1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんよりながらも雨は落ちてないし、
なんとか自走できそうですが、天気予報によれば雨は避けられそうもないので、やめる。
だって、どろどろになったら、富士本番まで洗車する時間がないし(逃げ)。

ということで、、、朝から。
ちょこっとSCOTTをいじくった後、
―そういえば買いっぱなしで、まだ取り付けてなかった!
ひどいにも程があるよ。。。
見る影もないっす。ここまでひどくしたのは初めてかも。
ちょっとすっきり
これで富士のタイムも5分はよくなったような気がする。

んで、クリートを交換しながら、思っていたことは・・・

―シューズもボロボロになってきたなぁ・・・ってこと。
見る人が見ればおわかりの通り、私は決していいシューズを使っていないのですが、
これには理由がありまして、
飽き性の私のこと。趣味=自転車が長続きするとは思ってなかったんですね。
なので、御徒町OD-BOXに置いてあった、最も廉価なやつを。しかも、
―ン千円か。。。居酒屋2~3回行けるよ。もったいないなぁ。。。
などと思いつつ購入した鮮烈な記憶がございます。あれから2年半。
さすがに、この趣味は続きそうなので、近いうちに立派なシューズを買いに行こうっと。

午後は家族で買い物にでかけ、帰りにはサイクルベースあさひに立ち寄り、
息子の自転車選びなどをいたしました。
(ちなみに、スポーツ自転車じゃないほうの常用自転車選びっす)
一台、TOKYOバイクちっくなお気に入りの自転車があったようなので、股がしてもらうも、
「う~ん。少し大きいかもしれませんね」
成長期の自転車選びは、スポーツ自転車じゃなくても難しいです。
んで、その後、シクロやロードなども見せてもらっているうちに、すっかり燃え上がっちゃったのか、
自宅に帰ると、リビングに置きっぱなしにしてあったのに跨って、
お、おお~~!!
―おっ!?やるの?
ど~せ、すぐに降りてくるんだろうと思っておりましたが・・・結構、長く漕いでます。
「あ~、疲れた」
と降りてきたサイコンを確認すると33分、平均ケイデンス89。
―意外にやるねぇ。漕いでる姿も様になってたよ。
「ほら。昨日、母ちゃんが32分やったから、それ以上はやろうと思ってね」
そんな姿に触発され・・・親父は初の1時間漕ぎを達成いたしましたとさ。

自転車。いまやすっかり家族共通の趣味になりました。
スポンサーサイト
29日(金)
朝、ローラー45分漕いで、終日お仕事。

Mt.富士ヒルクラ本番1週間前だというのに、天気が恨めしいです。

30日(土)
お仕事資料すべて自宅移動したものの、、、外走りをあきらめて、
午前:ローラー50分
午後:ローラー40分
ローラーは基本的にフロントミドル×ローギア前後で、
92~95回/分でしゃかしゃかと漕いでおります。
んで、残り5分を過ぎると、そのままのギア比で、ケイデンスアップ。
―う~~~ん。現状では150回/分の継続は1分限界か。。。ぜぇぜぇ。
再び90回/分に戻して、1分ほどのクールダウン。
さてと、かしゃかしゃ。アウターハイギア。
―つれぇ~。ケイデンスは60回/分前後か・・・1分強あえぐ。ぜぇぜぇぜぇ。
しばしクールダウンをして、終了。
自転車の下に敷いたシートは“琵琶湖”。。。汗だくでございます。なので、
そのまま水風呂に飛び込み、気持ちいい~!とリビングに戻ってくると!!!
―お!?やってるの?
「うん、なんか見てたら漕ぎたくなった。でも、まだ3分なのに辛い」
妻が奮闘しておりました。
―ひさびさなんだから無理せず、フロントをインナーに落として、適正ギアを見つけたほうがいいよ。
「わかった」
30分強がんばっておりました。
「気持ちいいねぇ~♪」

最近、土曜日は息子の帰りが遅い日なので、
―外食しよ~!
と、近隣駅方面に。
「うなぎは?」―non!
「じゃ、ホルモン焼き?」―食いたいけど、いま禁食!
―ちょっと気になる店があるんだよ。
と入ったのは、宮崎料理のお店。
うまかった
あんまり期待してなかったのですが、かなり本場に近かった。満足!

明日の体重怖いけど。。。。鶏だからね。
朝の体重:未測定
スーパーなやつ4本目:未消費
走行距離:0キロ
ローラー:0分
Wii Fit:0分

そんな暇なかった。
詳細はここでは明かしませんが、最悪の日でございました。
―世の中なにが起こるかわからない・・・
それを体感した1日のスタートでございました。
(ご迷惑をおかけした方々、どうもありがとうございました)

お蔭様をもち、仕事に穴をあけることもなく、
大阪出張に行き、戻ってこれたのが、まさに奇跡、感謝でございます。

んで、やはり世の中、捨てたもんじゃない!
私としては大きな幸せもございました。
朝、あせりにあせって、東京駅にたどり着くと・・・あった!
新刊♪
発刊日前から品薄がささやかれている新刊が。

さすがわが日本の玄関・東京駅!

私、なにを隠そう・・・
それぞれに思い出があるんだよねぇ。。。
専用本棚を持つほどの、高校2年以来のハルキストでございます。

そもそもこの作者に出会うまで、宿題の感想文以外で本を読んだこともない人生。

でもね。
せっかく手に入れた本ですが、往復の新幹線、仕事の空き時間。
読むのを我慢いたしました。
一行でも読めば・・・その瞬間から私は、仕事やらなくなる、読み終えるまで自転車乗らなくなること確実。

紐解くのは6月7日。Mt.富士HC後と決めた。

足が鉛

朝の体重:82.9キロ(26.2%)…ん!?

ちょっとだけ気をよくして、
朝食後、スーパーなやつ3本目を消費後、Wii Fitのセッティング。
有酸素運動系を中心に、ヨガ、筋トレなどを計30分強。

そそくさと片付けて、ジテツウ出動。
ひと漕ぎ、ふた漕ぎして思ったことは・・・
―足がだるぅ~、おもぉ~っ
先ほどのWiiで普段使ってない筋肉でも使ったんでしょうか。おまけに・・・
名物たんのう
この平和そうにみえる荒川CRは、しっかりと向かい風。
実は月曜のローラー、そして昨日のジテツウと意外と足が好調だったので、
昨日なんかは…向かい風、どんと来い!の心境だったのですが、本日は素直に泣きの心情で、
橋を通り過ぎる度に、ショートカットコースを思い浮かべるも、
なんとか初志貫徹の四ツ木橋までたどり着く。

