェラート。
堪能後に、見学をしていたら・・・!!
今日生まれ!!
なんと本日生まれたてのほやほやちゃんです。
帰り支度をしていると、自転車乗りの紳士から、
「息子さんと2人でなんて、うらやましいです。いいですねぇ・・・」
はい。ありがとうございます。いつまでついてきてくれるか・・・ですが。

帰路は岸を変えて、
絶好の自転車日和
「アブラナの香りがいいねぇ。。。」
―あ~ほんとに!
入間大橋からのTT区間では、ぼちぼちのスピードで漕ぎ進めましたが、
「長いよ~」
と文句たれながらも、振り向けばすぐそこについてきます。
―すげぇじゃん!成長したねぇ!
うれしそうだ。

仮設CRの水田の一部ではちょうど田植えの光景をみることもでき、
向こうに見えるは・・・
毎度の携帯撮影なので、わかりにくいですが・・・
実は本日のライドでは常に、このまんなかのお山・・・霊峰の姿が見えまして、
(実際は相当の大きさで見ることができます)
最初は、、、ちくしょ~、いまごろあの辺を・・・の思いで眺めていたのが、
この頃には、、、待っててね~、数日後にはいくからね~!の思い。

この後、
けっこう興奮したレース観戦
秋が瀬サーキットのレースを観戦して、かなりの興奮を味わったあと、帰着。

走行距離 75.2キロ

念願のスバルラインは順延となってしまいましたが、
平地ライドだったので、学校の話を聞けたり・・・なんか1回もうかったような感じ。
あっ、1回もうかったといえば・・・
榎本スタンプ
こちらも。次回ジェラート、同伴の相手は妻かな???
予報どおり、雨が降ってた。

今日は土曜日なのに学校があるとかで、息子は平常時間に登校。
のちほど妻も学校へと出かけるのだという。
一方、この時点では仕事場に行く気だった私はというと、、、ごそごそと・・・
―うわっ!埃すげぇ!ほんとにくもの巣かぶってそう!!
まずはふきふきして、650Cを運んできて、ひさびさセッティング。
いつ以来だろう???
富士ヒルクラまで残すこと、1ヶ月と少しとなり、
本日よりぼちぼちと鍛錬(=体重減)していこうかと思いまして・・・、

早速、漕ぎ始める。。。
―あ~しんど。。。あっ、ハイギアに入ってた。
ひさびさなので、無理はよくないと、ほどよい“軽さ”にして、ちょうどよい頃合のところで、落ち着いたところでケイデンスをみると・・・95回転/分か。。。
ジテツウに使用しているミニベロのサイコンには、ケイデンス機能はないし、
スコットのサイコンは故障中なので、ケイデンスを見るのは実に久しぶり。
体が覚えているいつもの感覚でペダルを回したのですが、、うん、結構いい感じで回していたようです。
5分経過。。。。。やっぱ実走よりしんどい。そして・・・・・暇!
―お~い!リモコンとってくれるか、チャンネル変えてくれないかね?
身支度に忙しい妻を呼び出す。
―なんかやってない?あ、土曜のこの時間ならCATVでヤマトやってるでしょ?
やってなかった。でも、地上波はどうせあのK君のニュースだし、、自分が批判されてるようで辛いので、
―そのままマンガのチャンネルでいいや。。。

画面を見ずに、考えごとをすることにした。
―明日、どうしようかな・・・
実は漕ぎ始める前に、PCをいじって、明日の山梨県東部富士五湖の天気をみたら、、晴マーク。
ついでにauの天気予報をみたら、
『お出かけには問題なし!』なんてコメントまでついていた。

本日学校の息子は月曜日が“代休”のため、
明日は初めての富士にのぼるチャンスの日。
ただ、どうせなら好天のスバルラインを上らせてあげたいので、ここのところの天気予報に明日の決行はあきらめていたのですが・・・
ま、明日がだめなら、日にちをずらせばいいんです。
しかもGW後半ならば、私の悪友も富士方面にいるので、
「おっ!上ったらさ、合流しようぜ!息子制覇祝いで焼肉ごちそうするよ。もちろん、息子君の分だけ」
と申し出てくれており、それはそれでそいつのことが妙に気に入っている息子にはいい思い出となりそうなのですが、

後半決行だと問題もあるんだよね。
ひとつ目、晴天になるという保障がない。
  これは晴れ男の悪友との合流なので心配は皆無か・・・
ふたつ目、正直、父ちゃんの仕事スケジュールがきつくなる。
  決行後、1~2日の夜なべ仕事になりそう、、、
  可愛い息子のためとはいえ、ツライ。
みっつ目、順延決行日が・・・・わが結婚記念日(汗)
  妻は「いいよ」と言ってくれているけど。笑顔で(怖)

息子の希望は、
「ともかくこのGW中に上りたい!最悪はこの企画自体が流れること」
とやる気マンマンです。
となると、後半の天気がやっぱり心配だよな・・・

あ~、思考が堂々巡りになってきた。。。もう限界。
軽すぎたかな・・・
正味45分。汗だくです。脱いだびしょびしょシャツは1kgはあろうか(驚)
平均ケイデンス93回転/分は久々にしては一見まずまずですが、
距離をみると・・・ギア軽すぎたか。

んで、そのまま風呂に飛んでいき、さっきの悩みの続きを考える。

入浴後、悪友に「晴れなら明日決行しちゃうわ」のメールを打ち、
雨上がったら、車載するために、本日は終日自宅仕事の日に決める。

追記―当日朝―
4時起床。雨は上がっているものの西の空がまっくら。
なによりベランダに出ると・・・寒い。
独りや仲間とのライドなら、いざ出陣の状況ですが、今回は初心者息子との企画。
五合目の気温と、雨残りの路面を考慮して、順延といたしました。
・・・んで、二度寝・・・
判断ミスだったかなぁ。。。ぴ~かんじゃん!

