1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15時過ぎにひと区切りついたので、
―さ、車載しちゃおう♪
はい、明日はちょっと企んでおります。
若干怪しい天気予報なのは気になりますが、
早起きして、さぁっと行って、ぱっと上って(ここは難しいか)、ビュっと下って、湯にでも浸かってくれば、
ま、なんとかなるか、と期待。

んで、交渉の末、月曜日がお疲れ休みの息子もお供してくれることになったので、
まずは、TREKを積み込んで、、、っと。ん!?
ぼ~ろぼろ
とりあえず、↑わかりやすいところを↑撮っておきましたが、
全体的にひびわれ、きれきれ、、、の印象。
乗り手が自分ならば、こんくらい乗っちゃう?程度ではあるものの、
なんせ乗るのは、最愛の(?)息子だ。。。ピッポッパ。
―あっ!母ちゃん?TREKのタイヤ予備はどこにあったかね?
「う~~~ん。いま切らしてるかもしれない」
―えっ!!

これが自分のスコット君のほうであれば、な~んも慌てることはないのですが、
なんせ息子の乗るロードは、650Cである。
手近なお店に、ふっと行って、ぱっと買ってくるというわけにはいきません。
うむぅ~~~、これは困った。

とりあえず、最寄のサイクルベースあさひを目指して、ミニベロ出動も…あっ、そうだ!
こぎ始めて数メートルで、思い当たることがあって、方向転換し、新荒川大橋で荒サイIN。
で、早々に鹿浜橋でOUT。

そういえば、えーじさんのブログで存在を知り、
わがマンションで唯一のロード乗りさんからも、ご推奨されていたお店がありました。
場所は何度か車で前を通り、すでに把握済みです。
marcoさん
はい、ここmarcoさんは、なんと!スポーツサイクルタイヤ専門店です。

ほんとタイヤがいっぱい。
 ホイールがいっぱい。
  自転車備品がいっぱい。
   そして、厳選されて置いている完成車とフレーム。
んで、なにより店長さんがいい感じの対応をしてくれます。

本日はあまりゆっくりできる状況ではなかったので、自ら探さずに、
―すいません。650Cのタイヤ、置いてありますか?
と聞いたのですが、
「すいません。こんだけしかなくって…」って。
―いや、置いてくださっているだけで十分です。
実際、650Cを複数メーカー置いてあるお店って、あんまありません。
で、あいにくお目当てのリチオンは1本のみ。
なんでも、生産中止になっちゃったんだとか、、、ったく、ミシュラン☆。
んで、グランプリ4000とか、プロ3とかありましたが、買ったのは、
CLOSER
パナのCLOSERにしました。安いから。

今度はミニベロのタイヤを買いに来よっと!

走行距離 8.5キロ(自宅⇔マルコ ドア・ツー・ドア)

で、帰宅後、急ぎ前後タイヤの交換をしたわけですが、
ひさびさの作業のためか、、、嗚呼、貴重な650Cチューブ3本がご昇天(泣)
しかも、はめ込み硬くて、手に豆2つ作って、、、1つは即やぶって、、痛ぇ。
スポンサーサイト

疲れた。。。

出張がずれ込み明日になったので、本日もジテツウ。

取引先に対する釈然としない思いが続いていて、依然不機嫌なだけに、
毎度の事象にもいつも以上に怒りがこみ上げてきたりする。
―違法駐車って、なんでこんなに多いいんだよ!
―そんくらいのことで普通クラクション鳴らすか?
うぅ~~ん、あんま精神衛生上、よくない自転車通勤の典型です。

で、いちいち書いていたらキリがないので、ブログには書かないと決めていたものの、
こういう日に限って、やたら目に付いてしまうのがムシムシ君。
ほんと見事なまでに、スル~していく人がなんと多いことか。。。
昔、フィリップ・トルシエが―
『日本人は車が来ない赤信号でも守るから、判断力がないんだ』
なんてことをのたまって、当時は、、、
なるほどね~なんて思った覚えがありますが、
彼が異国で目にしたのが、公道を走る自転車だったら、満足だったんじゃないだろうか。。。

んで、もう1つ、ついでに。
もちろん、全員が全員ムシムシ君なわけではないから、
信号待ち時に、見知らぬもの同士で、互いの自転車を褒めあうなんて憩いの瞬間があるわけですが、
本日帰路に出会った方から、
「あれ?信号待ち時にライト消すんですか?危ないですよ」
と話しかけられた。
ついつい車の習慣で、対向の方が眩しかろうと消す習慣なんですが、
言われてみれば、自転車の前照灯くらい眩しくはないか?
認知されるためには、つけっぱなしがいいの??なんて思ったり、
停車時に消すのが危ないなら、ダイナモはどうなんの???と思ったり、、

