1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱり運動をしたあとのビールは格別ですね。
ついつい杯が進み、ほろ酔い気分で、このまま寝床につきたいところですが、
日曜日は終日仕事なので(泣)、深夜になりますが、イベント参戦記のアップとなります。

ほぼ予定通りに、会場となる昭和記念公園の駐車場に着いたものの、
私の愛車の後輪がなぜかはまりにくかったり、
初イベントに緊張気味の妻のトイレが近かったり、、
なにより、駐車場と参加受付の距離は自転車使えばすぐなのですが、
家の総監督をつとめる息子は今回、歩きなので、とお~いのです。
―移動用のランボルギーニも積んでくればよかったね。
「受付間に合うかな~~」
―急げ、急げ~~~、走れ~~~
で、なんとかスタートギリギリに到着。急ぎ受付し、ゼッケンをつけ、タイムタグをつけ、
第一走者の妻が車列に加わったのが、スタート2分前。
イレギュラーなウォーミングアップとなりました。

はい。第一走は妻です。
最初の1周は追い越し禁止のローリングスタートということだったので、
それほどスピードもださないだろうから、イベントの興奮を味あわせてあげようかとっ。
で、なんとか間に合い・・・よ~~い、どん!!!
かあちゃん、初レースのスタートです!駐車場から受付までのなが~い小走りがウォーミングアップ?

がんばってね~~~
13分ほどして車列が帰ってきました。妻もしっかりと走っているようです。
で、2周目からがいよいよ本番のスタートとなりますが、妻が1周(5キロ)をどんくらいで走るのかは、知っとかなきゃいけません。ストレッチしながら待機。。。
戻ってきました。12~13分というところでしょうか。
「ねぇ、とうちゃん!かあちゃんいきなりへたれてない?」
―トップ集団と比べたらかわいそうだよ。なんせ初めてのレースなんだし・・・
「そうだね。がんばれ!がんばれ~~」
―自分のペースでね~~!

あっ、今回、わがチームは、悪友から借りたトランシーバーを装備しています。
・主に応援のツールとすること。危険なので選手は答えないでいい
・予定周回(妻:2周、私:3周)を走れそうもないときは、選手が安全な場所から連絡すること
「がんばれ~~」「へたってもいいぞ~」

息子と2人、そんなやりとりをしていたところ・・・「ずんどこさん?」
―えっ?…は、はい。。。
リンク先のTakeさんが応援にきてくださいました!
初対面となります。うれしいものですね~~。
でも、すみませんでした。あんまり十分な会話ができず。立て込んでいまして。

で、最初のローリング周を入れて、3周回り、いよいよ今回の脇役・私の出番です。
―妻、がんばったね!
「・・・ぜいぜい・・・うん・・・はぁはぁ」
うおっ!?コースがいいのか、結構回せる感じです。
サイコンをみると、出足から37~38km/h。
遅い集団のなかのスタートだったので、みるみる抜かす、抜かす。
―うん、いいぞいいぞ、おれ。
コース半ばあたりで、すでに先頭集団と思われる集団が後ろからせまってきます。
―おし!ついてってやろ!
ゼッケンが番号でなく、お名前。。。招待選手の方々も見受けられます。42、43、、45km/h。
―すげぇ~~、でも後ろだから結構楽ちん!このままいっちゃおうかな~~
ピット前を快調に通過!

 ↑  ↑
Takeさん、使わせていただきました。なんせ家のカメラマン(総監督)はオヤジの写真を1枚も撮ってません!ったく・・・

で、2周目の途中くらいまで高速集団についていきましたが、このペースはいくらなんでも速すぎて、最後までもたないよな~~。途中で妻が走れなくなるってこともあるわけだし・・・という逃げの口実をみつけ、離脱。
35km/h前後を本日の自分のペースと決め、単独走しながら、適当な列車があれば、乗っからしてもらう作戦をとることにしました。
このまま走れ続けられそうだな~と思いながらも、規定の3周を終え、再びバトンタッチ!

