1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ということで、
昨日は妻のリクエストに応え、馬車馬の如く働き、
なんとか、本日午前中くらいなら休めることに。
―じゃ、11時半には戻ってこようね。

妻の現在の目標は「東京エンデューロ」で、
1周5キロのコース2周を複数回走ることなので、
ほどほどのスピードで、10キロの距離を体に覚えこませようかと。
―まずは自分のスピードで走ってみて。ついていくから。で、ぼくは23km/hから下には落とさないから、なるべくついてくるように努力してね。まずは10キロ強の堀切の坂の上までね。
で、コースイン!

お~!順調です。
軽めのギアでシャカシャカ漕ぎながらも、常時27km/hオーバー。
―すごい、すごい!その調子!
横に並んで、横顔をみると、まんざらでもない顔です。
「ほとんど無風なのに。なんか楽」
―……(いや、妻よ。無風に感じるが、これでも追い風が吹いてるんだよ。荒川の不思議な風が・・)

で、30分も経たずに、第一中継点の堀切に到着。
エンデューロ予備練習なので、10キロごとに休憩も入れてみました。
順調な進みに、本日の妻はご機嫌です!
…おしっ、ロードの魅力を堪能させてやっか!…
―ねぇ、向こう岸を走ってみない?あっちの終点まで行こう!
「うん、行ってみたい」

荒川CR左岸(河口に向って)。
右岸が“荒川ハイウェイ”と俗称を持つようにメジャーな存在であるのに対して、非常にマイナーな存在です。
実際、彩湖から川口のあたりなど、とてもロードが走れる路面ではないのですが、堀切→河口はこれがなかなかの道なのです。
なんといっても、マイナーだけあって人口密度が非常に低い!!
メジャーな右岸は、追い風でも、飛び出しには常に気をつかう必要がありますが、経験上、左岸はめいっぱい好きなように飛ばせます。

―先に行ってみて!
「わかつた。道はまっすぐでいいの?」
―うん。一箇所上に上がるところがあるけど、そんときは追い抜いて誘導するよ。
「あれ?もしかして追い風だったの」
―そうだよ。
「それにしても人も、自転車もいないね」
みるみる小さくなっていく・・・

貸切状態のなかを、みるみるスピードを上げていく妻。
(この写真撮っている僕のスピードが33km/hです)
最後の1キロは、妻を抜きさって、喘いでみましたが、50km/hでちゃいます。
「えっ、もう終点?じゃ、10キロも走ったの?」
―うん。追い風なら10キロも楽だよね。
妻、左岸制覇!


で、帰りは当然、向かい風のなかをのんびり帰ることにしました。
20km/h前後で走ったのですが、
「向かい風は辛いね」とへとへと状態の妻。
そうだ!ついでに、もう1つ練習しておこう。
―2両編成の列車をやってみよう!
「わかった」
―あのさ。10メートル離れてちゃ電車じゃないよ。もっと近づいて!
「こんなもん?」
―もっと近づいて来ないと、風の抵抗もなくなんないよ。
苦労の挙句、なんとか連結が完了し、25km/hで1キロほど列車を形成してみました。
―楽だった?
「わかんない」とのことです。

走行距離 47.3キロ
体重 82.2キロ(体脂肪率24.6%)
スポンサーサイト

コメント

着々と奥様のトレーニングも進んでいますね。
やっぱり荒川は広くて走りやすそうですね。
うわさの彩湖も練習には良い環境みたいだし。
とにかく奥様がロードの楽しさを知ってよかったですね。

平日は人手もなくて・・・

Takeさん、こんにちわ!妻が乗りたいというときに、いつでも走れるようにしとくため、当方の仕事のペースも順調になってきました。思わぬ副産物です。

この左岸ですが、平日の午前中はほんとにほぼ無人です。ご指摘の彩湖は周回コースに適度の坂もあって、練習にはいいッスよ!でも、休日は・・前者は少年野球など、後者はレジャーを楽しむ方が多く、まっすぐ走るのも難しいことも多いです。河川敷と並行する荒サイ下流の弱点ですね。。

荒川の冬の風は。。。

ずんどこさん、こんにちは~。

荒川河口に到着ですか。順調ですねぇ。
先週末ぐらいから変わった荒川の風向き。後はどんどん風が冷たくなるのですネェ(ヒィ~)。

憂鬱度99%。。。

えーじさん、こんばんわ!

はい。これでとりあえず、右左岸の河口は制覇となりました。ちょっと早いかなとも思ったんですが、ぼやぼやしてると、北風がさらに強くなり、復路のひぃひぃ度があがり、妻が自転車嫌いになるかもっと思いまして。
個人的にも「いよいよ、この季節か」とため息がでますが、憂鬱ななかにも「おしっ!」という気持ちが!でも、足・指先の冷たさは・・嫌度100%!!

奥様も

かなり良い感じで走られているじゃ無いですか?
僕の自転車仲間の女子はクロスが多いので
今度ロード奨めてみようと思いましたよ!
親子も夫婦の関係も自転車で安泰ですね!
すんばらしい!!!

実は・・

jinさん、こんばんわ!

妻のはクロスにしようか迷ったんですが、老後にロングを走る姿に憧れて、「ドロップのほうが慣れれば楽だよ。パンクだって思ったよりしないって」と説き伏せました。当初思っていたよりは、抵抗なく走ってくれているので、ほっとしています。
家は親子揃って「浦和レッズファン」という以外、趣向がばらばらだったので、自転車がいい潤滑油になってくれればと思ってます。北海道、沖縄、ホノルル・・親子3人で回れたら最高でしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/158-a5de03b3


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。