1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2日目の風景は本当に最高でした(暑かったけど・・・)。
でも、どのコースを再び走りたいか? と聞かれたら、
おそらく「3日目!」と答えるでしょう。
当日資料によると、距離も120kmと最長のうえ、
山岳ステージ??

・・・起伏に富んでいるのです。

この日もトラブルからの始まりです。
この日の自転車保管場所はスタート地点から少し離れたものの、きちっとした場所で・・そこからスタート地点まで流していたとき、
―キーキーキーキーッ、やたらとブレーキがうるさい!!
本日はブレーキ使用頻度が高くなることが予想されるし、
出発前に、シマノのメンテスタッフに点検をお願いする。
「あ~、うちのじゃない!!」
はい。ぼくのマシンはスラム。。。他社製品です。ごめんなさい。
「ははっ、冗談。どこがおかしいの?」
これが感動するほど、丁寧にみていただけました。
―こんど買うときは、絶対シマノ!にしますから!!
「ははっ、おねがいね。がんばってね」

すでに高速グループのスタートは始まっており、ほぼ最終班となりました。
まもなく上りがはじまります。しかも結構、きつい!!
スタート直前のあたふたで、ストレッチもそこそこのスタートだったこともあって、情けなくも上りが始まると、列車から千切れます。
しかも、この日は運もあんまし、よくなくて・・・
上り途中の赤信号にことごとくつかまります。
上っている途中の赤信号・・・・大嫌いです。
―これが最初の坂だよな。。。今日は走りきれるのか???
と、かなり不安に襲われるも、単独走でなんとか頂点に。
前後にはだれ~~もいないので、遠慮せずパチリ!
下ります!曇天が非常にうれしいです。

思えば、この写真が走行中に撮った最後の写真です。

あっ、本日は時折、分厚い雲が太陽を隠してくれます。
しかも、徐々に体もあったまってきて・・・
以後、次々に訪れる坂も、最初の坂に比べれば、自分なりには順調にクリアしていけました。
(ヒルクラ真剣モードだと、写真なんて撮る暇ありません)

で、昼食の亀山会館にたどりつき、
ここのトン汁と梨が非常においしかったんですが・・・
必要以上に食べ過ぎてしまい・・・・食後のスタートは体が重いです。
「これからゴールまでかなり起伏ありますよ~~」
との声に、結構余裕こいてましたが、走ってみると・・・無残です。
実はこれまでの上りは、「コンパクトで、これ以上、軽くならない」には入れずにがんばってきたのですが・・・もうヘロヘロ。
―辛いよ~。飯食いすぎたよ~~という独り言も大きくなります。
「お兄ちゃん、笑わせないでよ」と年配の方にたしなめられる。
時速は・・・うわっ、10km/hそこそこ。
そんななか、競輪選手の方が隊列の様子を確認しに、横をズバッと抜いていきました。30km? いや40km/h???
「彼らは人間のエリートだね」というお兄ちゃんの声に納得する。

ただ、ヘタレながらもいくつかの坂をこなしていくと、
腹もこなされ、徐々に坂にも体が慣れてきて、
生意気にも、人をパスできるようになってきます。
でも、予告にいつわりなしというか・・・
短いながらもかなりの激坂の上り、下りが続くんだよね。
沿道の声援、炎天下に立ち続けるスタッフさんや警官の方にお礼を申し上げる余力も残ってません。
「はぁはぁ、いったいどこまで上りがあるんですかね」
「ふぅふぅ、これで終わりですよね」
―いや、期待するのはや、やめましょう。ぜいぜい・・
「そ、そうですね。キッ、キツー」
参加者の間では、妙な連帯感が生まれて来ます。

で、喘ぎに喘いだ結果・・・、
「あと5キロ!」「あと3キロ!!」「がんばって!」
と沿道スタッフさんが教えてくれ、ゴールも近づいてきたようです。
でも、ずっと坂。ほんとゴールの直前まで坂。。。
ようやく、見覚えのあるスタート地点の敷地に入ってきました。
そんなとき、これまでお世話になった先導の指導員の方の集団が、
必死の声援を送ってくれています。
―ありがとう。。。オヤジのグラサンの奥は涙でいっぱいです。
(これ書いている、いまもやばいです)

本当は、両手を挙げてのゴールを思い描いていたのですが、
ゴール時点に段差があったので・・・・
「戻ってきました!!拍手を!!数人の方が片手を挙げてのゴールですね。お疲れ様でした~~」
感動のゴール!なんとか高速グループの中段でした!

