1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完走後に家族で浸かった草津の湯(大滝の湯&地蔵の湯)が効いたのか?足の重みはそれほどでもありません。
―しかし、結果は別にして、楽しかったな・・・
それでは、初のヒルクライベントから一夜明けて当日レポをば。

早朝の快晴の空はどこへやら・・・
飯を食べ(2杯と少しでやめときました)、高崎から駆けつける妻子と合流のころには曇天に。
「緊張してる?」
―うん。まあね。
「完走めざして、がんばってね!」
ほかにも、携帯には悪友やらからの激励メールが次々と・・・がんばんぞ!楽しむぞ!と心に秘して開会式会場までの傾斜を自走で向かう。ん、悪くない調子のようです。
曇ってきて・・ちと寒いです
しかし、止まってると寒いな・・ウインドブレーカーを羽織り、ひと足早く、向こうに見える応援バスでゴール地点に向かう妻子を見送る。
さてっと、スタートまではストレッチでもしてよっかね。。。ん?あ~~あの車体、あのお姿は~~間違いないすっね。
えーじさん!!思いのほか、早くお会いすることができました。そもそもオデブオヤジをお山に上らせる発端が、このお方のサイトだったわけで、、初のヒルクラレースでご一緒できたのもご縁ですね。
乗り込んでいることがわかるテスタッチ君です
(パシャ!愛車載せちゃいます。だめなら引っ込めますので、ご指摘ください。いちおう、ちっちゃくしとこ)
「あれ!?ずんどこさん、サドルバッグ付けない派になったんですか?」
―いや、せめてもの軽量化です。
で、自転車談義に花を咲かせ、気がつくと、開会式も始まっており、選手の列の末尾に・・・
すごい人です・・ヒルクラでる人はデブ比率少ないね
なんと、ヒルクラのイベントで一緒に走れることなんて、ありえない実力差のあるえーじさんと同時にスタートすることになりました。
といっても、この草津は最初の5キロは温泉街をゆったりと流すパレードランです。
話には聞いてましたが、よい雰囲気ですね。両脇の人垣の声援のなかを・・・手を振っちゃったり、子供たちとハイタッチしたりして。。。あ~楽しい。
懸念は・・・パレードランの最後ののぼりでしたが・・・出発前に「物見山の信号手前くらいかな??全行程で一番きついところかも」というえーじさんのアドバイスで心の準備ができておりました。
ここを上りきると、いよいよ計測区間のスタート!
はいはい。もちろん、あちらはチャンピオンクラスでも十分通用しそうなお方。一方、ヘタレは足つきなし完走が御の字のオデブですから、ここでお別れ。
―じゃ、がんばってください!
「ええ、てっぺんで再会しましょうね!」と固い契りをし、えーじさんはそのままアタック(はえ~)、ヘタレはアミノ補給&トイレで気合の入れなおしで、リ・スタート!ここからゴールまでは写真なしでお送りします。

ふふっ。
実は前日の試走で、ヘタレは無謀な決断をしたのであった。
ときどき訪れる緩斜面に機敏に対応するために、行けるところまでアウターで上っちゃえ作戦
すごいです。まぁ、なかには平地のような速さで上っている異星人もいらっしゃいますが、抜かれるのはそういった方がほとんどで、次々と痩身の方々をパスしていき、順調です。速度も15キロは常時上回っていたでしょうか・・・タイム計測後約6キロの殺生河原くらいまでは。
で、殺生河原で初の水分補給所があり、ここで冷たいお水をいただき、一息つこうと・・・本日初のインナーに入れたところ・・・お~ラクチン♪やっぱりヘタレにはインナーの居心地がよいです。
で、足を休めるつもりで、くるくると回していたら、、あらら・・・ケイデンスが落ち、上げようとギアを入れようとすると、ん?スカっ?反応ない・・・え~っ!もうインターローを使ってたの!?少し重くしてみるも・・・よろよろ、お、おそい。
斜度はそれほど変わったようには思えないんですが・・・確実に落ちていく、ケイデンスと速度。
前半に抜いた分以上に次々と抜かれていく、私(泣)。
あの白石峠よりは確実に斜度はないはずなのに・・・サイコンの表示は5km/h割も頻繁。はぁ。。。作戦失敗?まだ4~5キロはありそうだよ。大丈夫か?俺。。。途中一箇所あったゆる~いところで、20km/hを確認した以外は、以降、ず~っと“某紙の某画伯走行”です。

―はぁはぁ・・・あのバイクフライデーの兄ちゃん速え~~、あのアンカーのお姉さんもすげ~~。あ~あ、目標時間超えちゃったよ。。。
今回は足つきなしが目標なんて言ってましたが、一応、55分くらいで・・・なんて目標も立ててたんですよ。しかも、ある程度、充実した練習もできたので、意外と50分くらいで行けるかななんて考えてたりもして・・・世の中、甘くないってことだ。
で、この目標タイムを超えたころから、斜度が緩くなってきたのか?はたまた多少は生き返ったのか?ケイデンス、スピードもジワジワト上がってくるようになりました。
―おっ!残り1キロ表示!!カシャ、ひさしぶりのアウターへ。もうひたすら漕ぐ、さっきまでは見上げて遠~いなと絶望していたお山の天辺もみず、何も考えず(考えられず)ひたすら漕ぐ、漕ぐ。そして!!!ゴールです。
ほんとは愛車をたてかけたかったけど。。行列であきらめました。
タイムは1時間を余裕で越えちゃいましたが、初のヒルクラレースを上りきれた充実感はありますね。
ここまで運んでくれてありがとう!
「とうちゃ~ん!がんばったね。ゴールのとき声かけたんだよ!」と駆けつけてくれた妻と息子。
―ごめん。わかんなかった。ありがと。のぼれたよ。予定よりかなり遅かったけどね。
「バスで上ってきたとき、ここを上るの!?って驚いてたんだよ。上れただけですごいよ」
―ありがと。も少しがんばって来年もでるよ。まずは痩せないとね。しかし、寒いなぁ。。。
(寒い中、ずっとゴールで待っててくれたんだね。ありがとう)

