1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やたらと飲食物が充実していた前夜祭を終え、
当日は爽快な朝を迎えるはずだったんですが、、、
3時間も寝てないよ!これじゃ、前日入りした意味ないじゃん!!
興奮冷めやらぬなか、ようやく寝付いたころに、
このブログにも頻繁に登場してくる悪友オレンジャーから電話。
―しかも、酔っ払ってるし・・・
ちなみに、悪友キレンジャーは、ちゃんとスタート前に激励の電話をくれました。
(この件を教訓に、翌日からは携帯は電源OFFで寝ました!)

さて、睡眠不足で幕を開けたツール・ド・ちば。
初日のコースは、長柄の日本エアロビクスセンター~白子までのおおむね平坦なコースです。
―後半あたりに、海岸線を堪能できればいいな・・・

ところで、このイベントは、目指すスピード別に3クラスに分かれて、競輪選手や地元のサイクリングチームの先導の元、走ります。
10~15km/15~20km/20~25kmのいずれか・・・
一応、ロードバイクだし、普段走っている速度から言えば、
―初日は20~25km/hのコースで問題ないでしょう。
やっぱり一番人数が多いような気がしますね。。。なので、さらにクラス内で50人ほどの班に分かれて走りますが・・・
おいおい最初のスタート班じゃん・・・

ありゃりゃ・・・流れで最初にスタートすることになっちゃいました。
ま、いいか、ストレッチも十分やったし、なんとかなるでしょう。。

で、号砲なってスタート。
しばらく小坂が続きますが、文字通り25kmを切るくらいで、ふつーに車列に加わる。。も!!!
しばらくして平坦基調になると、サイコンが27kmを下回ることはまずありません。
「あっ、道間違えた!ごめんね~~」
なんでも直前にコース変更があったらしく、先導の方も初日はこんな感じだったんですが、笑い流していたところを見ると、この段階ではヘタレもまだまだ余裕があったようです。
ただ、スピードは次第に上がっていきます。30kmになるとちょいと辛くなり、34kmになると・・隊列に加わるにはかなり無理を強いられます。
しかも、こちとら普段はほとんど単独走なので、後ろの人に知らせる手信号もなかなかすんなりとできず、
へいこら、へいこら必死に漕ぎ、なんとか高速列車の一員として、約50キロ地点の昼食会場に。
初めてのお昼です。もうへとへと!

地元の食材弁当は美味しかったです。

で、予定よりかなり早い到着だったため、再出発までかなりの休憩があったのですが、ここで体が冷えてしまったのか? それとも体力の限界だったのか?
再出発後は、あっという間に第一集団・高速列車からちぎれて、
一人旅になった途端に、初めてあることに気付く!!
―暑い!!!しかも尋常な暑さじゃない!!!
灼熱のなかの一人旅・・・足も使い果たしているし、よろよろです。
情けなくも、この段階で20km/hを切ることもしばしば。。。
―オレ、なんでこんなイベント参加してるんだよ。。
と、思いかけたところを支えてくれたのは、沿道の皆様の声援です。
旭市の商店街のみなさんだったかな・・・
ヘタレオヤジ、このイベント最初の心の汗です。。。(早すぎ!)
なんとかやる気を切らさず、次のエイドステーション(矢指が浦海水浴場駐車場)に、、
ここでふら~~っと人気のいないほうに歩いていってみると、
コース上からは見えない見事な海岸があり、そこの屋根付きベンチに横になる。
本当に心地よい風が吹き込んできます。昨日は寝てないし

―風が心地いい・・・・
と思っているうちに、不覚にも眠ってしまいました。15~20分くらいでしょうか??慌てて、集合場所に戻ると、20~25kmグループの4班目が出発しようとするところ、

この先導者が私の萎えつつある心と体を立ち直らせてくれたのです。
永遠平地が続くということもあるのでしょうが、24~25km/hの間しかサイコンは動かない。。。最後尾についているうちに、次第に調子が戻ってきました。
10人弱くらいのグループだったんですが、
その先導者は、「今日はみんなでゴールしましょう!」と声をかけ、
誰かが遅れ始めると、微妙にペースを下げて、その人が立ち直ると、またペースを戻し・・・
このころには私もすでに調子があがっており、乗り換えようと思えば、早い集団にもつけそうでしたが、浮気はせずに、この集団でゴール!
結果をみれば、ゴール地点には人はまだまばら・・・かなり早い到着だったようです。

暑いなか、112km(道を間違ったのでサイコンは120.9km)走った充実感はありましたが、初日は街中の走行が多かったので、信号も多く、コースとしては・・・(楽しみにしていた海岸線もちらっとしか拝めず)。
さらに最大の後悔は、私にこのイベントの楽しさを、体感させてくれたゴール時の先導者に「後ろ走りやすかったです!!」とお礼を言えなかったこと。ゴール後の感動に浸り、完走証をもらいにいっているうちに、姿を見失ってしまったのです。車種くらい覚えておけば、後日、お礼を言えたのに。。。
本当にありがとうございました!
翌日以降、すんなりと手信号を出せるようになったのも、あなたのおかげです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/129-43459901


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。