なんか釈然としない気分に輪をかけることになった1日でした。

走行距離 31.7キロ

さぁ!明日は札幌!!
ただし、日帰り、、、とっても疲れそうだ。

※愚痴愚痴エントリーとなってしまったお詫びに
本日の帰路。靖国通りを神保町方面に帰ってきたら、提灯がつらなっておりました。
-なんだろ?と思って近づいてみると、
古本まつり
いつのまにやら古本まつりの季節だったんですね。
たしか文化の日あたりまでやってると思うので、興味のある方は、ぜひ
出張の予定が急遽変わる。
頭のなかで描いていた仕事進捗ペースが狂うのも痛いし、なにより、、、
日程が重なると思って、飲み会2回、断っちゃったじゃん(泣)

…と、かなりご機嫌斜めの心境なんですが、
―出張行ってたら乗れなかった自転車に2回余計に乗れるわけだ!
と思うことにする。しかも、初日の本日は…
台風一過
秩父方面の山の稜線がくっきり見える台風一過の朝。
半袖の腕に感じるひんやり感が気持ちよいです。

釈然としない気持ちをおさめるために、普段は通らない道を選択したら、
思いのほか快適な道だったり、収穫もあった往路でしたが、

なんとなく気分は乗らず、仕事ペース悪し、
結果、遅い時間に帰途につくことに、
夜間はかなり冷え込みますが、漕ぎはじめれば半袖で十分というか、汗ばむほど。

走行距離 32.3キロ

う~~ん、A型気質なんでしょうか?
今日はかなり快適ジテツウだったのに、予定が狂いまくっている現状に気分悪い。
で、こういうときは、やはり帰宅後の冷えた体を癒す、熱燗である。もちろん、つまみは…
ミニベロ
愛車鑑賞。はぁ、、、自転車ってかっこいい。
で、おかわりの一杯のつまみも、やはり愛車。。。
2号機
はい、数回前のエントリーで、わが自転車生活のエポックの日という記述をしましたが、
長く友人の好意に甘えて、借りていたスコットが、
このたび正式にわがロード2号機の座におさまることになりました。

あ~、こいつで思いっきし、走りたい!
あいかわらず出張ばかりで、12月第1週までは、週に1回は新幹線か、飛行機の人。
無計画に仕事をとってくる経理・営業部の私に、
目一杯働く、ブルーカラーな私は、ストライキ決行寸前の心境だったりする。

でも、自分のふところをあまり痛めることなく、全国を渡り歩けると思えば、
まんざら捨てたもんじゃないと強引に考えるようにしてます。

昨夜はほぼ最終の新幹線で東京に帰ってきました。
昼間、2時間ほど時間があいたので、ちと周辺を散策。
いいねぇ~紅葉
街は色づいております。
鹿
修学旅行の女子高生に、、、
「写真撮ってください」
なんて声かけられて、どきっとしたけど、、、あっ!僕があなたたちを撮るのね。いいよ!はい、チーズ。。。古かったか。。。それをきっかけに、たくさんの外国人観光客からも頼まれた。余程、暇人に見えるのね。。。
はい、奈良でした。せっかくなので、かなり駆け足で、
大仏殿
こんなかに鎮座しておられる大仏様を鑑賞。でけぇ。で、見てると、心も不思議な感覚。ありがたやです。で、急ぎ仕事場に戻る途中でも、、、パシャ。
せんとくん
こいつを撮るために、並んじゃったよ。すっかりアイドル化しておりました。

んで、本日のエントリーの本題ですが、
これら写真は携帯で撮ったんで、気のせいだ…と思い込むようにしていたんですが、
午後の仕事が始まり、
メモ代わりにデジカメをぱしゃぱしゃしていると、、、
―やっぱおかしい。先週使ったときはなんでもなかったのに。。。
なんかピントが合わない、、いや、ピピッと自動的に合ってるはずなんだけど、
焦点が合ってるはずの、液晶画面がぼやけてみえる。。。目をごしごし。