本日も昨日と同様の浅草方面コースですが、
かっぱ橋
昨日とほぼ同じ道を通っているはずなのに、だらだら走。

御徒町を過ぎ、湯島天神の坂なんて。。。よろよろ。
後楽園にたどり着くころには、平地でもグロッキー気味。。。嗚呼、情けなし。

走行距離 41.0キロ

帰宅して、風呂に浸かった今も足が重いです。
明日は朝から出張。
当初の予定では、ローラー漕いでから出発と思ってましたが、Wii Fitのみに変更の休足日にします。
そのかし、せっかくの大阪でありますが、食い倒れを満喫せず、深夜の東京駅に降り立つことにしました。

あさってのジテツウorローラー台のために。。。

些少の抵抗

というわけで、社会生活を営みながら体重減少を目論む日々。

25日(月)
少なくとも朝10時半には仕事場行き、終日引きこもりの日。
朝食後、スーパーなやつ1本目を消費し、
自宅リビングにローラーを設置し、漕ぐ。
いつもの40~45分を50分がんばり、
終了後、シャワーを浴びて、エスカレーター禁止の電車通勤・帰宅。

26日(火) 朝の体重:83.6キロ(26.2%)…おかしいほど数値動かず
少なくとも朝11時には仕事場に行き、終日引きこもりの日。
朝食後、スーパーなやつ2本目を消費し、
通勤車ミニベロの空気圧調整。
少し時間があったので、数ヶ月ぶりにWii Fitの電源を入れて、
フラフープ10分終えると、電池切れ。
汗でびっちょりのTシャツから、ジテツウウエアに着替えて出動。
時間が許す限り、少しでも長い距離を走りたい心境なので、荒川CRに。
―向かい風が本日はうれしかった
日光街道交差を通過し、ひさびさに四ツ木橋離脱の水戸街道を進む。
浅草・雷門&花やしき、上野・不忍池、湯島天神、東京ドーム。。。
結構な観光コースだ。
帰りは皇居@@をと思うも、ちょっと気になることがあったので、最短ルートで帰着。

走行距離 41.8キロ

と、まぁ。些細に運動量を増やしてはおりますが・・・、
家に帰れば、ばあちゃんが天ぷらを作ってくれてるし(笑)、
美味しく食べさせいただきました。

そういえば、帰宅すると、Mt.富士ヒルクラ実行委員会から参加通知葉書が届いておりました。
―いよいよなんだねぇ。。。おっ!北麓公園の駐車場ゲット!
なんて小さな幸せに浸っていたら、友人から電話。
「来月頭、同窓会やるから出ろよ」
って・・・、んんん~~、敵多し!

あっ、とりあえず・・・
減量のためのその3?
本日エネループを購入。
またまた走れない週末を送ることになってしまいました。

Mt.富士ヒルクラを2週間後に控え、私、ほんとに大丈夫なのでしょうか?
というのも・・・、というのも・・・、今朝ひさびさ体重計に乗ったら!?!?

昨秋以来、仕事がなんだか忙しくなり、
そこにGIOS全損事故が重なって、まったく乗れなくなり、
「あの・・・、父ちゃんさ、最近、また太ってきたんじゃない?」
と家族に指摘される以前に、なんとなく自分でも気づいておりました。
人間というのはゲンキンな生き物で、
そうなると、あれほど毎朝の楽しみだった、定期体重計測も億劫、遠ざけておりました。

4月の頭ごろだったか、今シーズン初の春スーツに袖を通したとき、
―あれれ?
昨年ゆるゆるだったスラックスがジャストフィットだったので、ひさびさに体重計に乗ると、
驚愕の86キロ!事故前の数値に比べて約10キロオーバー!?
で、以来、暴食のみを控えていましたが、見た目、どうも効果が芳しくなく、
意を決して、今朝、乗っかってみました。

結果。。。
体重 83.6キロ。。。ため息。さらに・・・
体脂肪率は・・・卒倒の26.2%!!

見事、リバウンドしておりました(泣)

んで、本番2週間前にして、ドーピングをすることにいたしました。
出張帰りの私に届いていた荷物を紐解くと・・・
スーパーなやつ
今回はいつものダイエットスペシャルなやつから、奮発し、
スーパーなやつに依存してみることにしました。

残念ながら、本番まで出張も控えるなど、仕事も忙しい状況に変わりはありませんが、
できる限りのジテツウと、ローラ台、そしてスーパーな12本で、
当日はどんな体の私になっていることでしょうか。。。
最近、酒宴参加の機会を立て続けに逸しており、
なんとなく欲求不満の日々を送っておりました。

んで、木曜日@名古屋。
ホテルの部屋で仕事してると、旧友が訪ねにきてくれました。。。なので、
早々にPCを閉じて、栄のネオン街にGO。

ちょっとした事情もあり、
私は講義にせっせと通う、きちんとした学生ではなく、
大学時代の友人って、ほとんどいないのですが、
住まいが近く、ゼミも同じだった数人とは、、夜な夜な、最寄の阿佐ヶ谷駅を俳諧し、
なかでも目の前のこやつとは、卒業後も2~3年に1回ペースでこうして酌み交わしております。
そういえば、息子が生まれたその晩も、かわいい赤ちゃんに後ろ髪引かれながら、
社命で名古屋に出かけ(当時はサラリーマンでした)、
―俺、昨晩子供が産まれたんだ。
と息子のためにはじめて乾杯してくれたのもこいつだったっけ。。。

「しかしなぁ。。。ずんどこが太るとはなぁ」
―ははっ。お前も人のこと言えんだろ。でも、たしかに一時は3桁目前までいったもん。はは。
「当時は痩せてるイメージだったもんな。それがいまはデブ。。。」
―これでもずいぶんと痩せたんだけどね。
「肉禁止?」
―いや、ラーメンは来月頭まで断ってるけど、ほかは制限なし。しかも鶏はなおさらOK!
コーチン、万歳♪
よって右上のラーメン以外はほぼ全品行きました。

つくね、うめぇ。。。
刺身、たまんない!そして、
手羽先!!なぜに名古屋のはうめぇんだろ???
―お姉さん、手羽先追加ね!
積み重ねた空皿をみると、多少不安になりますが、
鶏で着実に痩せてるらしいお方もいることだし、大丈夫でしょう。たぶん。

そういえばお店にディスプレイされていた・・・
昔の自転車
レトロな自転車に触発されたのか、
この後、岸をかえて合流したやはり名古屋勤務の後輩や、お店の姉ちゃんにも、
しっかりと自転車啓発活動はいたしましたとさ。

富士山登った、
そして土地柄なのか乗鞍上ったというインパクトは強いようです。

名古屋出張を控えているオヤジローディは、
乗鞍のぼってから、栄のネオン街に、GO(笑)
朝も早々に電車通勤(帰宅?)したくなるような告知を目にするも、
じっと我慢のひさびさジテツウ決行である。

―あぢぃ!
漕ぎ出して、早々に汗のしたたりを感じるも、
そもそもジテツウを、いや自転車を始めた第一義は「痩せる」だった私である。
このレベルの暑さは大歓迎だ。

本日。往路の道が思いのほかに混雑していたのですが、
そんな渋滞のなかを走りながら、ふと気づいたことがありました。
―そういえば最近、クラクションを鳴らされなくなったなぁ・・・