長期休み直前になると、
仕事の進行がメッタメタになる。なかには、
「この仕事がなければ9連休になるんですよね。代わりにやってくれます?」
なんて、同業種会社員からの降って沸いたような依頼がでてきたりして、
稼ぎ時と考えればいい時期ではあるけれど、、実際、目玉@@の状態。。。
おかげで明日に控えた「よるたま」は欠席だ(泣)

起きたら晴れてたので、ジテツウ。
最高の陽気に、好きな自転車で通勤すれば、さぞかし気持ちよかろう、というのは甘い考えで、
状況から考えて、片道15キロの最短ルート往復だと、
多少の気分転換にはなるものの、気分爽快・全快!にはならず、逆に
―あ~、走り足りない
と、仕事場の窓から外の青空を怨めしく見つめていたりする。

そういうとき何を考えるかといえば、
当然、直後に控えたGWの予定に思いをめぐらすわけです。
今年は連休のど真ん中に、で~んと出張が入ってしまったので、大型長期連休の実行は難しいですが、GW突入までの数日間を奮闘すれば、2勤1休くらいは実現できるのではないかと。。。

すでに、
悪友と、そしてお仲間とロングライドの予定も入っており、、あ~楽しみだ。
なかでも、最大のお楽しみは・・・
なんといっても息子と2人のスバルライン登坂で、
これはこの週明け早々か、あるいは後半の中日あたりの天候と相談して、決行日を決めようと思っておりますが・・・

数日前に、自転車整備をしていたときのこと。
―悪りぃ!ちょっとSCOTTを支えていてくれないか?
と息子に頼んだのが、そもそもの間違いの始まりで、
「なに?父ちゃん、この軽さ!」
あちゃ~、失敗した。
「父ちゃんさ。これで富士山に登るつもりなの?」
―そうだけど。
「それはずるいんじゃない?軽すぎだよ。僕のTREKと不公平だよ。ミニベロで登ってよ」
―別にいいけどさ。ミニベロって、乗ってみればわかるけど、坂道楽なんだよ(しどろもどろ)
「ふ~ん。でも、このスコットも相当楽なんじゃない?」
う~ん。どうなんだろ?君が乗るTREKよりは楽だろうけど。。。
ただね。父ちゃんにもそれなりの言い分はあって、
―ほらさ。6月に富士のレースがあるじゃん。父ちゃんの前のGIOSはスラムだったから、このSCOTTとギアの変え方が違うんだよ。父ちゃん、まだ慣れなくて、それを試したいんだよね。
「う~ん。わかったような。わからないような。。。」

ということで、昨日エントリーした妻との栄村と並び、
今年の最大級のイベントになるであろう息子とのスバルライン走を前に、
ミニベロ出動か・・・
か・・・
はたまたロードか・・・
どちらで出動するかを迷っている父であった。

で、こんな悩みはあるにせよ、このGWに思いをめぐらせていると、
あら不思議。
本日は結構難度の高い仕事だったのですが、望外にも予定以上に仕事が進捗。
―こりゃ、うまくいくと妻とのロングもGWに組みこめるかもしれない。

あっ、本日の走行距離 30.3キロ
雨の日。外の天候を気にしない分だけ、仕事は結構はかどったりする。

午前中からカタカタカタカタとPCと向き合っていたところ、
―ん?
めずらしく妻から仕事用メルアドに着信あり。至急の用?なんでしょ?

やじばばさんのところみた?私も出ようかな・・・』

ちょっと目を疑う内容です。
はい。すでに見てました。羨ましいな~。出たいな~、
ただ、貴重な夏休み。独りで110Kコース参加はまずいよな~と思いながら読ませていただきました。
そのイベントになんと、わが妻が参加意思表明!?

仕事を投げ出して、急ぎ返信。
―あのさぁ。本気?
即返信あり。どうも本気らしい。
ならば、と。気が変わらないうちに・・・

グルっとまるごと栄村100kmサイクリング

エントリーいたしました(喜)
申し込んだのは、もちろんスパルタンな110kmコースではなく、
「温泉でゆったり45km宿泊コース」
これね。憧れのイベントの1つだったのです。
毎年やじばばご夫妻の抱腹絶倒レポ(失礼です)を読み、
―いつか夫婦で参加したい!
と思っておりました。

でも、最近、妻のモチベーションが下降気味で、
―今年も無理かな・・・
となかばあきらめていたのですが・・・、
本日のやじばばさんの記事を読み、前年の記事を読み、
「私も参加したいな~」
と思ってくれたみたいです。

早速、やじさんに妻のモチベ向上の御礼メールをお出ししたところ、
お忙しいなか、ご返信が。
しかもお宿情報など、経験に基づく貴重な情報までいただき、感謝です。

さて、妻よ。
申し込んだからには、もうこっちのもんだ。。。
これみた?
高低表
われわれの参加するコースは、この67km地点から先を走るそうで。。。
(最高標高からちと下がったあたりですね)
これを下り基調と捉えてくれればいいのだけれど、
下ったあとには、必ずのぼりがあるからね。