私が仕事時にメモ代わりに使用している、
S10
COOLPIX S10は、ご覧のように液晶は大きめなんですが、、、目をごしごし。
ボヤケル。。。おかしい。。。そして、ちょっと目を遠ざけると・・・ピントがあってるのが確認できる。

―……(汗)。
まさか、これが噂に聞く、老眼ってヤツ???
―いや、疲れているからに違いない!!
と否定し、晴れた本日は荷物が重いこともあって、休養をかねた電車通勤。。。

44歳8ヶ月の出来事。
実は本日はわが自転車生活にとって、かなりエポックな1日だったんですが、、、
記事にするには、適切な写真が1枚もなくって…その件は週末にでも改めることにして、
いつものように、しがないオヤジのジテツウの記録である。

晴れた朝。昨夜のうちに、西瓜を持って帰ってきてよかったと、真面目に思った。

んでわ、出動。
本日は比較的ゆっくりスケジュールなので、一度試したかった道を進んでみることに。
前エントリーとも重なりますが、常々、運動強度を心持ち上げたいと思っておりまして、
その一環として、片道15キロのジテツウ距離をほんのちょっぴり伸ばしてみたいな~とのルート開拓です。ま、開拓といっても、たいそうな裏道ルートではなく、その名も知れた「明治通り」を初めて走っただけですが。

明治通りといえば、渋谷→原宿→新宿→池袋というThe Tokyoな道ですが、
カードライバーである私にとっては、かなり相性のいい道で、
東名高速利用の帰り道に、渋滞情報を聞きながら、
―首都高、大混雑。
―環八、環七も怪しそう。。。
ってときでも、案外するする~とわが家のある東京城北地区に帰ってこれたりする。

んで、今日は…
明治通り
王子から進入し、田端、、、と最初こそ、
―おっ!結構すいてるし、走りやすいな~
のご機嫌ライドでしたが、
巡航27km/hの私とは、妙に折り合いが悪いというか、、、
―なんか私の到着を待って、信号を赤に変えてるんじゃ?
と叫びたくなるタイミング。
距離は片道20キロとほぼ理想なんですが、ちょっと朝には使えないかな。。。

走行距離 34.8キロ

さぁ!明日は荒サイ経由でと思っていたら、
昼過ぎの取引先からのメールで、、、『明日の出張お願いします』???
すっかり忘れておりました(汗)

南ならぬ西の瓜

今週、自分に科したテーマは…
―乗れる日はジテツウ決行、である。
コピペしたくなるようなこの方のエントリーでもご指摘されてるように
最近はジテツウ程度の運動強度だと、一向に体重は好転しない状況ではあるのですが、
昨年同時期比+7~8kg周辺をうろついている状況下で、
週末含めて、まとまった距離は乗れない現実を考えれば、、、
―乗らないより乗ったほうがカロリー消費していることには違いない
という題して“せめてのも抵抗週間”の幕開け。

漕ぎ始めて、2キロも行かないところで、いきなし異変発生です。
―ん!?回らない、、、というか漕げない?チェーンでも外れた???
と思いながらも、無理して1漕ぎ、2漕ぎと強引に回してみるも、完全に機能停止でヨロッ。
その瞬間、右脇をバスが過ぎ去っていき、、、かなりびびった。
努めて冷静になって、おそらく異変の元凶であろうリアホイールを見てみれば…、
―な、なんじゃこりゃ~!!
目を疑うような異物がぐるんぐるんに絡まっております。
以前、やはりジテツウ途中にビニール製のゴミ袋をひろっちゃったことはありますが、
どうみても今回のほうが、深刻そうな・・・いつのまにスポーク数が増えたの?状態。
クリーニング屋でもらえる針金ハンガーみたいのが複雑に絡み合っております。
異変を感じた後、ひと漕ぎ、ふた漕ぎ追加したのが事態を悪化させてしまったみたい(泣)

いま思えば、ブロガーとしてそんときの写メを撮っとくべきでしたが、
心の余裕などあるはずはなく、
慌てて路肩に運び、手を真っ黒にして30分ほど、知恵の輪を外すように作業。
なんとか外れるも、
―金属製のあんなのがごちゃごちゃしちゃった、わがSORA君は大丈夫?
不器用な私、なんとかがんばった
なんか重点的にからみついたハイギア部分が異物を取り除くとピカピカになったんですが、
機能的にはどうなのか?
おそ~るおそる漕ぐと、感覚大丈夫みたいですが、やはりちょっと不安なので、
御用達自転車屋さんの近くだったこともあって、出勤前にみてもらうことにした。
―すんません。診てください(半べそ)
こちらの事情説明に最初顔を曇らせたオヤジさん、もくもくと処処確認。
なんせ、わが初号機GIOS君は、このおやっさんの口から死亡宣告されたわけで、、、どきどき。
「ん!大丈夫!!」
ほっといたしました。その後、ついでに各部点検までしていただき、
―おっ!
さすがプロフェッショナルというか、、、自らの日常管理がだめというか、本日の出発時より進む、わがラーレー君。