ジテツウをはじめて、9ヶ月くらいでしょうか?
実は当初1~2ヶ月までは、結構“プァプァ”と鳴らされ、
正直ムッとし、
―普通、こんな一般道でクラクション鳴らすかぁ???
と、独りごちることも、意外と頻繁だった気もしますが、
本人は以前と同じように漕いでいるつもりなのに、
ここんところ、いや~なクラクション音を聞いた覚えがない。
一般道の走り方が上手になってきたのか、
ジテツウが堂に入ってきたのかは定かではありませんが、
おそらく悪いことではないんだろう、と悦に入ったりする。

もちろん、危険と隣り合わせの自転車通勤。今後も気は抜かないけど。

ところで、本日。も1つ気になったことがございました。
通勤をはじめて、しばらくは仕事場につくと、サングラスから眼鏡に着替えていたのですが、
常にサングラスと眼鏡を携帯するのも面倒なので、
秋・冬は素顔の通勤をし、それで特に不都合を感じていなかったのですが、
―今日は眩しかった!
さすが紫外線の強い5月ということでしょうか?
なので、次回ジテツウからは安全のためにも、サングラス仕様でと考えておりますが、
―あ~、できれば明るいレンズのアイウェアが欲しいな。僕のは暗くて、夜は見えにくいんだよね。。。
という親父の独り言。

父の日って、いつだったっけ。。。

走行距離 30.6キロ
前回からの続き.......昨日土曜日のお話。

ローラー台1回とその後の入浴ですっかり脱力してしまったオヤジは、
息子が夜まで帰ってこないことを知ると、さっさとローラー台を片付け、
―デートに行こう!
と妻を誘い出しました。向かうは、妻のリクエストに応え・・・上野・御徒町。
最近、2人で出かけると、自然と足はこの界隈に向かいます。

駅につき、最初に向かうは・・・
殿さま、いらっしゃいました♪
OD BOXさん。
まずはここで消耗していたクリートと、、
OD BOXゲット品
輪行袋1個、エンド金具2セットを購入。

 はい。栄村を前に、妻とちょっと楽しい修行をしてこようと。
 場所は昨夏のおるべーさんの家族サービスの場を、
 現時点では漠然と考えておりますです。

んで、高級車が並ぶこの店の4階の長期滞在は非常に危険なので、
さっさと店をでて、飲食でも・・・と思うも、まだ時間は早いし、、、
気がつけば、ここにいた。
Y's
店内はすんごい人。世はまさに自転車ブームでしょうか。
ここは小径車が充実してますね。
店内をなめるように、さぁ~っと見て、あとにする。

―そういえば、えーじさんが近所にファッション館ができたって書いてたっけ。覗いてみましょう。
路地をのぞくと。。。発見!
ファッション館
うひょ~!こりゃ豊富なウエアの品揃えですね。
競技志向のものから、普段乗り、街乗り・通勤っぽいのまで。ごくっ。
気がつけば、買い物籠をぶらさげておりました(笑)
実は、これまでジオスブルーの車体に合わせたウエアばかりだったので、
黄色いのに合うウエアが欲しかったのです。黄色、黄色。。。
「これなんて、どう?」
―妻よ。それだけは着れない。それマイヨジョーヌのレプリカだ。
「なにそれ?」
―まぁ、早い人とか、格好いい人が着るやつだ。
「ふうん。でも、黄色って膨張色だよ?大丈夫?」
―うん。。。だからできれば脇に黒が入ってるのがいいんだけど・・・
結果、買い物籠には・・・
富士はこれで参戦かな?
お揃いのビブは購入断念。
だって・・・財布のなかが、、(どうしよう・・・妻との会食費。。。)

でも、ここまできたらあそこも覗かねばいけません。
落ち着く空間
ASAZOさん。本日の4軒のなかではもっとも落ち着ける空間でしょうか。
この店のごみごみ感はいいっすね!でも今日は見るだけ、見るだけ・・・ん!?

私、この店でウエアを買うことはないと思ってましたが・・・
目に付いてしまった黄色のビブ(カンパ)。
念のため、念のためね。。。値札を確認してみると、え!?
―な、ななせんえん?
収入の安定しない個人事業主ゆえ、
日常のカード使用は、航空券・新幹線のみと決めているのですが、
禁破る。だって、サイズもXL!! こりゃ、私に買えってことでしょう。

レジにてうれしいことが起こりました。
―ピッ!―
会計の際、バーコードを打って、表示された金額をみて、店員さんと私の目が点になる。
―えっ!?
「お客さん。これ非常にお買い得商品かもしれません。私もいまびっくりしてます(汗)」
なんと表示額よりさらにお安い、樋口一葉さんぽっきり!!
ごしぇんえん也
ASAZOさん、万歳!

そして、一文無しの夫にご馳走してくれた・・・
うめぇ、上野!
妻、万歳!!
まずは金曜日の話。

前エントリーの通り、出張先でちょっと自転車乗りの血が騒いじゃったもので、
朝起きて、ジテツウのための準備をしていると・・・ばぁちゃん(実母)から衝撃発言あり。
「お前さ、その黒い自転車で、いつも夜までどこ行ってるの?」
―・・・!!
ジテツウをはじめて、そろそろ7~8ヶ月。
どうやら、母のイメージのなかでは、
嫁を働かせ、働かず、夜まで自転車で遊び呆けている息子と思われていたようです。
―え!いつも仕事場に行ってるんだけど。
「え!皇居の近くなんでしょ?自転車でいけるの!?」

そんな会話がありまして、ジテツウです。
道志ライドの山伏で感じた右膝の激痛が気になったので、
往路はいつも以上にまったり。。。
(サイコンによりますと、平均時速19km/hでした)
―ん!痛みは感じません。
んで、帰路には巡行30km/hほどで帰るも、痛み感じず(V)

ちょっと試したいことがあったので、土日は家で仕事しようと・・・
重いよぉぉぉぉ
荷物いっぱいにして帰ってまいりました。。。あ~肩こった。

走行距離 30.5キロ

んで、土曜日。爽快な目覚めでございます。

本日の計画は・・・
仕事→ローラ40分→仕事→ローラ40分・・・せめて3~4セットはやりたいなぁ。。。

はい!仕事しました!!(ほぼメール返信で終わりましたが・・・)
はい!セッティングしました!
漕ぐぞ~!
本日はいつものテレビ方面でなく、、
初の中間テストに向かって奮闘中(?)の息子方面に頭を持ってきました。
本日のローラーのつまみ
親父ががんばる姿をみて、お前も適当にがんばってね(後付)。