当日まで、それなりの練習をしましょう!
本日三陸より義母が上京。

早朝起きて、自転車車載で汚れたマイカーの整理整頓をし・・・
寝坊すけ息子を中学の制服に着替えさせて、
JR大宮駅までお出迎え。

新幹線から降りた義母は、
大きくなった息子に目をまんまるくしておりました。

本日の計画はすべて実娘である妻に決めていただき、
私は忠実なる道案内、ドライバー役です。ご所望の地は・・・
雷門
浅草です。上写真右手前2人が母娘ですが・・・あ~後姿なのが残念!
この2人。。。まさに瓜二つ。
(お嬢さんを僕にくださいの日なんて・・・笑い堪えるのに必死だったんだから)

しっかし、すんごい人の波!
すんごい人!
でも、おばあちゃんは自分の趣味の日本舞踊グッズのご収集に大興奮のようで(汗)、
さらに、息子も初めての街がハートに来ちゃったみたいで、興味がそそられる方向にふらふら彷徨いはじめる始末で。。。

妻は実母担当。私は息子担当のお目付け役となり、
―はぐれたら、雷門の下で会おうねぇ・・・・
それぞれに、それなりの物欲発散をさせたのちに、落ち合って、
この3人似てるよな。。。
お清め。この3人似てるよな~の感心ショットです。

残念ながら、ご本堂は改修・工事中でしたが、
工事中
お賽銭をいれ、それぞれが手を合わせる。
(しかし、浅草寺って、拍手しちゃう人比率が高いお寺だよなぁ。。。)

んで、そのあと、
「おみくじひこう!」と義母と息子。
―あっ、ここはやめたほうがいいですよ。凶の比率が高いから、結構落ち込みますよ。
ほら、そんなこと言ってる間にも、隣の4人組全員「凶」だし。。。
そんな婿殿ガイドの気遣いも知らず。。。ばばと孫コンビは引く。。。
すご!大吉かよ!!
うぐっ。息子も、義母も・・・大吉だ!!!2人は大喜びのハイタッチです。
おばあちゃんが、おみくじを結ぼうとするので、
―あっ、ここは凶だけを結んで、ほかは持って帰るんですよ。
んで、そう言いながら、ヘタレオヤジは思った。
しばらくこないうちにここの凶比率は変わったんだろうと、
さきほどの凶4人組は現代のレアケースだったんだろうと。。。
―んじゃ、父ちゃんも引いてみるわ。
やっぱね
はは。やっぱりね。オヤジ浅草寺おみくじ連続凶記録途切れず。。。

まぁ、8連敗くらいになれば慣れたものだ。
「凶」でも、こんな幸せな家庭を手に入れられたことだし、、、ただ、念のため、ね。
レストラン大宮
レストラン大宮のハンバーグで厄落とし。
このブログ。わが妻も日に2~3回はアクセスしてくれているみたいなのですが、
「いい加減に書き換えたら?」
と大変不評なのが、左上のプロフィール欄。
「あれじぁ、嘘つきじゃない」
―え?GIOSは変えんよ。思い出のクルマだから。
「違う。“最近、やせた?”なんて、もう言われないでしょ」

ふふ。そんなことないのだよ。妻。。。

今週はやたらと道で、おひさしぶりばったりがあった1週間でして、
「ええ!痩せたね、君!」(60代♂)
「ずんどこさん、しまったんじゃないですか?」(30代♂)
「ずんどこ!お前、偉い!デブ脱却近いな!」(50代酩酊気味♂)
ほら、みろ!嘘じゃないじゃんか!!
実際ね。ここ最近は食事にも気をつけていて、数値下降気味なんだよ。
(気持ち程度だけど。。。)
ともかくも、立て続けに気分のいい再会があった1週間だったのですが、

金曜日に出張のために、着替えをしていたとき、
―もう春だから、薄手のスーツで行こう!
と、スラックスに足を通すと・・・ジャストフィットだった。。。あれれ?
たしかこのスラックスは・・・
昨年はだぶだぶで、サスペンダーで穿いてたんじゃなかったっけ???

久々に出会った♂たちの記憶よりも、
妻の印象と過去のスーツのほうが正直者であることがわかった。。。
んで、軽い誓いその1―痩せて、次こそこのスーツを捨ててやる!

で、土曜日夕方。出張より戻ってまいりました。
現地入りして、飯もろくに食わずに、ホテルに籠もり・・・。
やった!努力の甲斐あり、外に食いにいけそうな時間に区切りがつく。
―んとね。ビールと・・・とりあえず刺し盛ください。
やった!さよりだ!!
おっ!左上のお魚さんはもしかして・・・もぐもぐ。。。やっぱり“さより”だ!
わたし、刺身のなかじゃ、こいつが断然の一等賞でして、、得した気分。が!
隣のテーブルがやけに景気いいです。
岩牡蠣、トロステーキ、くじらコース・・・そして、てっさ!
ほんものくいてぇ・・・
下品であるが、隣のテーブル見て、じゅる~である。
減量を誓った手前、実はホテルにカードと諭吉を置いてきたのです。
んでも、我慢できず・・・すんませ~ん!
ヒレ酒ともずく
ヒレ酒ともずくを頼んで、隣のテーブルから“白子焼き”なんて禁じ手が使われないうちに退散。

で、今朝は早々に現地外仕事です。
約束の場所までの10分ほどの距離をのんびりと海岸線を歩いていったわけですが、
ハタと気づく、
私が歩いているのは本州。ということは左側に見えるのは・・・
門司
そう。あちら側は九州です。

軽い誓いその2。
いつかここまで自分の足でたどり着き、そして、向こう岸まで行ってみたい。
午前中まで雨が残る?という予報に反して、朝から晴天!
ま、本日は朝からスーツ仕事のジテツウ不可日だから天気なんて関係ないんだけど。。。

