1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨の日は乗らない、暗くなる前に帰る・・・という自転車生活を送っている私。
ロード購入10ヶ月にして、初めて夜のサイクリングロードを体験することになったわけですが・・・
これまでも日の出前に走ることはあったものの、
徐々に明るくなっていくのと、
徐々に暗くなっていくのとは、やはり暗さの濃さが違うんですね。

秩父の入り口を彷徨いながらも、堪能したあと、
自分の実力の範囲内で、帰宅を急いだものの、
秋が瀬橋を渡りきったころには、すでに暗い。
―まだ、6時だというのに・・・
でも、街燈もあり、自動車と併走できる秋が瀬はまだよかった。
しかし、朝霞水門方向に走るためのCRに入った途端。。。
くらい・・・ちょい、いやかなり怖い

シ~~ン、真っ暗です(この画像ほど暗くはないけど)。
サイクリングロードには、街燈がないことを初めて痛感することになりました。

前照灯を頼りに、おそ~るおそるしばらく進んだものの、
少しでも路面状態がいいほうが、と武蔵野線鉄橋のところで上の道へ。
―う~ん。一般道で帰ろうかな・・・
と、しばらく思案していたら、いま登ってきた坂から明かりが近づいてきました。。。ローディーさんのようです。。。あわわっ!
僕の直前で、そのまま土手下に転がっていっちゃいました。
―だ、だいじょぶですか?
「ええ。大丈夫。大丈夫。。」
―まっくらだから気をつけてくださいね。
「はい。はい!暗くなるの早いね~」
幸い怪我はないようで、よかった。よかった。
なんかユニークな人で、普段であったら、友達になりそうだな・・なんて思って話しを続けていたら、んん?この香りは???
「昼からお酒飲んでたんで・・あ~やばいやばい」って。
あ、あんた。言語道断だよ。そんな状態で乗っちゃだめだよ・・・
―どこまで帰るの?(いきなしつっけんどんモードに)
「○○」
―それで一般道走るの?しばらく休んでいってね。じゃ。

う~~ん。困ったお方だ。
(あのあと、ど~したんだろ?)
ま、この人は論外としても、夜のサイクリングロードは危険がいっぱいです。

そのあと、新荒川大橋までの10キロ強を流してきたわけですが・・
まず、猫が怖い!
ライトを方々に照らして、走ってきたわけですが、
突然、キラッと光る、猫の目に驚かされます。
でも、猫はまだ光るからいいんです。
おもに、子供の野球、サッカー帰りの奥様方・・・
ママチャリのライトはちゃんとつけてね。
自分は夜目が効くのかもしれないけどさ・・・
ライトは対向車のためでもあるんだよ。
ただでさえ、車線をはみだして、広がってんだから。
突然、声と姿が現れて、びっくりします。
あと、こちらは非難できませんが、、
夜にラントレーニングに励む方も多いですね。。。
自転車側も性能のいいライトをつけるので、
ランナーさん側も、蛍光色のウエアを身につけてくれるとうれしいです。

しかし、不幸中の幸いでした。
実は、愛車には通常、コンパクトさで御馴染みのTOPEAKのwhiteliteがつけっぱなしになっています。
それが、この日、まさに出発しよう!ってときに、ポロリ!
ゴム劣化で・・・

取り付けのゴムが劣化して、落ちちゃったのです。
それで、念のためと、
―重くて、大きくて使えね~~!
と、普段、文句たらたらだったCATEYE HL-EL510をサドルバッグに入れておいたのですが・・・
かなり助かりました

やっぱりでかいだけあって、走行に困らないくらいには、明るく照らしてくれました。

しっかし、真っ暗なCR走行は精神的に疲れますね。
これから日が短くなると、ロングをすると、帰りは真っ暗になりがちです。しばらくこの大きなライトを持ち歩こうと決意した次第ですが、、
単三乾電池を4本も使うシロモノ。。。重いです。
もう少しコンパクトで、明るいライトが欲しくなりました。
スポンサーサイト

コメント

藁をもすがる思いで。。。

ずんどこさん、こんにちは。

夜の自転車道、怖いですよねぇ~。私もロードに乗る以前、車止めに気づかずにつっこんじゃったり、石か何かでつまずいて転倒したり。。。そんなことがあって以来、夜は昼間のスピードでは走れませんデス。

特に先週末の夜は月明かりも無くてかなり暗かったでしょうねぇ。自転車道ではライトと月明かり、そして荒川の下流ではセンターライン。。。これが頼りデス~。

ビビリました!

えーじさん、こんばんわ!

夜の自転車道。ある程度の想像はしてましたが、予想をこえて真っ暗でした。多少なりとも路面状態を把握している場所だから、走れたものの、ちょっと上流の日暮れだったら、自宅に救助のSOSコールをしていたかもしれません(例の笹目下では恐怖心倍増でした)。月は意識してませんでしたが、新月だったんでしょうか?月明かりの走行・・・怖いけど惹かれるものがありますね。

夜のCRは・・・

こんにちは。
夜のCRは自分も通勤時に走るんですが、
かなり暗いですね。
もう道を覚えているので、問題無く走れるんですけど
怖いのは無灯火のママチャリですね。
何度もヒヤッとしてますよ。
あれだけは勘弁して欲しいものです。

暗がりの中から

おはようございます。
購入10ヶ月にして初の体験。ジテツウをしておられるTakeさんに比べて・・・随分とやわい自転車生活です。
暗がりのなかから、突然、現れる“無灯火ママチャリ”・・・それも“Gメン75”隊列だったりするので、あせりました。ジテツウお気をつけくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/146-373e083e


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。