1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ねぇ、来週の火曜日に、荒サイ走る?」
先週のいつごろだっけか?息子が尋ねてきた。
―そんな先の話、わかんないよ。仕事の予定も見えないし。
「できれば午前中だけでも走ってほしいんだよね」
―なんで?
なんでも、社会科見学の一環で、荒川ロックゲートまで水上バスに乗っていくらしく、その船を自転車で抜きさるところを見てみたいという。
―でもさ、仮に走ったとして、お前の性格じゃ、父ちゃ~んってみんなの前で呼ぶだろう?
「呼ぶよ。ちょっと自慢になりそうだし・・」
―社会科見学は授業中だから呼んじゃだめ、それに自慢になんないよ。“お前の父ちゃんは昼間に何ぶらぶらしてんの”って思われるだけだよ。

そんな会話があり、ちょっと迷いつつも、仕事の都合もつきそうだし、
社会科見学の様子もちょっと覗きたい気がして、
結局、出かけることにした。
―でも、絶対に発見しても呼びかけるなよ!あと授業中なんだから、外ばかり気にしてんなよ。隠密行動だ。今日は!
「わかった。それと上流じゃないよ。下流のロックゲートだからね」
―はいはい。いってらっしゃい。んん?
なぜか、妻もウエアに着替えはじめています。
本日は有給休暇だとかで、サラリーマンである妻にとっては貴重な練習日です。

で、結局2人で繰り出すことにしたのですが、
本日はなぜか空気入れの調子が悪く、ロックがかからず空気が漏れる。
悪戦苦闘して、適正圧に入れたころには・・・
水上バスはすでに出発している時間。。
―とりあえず、急ごうか!!

堀切のあたりでなんとか水上バスの影をとらえるも、ずっと先。
せっかくの機会なので、ど~せなら到着時の写真を撮っておいてあげたいので、、
―ちょっと飛ばすね。無理してついて来なくてもいいから、自分のペースでね。。と妻を千切る。
ロックゲートまで1~2キロの地点で、水上バスを追い抜き・・
ほどなく妻も到着し、パシャリ!
ふぅ~間に合いました

遠くのベンチに移動して、こっそりと授業参観です。
しばらく様子を観察していたら、水上バスはロックゲートに・・・
―うわっ、いいな~。わざわざ開けて、なかに入れてくれんのかよ。
見ると、付近にはかなりの数の見物人。
「ねぇ、ちょっと行ってみない」
―そうだね。あれだけ人がいれば、まぎれられそうだね。

人にまぎれて、息子発見!
―ほ~、まじめに人の話を聞いているようです。
―おっ、友達と戯れ始めた。
ま、楽しげに学校生活を送っているようです。
しばらくすると、、
いいな~父ちゃんも乗りたいよ。。。

旧中川のほうに消えてしまい、参観日終了!引き返しましょう!!

・・・。往路でも感じていたのですが本日は足が回らないのです。
おととい、180Kを走った影響なのか?足がいつもにも増して重い!
風はどちらかというと追ってくれているのに・・・
それに比べて、妻は快調みたいなので、ちょっと屈辱の台詞。
―悪い。先、行ってくれ!あとから追いかけるから。。。
あっという間に、妻は行ってしまった。姿もどんどん小さくなっていく。。。ま~ど~せ、すぐにヘタって・・・来ない。ついに姿が見えなくなってしまった。
ちょっと気合を入れなおし、32~33km/hに上げるも、姿見えず。。
重い足に、鞭入れて、40km/h超に・・・
1キロほど漕いだか・・ようやく姿を確認。
限界なので、スピード落とすと、また遠のいていく。。。どうも35km/h近くで走っているようです。一発鞭入れて、前にでる。
―は、速くなったね~~。
「そう?風があるから、意外と楽だよ」
―ぼくはだめだ。今日は限界。
で、ずっと先になるかなと思っていたことを妻に頼む。
―も少しスピード落として、ひいてくれないか?
こんなに早く来てしまった。妻が引く時速30Kの列車の2両目に乗車。

お礼に「さくら」でランチをご馳走して、帰還。
走行距離 42.0キロ
体重 81.4キロ(体脂肪率:24.6%)
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
もう夫婦電車が組めるほどなのですか?
奥様の上達振りは目覚しいですね。

こうなったら、早く息子さんにも自転車を与えて、
親子3両編成の電車を走らせてくださいね。

3両編成は夢ですが・・・

Takeさん、おはようございます!

妻、たしかに平地、道広、真っ直ぐの荒サイではなかなかの走りをするようになりました(上から目線)。平地を走るときの自分なりのギアポジションを見つけたようです。ただ、現時点では追い風時先頭限定の列車です。私に対する信頼感が薄いためか(?)、一瞬は後ろについても、コワイと言って、すぐに離れていきます。
3両編成は夢なんですけどね。。。今年はばあちゃんを抜き、まもなく妻を抜き、2~3年後には私もと、すくすく上に伸びてる段階なので、、自分用はもう少し我慢してもらおうかと。ただ、いま息子が乗ってるエセMTBも早晩ちっちゃくなるでしょうから、次のはいろいろと考えて選択しようと思ってます。

手強いですね

ウーン、奥様の進歩ぶりは尋常とは思えないほど早いですねー。
恐れていたことが案外早く現実となったのでは(笑)
こうなったら、一刻も早くお山に連れて行くしかないですよ。
ひょっとしてそっちでも千切られたりして(爆)


ゾ~~~ォ

オビワンさん、想像するだけで怖い映像が頭から消えません。名栗湖直前をよろよろしている横を・・すうっ・・なんてことにでもなったら。。。

昨日はこちらの足が回らないうえ、弱いながらも追い風があったものの、引いてもらった事実は消えません(泣)。いまのところ、CRの入り口などの坂には滅法弱く、坂になるとポツンと後のほうで喘いでますが、なんせあちらには、“エンジンが軽い!”というアドバンテージがありますから、、、コワイです。

荒川が生活の。。。

自転車に乗って授業参観、楽しそうですねぇ。
私もそうですが、走りやすい荒川が生活圏にあるっていうのは良いですよねぇ、今更ながら。。。

奥様も大分ロードに慣れたようで、自転車道オンリーならもう、お一人でも走れそうですねっ。

10年がもったいなくて・・・

えーじさん、ロックゲートを通過した息子たちが羨ましかったです。それにしても・・こんなに荒川が近くにありながら、まったく利用しなかった10年がもったいなくて、これからせいぜい走りまくって、利用しつくしてやるつもりです。
確かに妻は自転車道だけならもう大丈夫だと思います!ただ、いまだにパンク修理を教えてないんですよ~。こないだの台風のときにでもやっとくべきでした。休みの日に天気がいいと、どーしても走ってしまいます(笑)。

素敵な授業&授業参観ですね。
荒川のロックゲートって一般でも体験できるんでしょうか。
ちょっとググってみようっと。

たしか・・

hirotoさん、普段の様子が垣間見れて、お忍び参観はなかなかよかったです。が、後日談。
―父ちゃんと母ちゃんがいたのわかった?
「えっ?いたの?知らなかった。探すの忘れてたよ」
まったく、あれほど「来て!」と懇願したくせに、きょろきょろもしてくれませんでした。

詳しくはHPを!ですが、たしか船さえあれば無料で利用できたような気がします。あと、たま~に通過できるイベントをやってたと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/162-285a3eb5


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。