1日目:112km(サイコン表示:120.9km)
2日目:116km(同113.2km)
3日目:120km(同122.2km)
このヘタレ、3日間で約350kmを走りきりました!

MCのお姉さん、先導の方、ASスタッフの方、警察の方、自衛官の皆様・・・そして暑い中、長い時間声援を送っていただいた沿道の方。
―私たちよくよく考えたら、趣味で、遊びで走っているんです。
 なのに、こんな私たちのために、、、
 本当にありがとうございました。
 お蔭様をもち、充実した時間を過ごすことができました。

※もうお一方、特別にお礼を申し上げたい方がいます。前泊からの4日間、常に同部屋だったご老人です。第一印象はとても厳格そうな方で、ちょっと緊張してしまいましたが、走行後は一緒にアイスクリームを食べ、宿に帰ると、ビールを飲み、常に行動をともにし、自転車に限らず、いろいろなお話をさせていただきました。聞けば自転車に限らず、マラソンはじめいろいろな大会に出場されている方。大ベテランのアスリートさんです。
―失礼ですが、おいくつですか?
「みんなに聞かれるけど、よ~いわん!歳なんて関係ないやろ」
ええ。ご一緒してて、失礼ながら仲間のような感覚でした。
―ご無礼したかもしれないな・・・
走行クラスが違ったので、3日目の出発時の挨拶でお別れかな…と残念に思っていたのですが、
駐車場で帰り支度をしていると、「よ~!お疲れさん!」
―本当にお世話になりました。お蔭様で楽しい4日間になりました。
「うん。また会えるさ。会ったらまた話そうな」と固い握手。
最後の最後にきて、またまた涙腺が・・・
―是非、またなんかの大会で!
スポンサーサイト

コメント

感動のゴールですね

三日間のレポート 面白くて一気に読ませていただきました。
いろいろハプニング満載で内容の濃かったツーリングでしたね。
海岸線あり、ヒルクライムありの変化に富んだコースも魅力的ですが、やっぱり一番の宝物は同じ目標を共有した人との出会いだったでしょうか。
ずんどこさんのレポを読んで、自分も何かのイベントに挑戦してみたくなりました。

一気に読みました~

ずんどこさん、こんにちはっ。

三日間分のレポを一気に書かれるとはすごいっ。
房総半島というと、沿岸をグルッと走って。。。というイメージしか持っていませんでしたが、バラエティに富んだコース設定ができるんですねぇ~。ずんどこさんのレポを読んで実感できましたっ。

そして、イベントを通しての人との触れ合い。。。良いもんですネぇ。またどこかで、ばったりと顔を会わすことができれば嬉しいでしょうねっ。

是非、ご出場を!

魔王も落車も・・あとで振り返れば、思い出の味付けになったのかもしれません。ただ、実はサドルの件は、ちょっとした後遺症が残ってまして…。
ところで、オビワンさんご指摘のとおりで、佐渡・ちばとたった2つのイベント経験ですが、それぞれに「素晴しい出会い」がありました。自転車に出遭わず、あのまま酒びたり生活を続けていたら、、こうしてオビワンさんとのやり取りもなかったわけで。自転車との出遭いに感謝です。

興奮冷めやらぬうちに、と!

えーじさん、こんばんわ!

私も房総=海(但、マザー牧場除く)という印象だったので、予想外の起伏に、走りながら「詐欺!」とちらっと思ってました(いまとなれば楽しめましたが)。
3日分を一挙に書いたのは、理由がありまして、1つは忘れっぽいこと、も1つは、本日午前中、股が痛くて動けなかったのです。ちょうどサドルがずれてあたっていた部分に大き目のキズができてて、痛くて自由に動けず、安静にしていたのです。午後は仕事にでましたが、いまも時折激痛を感じます。しばらく乗れない・・・なんてことにならなきゃいいんですが・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/131-7b7edaa2


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。