まずは1クール目。
まだ右足が気になるので、
ケイデンス90回/分が、負担なく保てるようなギアで・・・。
はじめて早々・・・5分くらいでキツイんだけど。
汗だくなんだけど。。。勉強する息子が“補給だ~!”と言って、、、
親父のほっぺを指でなぞり・・・しょっぺぇ~って言ってるんだけど・・・
ともかく、ノルマに課した40分終了。ぜぇぜぇ。

ぐだぐだです。そのまま風呂に飛び込むと・・・あまりにも湯船が気持ちよくって・・・
風呂後は、2セット目施行の意思のない格好にきがえて、まったりしてると。
「父ちゃん、ぼく。今日は帰ってくるの遅いからね」と息子様がお出かけになる。

―んじゃ、今日は出かけるか?
「え!?今日はローラーと仕事の日じゃないの?」
―仕事は明日やるからいいや。。。
とローラーを片付け、お出かけする親父でした。。。。。。。。。続く。
♪六甲颪に~♪の阪神タイガースに一歩先立ち、

今週から6月4週まで、週に1回どっか出張に行く、死のロードでございまして、、
とりあえず、その第一弾の北九州出張から戻ってまいりました。

まぁ・・・よく見る青看板でございますが、
島が違う!
下関・門司。
本州と九州。島が違うんだよね。自転車乗りとして燃ゆる瞬間。

ちなみに、この青看板の下関・門司方面を、
横切る文字がいかしてる♪
多摩湖って読んじゃいました
写真撮った時点では「えっ!多摩湖!?」と思ったのですが、タコマでした(汗)

折も折。
本日、今月の「よるたま」の開催連絡がきましたが、
―うぅ・・・、その日は名古屋だよ。。。
またまた、出席できそうもありませんが、
(キャプテン、来るんかい!?)

この青看板と“タコマ”に、
―おーし!せめてジテツウするそ!
と励まされたヘタレでございました。

ちなみに、道志みちで痛みを感じた足。歩く分には、大丈夫なのですが、自転車乗るとどうなんだろ?
悪友から添付メールが送られてきた。

ヘタレ足としては、正直こういう衝動にかられたことはありますが、

やっぱ、止めとこうと思った。

皆様、マナーを守って、安全運転を心がけましょう。
ガールズの会@大井町のときだったか・・・
hirotoリーダーから、「GW明けに峠ばかりの200K走を企画するかもしれません」との宣告があって、
なんせ酩酊してたので、その場でスケジュール帳に『空ける@700C』とメモっていたのですが、
その計画が前倒しになり、ざんねんながらその苦行には不参加。
んで、代わりに企画された『はじめての道志みち』に出かけてきた。

同コミュの“はじめての~”企画は、初心者でも名だたる峠を楽しんで上れるようなペース配分で制覇でき、その充実感が体験できるという好評企画で、わが妻もお蔭様をもち、ヤビツを制覇しちゃったりしています
んでも、開催日が近づくにつれ・・・今回は怪しい気配が漂いはじめる。
だって、参加表明者が・・・みんな、強そうなんだもん!
「え?ぼくは初めてですよ」
っていうそこのやんさんは、単に道志を走るのが初めてなだけなので、反論却下(笑)

んで、朝3時半に車のエンジンかけて、、すいてる道を順調に、
―あ~、こんなすいてる首都高を自転車で走ってみたい。
などと思いながら、集合場所の中央林間に。続々と参加者が集まってきました。
いい天気に恵まれました
本日は途中合流含めて走行者16人+お怪我リハビリ中のXtcさんの心温かサポートカー参戦を含めまして、総勢17人の道志みち紀行です。じゃ、出発。
強い人その1、その2
わたしゃ、着いてくだけだ。どこを進んでるんだかわかりませんが、
推測ヤビツのふもとあたりでしょうか?
なんか里山っぽくて好感のもてる道でございま・・・、あら結構起伏も。。。しかも長い。。。面倒なのでギアをかえずにアウターミドル&ローのままダンシングで上りましたが・・・これがあとあと堪えることに。
憩い、和み
はじめての~企画ですから、休憩も多めです。この歓談のときがまた楽しい。
いかします。
イシダさんのレストアグランベロ!これを拝顔するのも本日の楽しみでした。
ツワモノ2人組。はからずもとんかつ定食コンビ・爆
このお二人のこんな写真があるわけですから、この時点(宮が瀬あたり?)ではそれなりに足は回っていたわけです。
ただ、さきほどのコンビニ直前の坂あたりから、ダンシングすると右ひざに違和感が・・・気のせいでしょう。。。それにしてもいい天気だ。
またツワモノだ
景色も最高です。うう~~ん。右足の違和感がなくなんない。

さて、最後の合流者であるんごしさん&豆屋さんとの約束のヤマザキデイリーに到着すると。。。
エリエ
本日は齢50歳のエリエ(再軽40×20T)にて参戦のtavasukeさんの愛車に深刻なトラブル発生。
一度は「離脱。引き返し」を表明されましたが、なんとか応急処置をし、走れるように。ほっ
いよいよ道志みちです。
さいこ~!
いままで走った国内最高の道は乗鞍ですが、
首都圏近郊では間違いなく、この道が私の最高のお気に入り。
ご機嫌気分で、両国橋までの起伏の道を進みます。
ところで、サポートカーのXtcさんはポイントポイントで先回りしてくださり、
頭が下がります
勇姿の撮影をしてくださったり、
万一にそなえて、さまざまなフォロー態勢を整えてくださっており・・・その万一が発生。
上記写真の激走後、
本日はここまで
こちらの御仁がサポートカーに積み込まれることになってしまいました。
なんか日本一助手席が似合うちょい悪になりつつあるような・・・爆。
(連日の過度の労働・・・ゆっくりお休みください。そして次回は酒!)
え~お口直しにこんな画像をば。
れこーどの11!!
はじめて実物を拝ませていただきました。目のほよ~。

さて、両国橋をすぎると、
この辺から本格的に
道志みちは本格化することになります。
へたれ足は間違っても、ベタインを進まないポイント。いつものように十分に左側をあけて進みますが、、、ぐきっ。最初の激痛走るも。。。気のせいだと思うことにする。
実際、くるくると回している分にはまったく違和感も感じないし、

しかし最高の天気です。たま~に姿をみせる富士山頂もくっきりです。
ただ、この辺になると、起伏も相当に続くので・・・暑い!
水場
そんなときに「水場」が現れるんだから、たまりません!
ここには産直場もありますから・・・
ばりばり
誰かがなんかを購入すればそこに群がりバリバリ、キュウリの浅漬けさいこ~
なかでも、みんなで汚い指つっこんで、舐めあった味噌は極上の補給食となりました。

