1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初日は、途中あれほどヘタレタというのに平均時速は25km/h。
前半あまりにも飛ばしすぎ、、その結果出した結論が、
―このままじゃ、残り2日はもたないな。。。
2日目は約19キロにわたる“だらだら上り”も控えていることだし、
しかも、コースの後半は念願の沿岸ライド!ということで、
本日は昨日後半に乗っかったような“列車”をいち早く見つけて、ゆったりライドと行きましょう!
2日目出発で~す!

前夜の宿泊先は、写真の後ろにある国民宿舎「白子荘」。
スタート地点のまん前なので、非常に楽チンでした。
(自転車の保管方法が雑だったのが気になったけど・・・)

陣取ったグループは、高速グループ(20~25km/h)の第4班。
「よ~~い、ドン!!」
―いってきま~~す・・・・数秒後、落車。
スタート時の混雑で、直前の自転車のリアにからみ・・とほほです。
「大丈夫ですか??慌てないでね」とMCのお姉さんに・・・赤面です。
―さぁ、気を取り直して・・・
あれれ。自転車から異音がする。。。
経験的にサイコンのボタンがスポークにあたっている音とわかったので、最初の赤信号で調整し、異音は収まったものの、
転倒のショックでサドル位置がずれてしまい、こちらがかなり気になります。直してからとも思いましたが、、
―いいや!最初のエイドステーションで直そう!
と、違和感を抱えたまま前に進むことにしました。
なんか走りに集中できず、約30kmの最初のASポイントまでは常に遅れ気味です。。。
「転倒大丈夫だった?」と抜いていかれるときに、多くの方から声をかけられました。
―ありがとうございます。からだは大丈夫です!

最初のAS「ヤマザキ屋Matis」でサドルを調整。
第一区間でずいぶんと抜かれたのと、調整に手間取ったこともあり、
再出発時には、高速グループの最終班になってました。
―あわわ。これで遅れたら中速グループだよ(15~20km/h)。。。
―しかも、ここからはなが~~いダラダラ坂区間だし・・・
でも、心配は無用でした。ちゃんと適正な列車を見つけ出し、早い列車に乗り換えながら、快適に走っていく。。。
で、長い上りがあれば、下りがあります。
岩高坂って、言ったかな・・・かなり急なうねうねした下りです。
―こりゃ、気を抜いてスピードをだすと、危険だぞ!
そしたら、転倒された方を指導員の方が取り囲んでました。
「皆さんは、先にいってくださ~~い」
軽症だといいのですが・・・・

さて、この下りをクリアすると、いよいよ待望の!!海岸線です。
走行中は写真を撮らないと決めていたのですが、
―が、我慢できません。
止まりま~~すの合図を出して、列車の隊列を離れ、、パチリ!
海の色がグリーンなのです!!

やはり皆さん、我慢ならなかったのでしょう。。ところどころに写真を撮っている方を見つけることができ、列車は壊滅状態です。
しばらく、景色を楽しみながら、のんびりツーリング状態。

でも、単独走になると・・・あぢぃ~~~・・・。
のんびりモード→ゆったりポタ→ヘタレモードの悪循環です。
心がけて沿道の声援には手を振り応えるようにしていたのですが、
ヘタレモードになると、、だめですね。沿道の皆さん、ごめんなさい。
そこにサイクリストのオアシス「コンビニ」発見!!
やっぱガリガリ君は最強のお伴です!

南房総市(?)のセブンイレブンは参加者で大盛況でした!
ここでお仲間さんとしばし談笑し、お互い励ましあいながら、各自出発。“ガリガリ君効果”は絶大で、快適ペースに戻って、本日最後のAS「ちくら・潮風王国」に。

ご用意していただいたバナナや水をいただき、
(水は初日はちょっとぬるめでしたが、2日目からは改善されてました)
どうやら、高速グループの5班位で出発できそうと思ったとき!!
スタッフさんから声をかけられました。
「空気圧が低いみたいですよ!」
―え!? 触ってみると、やわい・・・パンクでした。

それで修理を始めたのですが、、
―んん!?タイヤがかたくてはまらない。
思えば、1か月前にニュータイヤに変えてから一回もパンクしてなく、
しかも交換時には、販売店についでに換えてもらったので、このタイヤになって初めての交換だった。。。
―固い。あと10センチがはまらない。
炎天下の直射日光を浴び、体力も徐々に奪われ、
―30分はかかってしまっただろうか・・・・
終わったころには、高速グループは出発したあとでした。

ということで、第2ステージ116キロ(サイコン113.2キロ)は中速グループでのゴールとなりました。
マーライオンがお出迎え

ゴール地点は南房パラダイス。
ここの振る舞い食のかに汁は最高でした!!
疲れを癒したあと、参加者をみると、包帯を巻いた方が結構な頻度で見受けられます。
強風でコース上に砂が氾濫していたので、転倒も多かったようです。
―いろいろあったけど、マシントラブルで済んで良かったかも。
ともかく、この日のコースは、期間中最高の景色でした!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/130-d48b5efd


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。