とりあえず、トイレを済ませておくことに。
トイレ後、ようやくTakeさんと別れ際のお話をすることができました。
「がんばってください」(本当にありがとうございました)
―ところで、息子よ。いまトイレで片山右京と連れションしたぞ。挨拶もしといた。
「えっ!右京って、F1の?いいな~~」

はい、交替です。
―妻、ご苦労さん!
あっ、Takeさんの後姿写真を撮り忘れちゃったよ、とブロガーらしいことを思いつつ走りはじめて間もなく・・・あっ!!!!
―とうちゃんです。手袋はめ忘れました。どーぞ・・・
「え~!」
―とりあえず、次ピット入るから、探しといて!
これが・・・寒い!!やっぱ12月は冬です。こごえそうです。
なんとか目標ペースでピットにたどり着き、
―手袋は?
「見つからなかった。1周走るから、その間に自分で見つけて」と男気のある妻です。

妻によると、
「あの1周から辛くなったよ。なんせほとんど休憩せずにでたんだから!」
ごめんなさい・・・

で、2時間エンデューロの方々のレースが終わり、コース上には4時間の選手のみとなり、
単独走の機会が増えてきましたが、
あいかわらず、平均時速は35km/hを維持できています。
休み、休みのリレー形式のおかげでしょう。

そうしているうちにも、3時間が過ぎ、残り時間を気にする必要がでてきました。
ともかく妻にゴールをさせてあげたかったので、
ピット締め切りとなるゴール15分前直前に妻にたすきを渡すのが、私の使命。
私の担当周。。。ゴール24~25分前にホームストレッチを通過。
―う~ん、妻。相当疲れてるみたいだから、30分近く走るのは無理そうだよな。でもこの1周を10分切って戻ってこれるかな・・・僕も相当、疲れて、ペースも落ちてきてるけど・・・
でも、とりあえず、最後の喘ぎをがんばってみることにしたところ、
ぎりぎりセーフですというか、スタッフの方がちょっと多めにみてくれました。
―さ、ゴールだよ。ゆっくりでいいからテープ切ってきな!
私の計算では、へたった妻が15分かかって戻ってきて、終了のはずでしたが・・・
なぜかこの周の妻は速かった。おまけの1周追加です。
そして、、、
4時間経過!!

長いようで、あっという間だった4時間がすぎ、
10分ほどして、
がんばったね!!!

妻の姿が見えてきました。
「おつかれさま~!がんばったね~~!!」

で、表彰式、抽選会というわが家には縁のない会がはじまろうとしたところ、
何を思ったか、息子がツカツカと歩き始めました。。。
「あの~、握手してください!」
レース中の父ちゃんの話に根を持っていたようで、うらやましくも、
 ↓  ↓
右京さん!ありがとうございました!!

 ↑  ↑
このお方に握手を求めにいき、「おう!」と気軽に応じてくださりました。

さて、わが家の結果ですが、ペア出場の部では半分くらいの順位でした。
ぼくが走ったのが1時間48分ほど。
妻のほうが長時間走ったことになりますね。
距離は2人ともほぼ変わりません。60キロ前後でしょうか?
―感想は?
「楽しかったよ!」
―息子はどうだ?
「来年は僕もでたいな。僕とかあちゃんがチームを組んで、父ちゃんはソロで出るっていうのはどう?」
―うん、名案かもしれないね!

長いエントリーになってしまってすみません。
でも、本当に思い出深い、楽しい1日となりました!
噂には聞いてましたが綺麗ですね!
スポンサーサイト

コメント

奥様もしっかりと走られて、楽しまれたようですね!
ご家族皆さんで、お疲れさまでした。

>僕とかあちゃんがチームを組んで、父ちゃんはソロで出るっていうのはどう?

という事は、自転車がもう一台...(笑)
炭、いっちゃいますか!

無事完走おめでとうございます!
ご家族での参戦記楽しく読ませていただきました!

僕は正直言ってエンデューロとか
順位や早さを競ったりするレースっぽいのは
全く興味無かったんですが
家族で参加できるこういうやつはイイな~なんてマジ思いました

ずんどこさんはもちろん、奥様も凄いですね!
息子さんも男の子!お父さんに負けじと
右京さんの握手求めるところは非常にほほえましい!(笑)

ずんどこさんの家の様に自転車を楽しむ家庭がもっと増えるといいな~!

炭、ほしい・・・

hirotoさん、はい!楽しんできました!!

昨日、レースを観戦していて、「ピットで自転車を買えるの作業」が非常に無駄に感じたんだそうです。なので、「かあちゃんとぼくがチームならTREK1台を使い回せばいいんだから」という“勝つための作戦”みたいです(笑)。でも、この2人は非常に非力なので、自分たちだけではサドルの高さを調整するのに時間がかかることを知りません。
炭はやつがGIOSに乗れるようになるまで我慢、がまん。