結構、忙しい日々を送っております。
不景気のさなか、ありがたいことだと思う。でも、、
今日は都内仕事だから、晴天の中の1回のジテツウをあきらめればいいとして、
なんだか例年以上に、地方出張の仕事が多いような気がする。
この週末も、超高級魚が名物のある地に行くのですが、
残念ながら、100%食べることなく、仕事だけしてUターンしてくることになると思う。

ブログで告白するようなことじゃない、お下品な話ではありますが、
ともかくいま、目先の現金がないのである。
だって、稼いでも稼いでも、航空会社とJRさんが持っていってしまうんだもん。
もちろん、仕事で行くのだから、請求すれば返ってくるんだけど、
決算のイタズラというか、なんというか、非常にタイミングの悪い時期で、
当分、吉野家さんと、ゆで太郎さんと、コンビニ弁当に依存する日が続きそうです。

んで、今朝の話。
帰宅すると、財布やら名刺入れやらを電話台横の手紙置きに放る習慣があるのですが、
スーツ着て、出かけようと、手紙置き場を探ると・・・あるお手紙が目に入った。
―あっ、そういえば今月の頭に来てたんだっけ?存在自体すっかり忘れてた。
選挙民になって20数年が過ぎ、入れた人の勝率1割そこそこの私だけに、
まったく関心はなかったのだけれど、
―もらえるものはもらっておこう。
と急ぎ書類作成、必要書類揃えて、投函。
定額給付金
なんでも、1~2ヶ月後には老人1人、壮年2人、子供1人分の金額が振り込まれるらしい。

そのころといえば、大量に支払った航空券・新幹線代もさすがに戻ってくるころで・・・ぐふっ。

あくまでも便宜上ですが、本日のエントリーカテゴリーは「愛車・周辺用品」としておくことにしました。
ラーレーに合う、ボトルがなかなか見つからず、
ジテツウ時には、コンビニや自販機で購入した500mLのペットボトルをそのままゲージに差し込んで使用しておりますが(DAKARAか、ヘルシアが定番です)、

暑さを感じる陽気に、信号で止まるたびにゴクリとしてたら、
本日初めて、朝買ったボトルが帰宅時に空になりました。

もともと片道15キロという距離ということもあって、
秋・冬の間は、ひと通勤に2~3口程度で、
白状すると、貧乏根性から、1ボトル2~3回使用は当然で、5日くらい経つと、
―さすがに細菌だらけだろうなぁ。。。と半分くらい残ったのを流しに捨てていた。

ま、この季節になれば、
走行時の摂取量だけでなく、走行後もだ~っとのどを潤すことになるだろうから、
燃費は多少下がりますが、衛生面は向上するかと。

さて、本日のジテツウ。
往路は多少、急ぎの用事があったので、最短コースを自分なりの高速走で行く。
順調に進み―。
夕方6時ごろ、非常に中途半端な時間に1本の仕事が終わってしまった。
決して器用なほうではないので、
これから頭を切り替えて、新たな仕事にとっかかるとしたら、区切りがつくのは、
―22時?いや日が変わるかな・・・
という予感がしたので、潔く店じまいして、久しぶりの皇居。
半蔵門から左回りに周回をはじめて、
桜田門
―そういや、明るい桜田門を走るのは初めてかもしれない。
平川門から竹橋、再び半蔵門までのだらだらが、鈍りきった体にこたえるも、
車の交通量もそう多くはなく、快適走が楽しめました。
―おしっ!あと2周!
と思って、再度の周回をはじめるも、東京駅をすぎ・・・あわわ。
前周回と打って変わっての交通量にビビリ、平川門で離脱。

走行距離 38.0キロ

明日は朝早くでて、せめて50キロと思っていたら・・・雨かよ。
日曜日は…終日、自宅でしたが、

さすがに、こんだけ天気がいいとうずうずしてきちゃいます。
なので、
強引に用事を作り出して、
―悪い。用事がないならついてきてくれ。
ほんの一時間もあれば済む用件だし、息子はノーヘル、ママチャリで、
(親父のほうは、自転車=ヘルメットが習慣化しちゃったみたいです)
ただし、遠回りして、荒サイへ。 
ランンボルギーニ
用事はすぐにすんでしまいましたが、せっかくなので、
CR脇の空き地前に自転車を停めて、背負ってきたカバンから、
「なんでそんなの入ってるの?」
ボールを取り出して、キャッチボールに付き合ってもらう。
―なんなら、縄跳びも入ってるけど、、やる?
息子はかなり呆れてるけど、強引に技披露。
二重跳びはかなり順調にできるけど、ハヤブサがなかなかできん。。。
「子供のときより、太ったってことだよ」
そんなこんなで、30分ほど運動してから引き返す。

あっ、そうだ。強引についてきてもらったんだから、お礼をしてあげないとね。
―乗ってみる?
「え?何に?」
―ミニベロ
「いいよ。転んで壊したら、殴られるだけだもん」
―そんなことじゃ殴らんよ(たぶんだけど・・・)
で、サドルを思いっきり、低くして、、、
息子、ラーレー君に
あらら。昨年夏に買ったときには、見た目からして、でかいし、無理だな…と思ったもんですが、
補助ブレーキの位置ながら、なかなか様になっていたりする。
「なんかちっちゃいのに、するする~というか、うにゅうにゅ~って進むんだねぇ」

