1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お仕事飽和状態で、
自宅-仕事場の往復時間ももったいない、
ということで、昨日以来、冬の仕事定位置である自宅リビングこたつに根をはやし、
気がつけば、本年初の完徹となりました。

連続15時間ほどにわたるカタカタ作業もお昼前にようやく終わり、
―ふぅ・・・
当初の予定では、走っちゃう!予定でしたが、
眠いし、寒いしで、かんたんに断念。
かといって、新たな仕事に取り組む気力も、体力もないので、
13時。ひさ~しぶりに寝室に向い、寝ちゃうことにしました。

zzz・・・

「父ちゃん!車で連れてって!」
気がつきゃ、横に息子がおりました。学校から帰ってきたようです。
―わり~ねむいんだ。
「スイミングさ。車で連れてってよ」
いつもは、1人電車に乗って2つ3つ先の駅まで行くのですが、
帰宅後、爆睡オヤジがいたので、楽をしたくなったようです。
たまにはいいかね。今日は進級試験だというので見てみたいし。。。
―ちょっと仕度するから待っててくれ

で、車走らせ、スイミングスクール着。
「じゃあ、ねぇ~~」
親といるより、友達といるほうがいいんでしょう。さっさと行ってしまう。
でも、いいんだ。スクールの近くにはスポーツ自転車専門店があるので、
独り物欲を刺激されに行く(本日はゲット物なし)。
で、早々と引き上げて、今度は銭湯に。
息子が通うスイミングスクールの裏手には、ごくふつ~の銭湯がありまして、
たま~の送迎の際には、必ず立ち寄る習慣となっています。
だから、出かける前の仕度というのもタオルとシャンプー、石鹸の用意。

いいですよね~銭湯って。
徹夜明け、仮眠後の疲れた体には応えられません。
―ああああ~きもちい~~って思わず、声もでます。
とくに、早い時間の銭湯じゃ、40そこそこの私なんて、若輩者で。
ジイサマたちの武勇伝にお付き合いするのも、また一興。
―あああ・・・疲れが抜けていく。。。
あたたかい湯船が名残惜しいですが、そろそろ進級試験の様子を見にいかねば!

すると、スクールの前で妻とばったり。
なんでも、仕事帰りに先ほど行った自転車屋さん(妻のTREKを購入した店です)に立ち寄り、チューブの補充と(この店は650Cを常に常備してくれています)、佐渡出場の報告に行ってたんだそうです。
で、そのまま2人でガラス越しに息子の試験鑑賞。
うん、なかなかいいでないかい・・・
泳いだあとの息子の感触もよかったようで、笑顔です。
―どうだった?
「ブイ!」
―ほ~よかったね。
しかも、差し出す手のひらには昇級のしるしのバッヂが2つ。
「なんかね。試験の後、先生にもう一個上の級も泳いでみればって言われてやってみたら、受かっちゃった」
お~、このスクールでは珍しいと聞く、飛び級合格! おめでと~!
息子はどちらかというと、運動が・・・なので、めでたいことです。
スポンサーサイト

コメント

d(>_< )Good!! 息子殿!

さすがにずんどこさんと奥様の
血を濃く受け継がれた息子さんの事だけはありますな!

ずんどこさんも
父として寒さに負けちゃ
(>< )oダメーo( ><)oダメーo(><)oダメー!

ありがとです!

本来、泳ぎなんて習わずに覚えろよ!というくすぶる思いと嫉妬心は置いとくことにして。。。
さすが習っているだけに、4泳法自己流の私に比べて、綺麗な泳ぎ方をします。昨夏までは3泳法ともぶっちぎってやりましたが(まだバタフライはできないみたいです)、今年の夏は背泳ぎと平泳ぎはやばいかもしれません。くやしいので、今年はスイムも早めにヒソ練しようかと思ってます。
もちろん、自転車は仕事が一山越えたら、乗りますぞ~~!!

トライアスロンデビューですか

スイムも極めたら、トライアスロンですね。ずんどこさんのご家族ならみんなで出れそう。
うちの子供たちも、小学校低学年の頃にスイミングスクールに通っていましたが、その後は泳ぐ機会が少なく、かつて覚えたあのスキルはどこへいったんだ、という有様です。

め、滅相もない。

55号さん、お久しぶりです!
泳ぐのは好きなのですが(ばっちい泳ぎですが)、と、トライアスロンなんてとんでもないです。現状では1キロもランできませんし、この体で走ったら膝と足をやられちゃいます。ただ、とお~~い将来の目標として、ちらっと考えていたりして・・そのためにも体重減目指してひたすら漕ぐべしです。ちなみに妻はこの壮大な夢には間違っても付き合うことはないでしょう。

息子ですが、、私が「人間なら自然と泳げるはず」という考え方の持ち主で、スイミングには行かせなかったのですが、学年を経ても一向に泳げる気配なしで、水泳帽の色はいつもビリのほう・・それで本人が行きたいというので、少し可愛そうになって信念を曲げて通わせている次第です。上手な人に教わっているせいか、ほんと綺麗な泳ぎ方をするので、いつか教えてもらおうかと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/218-8dcb5f84


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。