さ、次の目的地である道の駅「どうし」を目指して、再始動。
ここは和む
はじめてのシリーズではここを通過するなんてありえません。
このあとに控えているものに備えて。。。
パイ
ここのパイはほんと旨いと思う。
こんな調子でくつろいでいたとき、妻からメールあり。
激励???と思ったら、
 ↓    ↓
 ↓    ↓
 ↓    ↓
ごくり
このグラスの主3人の旦那様はとなりにいるぞ~。
まさに“亭主元気で留守がいい”を満喫するガールズ3人衆。

Aパパさん、junさん、がんばろう!と山伏峠に突入です。
当然、写真はなしです。
当初は富士ヒルクラを見据えて、個人的にTTをと思っていたのですが、
このころは右足に力を入れると、膝に激痛が生じるようになり、
ダンシングは不可能どころか、重いギアを踏むこともできず、
ただ、軽いギアを回すことはなんとかできるので・・・
斜度の変化にあわせて負担のかからないギアを探して、亀の歩み。
途中見つけたサポートカー2人組の前では痛恨の足つきです。
―すまんです。エアサロンパスか、バンテリンありますか?
あいにくありませんでしたが、そこから先はほぼファイナルローギア固定でほぼ左足だけで漕ぎ・・・なんとか到着。
つらかった。。。
これまで最高ともいえる坂苦行となってしまいました。
感動したのは、サポートカーのjinさんが青春さんからインドメタシンを強奪してきてくれて、、塗りたくり、その後の行程でずいぶんと救われました。感謝です。
で、ガールズ諸君。
昼ビールはさぞかし旨かろうが・・・
爽快感はこっちが上だ!!
ヒルクラの爽快感は格別よん♪次回はどう?
ここを下れば・・・
最高のご褒美
こんなご褒美も待ってるし、上り後の・・・
カツ丼
カツ丼は絶品です(@カルタな方々には説得力なしか・・・)

この食事休憩で完全復活を期待しましたが、やはり右足は踏むことはできず、
この後の短い籠坂峠もほぼファイナルローギア固定でまわし乗りきり、
ばびゅーんとダウンヒルをあじわって、
御殿場駅で解散。
ひさびさの輪行袋
私はこの駅からロマンスカーで町田帰り組でしたが、
三島まで足をのばして帰宅組、自動車車載組、噂では自走な方もいたみたい。

自転車で痛みを感じたのは、事故以外でははじめてなので、
ちょっと不安もありますが、それはしばらく様子見することにして。。。
皆様、楽しい1日をありがとうございました。

走行距離 約102キロ(途中サイコンが作動せず、junさんのサイコン値から推定)

ところで、町田からはtavasukeさんに駐車場まで引いていただきましたが、相変わらずきれいなフォームに見ほれながら、
―きちんとしたフォームでないから、故障って起こるんだろうな。。。
などと考え込んでしまうヘタレでございました。
新旧名機2ショット
お疲れのなか、車載終了後までお付き合いいただきありがとうございました。
帰路快適な高速を運転しながら考えていたこと。
―40×20Tで道志みちを走れる日が私には来るんだろうか・・・

※参加者ブロガーの皆様
TB攻勢をかけますが、FC2→エキサイトさんとの相性なのか、私の技術的問題なのか、つかなかったらごめんなさい。
ブログのアクセス解析機能で、
―検索サイトから、どんな用語でたどり着いてきてるか
がわかるようになっており、
―参考にならなくってごめんなさい
と思いながらも、興味深いので、たまにチェックをして楽しんでおります。

んで、当ブログの検索用語ベスト3は、
3位 GIOS ミニベロ(持ってないです。ごめんなさい)
2位 モンベル コンパクトリンコウバッグ
本人が売りにしているつもりの「荒川CR」関係は実に少なく、
本人も忘れているような意外なワードが上位を占めていたりします。
で、1位は他を圧倒的に引き離して「佐渡ロングライド」
2月ごろから徐々に増え始め、いまがまさにピーク。
―あわわ。ワシはヘタレだから、レポ割り引いて読んでね。
と思いながらも、「佐渡ロングライド 130」という用語検索が意外に多いことからも、
―初めてロングライドイベントに出る方が、不安からお越しになってくださってるのか?
という推測もたち、そういう意味では少しの安心感くらいは与えられているかもしれないと思ったりして。。。
開催日まであとわずか、
今年は諸事情のため参加かないませんが、皆様、絶景の佐渡を楽しんで走ってください!

ということで、GWボケ抜け切らぬ昨日はいまいち仕事ペースが上がらず、
ひさ~しぶりに自らの佐渡参戦記事を振り返って読んでみたのですが、、、
・2007年130Kレポ(40ヘタレオヤジ)
・2008年210Kレポ(40ヘタレオヤジ)
・2008年130Kレポ(初心者妻)
ちとぞっとする記載があった。
―オレ。この3年で一番太ってるじゃん!?!?
年末年始の自転車乗れない生活で、すっかり肥えた体を削いでる過程とはいえ、
まだ前年比+3キロだよ。。。泣、泣。

そこで思い出されるのが、このGW期間中に行った息子とのスバルライン走ですが、
今回は初めて富士山に挑む息子のペースペーカーを心がけて、
7~10km/hのペースで漕ぎ漕ぎし、上っていき、
戦闘機性能の大幅アップの賜物か、へたれ本人はそれほど辛く感じずに上りきったのですが、
五合目で、カルビやらメロンパンを食って、寛いでいたときのこと。。。
「父ちゃん、富士のレースでは速い人はどれくらいで上るの?」
なんて質問を息子がぶつけてきた。以下、会話詳細。
―たしか1時間を切るんじゃなかったっけな?
「す、すごっ!で、普通に速い人は」
―1時間20分が速いの目安で、1時間30分切りを最初の目標にする人が多いかな?
「それでも十分すごいね。父ちゃんも?」
―いや。父ちゃんはそこまで考えてない。ただ、去年は大失敗だったから、せめて45分は・・・とひそかに思ってるけど。
「ふ~ん。じゃあ、いまの倍のペースだね。14~20km/hか・・・がんばってね」

途端、顔が青ざめてしまった親父である。
たしかに今回の所要時間を考えれば、目標タイム完遂のためには、単純計算倍のスピードが必要ということになりますが、
たったいま上ってきた行程でシミュレーションしてみても・・・
そのスピードで上っているイメージがわかず、
緩斜面をのぞけば、いいとこ+2km/hくらいしか体が応えてくれそうもないのである。

やばっ!
とりあえず、明日は道志を走るので、山伏あたりで確認してこようと思ってますが、
Mt.富士ヒルクラ当日まで、
予定されているだけで出張4回(=8日間東京不在)という環境のなかで、
どう走りこんでいくか。。。どう体重を落としていくか。。。

残すところわずか1か月。。。あわわ。
jun&aiさんご夫妻が、
昨年、天候のためDNSした『Tokyoセンチュリーライドin荒川』のリベンジ走を計画しているという情報を聞きつけ、お邪魔表明をいたしました。