んで、息子はママチャリ、親父はラーレーで帰路のCRを戻ってきたのですが、
離脱する新荒川大橋が近づいたところで、
「父ちゃんさ、そんだけいい自転車乗ってるんだから、重いギアで出口の坂を上らなきゃ、ずるいよ」
かちん!である。アウターハイに。
「もちろん、平地で勢いはつけちゃだめだよ」
どきっ!である。
たった50メートル程度の坂でありますが、お蔭様で相当に心拍あがりました。

走行距離 10.2キロ

さぁ、今週もお仕事がんばろ~!っと。
昨夜は、この4月最大のお楽しみイベント・・・ガールズの会

ガールズっていうのは、、、
自転車仲間のコミュ「700C」に所属する、麗しき女性メンバーのことで、
わが妻も栄えある正会員となっておりまして、
その初の夜の会合に“引率”として、顔をだしてきました(役得です♪)。

会場は大井町。
会員の多くは横浜方面在住の方ですから、わが家のアクセスを考えてのお店選定かと。。。
(お店を選定してくれたエロ・・・んごしさん、そして大幹事のaiさん、感謝です)
本日を何を差し置いてもの最優先日としていたわが夫婦は、
約束の1時間前には現地着のフライングで、初めての街を探訪。
新宿・しょんべん横丁を大きくしたような佇まいに、オヤジは感動です。
―ねぇ、ここに引っ越してくるか?
「う~ん。今からじゃ無理だけど、最初にこの街見てたら、間違いなくココに住んでたね」
あっ!それとjinさんブログで得た貴重な情報もしっかり確認。
青春の味があるんだねぇ。。。
なんと!あの“牛友チェーン”の器が、味が体験できるらしいです。
今日はこれから飽食なので、ぐっと我慢の子。
「今度、この街でデートしようか」
という妻からのうれしい申し出があったりして・・・。
あっ、今日は楽しい会合になりそうなので、一応チェックしとかなきゃね。
時刻表
「さすが、呑み助!手馴れてるね」
この辺までは確かこっちに主導権がありました。。。

んで、イベント開始。
わが家同様、aiさんはjunさんを伴い、Aママさんは・・・ん?
本日、Aパパさんが700C子ども会?の幹事をお勤めのため、出席できず、ご近所のhirotoリーダーを僕にご参加。
やがて青春さんを従えて、しょこラン♪さん登場で、
本日参加のガールズ総勢4名参集!
麗しき会合
(Aママさん、勝手に拝借しました)
モザイク入れるのが惜しいほどの、美人揃いです(汗)
皆様、楽しそうでなにより!!

んで、純&愛さんの出会いなどを肴に宴を楽しんでいると、
いかなる状況でも、主役になっちゃう人登場。
赤兎さん
ガールズの会開催の記念すべき日に雨を降らさないための生贄でしょうか、骨折姿が痛々しいRed rabbitさん、そしてエロ格好いいんごしさんも登場し・・・宴は盛り上がる。

お店は昭和の香りがぷんぷんするお店。ん?
隣のaiさんが注文した飲み物は、
オロナミンC割
オロナミンC割です。
―すんません。ちょっと飲ませて!
妻の目。そして、junさんの目を気にしながら、間接キッスにならないように気をつけて試飲(笑)。結構、いけた。

で、私はホッピー白を主体に、中身、中身、中身、両方、中身・・・
とグビグビ行っていたのですが・・・記憶ぷっつん。
あんなに楽しみにしていた会合だというのに・・・寝てしまいました。
(おっちゃん、疲れてたのです。すみません)
ZZZ・・・
  ↑   ↑
この写真。手は動いてますが、熟睡してるのです。
熟睡してるのに、話しかけられれば、反応しちゃう酔っ払いオヤジの悲しい性です。
あれ?いつのまにかにホストの名を欲しいままにしてるゆうなみさんもいる!!

なんか本日、妻に聞いたところ、
7時から11時までの会合は大盛り上がりで、私は半分以上を寝て過ごしていたそうです。
「父ちゃん、最低!!」
と言いながら、笑ってるところをみると、ほんと楽しかったみたいです。

で、冒頭で触れたように、私は“引率役”として参加したわけですが、
こんな状態ですから・・・、
173センチ、80キロの旦那を背負って帰る妻。しかも、地元駅につくと・・・
―母ちゃん!餃子食うぞ!!
強引に餃子屋に入り・・・、生ビールと2人前を注文し、1個だけ妻に食べさせて、残り全部をたいらげ・・・しかも会計もせず、とっとと店をでて、妻に払わせる旦那(証言にもとづき)。

しかも、しかも・・・
これあんまりブログには書きたくないんだけど・・・今朝の話。
実は朝早くから仕事で出かけたのですが、
電車に乗って、目的地に着き、二日酔い覚ましのポカリでも・・・とカバンから財布を出そうとしたら…ぞーっ!!
―財布がねぇ!
まぁ、パスモにある程度の金額は入ってるから、昼飯さえ我慢すれば、なんとかなるかと思いながらも、自宅に電話。。。
―財布ある?
「あるよ。ただ、財布の脇にカメラもあるんだけど、今日の仕事で使わないの?」
―えっ!
カバン確認。ない!カメラがない!!
―悪い!急いできてくれ!!カメラがないと仕事できない(泣)

化粧もせずに、駆けつけてくれた妻のおかげで、
仕事開始5分前のぎりぎりセーフ。
とりあえず、仕事中は近くの喫茶店で時間をつぶしておいてもらい。
昼飯、ご馳走。
さらに夕食後は、感謝の乾杯。
ありがと。僕があるのはあなたのおかげです。
妻に感謝の2日間でございました。
日活ロマンポルノのようなタイトルですが・・・