んで、帰路の話に移る前に、、、

われわれが子供のころと、現在の認知度の開きがもっとも大きいイベントの1つに、
ハロウィン
ハロウィンが挙げられるんじゃないだろうか?
ちなみに上のぬいぐるみは、日曜に買い物に出かけた先の福引で当たった(外れた?)賞品ですが、
このシーズン、街を見渡すと、、、容易に南瓜を目にすることができます。

んで、そんなシーズンだというのに、本日ちょっと早めの店じまいをし、帰りの身支度をはじめると、同僚から
「ずんどこ君、これもらいものなんだけど、受け取ってくんない?」
ま、貰い物の多くは拒絶しない主義なので、ありがたくいただくことにしましたが、
「あっ!今日は自転車か。重いから明日持って帰りなよ」
と言ってくれるものの、明日こいつを持って帰るがためだけに、ジテツウしないのもなんなので、
―大丈夫です。背負って帰りますよ。
よいしょっと。。。重っ。でも、漕ぎはじめると、重さもそうは感じない。。。が、
赤信号が辛かった
止まると背中のずしり感を感じ、
赤信号待ちって、こんなに辛いんだと思った。
なので、いつもは必ず自宅直近の7-11に寄って、ビール補充してから帰るのですが、
本日は立ち寄らずに帰る。

―ビール買わずに帰ってきたけど、ある?
「1本だけなら。買ってくると思ってたから、買ってこなかったよ」
―荷物が重くて、コンビニ寄る気力なかった。(荷物)持ってみて、なか開けてみていいから。
季節外れの西瓜
走行距離 31.4キロ

往復最短ルートを通りながら、いつもよりほんのちょっと長めなのは、針金はずすのに手でぐるぐるぐるぐるしたためと思われます。

ベストな時間

ベストタイムではなくて、あくまでもベストな時間である。

本日(正確に言うと昨日)は、もう、どうしようもない1日で、
ど~~考えても、日ちに越えは必須。徹夜もやむなしの状況でした。
昼間の進捗状況を鑑みると、
―3時くらいかなぁ…、終わるのは
という感じでしたが、やればできる子パワー全開で、
思いのほか早く
なんとかこんな時間に終了。思わず、ニタッである。

なぜなら、この時間帯って、都会の一般道は、、、
がらがらです
がらがら。
本当を言えば、あと1~2時間もすれば、が~らがらの状況になりますが、
その時間になると、睡魔という別の要素がでてきてしまうので、
まさにジテツウ・ベスト時間でございます。

私の場合、ジテツウ使用車はミニベロなので、そうたいしたスピードは出ませんが、
それでも通常比2km/hアップ。
―嗚呼、ロードで走ってみたい
と思う瞬間。
タクシー帰りをしたと仮定し、+5,000円気分に浸れるのも小市民としての幸せになれたりする。

走行距離 30.9キロ

ところで、当然、暗い自宅への帰宅とあきらめていたわけですが、
電気がこうこうと点いていた。まぁ、親としては、
―いい加減に寝ろや!
と叱るのが正解なんでしょうが、学級閉鎖中だし、話し相手ができてうれしかったりする。
かつ、黙っていても、、、
ぷっふぁ
こういうのを出してきてくれるから、たまらなくかわゆくなります(笑)

ところで、この週末に霞ヶ浦で初の100キロ越えを達成した息子
その事実がかなりうれしかったらしく、普段は自転車につけっ放しのサイコンを外して、
そこに刻まれた数値を凝視し、悦に入っていたのですが、
いつのまにかに、サイコン自体を失くしてしまうという失態を犯しておりました。
で、昨日、学校休みをいいことに探しに、探し、駐車場近辺で見つけることができたのですが、
「父ちゃん、このデータ。リセットしないとダメ?」
未練たらたらでございます。
―ダメ~、自分でリセットしな。また、走ればいいじゃん!
と失くしたことを怒ったうえで、さらに表面上、答えた父ではありますが、
息子初の100越え
親父にとっても記念すべき記録なので、思わず写メを撮ったことは内緒。