折りしも、5月4日は、14回目の結婚記念日。
どうせ夫婦で荒川出動のつもりだったし、
2人より、4人・・・多人数で走ったほうが、勝手に祝われている気分になって、
思い出の価値が数倍増になるのは間違いないところ。

朝、前日のスバルライン走のままにしていた自転車の積み下ろしをしていたところに、
Aパパ・ママ一家がご来訪。
―愛い息子殿、娘っこよの~~ぉ
よいなぁ~、自転車をばらさずに積み込める車は(よだれ)
ただし、本日はAパパロード車に、ある仕掛けを施す必要があるため、
その手際よい組み立て作業を、感心しながら鑑賞。
―ほぉ、ほぉ
いろいろな車種を目にすることができる荒サイですが、うん!よくできてる。興味津々のオヤジでした。

んでは、出発しましょうか。まずは河口を目指すことにします。
Aパパ一家、初の荒川
Aママさん、わが妻を従えるパパさんは・・・
トレーラー!!
お初に目にするトレーラーにお子さん2人乗せてのご参加です。
総重量は50キロを超えているであろうに、風を捕らえれば相当な負担だろうに、
「漕ぎ出せば、結構楽なんですよ」
などと言いながら、平然と漕いでおります。

ただ、この時点では・・・本日最大の敵は“車止め”になりそうだの予感も、
東京サイクリング協会のイベント開催の影響なのか?
オープンになっている箇所も多く、比較的スムーズに進むことができました。
―それにしてもトレーラーのなかの2つの笑顔。。。愛いのぅ。
こちらも自然と笑顔になってきます。

こんな感じで和やかに漕ぎ進めていると、
堀切の金八ロケ地を過ぎたあたりから、ちと暴風気味に。
葛西臨海公園での合流時間も近づいているし、
葛西橋の階段にしても、清砂大橋の車止めにしても、トレーラーが通るのはきついかなと思い、
ほんとはご兄妹に、観覧車を見せてあげたかったけれど、
(よくよく考えれば、みなとみらい直近のお住まいでした)
―ゼロキロ地点で待っててください!
と言い残し、ひとり葛西臨海公園に向かう。

本日は前日の疲れもあるし、ゆるりサイクリングだし、
ポジションが楽なミニベロ出動にしたのですが、この時点で思いっきり後悔。
なんとかたどり着くも、容赦ない荒川峠の仕打ちにあい、
つかれた・・・
こんなものを眺めて、ベンチでグロッキーになっていたところにjunさんとゆうなみさん登場。
―あれ?aiさんは???
少し遅れて登場。心なしか涙目で、帰りたそうなんだけど(笑)
なんでもここまで自走してきたお三人も、ひと足早く“荒川峠”を体験しちゃったようです。

休憩も早々に切り上げて、荒川右岸終点(新砂)に急ぎ、
本日の参加者9人の合流に成功。
ここで記念写真を撮りましたが、なんと一眼レフでの撮影(参加者ブログに掲載されております)。
トレーラーはお子さん以外にも玉手箱状態なんですね。

んで、歓談後。出発。
のどか~
気まぐれ荒サイのことですから、ときに風向きは変わりますが、全体的にご機嫌麗しく押してくれる風を楽しみながらの、のんびりライドができました。
そうこうしてると妻が近づいてきて、息子の食事の心配をしてきた。なので、車列から離れて電話をすると、食事どころか、11時だというのにまだ寝てた。
―昨日の疲れにしてもいい加減起きろ!いまから「さくら」に向え!
ということで、昼飯は荒川河口名所の「さくら」でございます。
当日はあいにく2階のレストランがお休みで、買い食い食。
さくら
それはそれでよかったか。。。
ゆうなみさんとは飲み以外で初めてご一緒しましたが、ほんと人を惹きつける引力を持った方です。

なんか動くのがいやになる陽気ですが・・・
そうそう主目的はjun&aiさんのリベンジだった。
息子も急遽仲間に加わり、秋が瀬を目指すことにしました。
息子も参戦
ところで、本日の面子はなぜか赤い背中に反応しちゃう方々なので、
私は浦和レッズのレプリカを着て走りましたが、
真正悪魔にはやはりかなわず…というか、参加者中もっともヘタレ足の案内役だったような気がしてならない。

さて、最大の敵の“車止め”ですが、
これもイベント♪
これがねぇ。。。楽しいのよ。ほんと。
新荒川大橋→笹目橋間なんて、いつも多すぎ!とブツブツ独りごちって通ってますが、
最後のほうなんて、車止めが現れるのが待ち遠しかったもんだ。
作業はフェラーリF1チームのピットクルー並みに手早く手馴れてくるし、
車止め乗り越えるために、宙に浮かすと、
トレーラーの中の息子君の笑顔が見れ、
娘っ子(箱入り娘)が「ありがとう」のあとにギャグかますのです。
(さすがあの母親にして、この子ありのセンスです)

ま、ともかくも常に笑いが絶えないなか、
岩淵水門(新・旧)、朝霞水門など数少ない名所案内をしながら、
ガールズチームの「カフェは?」という注文を思いっきり無視して、
とうちゃ~く
jun&aiさん、リベンジ達成!
(なんだかんだでaiさんの自転車が一番好きだったりする)

んで、おそらく走り足りないであろう、jun&aiさん、ゆうなみさんに「彩湖」の位置を口頭で教えて、
―どう?TTでも?
と勧めたら、なぜか・・・
嫌い!ココ!どっかで暴風に会えます
一緒に走らされてるし、GW中で混雑してて、TTできなかったのが幸いでした。

そんなこんなで楽しい1日でした♪
はい、チーズ!
Aパパさんご一家をお見送りし、またね~!
自走で帰るゆうなみさんと、ばいば~い!
最後に、jun&aiさんには“さる御仁”の定宿を紹介してからJR赤羽駅で、さよ~なら♪

皆様のお蔭様をもち、最高の結婚記念日となりました。

走行距離 100.3キロ

いつでもいらしてくださいね。
前エントリー(登坂編)からの続編です。
合わせて読んでいただけると、息子が喜びます。

さて、奮闘の甲斐あり、絶景を勝ち得た息子。
興奮さめやらず、きょろきょろ、うろちょろと動きまわりだしますが、
―ちょっと待て!
まずは暖房のきいた小屋に向かって、着込ませる。
「そういや寒いね」って、、、標高2,300メートル超だ!んで、解き放つと、
露店
どうしても、ここのカルビ串が食べたいらしい。
いつ荷物のなかに入れたのか、自分の財布も持ってきており、
「焼き上がりまで、相当な時間がかかるみたいだけど、待つから。父ちゃんはどっかで休んでて」
10分くらいたって、満面の笑顔で戻ってきた。
うめぇ~らしいです
「父ちゃんもどう?」
もともと出所は自分の財布とはいえ、初めて息子にごちそうしてもらった(1かけら)
その後、神社でお参りし、売店をみて・・・
おすすめ!富士山めろんぱん!
なかでもこの“富士山めろんぱん”は旨かったな。。。たぶん、息子と一緒じゃなきゃ、食べなかったと思う。
そんなこんなでちょっと長居をしましたが、そろそろ下らないと、致命的に冷えることになる。
―そろそろ下るか。