まずは、昨日の話。
うららかな陽気に誘われて、かなり荷物は重いけど、
ジテツウルックに着替え、玄関先に自転車を用意して、空気圧調整をしようとポンプを探す。
―あれ、ないな~~~。どこ置いたっけ???
しばらく捜索し、ようやく
―そうか!車に積みっぱなしだった!
と思いつくのと、ほぼ同時に。。。連絡あり。
「急で悪いですが、これから打ち合わせに来てください」
顔・声で笑って、心で泣いて。。。ジテツウルックを脱ぎ捨てての電車通勤でした。

で、明けて本日。
いや~な電話やメールが入って来る前に、さっさと出発、荒川CRにIN。
赤羽桜堤緑地の桜
荒川桜堤緑地の桜並木。
今年は満開の時期が長いなぁ…と思ってましたが、近づいてみると、葉っぱも目立ち、
散り際
ちらちらと花吹雪。やっぱり桜は散り際が美しいと思う。

季節は着実に進んでおります。
本日は長袖ポロシャツに、7分丈パンツという井出達ですが、
早々に袖を捲くりあげて、春の陽気のなかをのどか~に進む。

日光街道から言問通りに入り、、、
―あっ!
視界に入ってきた光景に目を奪われてしまいました。
写真じゃみえないけど・・・見事な桜吹雪なのです
谷中霊園の桜ですが、
写真では見えないのが、ざんねん!!
決して大袈裟な表現ではなく、まるで北海道、北陸の雪のように、
桜の花びらが舞っております。
(この写真撮ってる間にも、メガネと目の間に、花びらが“積雪”しました)
―桜の花びらって、陽に照らされると、桃色でなく、銀色のカーテンみたいになるんだねぇ。。。
その幻想的な光景に誘われて、思わず路地に入り込むと、
「いくら掃いても、キリがないねぇ~~」
と、独りつぶやく、作務衣姿の粋なおじさんの姿に惹かれ、、、
―あれ、なんだろ?あの人込みは???
近づいていくと、三脚立てたカメラを構える人の群れ。
ファインダーの示す路地を覗いてみると。。。
ピンクの絨毯
一面の桃色の絨毯。
もう、見事としか言いようのない景色がそこにありました。
(あ~ぁ、昨日仕事場にデジカメ置いてきちゃったよぉ。携帯カメラじゃ、ねぇ)

なんか得した気分♪
また、来年のこの時期の楽しみができました。

で、こんないいことがあったから、今日はいい日かな?と思っていたら、
人生、そううまくはことは運ばないようで、なんか仕事がとんでもない状況になってきた。
明日、楽しい飲み会を終えたあとは・・・
今度、存分に走れるのはいつのことだろ。

走行距離 38.2キロ
―しっかし、子供の脳って大したもんだねぇ。。。
目的地に向かう車中。息子のリクエストに応えて、フジテレビの音声を流していたのですが、
(走行中はテレビ画面が映らない設定なので)
現役の『ONE PIECE』はまだわかるにしても、とっくに終了している『ドラゴンボール』までも、声優さんが話す前に、一文字一句違わぬ科白を、感情込めて言ってる。。。
―いまの科白は悟空?
「ええ?クリリンだよ。わかんないの?だめだな・・・父ちゃんは」
―しかし、よく覚えてるね。
「はぁ?漫画の科白なんて、一度読めば覚えられるでしょ。覚えられない父ちゃんがおかしいんだよ」
そんなことで批判される謂れはまったくないが、ぐっと堪えて、息子独演のアニメ劇場(絵なし)を楽しみ、都幾川村の駐車場に。

組み立てている間、補佐してくれている息子に。。。
―準備運動しといて。。。。あれれ、緊張してるの???
「そりゃ、初めて峠に上るんだもん。緊張するさ!」
形勢逆転だ(笑)
―予定変更して、白石峠にしようか?
などと言ってイジメて遊ぶ。
「ねぇ。今日の峠はほんと大丈夫なの???」

まずは、セブンイレブン西平店に立ち寄り、補給食購入。
「父ちゃん、ローディーさんがいっぱいいるね」
―うん。ここは聖地のようなもんだからな。ここで補給して、みんなお山に向かうんだ。んじゃ、そろそろ出発しよう。まずは、松郷峠ね。ここは斜度もゆるいし、あっという間に終わるから心配ないよ。ギアは軽めにして、体を温めようね。
初峠は松郷峠
―ほら!ペダルの踏む位置は意識して!!
「はい」・・・車中と違って、素直な息子は、山っぽいねぇ~などと言いながら元気に上っていき、あっという間に・・・到着。
松郷制覇
「ねぇ、てっ辺の目印みたいなのはないの?」
はい。ありません。さて、ここで本日の最重要事項の伝達式。
―いいか。本日は絶対に下りで父ちゃんのことを抜かさないこと。これだけは絶対に守ること。いいね。んじゃ、下るよ。
スピード5割減で下り始めますが、、さすが石橋を叩いて、安全でも、誰かを渡らせてから渡るタイプのわが息子。慎重すぎるほど、慎重に遅れ気味で下ってきております。

やがて、平地になり。後ろから話しかけてきた。
「父ちゃん、下りのほうが怖いって、よくわかった」
―もう少しはスピード上げてもいいぞ。下りで調子に乗ってスピード出す母ちゃんよりはいいけど。2人足して、2で割るといいんだけどね。。。ところで、ブレーキのかけすぎで手が痛いだろ?
「うん。手が疲れてる」というので、見えてきた東秩父の産直場で休憩。
―ここでなんか食ってこう。
「僕、おなかすいてないよ」
―だめ!いいから食え!!自転車のときはおなかがすく前に食うこと!!
と、まったり道の本質を説くオヤジ。
おやき
おやき。
だんご
焼きだんご。