で、本日、ビール、日本酒、ウイスキーをぐびぐびしながら(痩せないわな)、
ほんのさっきまで息子と話をしていたんだけど、
またまた思い出ライドの約束を取り付けてしまった(喜)

ん~、問題はいつ仕事をサボれるかというタイミング。今月、来月中には実行に移したいなっと。
息子と走った翌日こそ、可能な限りジテツウせんといけません。なぜなら、、、
仮に夜。電車乗って、てくてく歩いて帰ったものなら、
―ふ~ん。今日自転車置いてあったね。僕なんて部活までやってきたのにね
なんて、勝ち誇った笑顔が目に浮かぶ。あ~いやだ、いやだ。

で、本日起きたら、各部確認。よし、すべて痛み(筋肉痛)なし!
―ま、すべて平地の100キロなんて、楽勝、らくしょう
と、独りごちのうえ、ジテツウ決行。。。も、実際、漕ぎ始めてみると、
―あ~足重い。あ~足回んない。
だらだらだらだら漕ぎ進めるも、こういうときに限って、坂の途中の信号につかまったり、、、あ~ついてない。

ま、漕いでしまえば、へたへたの途中経過なんて息子にばれることはないし、
時間に余裕もあるので、
漕ぎ始めて10キロの東大で休憩…いや、秋の銀杏調査だ。
まだ緑です
ギンナンの香りは漂うものの、まだ青々した状態でございました。
にしても、ベンチでもあったら、いい休憩、いや観察スポットになるのになぁ。。。

で、昼間は順調にお仕事をこなし、
本日は遅くまで、仕事に取り組む予定だったんだけど、
夕方、ちょっとむっとするというか、だめねぇ~お宅の会社という出来事があり、
やる気も失せて、嫌味なメールを放り込んで、早めの店じまい。

帰りは、ちょっと前に颯爽と抜き去っていかれたムシムシ君に、
でっかい交差点停車時に追いつき、たいそうわがミニベロ君をほめられたものの、
思いっきし、露骨に、無視をし、青信号になったのを契機に、振り切ってやる。ぜぇぜぇ。

走行距離 30.5キロ

うちに帰ると、笑顔が待っていた。
―ん?
本日、息子様。いつにもまして上機嫌だ。さては…
―霞ヶ浦のことでも自慢して、クラスの話題にでもなったの?
「いや、少しは話したけど、そんなにいいまわらないよ」
―ふぅ~ん。じゃ、どしたの?
妻に学校からの手紙を渡される。
―え!!明日から週末まで学級閉鎖!!!
「うん、クラスで新型がでてね。今週はクラブも、塾も行っちゃだめだって」
なんかとってもうれしそうだ。

自分にも覚えはある。
いまごろ、寝込んでいる友達は大変、苦しんでいるであろうが、、、
自分が原因でない学級閉鎖って、、、たしかに心弾むんだよね。
すでにウイルスが彼の体内に入り、潜伏中という可能性もなきにしもあらずですが、
昨日まで連休だったということを考えれば、その可能性も少ないことに期待。

にしても、明日から週末まで思いやられます。ためしに、
―あっ!明日からさ、DVDのリモコンとWiiのコントローラーは父ちゃんが持ち歩くから、
とカマかけたら、やつの表情が曇った(笑)
だらだらモード突入の気配濃厚。帰宅後、やつを怒鳴る自分の姿が見えてくるような。。。
「次に父ちゃんと自転車乗るときには、100キロ以上は走りたいな…」
富士五合目栄村を制覇したころから、常々、こんなリクエストが出されておりました。
自宅発で考えれば、、、
荒川CRをのぼり、物見山小周回して帰ってくれば達成の距離ですが、、、
どうせなら、彼が大人になったときに、
「あっ、ここ父ちゃんと自転車で来たっけ…」というような場所で達成させたかった。

朝、必要以上に早く目覚めたので、
―行き場所、乗鞍にしない?
と言ってみるも、どうしても今日は100キロを走りたいから、却下!だという。
なので、初心貫徹で高速道路は常磐道に乗り、目的の地へ。
自宅出発後、ジャスト1時間。
―あらら、すいてると、こんなに早く着く距離なんだ。

で、いきなり青ざめる父。
―やばっ!空気入れ忘れちゃったよ。
頻繁に乗っている方ならいざしらず、こちとら2台ともよくて月3出動のロード車。
手で触ればわかるほどの、低空気圧である。嗚呼。