私、下りのなかでもスバルラインは格別に好きです。
だって、60~70km/hの爽快感を簡単に味わえるんだもん♪

でも、今回ばかりは憂鬱で、不安一杯。
―いいか、慎重なお前のことだから大丈夫だとは思うけど、絶対に前の父ちゃんを抜かすなよ。
「うん、わかった」と応えられても、後ろには目がないから、なにかあったときに前を走る私ははたして気づけるだろうか???
とにかく下り始める。
例の上りでは意地悪なラスト500メートルの坂を慎重に下ると、トンネルが見えてくるのですが、
そこをくぐったあたりで、こちらに手を振ってるヒト発見。あっ!
「どうだ?楽しめたか!」
悪友でした。うる。
「カントク(由来はコチラ)!お前、がんばったな~!!」
下り後に落ち合うはずだった悪友がわざわざ登ってきてくれ、ここでUターンし、最後尾についてくれることになりました。
―いいのか?あと500メートルだぞ。
「いいよ。俺、このGWでもう4回目のスバルラインだし、最後のこの坂嫌いだし」
うる。うるる。

とりあえず、大沢駐車場まで下り、
親の言うことはいまいち素直に聞けない、12歳男子に
下り方レクチャー教室
下り方のコツ教室。しかも、ブレーキを握力いらない調整にしてくれ、うるる、うるる。
「父ちゃんより、わかりやすいよ」(ムッ!)
さいこ~の思い出
ま、悔しいが、わが誇るべき悪友だ。

実際、後ろにヤツがいると思うと、
安心して、下ることができました。

んで、下山後、約束のご馳走をしてもらい。
(当然、遠慮はしない。手土産はつけたけどね)
彼の別荘にお邪魔。

登坂直後だというのに、即席水泳大会のはじまりです。
最初は平泳ぎ。
いつものように8分程度の力で泳ぎますが、なんと!私が最下位(くらくら)!
―ありえん!
悪友はまだしも、息子に負けるなんて。
大人気なく、もうひと勝負平泳ぎ対決をお願いし、今度は全力で泳ぎ、なんとか自分のなかの面目を保ち、自分しかできないバタフライを披露すると・・・もうガクガク。
ひとりお休みしている間も、悪友と息子は、背泳ぎ、クロール、2種目メドレーなど全力対決を10レースくらいしてた。

その後、お風呂をご馳走になり、
部屋にお邪魔し、息子、はじめてギターに触らせてもらい、感激の様子。
帰りの車のなかでは、さかんに。
「父ちゃん、ぼくもギターほしい!!」
―ああいいぞ。ギターは賛成だよ。ただ、父ちゃんは教えられないから、自分で努力して弾くならの条件付きで、誕生日にでも買ってあげようか?
と助手席に目をやると・・・
お疲れさん!
すでに夢のなかでした。誕生日の件、聞かれてないな(笑)
―今日はよくがんばった!お疲れさん!!

走行距離 50.7キロ
まずは登坂編です。

2009年5月3日―息子12歳10か月。
北麓公園にて。はるかそびえたつ山頂を眺める
青のコントラストは弱いものの、絶好のヒルクラ日和です。
「やるぞ~」
とつぶやいたかと思えば、
「大丈夫かな?どんどん先に行かないでね」
スタート地点の北麓公園で、葛藤中のようです。
―ま、心配するな。先に行こうと思っても行けない父ちゃんだ。一応、3時間で到着するペースで上るけど、辛かったら言ってくれ。休み休みいこう!

事前に伝えた行程情報は・・・
・料金所まで結構、つらいよ。
・1合目まで長くて嫌になるけど、我慢しろ!
・4合目すぎると、きついのが3~4箇所ある。定峰→白石くらいかな???
・それを過ぎると平地っぽくなるけど、残り500メートルでいじめみたいな坂がある。
・最大の敵は斜度じゃなくて、バスの黒鉛だったりする。。。
こんなところだったか。

でわ。スタート。
さぁ!いこう!
料金所までの道のり。
―意外とキツイだろ。体温めるつもりで軽いのでくるくる回してね。父ちゃんが最初に来たときは、ここで引き返そうと思った。
「うん。きついけど、思ったよりはだね。帰ろうとは思わないよ」
心強い!!
料金払うんだ~~
自転車でも料金(200円)を払うことにびっくりしたみたい。
料金所のおっちゃんに激励されて・・・行ってきま~~す!!

時速7~10キロのスピードで先頭を引いていき・・・
うん、ちゃんとついてきてるな
―きついか?
「いや、これくらいなら・・・」
と答えが返ってきたのは、ゲートくぐって5分くらいまでだったでしょうか?
次第に無言に。。。そして、車間もあきはじめ・・・
ま、スバルラインは意外と最初の斜度はきつめだからね。
一合目下駐車場
一合目下駐車場で最初の休憩です。
(後日談:ここまでが一番辛かった。。。帰ろうと思ってたとか・・・笑)
後ろの木。まだ桜が咲いておりました!
ここでバイクのおっちゃんが・・・
「え!自転車で登るの!」
息子の気分が悪いはずがない。これこれこういう声かけによるモチベアップを願ってたんですよ。

―じゃ!体が冷える前に始動しようか?
足軽く・・・
休憩のかいあり、足軽く、ようやく一合目通過。
―さ、この調子でさくっと行こう!
おぅ!→無言→ちぎれのパターン。なので、予定外の休憩をとる。
ひょっとして限界か?
この光景をみながら、親父は正直思ってた。
―まだ早かったか?無理だったかなぁ・・・って。
ゆっくり休ませてあげたい一方で、あたたまった体を冷やしたくもないので、
チョコとアミノバイタル補給をさせて。。。
「チョコはうまいけど、ぼくこのアミノの味嫌い」
早々に再出発。

アミノ補給効果でしょうか。。。
斜度がやわめになったこともありますが、結構順調になってきました。
ちょっときつめの斜度かなと思うところで、姿を確認しようと、後ろを振り向くと、
おっ!直後に!!
たまには抜かしたりもして・・・
―やるねぇ!
うれしそうです。
がんばれ!!
(なんじゃ、そのメットのかぶり方は下る前に注意しないと。。。)
ま、元気になった最大の理由はアミノ効果などではなく・・・
雲海だぁ!
「見て見て、父ちゃん。横見て!雲海だぁ!」
2000メートルにも近づけば、時折見える景色で登ってきたことを実感できます♪

そのままいけそうな気もしましたが、
絶対に疲れてるはずだし(疲れると片手のドリンク飲みをしなくなる)、
ここの買い食いは体験させたかったので、
大沢駐車場で強制停車。