んで、再始動。
「父ちゃん、のどかだねぇ。。。里山だね」
晴天に恵まれました♪
「あ~、来てよかったよ」
―そっか、そっか。。。
「ところで、次の峠はなんて名前なの?」

本日の峠行きの目的はこのGWに予定しているスバルラインの予行練習。
個人的にスバルラインに似てるかなぁ。。。と思っている定峰峠を目指しているわけですが、
そこまでのアプローチの起伏が、息子には結構きつめだったみたいで、
「ねぇ。そろそろ休まない?」を連発。
―大丈夫。上り始める前に休憩を考えてるから、そこまでがんばれ!あと2キロくらいかな。
んで、遅れ気味で白石車庫に姿を現しました。
白石車庫
ローディさんの団体がおられ・・・子供のローディの登場は多少インパクトがあったようで、なかには「あの子、見て、かっこいい」という若い女性の声があったり・・・
「お前、聞いたか?」
―え?なにが~??
なんて澄ましてますが、目が笑ってる、鼻の下が伸びてる。。。聞いたな。ご機嫌だな(爆)

じゃ、前に進もうか。
初めは順調
初めは順調も・・・息子にとっては未体験の坂の長さに、徐々に遅れ始め、気がつくと傍にいなかった。なので、下って様子を見に行くと・・・(なんかSCOTTって、反則だな。。。ゆっくり漕ぐ分には、上り返しなんてまったく苦じゃないんですが…)
―大丈夫?
「うん、平気!抜いていくローディーさんがね。みんな、君、がんばって!!と声をかけていってくれるんだ」
がんばれ!!
カメラを向けると、妙に姿勢を正しちゃいますが(笑)、奮闘しております。
―おし!その調子でがんばれ!!
で、・・・・・とうちゃ~く!!
到着!!!
「ここまではなんていうことはなかった」・・・・言ってくれます。
―どうする?ここから引き返す手もあるけど、下りの練習には今の道が一番いいし・・・
「進むよ。どうせだもん」
―そうか!なら食おう!
「食うって、さっき食べたばかりじゃん」
―いいの!自転車はとにかく食う。しかも、初めての峠茶屋で親父と一緒に食べた思い出つくりだ。
峠茶屋初体験
息子、肉うどん。父、そばがき。
「うどんの汁が疲れた体に効いて、うまい!!」んだそうです。

―あっ!言い忘れたけど、ここからは多少、斜度がきつくなるよ。
「ええ!!」
カーブごとに後ろを振り向くと、がんばっている姿が見え、オヤジうれしい。
んで、何本目かのカーブで後ろを見ると、姿が見えなく、下って様子を確認にしにいき、元気付けのギャグをかましてやると・・・
「父ちゃん!なんで笑わせんだよ!!足ついちゃったじゃん!!今まで足つきなしだったのに!ギャグ禁止ね!」とマジに怒られる。。。すみません。
んで、自分自身斜度のキツサを感じ始めると、ここのゴールはもうすぐ。
本当にキツイところは、自分の力だけでがんばって欲しいので、後ろ髪引かれながら、父ちゃんは単独ダッシュで一足先に待ってるよ。
見えてきた。がんばれ~~
もう少しだ、がんばれ~~!!そして、
白石峠看板前
―やったね!後ろ見てごらん。
「ええっ!白石峠???」
―あっ、よく言われる白石峠ってのは、そこの横の道を上ってくることね。1キロくらい下って、試してみる?父ちゃんはここで待ってるから。
「いい。やめとく。父ちゃん、帰りは同じ道を戻るの?ということは松郷峠を逆から上るの?」
定峰から白石峠の上りがちょっと堪えたみたいで、もうあんまり長くは上りたくない様子です。

う~ん。困った。かといって白石峠の下りは体験させたくないし、
(車のすれ違いなんて、子供の腕力じゃ怖いから。。。)
―もう少しがんばれるか?いまのとこよりキツイところはないから。
「うん。いまのところくらいだったら、もう少しならがんばれる」
グリーンラインをもう少し進むことにしました。
奮闘する息子に対して、壮年のグループが口々に声援を送ってくれます。

 ありがとうございます。
 オヤジ、猛烈に感動、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、
大野峠
大野峠を経由し、まさか本日ここに来れるとは・・・
茶屋がぁ・・・・
(茶屋が本当になくなってることにオヤジ軽くショック)
絶景の刈場坂峠にたどり着きました。
―ほんとは青い屋根の下のベンチで横にさせてやりたかったなぁぁぁ
という思いは捨て切れないものの、1つ夢達成!なにより・・・
息子、名所に立つ!
この笑顔をみて・・・わが子の成長を感じて、親父感動。
―連れてきてよかった!!

走行距離 43.5キロ

駐車場まで慎重に下ったあと、ご褒美は・・・
わたなべ
豆腐工房わたなべの豆腐ソフト。
自宅で待つ妻へのお土産に各種豆腐を買って帰宅しましたが、
「この豆腐。本当においしいね」と妻は感動。
息子は・・・
「そんなら母ちゃんも同じルートを挑戦して、買ってくれば」だって。
2009年4月5日。
最高の休日となりました。
この写真を撮りたかったんだよね。。。
息子、名所に立つ!
わが家の650C-TREKを最初にここに運んだのは、息子でございました。

よくがんばった!
デブだなぁぁぁ
父ちゃんもうれしいぞ!

晴れてくれ!