なので、父ちゃん、がんばった。手入れで。
1本、2本で、走る前からもう疲れてるんだけど。。。そんなとき背後にエンジン音を確認、運転席から降りるサイクルジャージ姿を確認し、即座に走る。
ありがとうございました
快くポンプを貸していただき、、、以下のライドの成功はお三人のご親切ありきでございます。
「父ちゃん、自転車乗りさんって、やっぱり親切だよね」
って、さぁ。。。それはそうだが、、、お前も助手席で寝てないで、手入れ作業してたとき、ちょっとは手を貸せよ!と父の心の声。

ともかくも、出発である。
私、ここを走るのは2回目でございます。
で、↑でリンクした記事でおわかりのように、ここって普通に走ると90キロ前後なので、+10キロをどうやって走ろうってのが、本日の親父のテーマです。ま、迷走は得意の分野なので楽勝だ。

とにかく余分な距離は、元気のある前半がいいだろうと、、、
最初は国道125、農道をジグザグに走る、もう2度とトレースはできないであろうコースである。
ディバックに忍ばせておいた地図上では12キロで着くはずの…
大須賀津湖畔農村公園
ここにも。。。おしっ!貯金5キロ達成!!あとは適当に走れば5キロくらいの迷走は朝飯前だ(笑)

さて、上の写真にちらっと写っている息子。
「父ちゃん!すごいよ!あがってきなよ。いい景色だよ!!!」
これから走るんだよ
そう、この大須賀津湖畔農村公園の物見やぐらは、本日走る場所の大半を見渡せる場所でございます。
―ここをかれから走るんだからね。
「甘く見てた。でかいねぇ~。琵琶湖よりでかいんじゃないの?」
―いや、それは、ない。
いい陽気です♪
見渡す限りの平地。。。100Kデビューにはもってこいの場所です。

ん、じゃ、進もう。
のどかです
子供ってすごいな~と思ったのは、、、
「それにしても、この時期になんで燕がたくさんなんだろう・・・」
「あっ!雉だ!!野生の初めて見た!!」(たしかに雉でした。父ちゃんも初めて)
と、、、その観察眼というか、オヤジのように漫然と走ってないんだねぇ(そういう姿勢はのばしなさい)。

で、湖の周回なので、景色にあまり変化はありませんが、
前半はペースを25~27キロくらいに抑えていたこともあって、いろいろ話ができたりもした。
―へえ、課目では○○が嫌いなんだ。
―へぇ、部活でそんなに走ってるの!!
親父としても有意義な時間です。そんな会話をしていると、本日私にとって最大の目的地に到着。
しをみ食堂さん
霞ヶ浦にきて、この「しをみ食堂」ははずせません。

父はお店の人と密談し、注文品を決めます。
頼んだのはカツカレーと、ワカサギ定食(ごはん小)。
おっ!カツカレーがきました。
「な、なに、これ~~~」
カツカレー普通サイズ
―カツカレーだけど???
「でかいねぇ。僕がそれ食べてみていい?」
そのチャレンジ精神や、良し!
ワカサギもなかなか
このワカサギもなかなかいけるのですが、気になるのは息子の進行状況。
―あ~、結構、食べるようになったんだな。。。
父、感激です。でも、、、4分の3ほど食べ終えたところで、、、、
「父ちゃん、変わって。。。」
ギブアップ宣言がでました(笑)
完食
はは、この分野ではまだまだ父の足元にも及ばんな。

で、午後の走り出しは、お互いまったく速度があがらず、まったり会話ポタをしばし。。。
「あっ、そろそろおなかもほぐれてきたかも…」
だっしゅ
って、逃げをはかろうとするし、、、(笑)

後半は一転、ペースがあがりました。ふと、前をみると、
もう少しだし・・・
だ~れもいない空間だし、残り距離もわずかなので・・・
―おしっ!こやつを試しちゃろ!
と巡航速度を30→33→35km/hと…振り向くと、なかなかしぶといです。
さらに速度をあげてしばらく、、、ほほぅ。。。やりおる。んじゃ、これでは……
途端、豆粒化しよりました。オヤジノイゲンってやつか(爆)。しばらくまっていると、、、
「うう~~ん、37km/hくらいならしばらく続くんだけどな。。。」
ほんに偉そうになりよりましたです。

