1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろと自転車イベントにエントリーしておりますが、
実は、もっとも不安を感じているツール・ド・草津まで1ヵ月を切ってしまいました。
タイムが計られる、初のヒルクライムイベント。
―除雪された雪の壁のなかを走ってみたい!
という出来心でエントリーしてしまいましたが、やはり、走るからには、足つきなしで・・、いや少しでもいいタイムで・・・というのが人情で。

そのためには、練習あるのみ!なわけですが、、、
焦燥感から始めた「朝走り」も、本日までに1回きりの惨状。
午前中に、ほんのちょっとした仕事ができてしまう。
休日の昨日は、もともと出張だったので、「雨」でかえってほっとしたほど・・・。
(走る予定だった方には、申し訳ないですが・・・)

さて、昨日はお彼岸。
例年は、家族全員で、父や祖父母が眠るお墓参りにいくのが常なのですが、
母も、妻も、めずらしく休日出勤。
で、私も。。。時間があったら、家の宗派の総本山である知恩院にでも行こうかね、の思いを胸に、朝早くから京都に向うも、
案の定、そんな時間があるわけもなく、7時くらいまでみっちりお仕事。
せめて、早咲きの桜でも拝めたらな~~とも思っていたんですが、
仕事地がちょっとしたお山ということもあってか、蕾もかたく閉ざされた冬の様相。
でも、
朝の駅(あ・・京都駅、あぜにあんな風情に…)でいきなし舞妓さん?に遭遇できたり、
目的地に向う電車のなかでも、
和服姿の美女の方々や羽織袴を着た学生さん(卒業式?)が多く、ちょっと京都気分を味わう。
(しかし、和服と携帯電話って、、アンバランスですね)
そんななかには、思わずカメラを向けたくなる方もいらっしゃいましたが、
私にはとても撮影を頼む度胸がないので・・・帰りに、駅でこいつを撮ってきました。
京都コンコース


一泊しようかとも思ったんですが、ある思いあって、夜の東京駅に帰着。
ある思い・・・って、朝走るだったんですが・・・・雨じゃんよ。
この土日は、どちらかはたっぷり走りたいもんです。
―あ~、早くサイコン、返ってこないかな・・・
スポンサーサイト

コメント

大会までに。。。

ずんどこさん、こんにちはっ。

草津、心配されてますねぇ。富士スバルラインを完走される実力をお持ちなら、大丈夫だと思いますよ~。

でも、シーズン最初のヒルクラレースですので、体を坂に慣らしておくことは必要カモ。できれば大会前の週末、さらにもう一回ぐらい、車載して峠の近くからスタートしてみては~?西平から登る刈場坂峠ぐらいの傾斜が「仮想草津」になると思います(いや、刈場坂の方がきついカナ)。残り1/3は草津以上のきつさになりますが、そこら辺はまだ残雪で走れないカモ?

今年は寒かったので、見事な「雪の回廊」を走れそうですねぇ~。(^-^)

レースも受験も

直前は無理しない、が鉄則ですよ~。
短期間でタイム短縮を目指すなら、体のケアとポジションやペダリング等技術的なトレーニングが吉かと…。
後はヒルクラが得意な人の背後について、ペース配分を学ぶとか。
結構テクニックで何とかなる部分も多いですよ。
無理せず頑張ってくださいね!

車載か・・・!

えーじさん、まだ見ぬところって、怖いです。そういえば、昨日新幹線乗ってて、伊吹山って、どれだろう…と探す、自分がいました。そろそろですね!がんばってください!!
そうか・・・車載か。忘れてました。採用させていただきます。物見山あたりに停めて、梅林で妻を待たせて、私は奥までという企画もいいかもです。ところで、刈場坂峠は白石の看板を曲がらずに、まっすぐ行けばわかりますかね?あとでそちらにうかがい順路の勉強をしようっと。

な~るほど。

row_kumaさん、アドバイス感謝です。
技術的なトレだとそれほど時間もかかわずにできそうですね。ただ、ヒルクラ得意な人の背後か・・・そこを千切れずについていけるかが大問題だったりします。手ごろな人材いませんかね???

何のアドバイスも出来ませんが.....

ヒルクライマーでしたら、先にコメントいただいているお二方が恰好の先生ではないですか。
千切れずについていくのは相当大変そうですが(笑)
タイムよりもまずは完走目指して頑張ってくださいネ。


たしかに・・・!

オビワンさん、日程が迫り、乗れない状態が続き、危うく自分を見失うところでした。タイムの前に、足つきなし完走という壁があるのでした。
で、もちろん前のお二人のアドバイスは参考にしますが、お背中を拝むなんて無理っす!そういえば、最近、ローラー台効果で好調な方がおられましたが、その方に照準を絞ろうかしら??

そうそうw

らんぱぱ組に入ってオビワン兄貴の背中を追うのが
一番です!

明日は仕事ですので(泣)
日曜にマスターはコースを選定しておられまするぞ!!
さぁ、ずんどこさんも!!

ロックオン!。。。も

まかだまさん、
最近、走れていない私にとっては、自称Bチームのお二人の背中も遠そうです。
とりあえず、明日は午前中に保険の意味でちらっと走った後、仕事し、目処がつけば告知みて、ドタ参しようかなという気はあります。
ただ、来週以降は、山の孤独の心の鍛錬のためにも、地道にロンリーライドしようかなと考えとります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/248-bb6840d2


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。