1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この週末は、高校からの悪友4人で、ツーリングを楽しんできました。
当初の予定は、2泊3日のゆったり計画でしたが、
40過ぎのオヤジ4人。それぞれの生活があり、、
「2日の晩まで、海外出張だ」
「2日は明け方まで仕事。3日夜の合流がやっとだな」
んん・・・この歳になると、計画の遂行は難しいです。

3日早朝、前夜に帰国したオレンジャー君をマイカーで拾いに行く。
行きの飛行機で風邪をもらったらしく、体調も悪そうです。
―おはよ。大丈夫か?
「おー、治りかけてる。なんとかなるだろ。辛かったら引き返すよ」
目的地は、津久井湖城山公園の無料駐車場。駐車場のオープン時間は8時なんですが、行きゃなんとかなるだろうと、7時に待ち合わせ。時間通りに、もう1台と合流するも、駐車場はシャットアウト状態。しばしパーキング探しに彷徨うも、再び、城山公園前を通ると、まさにオープンの作業中。幸運にも7時15分に入庫完了です。「幸先よさそうだね~~」
右に見えるは津久井湖です。初日は3人で出発!

さすがに朝まで仕事してた仲間の参加は無理なので、
初日のメンバーは、+キレンジャーの3人となりました。

出発間際に、キレンジャーよりブツを渡される。
本日のルート地図には、分岐点と千切れたときの合流場所がマーキングされ・・・、も1つのブツは高性能トランシーバーです。
「ほい、これ。本体をバックポケットに入れて、イヤホンを片耳に入れといて」
全体的に上り基調のルートのため、どうしても千切れが予想されるため(1人は帰国直後+風邪気味だし)、これで連絡取り合おうとのこと。
「めんどくせ~。携帯でいいじゃんよ!」とオレンジ&ブルー(私)。
「携帯通じない場所も多いよ」と唯一の道志みち経験者のイエロー。
(イエロー君、いろいろ文句をたれましたが、われわれのツーリングは、ひとえにあなたの企画準備能力に支えられてると、帰りの車のなかでオレンジ+ブルーはあなたを褒め称えました)

さ~て、出発です。
本日のルートは、序盤に2箇所の分岐(三ヶ木左折、青山右折)がある以外はず~~~っと道なり。迷子になる心配はほぼありません。
前半は上りといっても、なだらかなので、ばらけることもなく進みます。ちょっと気になるのは、咳。。オレンジャー君、やはり体調はあまりよくなさそう。。。
―大丈夫か?
「おう!いまのところな。しかし、噂どおり、いい道だな」
ほんと国道なのに、車の通行もそれほど多くなく、快適に走ることができます。
そんなことを思っていたら、往路には珍しい待望の下りが!
でも、下りがあるということは、さらに急な上りが控えているということで、下りきったところにある道志川沿いのお店でお饅頭休憩です。
まんじゅう休憩

饅頭とてもうまかった!漬物までサービスで食べさせてくれて・・
「夕方、また寄るね!」

さぁ、進行方向をみてみると、、、
ここから若干、勾配がきつくなります・・

イエロー曰く、「こっからが道志みちの醍醐味だよ」とのことなので、各自自分のペースで上ることにしました。

先のことを考えずに走ってしまうタイプの私が自然と先頭になり・・
ずうっと、いい眺めなのです!

秋の景色に我慢できなくなり、写真を撮っていると、
ほどなく、イエローがやってきて、しばらく2人で走る形に、
う~~ん、サイコーの道だね。ここは!

後ろのオレンジャーからもトランシーバーを通じて、
「サイコーだね。この道は」と元気な声。
そうたいした時間差なしに合流場所の「道の駅どうし」に入ってきました。

はい。いよいよです。
本日のメインディッシュ「山伏峠」に突入です。
確かに斜度がちょっと上がった感じ!?でも、斜度がキツイというわけではなく、ひたすら上り続けるっていうところが、ちと辛い。
週末なので、われわれのほかにもローディーさんが多く、
「こんちわ!」「がんばりましょ~」・・いい雰囲気です。
ちなみに、抜くこともありますが、抜かれるほうがやっぱり多かったです。
―まだまだだな~。もっと練習しよう!体重落とそう!!
と、思いながら喘ぐ・・・んん!?イヤホンから聞こえるのは・・?
「♪き~ぼう(以下、略)♪」
われらが出遭った母校の校歌じゃん!やつらも格闘してるよ~です。
―がんばってるか?
「お~!」
なんか、トランシーバー持って走るのも面白い。
でも、上ってる最中に笑わせあうってのは、弊害か???