今週は土日のどっちか休める状況です。

んでわ。
評判の高い土曜日MARU企画に参加表明を、っと思っていたら、
「父ちゃん、今週はね。土曜日は予定があるけど、日曜日なら付き合えるよ」
と息子からの申し出あり(v喜v)

ならば!の本日土曜日。
朝飯食って早々に、TREKを洗車しはじめるオヤジ。
まずは、フレーム。ピッカピカ。
そして、ホイール。。。ついでにチェーンもね。
窓越しに見える妻の顔は・・・
「私と走るときには、そんなに入念に整備しないよね」
と言いたげだけど(笑)

そんなプレッシャーにめげず、
車載
詰め込み。

GWに予定している富士すばるラインを前に、
一度は登らせておきたいというか、下りを体験させておきたかったので、
明日は練習に出かけたいと思います。

桜三昧

起床するなり、妻から―。
「父ちゃんは、今日休めないの?」
―えっ!なんで?今日は金曜日でしょ。無理だな。。。
「そうか。。。吉見の桜でも見に行きたかったんだけどな」
そういえば、今日は創立記念日でお休みだったっけ。。。
以前、自分が勤めていた会社とはいえ、7年も経つと忘れちまうもんです。

ここでふと思い立ちました。
妻は日ごろからジテツウに興味津々のようだったので。
―今日はさ。天気がいいから自転車で行くつもりなんだけど、なんなら一緒に来る?折り返し独りで帰ることになるけどね。
即答で行くとのことです。なので、
当初の予定では遠回りしていくつもりでしたが、実現するかわからない妻の通勤ルートの参考になれば、と。
本日は最短と思われるルートで通勤することにしました。

―今日は車が少なくて走りやすいな・・・
なんて思いながら、R122を進んでいると、信号待ちの時に、妻から。
「やっぱり平日の一般道は車が多くて、ちょっと怖いよ」
う~ん。。。夫婦とはいえ、印象は違うものです。
王子駅を過ぎると、飛鳥山の緩やかな上りが始まりますが、
家の妻は上りが大の苦手。しかも車と併走のプレッシャーを考えると・・・
―上で待ってるから、歩道を使って登ってきてね。
と言い残し、単独ダッシュ。待っている間に。。。
満開@飛鳥山
見事!!満開のショット。
歩道は花見客で大混雑だったようで、暫らくして妻の姿が見えてきました。んじゃ、再出発。

次に立ち寄ったのは・・・
安田講堂
東京大学です。なんか妙に感慨深そうなので。。。
―もしかして、来たのは初めて?
「うん。これ安田講堂だよね。なんか緊張するんだけど」だそうです。
本当は、お弁当を買って千鳥が淵あたりでお花見ランチと計画していたのですが、
初の東大来訪記念として・・・学食で食べてみた。
赤門ラーメン和定食
妻、赤門ラーメン390円也。夫、和定食580円也。
んで、定番スポットにて・・・
赤門前にて。
記念写真を撮ってあげまして、お次は。。。皇居千鳥が淵にご案内。
菜の花&桜@千鳥が淵
綺麗だなぁとかなんとかいう以前に、とてつもない人の波で、この時期自転車で来るべきではなかったかもしれない。でも、
満開桜@千鳥が淵
やっぱり桜はきれいだねぇ。。。心に安らぎを与えてくれます。

んで、桜に心を癒してもらったあと、妻の会社までご案内。
―どう?ジテツウするの?
「う~~ん。もう少しサイクリングロードで走りこんで、その上、一般道の練習が必要なことがわかった」
なるほど。がんばってください。
このあと、帰り易いルートを教えて、妻は帰途。私は仕事場へ。。。

 東大のパワーなのか、桜のおかげなのか???
 本日は順調に仕事が進みました。が・・・

いい加減に仕事にも飽きたので、7時過ぎに早々と帰ることにした。
―おお!!
靖国神社前
写真じゃわかりにくいですが、靖国神社前の桜がお見事です!
なので、ついつい誘われて、境内に侵入。
酒くさいよぉ・・・
昼の千鳥が淵以上の人、人、人。そして・・・
―酒くさいよぉぉぉ・・・・
一目散に退散。漕ぎながら唱える呪文はもちろん!ビール、ビール、ビール♪

走行距離 32.2キロ

♪春なのに~

あ~!今月は思い残すこともなく、存分に走ることができました。




以上、慎ましやかにエイプリルフールおしまい。


以下、真実の記録。

走行距離 SCOTT:約67キロ、Raleigh:175.5キロ
       計 約242.5キロ(年間合計 414.5キロ)

数字、計算が苦手な私でありますが、
ここ数ヶ月というもの。電卓要らずの月間走行距離が続いております。

もののはずみの応募、当選とはいえ、
Mt.富士ヒルクライムという目標もできたことだし、
今月はできる限りのジテツウに加えて、
時間をめっけて、一度、二度はロング、そしてお山にでかけたいと思っております。

さらに加えて、気が進まないけどローラー台か。。。

こちらはお山対策というよりも、減量主眼(同義かな???)
以前からのご愛読者さんならば、すでに気づいているかもしれませんが、
当ブログには、体重、体脂肪率を記録していたのですが、
前愛車GIOS全損以降、自然消滅させておりました。
理由は・・・
恥ずかしく、不愉快になったから!

90キロ半ばでロードバイクに出会い、
当初数ヶ月は順調に、85キロを切ったころからは牛歩ながらも・・・
全損時になんとかたどり着いた76キロ台も。。。いまや幻。
白状すると、83~85キロをうろうろとしている現状にあります。

富士当日までには、なんとか事故前のレベルには、と。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。