お~!まさにアイドルでございます。
「あんたたち、ここは疲れたお兄ちゃんが座るの!車で来たあんたたちはどきなさい。ど~ぞお兄ちゃん。すごいはねぇ。。」
どこぞのママさんか存じ上げませんが、いいんですよ。そんなはからいは、、、って
スターかよ。。。
遠慮なしに座ってるし。。。あせ、汗。そのうえ・・・
「お兄さん、握手してください」って・・・小学生低学年さんの申し出に
こやつ、わざわざ立って、左手は腰に手を当てて、頷いて右手差し出してるよ(爆)
(残念ながら、カメラ準備間に合わず・・・)

このスター扱いにご満悦。。。したわけではなく、
あまりにも見事な景色だったので、体が冷えるのも忘れて、長居。
眺める先には・・・
背中方向には、目下に雪をかぶった山並みの絶景が、そして息子の視線の先には
山頂!
霊峰の頂がはっきりと確認できます。
―んじゃ、そろそろ行こう!ここから3~4箇所辛い傾斜があるぞ。それを過ぎると緩斜面。そして、ラスト500メートルがいじめの急坂ね。
「わかった」
大沢駐車場のヒーロー君。しっかりとついてきて、急斜面クリア。
GW期間中の車の大渋滞で、
予定していた緩斜面40km/h走は実現できませんでしたが、しばしの快適区間を満喫し、例の残り500メートル。
―さて、こっから父ちゃんは先に行って、ゴールで待ってるぞ!あとひと息だ。がんばれ!!
ダッシュし、一足先にゴール(しんどかった)。
待つ
待つ。
おっ!
見えてきました。もう少しだ。
ガッツポーズ
やったね!自然にそういうポーズってでるんだねぇ。
120%の笑顔
モザイクなしで行きます。
充実の表情!ようがんばった!!
記念のショット!
実質登坂時間 2時間57分(+休憩3回計約30分)
本日は・・・結婚記念日。
結婚記念日
あっという間の・・・、しかしなかみの濃い14年。

家族を作ってから移り住んだこの地。
ようやく地元感がでてまいりました。

お知り合いの日記で目にした企画ではありますが、
この日に企画されたのも、なにかの縁!
地元民として、おもてなしをしなくちゃいけません。

結果、やはり役不足でしたが、
本人は現在、実に気分のよい、ほろ酔いの時間を過ごしていたりします。
なので、連日の速報版となりますが・・・
笑顔笑顔・・・息子君、娘っ子、きゃわゆいぞ!
またまた宝物の1葉ができてしまった!

んで、本日のホームコースにて。
なごやか~なライド。娘っ子のギャグセンス!グッ!
われわれの一団は結構目立っていたと思われます。
MVPはとうぜん、このお方。
かなわんよぉ~!
すごいよ!
おらも負けちゃいられない、少しでもこんな父親に近づきたいと思っただ。
こんなお方と知り合えて、よかった~などと思い、漕ぎ漕ぎしておりました。

あと。。。
いいなぁ。。こういう姿勢
こういう生来の?人を愉快にさせる自然な行動や、
この写真が撮れて少し肩の荷おりたりした。。。
自然で。。。羨ましい夫婦仲。

いっぱいの刺激を受けた、14年目の結婚記念日でした。
行きも帰りも・・・
渋滞
“ETC渋滞”に巻き込まれ、日付が変わる頃にようやく帰宅。
普段ならご機嫌斜めなところですが、本日はご機嫌なのだ!

明日(4日)は大切な客人を荒川にお招きする大切な日なので、
いま飲んでる、何本目かのビールを飲み終えたら、
さっさと就寝するので、手短な予告エントリーです。
お疲れさん!
よくがんばった!
普段なら運転している横で寝ると、機嫌が悪くなる了見のせまい父ちゃんですが、
今日は許すぞ!だって・・・
まさかこんな写真が撮れるとは・・・
こんな2ショットを撮れる日になるとは!!!
かっこええぞ!
うん!ガッツポーズやっちゃれ!ようがんばった!
スバルラインを制覇したうえに、このあと水泳大会までやったんだから。

んで、心より感謝だ!
トンネルを抜けたところに、あんたが手を振る姿をみたときには、
マジに目頭熱くなった。
下り方レクチャー教室
友とは、なにものにもかえがたい!心からそう思ったよ。
さいこ~の思い出
ありがとう!息子と悪友!

明日もお楽しみライドの日。

本日のライドの詳細は、天気予報が怪しいため、流れてしまった5日に、
前編:息子、スバルを初制覇!(仮題)
後編:トンネルを抜けるとそこに悪友がいた(仮題)
の2部だてで、アップしようと思ってます。
いや、3部だてか。。。明日もきっと思い出のライドになるはずなので。。。
今年のGWは明日から3日間休むことにしました。

富士山、三浦半島・・・そして客人招いて荒川を、と
予定完遂すれば、なかなかな自転車の日々を送れそうです。

本当は昨日のうちに済ませておきたかったところですが、
出張からの帰宅時間が遅くなってしまったので、本日は朝から―。
TREK洗車・整備
明日息子の足で五合目に運ばれる予定のTREKの洗車&簡易調整。
―ともかく息子を安全に北麓公園まで下ろしてください・・・
とくにブレーキに念をいれておいた。

続いて、SCOTTの番。
まずは朗報。物は試しでGIOSについてたサイコンのマグネットにつけかえて、クランクをまわしたら、
わが家にきて初めて「0」以外のスピード値を確認。
心拍、ケイデンス、そしてスピード計とこれにてサイコン完全復活です。
さて、オヤジが乗るこいつの整備念入り箇所は・・・
チェーン
山に登る前はジプロックすると、気持ち楽になるような気がする。

んで、インプレです。
初めてSCOTTについているチェーン(KMC ミッシリングリンク)を外してみましたが、
以前、GIOSで使用していたスラム パワーチェーンに比べて、
着脱の難易度は・・・KMCの圧勝!
MLP-1C
スラムではこいつが必需品でしたが・・・
KMCは宣伝文句どおり、、、初めて工具を使わずに外せました(感涙)

で、2台の洗車終了後、車載も終了。
その足でガソリン補給、われわれの補給食の購入をすませて、
自宅にもどって、お昼ご飯。
―さ!GW前の最後の仕事にかかろう!
とPC立ち上げて、ついついyahoo天気をみちゃったところ、
ううん。。。イメージしてた天気と随分違ってた(泣)

最後に先月のまとめ。

走行距離 SCOTT:118.7キロ、Raleigh:210.8キロ
       計 329.5キロ(年間合計 744.0キロ)

刈場坂での2ショットライドという極上の思い出はできたとはいえ、
相変わらず、乗れてない。
5月に距離を・・・というか、さらによい思い出を加えるためにも、
とりあえずは、4・5日の天気がもってくれることを祈っております。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。