私も本格的なレースは・・・

jinさん、家族連れがたくさんいたり、かぶりもの系の方もたくさん走っている微笑ましい大会でしたよ。反面、招待選手の方々の鬼のような速さを肌で感じ・・わたしゃ、やはりまったり系で生きていこうと確認する機会にもなりました。
イベントについては、出不精(デブ症?)の私はそういう機会でもないと、荒サイオンリーになりそうなので、いろんな土地に触れ合うきっかけと思って、ロングライド完走系にでています。で、でてみるとクセになってしまいます。来年はタイム度外視でお山系にもでてみたいな~とひそかに思っとります。
片山さんは、失礼な息子に本当にやさしく語りかけてくれて、お忙しいのに申し訳なかったです。
―どうだった?
「ごつい手だったよ。なんかねオーラもあった!」
といまだに興奮してます。
「ところでさ、右京ってシューマッハの友達だよね。ということはシューマッハと間接握手したわけか、すごいな僕って、しかもサッカー選手にも友達が多いだろうから・・・」と変な連想ゲームをはじめています。。

来シーズンへのステップになりましたねぇ~

ずんどこさん、お疲れ様でした~。

先頭集団に付いて行けるとはスゴイっ。
奥様もゴールシーンの写真を見ると「風」になっていますねっ。
息子さんも「シューマッハのお友達」と握手できて満足っ!
ご家族みんなで思い出深いイベントになり何よりですっ。

これで来年、ずんどこさん一家はさらに自転車にはまって行くんでしょうねぇ~。(^-^)

d(>_< )Good!!

健闘、なにより無事完走おめでとうございます!!
奥様も満足&息子さんもやる気↑
いい事ずくめでしたねぇ~

炭だけは一足お先に~ダッシュ!((( 三( -_-)

昨日はお疲れ様でした。
息子さんが物凄く走りたそうな顔をしていたので
ぜひ来年はライダーにしてあげてくださいね。

一番信じられないのは自分で。

えーじさん、ありがとうございます!

ほんの5キロほどの距離でしたが、40km/hオーバー巡航なんて初めての経験で、サイコンの数字に自分でびっくりでした。それも不思議なほど楽で…。もしかしたら、昨日が初の列車体験だったのか?あるいはコース全体が下り基調だったのか?独り走になっても比較的35km/h維持ができたところをみると後者だったのではと睨んでいます。実際、目に見えた上りは短いのが3箇所くらいほどの走りやすいレイアウトでした。
はい、一家でさらに自転車にはまりたいです!!

敬礼のおかげかとっ

まかだまさんの敬礼はじめ、みなさんのおかげで、楽しい1日を体験させていただきました。あと幟とペイントの前宣伝効果はありましたよ!幟のほうは「まさか出してないよな…」と後半のなかだるみを脱却する心理面で絶大でしたし、ペイントのほうも「まさかね」と思いながらも進路の路面状態の把握に有効でした。感謝です!

ところで、前のえーじさんへの回答で重要なことを書き忘れました。えーじさんの指摘する妻の「風」は4時間時計表示の写真だと思われますが、あれは他人です。妻は次ののどかに手を振ってる写真です。いま見たら確かに同じようなサイクルウエアですね…。携帯の荒い写真がなせる業ですが…妻のためには明らかにしないほうがよかったかな???

重ねて感謝。

Takeさんの言うとおり、ほんとに物凄く走りたそうで、少し可哀想なことをしちゃいました。

妻の目を盗んでTREKを拝借したのが、たしかイベント申し込みの直後だったので、その時点では息子の出場なんて考えもしなかったので。。。でも、ちっちゃいローディーさんの健闘を目で見たことで、「お~しっ!」という気になってくれたようだし、片山さんと握手というお土産もできたし、Takeさんにも会えたし・・・連れてったこと自体は正解でした。

無事完走おめでとうございます

エンデューロ参戦お疲れさまでした。
参加された方に聞いたのですが、速さも目的も様々な方が参加されるので結構走りにくかったとか。
それにしてもずんどこさんファミリーのチームワークお見事です。
これを機に来年は家族みんなでどんどんロードにハマっていきそうですね。

ピット以外は・・・

オビワンさんも強風のなかのロングお疲れ様でした!

確かに前半戦は混雑気味で危ない!と感じる場面もありましたが、ぼくは、妻がちょうどよい頃合のグループでいつもバトンタッチしてくれたのか、案外とスムーズに走れました。あと2時間に出場の方がゴールしたあとはかなり快適に走ることができました。ただ、狭い空間なので仕方ないですが、ピットが混雑気味で走り出しは常に怖かったですね。
このまま順調に、ロードが共通の趣味になってくれたら、本当に素晴らしいですね。
しかし早い人って、女性にも、子供にもいるもんですね。中だるみの際、どうみても小学生の女の子のお尻についちゃいましたが、その子、常に30km/h台後半で上位入賞してました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/193-0fa1ba72


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。