で、着きました!頂に!!!!
山伏トンネルとうちゃ~~く!!わ~~い、またまた一番だぁ!!!

―着いたぞ~~!距離の目安は僕のサイコンで○キロ表示です。がんばってくれ!と励ましてやる。
頂上付近で小休止をしていたブルベ参加者と話していたら(ブルベ参加の勧誘受けるも・・300Kとか、600K走るなんて、とてもとても)、
まもなく腰痛発症のイエローも、体調不良のオレンジャーもやってきました。
「おつかれ~~、いい道だったな~~!!!」

さぁ、ここから下れば、いよいよ山中湖です!!

つづく。
※せめて初日の道志みち往復までを「その1」としてまとめようと思ってましたが、本日はPCと回線の調子がおかしくて、妙に時間がかかるので、まずはココまで。
スポンサーサイト

コメント

恐るべし

モチベーション高いですね。
道志みちの山伏峠は、聞くところによると、たいそう登りが長くてキツイとか。
そこが病みつきになってしまいそうとは......
ウーン、もうすっかり坂バカかドMのどちらかですね(笑)

あんまし気張らなかったので・・

オビワンさん、坂バカ&ドMの入り口に立っているのは、お互い様のような気がしますが・・・、本道はあくまでもまったり道です!
山伏はうねうねせずに、ほぼまっすぐにたらたら上るので、たしかに斜度の割にキツク感じる道ですね。ただ、私のように、ゆったりスピードで上る分には、上るのはそう難しくない道です。途中、すごいスピードで抜かれ、一瞬、ついてこうと踏ん張ったんですが、あれよあれよと姿が消えていきました。世の中、人間離れした方って多いです。坂バカの道はまだまだ遠しです。

秋の道志みち~

ずんどこさん、こんにちは。

道志みち、秋の行楽シーズンも走りやすくてよさそうですねぇ。富士に向かう道なので、秋は紅葉を見に行く車が多いかな?と思っていましたが、ずんどこさんのレポ見て行きたくなってしまいました~。

それにしても、無線通信とは楽しそうですねぇ。ツールっぽくて格好良いです。(^^)

山伏峠が病みつきになりそうとは、恐れ入ります。
自分はああいったダラダラした坂は嫌いです。
いっそガツンとした坂の方が好きですね。

それにしても、よい景色の中楽しく走れたようで、何よりです。
レポート後半を楽しみにしていますね。

不思議なんですよね

えーじさん、お疲れ様でした!

それが不思議なんですよね。富士周辺は確かに首都圏ナンバーの車であふれているのですが、道志みちの交通量は多くなかったです。ただ、次回帰路編で触れますが、夕方の津久井湖近辺は大渋滞でした。なので、もしかしたら運が良かっただけなのかな・・という気がしないでもありません。
無線通信はいざというときに役に立ちそうですが、回りからみると、単なる独り言オヤジなので、やり取りの最中、抜き去っていくローディさんに「何ですか?」と聞き返されちゃいました(恥)。

病みつきは道志みちであって・・

Takeさん、病みつきになりそうなのはあくまでも道志みち全体であって、山伏峠はあるから仕方ないやって感じです。やっぱりだらだら~は嫌になります。ただ、季節がよかったのかもしれません。イエロー君曰く、夏にチャレンジしたときと印象が全然違ったそうです。
レポート後半。記憶鮮明なうちに上げたいのですが、帰宅してみると、やっぱり自宅PCがご機嫌ななめでして。。。まぁ、期待するに値しない内容ですが、アップできた暁には時間つぶしにご利用ください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/166-90b3db5a


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。