そんなこんな漕ぎ進めていると、街が見えてきます。
「父ちゃん、あそこでもう終わり?」
―そうだよ。
「なんかさびしいっていうか。。。もっと走りたいね」
息子よ、父。この台詞にはぐっときたよ。でも、楽しい時間には終わりがきてしまうのも現実だ。
ゴール!!
よ~がんばった!
ほんとは近くの日帰り湯に入って帰宅の算段でしたが、
「父ちゃん、帰ろう。実はね、宿題まだやってないの」だって。。。

で、急ぎ駐車場に向かい、、、、自転車ばらして帰ろうと思ったら、、、いない。
帳尻あわせ
なんか駐車場内を走り回ってるんですが、、、戻ってきたので、
―なにやってんの?早く帰りたいんじゃないの??
「うん、そうなんだけどね。僕のサイコン確認したら、まだ100キロ行ってなかったの」
帳尻あわせをしていたようです。

走行距離(各自サイコン距離)
父 100.2キロ
息子 100.0キロ(笑)

13歳男児の秋。まだまだかわいい。
せめてジテツウがテーマのこの週末。
土曜、目覚めると、わが地元は結構な雨が降っており、、、
「まだ出かけないの?」
妻子から、邪魔者扱いのオヤジでした。
午後になれば、晴れるのはわかっていたけど、、、あんまぐずぐずもしちゃおれんので、
電車通勤。。。地下鉄を出ると、晴れていた。嗚呼。

でも、深夜まで仕事したところ、お蔭様を持ち、仕事の進捗は順調。
―この調子なら、なんとかなる???

本日日曜朝、晴天。
早く仕事にかかれば、それだけ明日休める(=走れる)確率は上がるわけですが、
起きて、朝飯食って、まず取り掛かったのは・・・
車載
息子を助手に添えての車載作業。
せっかくの休日なのでなんとなく荒川以外を走りたいし、
わが父子はなんてったって、ヘタレコンビなので、
仮に本日順調に互いの予定をこなして、明日走れる状態となり、さらにぴ~かんであっても、、、
―すごい風だ。次の機会にしよう。。。
なんて展開も十分に予想できるし、、、(汗)

そんなこんなで、コンパクトカーにロード2台を積んでいたら、自宅発はもう11時。

ひさびさのジテツウ…というより、今月初の自転車か。。。
乗れる日は雨だったり、晴れの日はスーツ仕事や出張だったり、思い通りにことは運びません。
日常生活を送っていると、もう半袖じゃ、寒い???と感じたりもしておりましたが、
自転車漕げば、半袖で十分!
―明日漕ぐなら、半袖+アームカバーにしよっ…と決めた。
しかし、本日は、、、
がらがら
都心一般道はがらがらでございました。GW、SW、お盆、、、いや正月以上にすいてた気がする。
なので快適。自分比ではかなりのスピードで漕ぐ。。。気持ちよし。

で、あっ!
アースライド
本郷三丁目の交差点で、アースライドのスタッフさんたちが打ち合わせ中。
そういやばここに来るまで、今日は自転車乗りさんが多いなぁ。。。と感じていたんですが、
そのうちの何人かはお台場を目指す人だったのかも。

走行距離 30.6キロ

ところで、、、むかしっから“やればできる子”と言い続けられてきた私のことである。
当然、予定の仕事はやっつけてやった!

明日は晴れてお休みだぁ~~♪
列島に大きな爪あと残した台風が行きすぎ、
この連休中、連休明けには、方々のブログやSNSで楽しいライド報告が読めそうである。
あ~楽しみ、楽しみ。。。と醒めた私。

一方、私は・・・まぁ、土日は絶望だろう。
天気には恵まれそうなので、許される範囲でせいぜい遠回りジテツウでも。。。
なんてことを思いながら、出張帰りの新幹線で揺られておりました。

先週の・・・
大津
大津に引き続き、本日の出張先は、
浜松
浜松。
いずれも日本有数の湖を有する街ですね。
日本一と、、、浜名湖は・・・8、9、10番目くらい? いずれにせよ自転車で走りたい場所ですね。

んで、仕事が終わり、最寄り駅を出発する際には、
―おし!今度は自転車で来るぞ!
なんてことを軽く決意したりするわけですが、
本日、帰りのひかり号でコーヒーを飲み、スケジュール帳を睨みながら、ちょっと思った。
―ん?この土日がんばれば、、、月曜日さぼれないことないか???

帰宅後、土産のうなぎパイを渡しながら、息子に聞いてみた。
―月曜日は予定ある???
「う~ん。。。微妙」
―だめじゃないんだ。
「自転車?」
―うん、土日がんばれば、月曜は走れるかもしれないんだよね。
「じゃ、こっちも用事が済んでたら、付き合ってあげるよ」

ということで、このあやふやな約束を励みに、この土日はがんばろうと思う。
で、狙いの場所は、とりあえず、ひさびさに第二位の湖が有力候補か???

でっぷりが最高

44回目の秋。かなり不機嫌に過ごしております。だって…

月末にスケジュールとマッチする唯一のかなり魅力的なお誘いを受けてはいるものの、
ことごとくツーリングの告知や、飲みのお誘いは出張日に重なるし、
一人で走れるぞ~!と思う日は雨だし、
せめてジテツウはこんな陽気続きだし、、、嗚呼、欲求不満な日々。

んで、そんな私に打ってつけの企画が、その名も生暖会(なまあたたかい)。
解説はココに譲りますが、
意訳すると、赤い悪魔くんこと、hirotoさんの自転車通勤をひやかそ…じゃなくて、応援同走して、ついでにみんなで旨い朝飯食おうじゃないか!が趣旨の会だと、勝手に解釈。

ま、主賓者のブログタイトルが、
『横浜―銀座自転車通勤』だけあって、通常は多摩川集合のポタリング企画なので、
東京城北地区在住の私は、冒頭からの参加は難しいわけですが、せめて朝飯会場乱入だけでも!
平日午前中開催のこの自転車イベントは、いまの私には相当に魅力的である。

が、楽しみにしていた先週は、雨のため順延。
んで、順延日となった本日を明日に控えた昨日、、、嗚呼、またまた雨予報(泣)
でも、雨ニモ負ケズ・・・決行いたしました。
朝5時台に起床し、当然、朝飯抜きで・・・電車に揺られ(笑)、目指すは築地。
はい、前夜、jinさんの…
「朝飯だけでも食いに行きます?」の英断発言に、多少の企画変更あり。
(ちなみに妻のひと言。。。『ゆるいねぇ~、生暖会(~O~)ふぁ・・(~O~)』。。。お褒めの言葉ありがと)
魚のにおい・・・
何年ぶりの築地だろう。。。働く自動車いっぱい。観光客いっぱい。

で、飯会場は、主賓者がゆっくりとお話できる店を探してくれており(生暖会恒例・笑)、入口近くの磯野屋さんに。
hirotoさん、jinさん、goshiさんは、旬の秋刀魚刺身定食。
肉厚で旨そうです♪が、私は妻の実家から大量に秋刀魚が送られ、3日連続(今夜含め4日連続)秋刀魚漬け状態なので、、、(この時期の秋刀魚は続いてもいいんだけどね)
皆で朝食
はまださんとともに、、、
今シーズン初牡蠣
牡蠣フライ定食。
秋刀魚もいいが、September、October、November、Decemberと「ber」のつく月は格別ですからね。
私にとって、今シーズン初牡蠣は、でっぷり、じゅわ~の逸品でございました。
んで、会話ほうも、たとえば、誰とは言わぬ、日産イベント参加者は暇な耐久時間を何に注目して走っていたかとか、でっぷりな自転車会話を1時間ほどして過ごし、あ~、お腹いっぱい。

ふと横をみれば、仕事終わりの市場勤務の方々が、生ビールぐびぐび行ってますが、
われわれは残念ながら、これからお仕事の身なので、デートはタイムアップ。
三々五々、それぞれの仕事場に散る。

ちなみに本日、ひさびさに昼飯抜きました。げっぷ。
青空
青い空。
琵琶湖
そして、眼前には日本一の湖。
これが自転車旅行なら小躍りするところですが…仕事だ。
近隣のホテルにあった・・・
レンタル自転車
レンタル自転車に心揺れ動かされたりする。

さきほど琵琶湖から帰ってきました。
う~ん、自転車乗りの端くれとして、一度は全周したい場所ですね。

さて、9月のまとめ。
SCOTT:138.0キロ、Raleigh:247.5キロの計385.5キロ。
前半はなにかと忙しく、初乗りが14日だったことを思えば、まぁ、乗ったほうか・・・

んで、今月は・・・
スケジュール帳をめくると出張多し、
乗れるときは乗っとかないとね。さて、明日の天気は・・・秋の長雨か。。。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。