で、下りようの防寒支度をしていると・・・・「ずんどこさん!」
えーじさんとの再会です。
「途中、抜いていかれるとき声をおかけしたのわかりました?」
え!?私がえーじさんを抜いた?ありえない。。。。詳しくはご本人のブログをですが、深刻なマシントラブルに見舞われ、最後は押しながらのゴールだったようです。残念だろうな。くやしかっただろうな。それなのにこちらをねぎらってくれたり、息子と私と3人の記念写真に快くおさまってくれたり・・・お優しい方です。愛車が無事なおり、夏の乗鞍でのリベンジ期待してますよっ。

さて、下りは許される範囲で写真を撮りながら、進みましょう。
下界とは別世界ですね・・・
あいにくの曇天、かつ携帯での写真なのでこんな感じにしか撮れませんが、実際はなかなかに素晴らしい景色を堪能できます。
実際はかなり素晴らしい景色なんだけどな・・・
あ~降りるのが惜しいです。しばらくここにいたい。
ここなんて感激でした。青空だったら・・・来年に期待です
あ~青空バッグを想像するだけで、ぞくっと来ますね。
さ、戻ろうっと!
名残惜しいですが、私もそろそろ下山します。
来年、また来るね~~~。

走行距離 34.5キロ(タイム計測区間:13キロ、パレードラン:5キロ、その他は会場までの自走など)
※まだタイムを確認してないのですが、1時間5~10分くらいだと思います。結果的に前半のオーバーペースが失敗だったかな???さらに、当日の朝、迷いながらもサドルを5ミリほど下げて、ヒルクラモードにしたのですが、シッティングのとき、かなりの違和感と、普段は感じない腰痛を感じることに。やっぱり下げた状態で一度は走っておくべきだった?と少し反省です。
スポンサーサイト

コメント

一番乗り~

いやー、その時の情景が目に浮かぶような文章ですね~。
それだけ楽しく、悔しく、色んな感情が噴き出た一日だったということでしょう。
次のHCは何処ですか?
今回の教訓を生かして上れば、絶対速くなりますよ!

おつかれさまでした

おつかれさまでした
会場でお会いできるかな??なんて思っていたんですがあの人数で誰が誰だかよーわからん状態で・・・
それにしても寒かったですね・・・
寒さが苦手な私は終始凍えてましたよ
今度はご一緒したいですね
ではでは

残り一キロ地点では。。。

ずんどこさん、お疲れです。

私がレース中に見たずんどこさんは丁度、脚が復活された時だったのですね~。他の選手をパスしながら颯爽と登っているように見えましたヨッ。(^^)

来年は是非、晴天の下で登りたいものですネェ~。

速くなれるかな・・・

row_kumeさん、
いろんな感情が噴き出た一日。これこそヒルクラの魅力なのかもしれませんね。
教訓か・・・しばらくは峠はフロントインナー縛りかな?ヘタレ時にも回せる足を作らなくては!です。あとは減量。次は富士にエントリーしてますが、まずは当日までにせめてマイナス3kgかな・・これがなかなか難しい。row_kuma式ヒルクラ術の公開を待望いたしますです。

私も車体探してました!

koroさん、
後ほどコメいたしますが、すごい!っす!!ご一緒って・・チャンピオンクラスに行っちゃうんじゃ?来年、通常クラスエントリーならば、喜んでパレードランのみお供いたしまする。
しかし、寒かったですね~。寒い中、遅いオヤジを待っていた妻子に敢闘賞をあげたい気分です。

今年を糧に!

えーじさん、このたびは・・・です。

最後の1Kはそれまでの失点を取り戻すべく、必死にアウターを漕ぎまくっていたので、せっかくのトラブルの中のご声援に気がつかずにすみませんでした。しかし、初出場のヒルクラは悲惨なペースのばらつきでした。反省。。。富士は無理せずインナー漕ぎ漕ぎ作戦で挑もうかと思っております。
ま、今回は上れただけで、OKとしときます。いっぱいお話もできましたしね!

おめでとうございます!

コメントが遅くなりましたが
改めましておめでとうございます!
息子さんや奥様にも良いところが見せられましたね!
いや~!雪景色なかなか素敵です!
それにしても凄いっすねヒルクライム…

初めてのHCを

存分に満喫されたようで良かったですね。
標高2000m超はまだ冬の別世界なんですね。
こんなところをガシガシ登っていくとは!?.......ずんどこさんが別次元の人に思えてきた(笑)
パワーとモチベーションをチョッピリ分けて欲しい。

天晴れ!

さすがは隊長!
らんぱぱ隊の意地を身体で表してくれるとは!
これで心置きなく隊員は旅情派でのーんびり漕げますですw

ダニー君やずんままさんも(≧∇≦)ъ ナイス!です。
この草津の湯にも負けないずんどこファミリーの
温かさに浸れるから
ずんファミウォッチャーは止めれません!
(゜ー゜)ニヤリ

上にいてくれたので・・・

jinさん、
応援場所が回復した場所でよかったです。仮にコース途中にいたら、父親の権威↓でしたね(↓の余地があればですが)。
はいはい。偉そうにいいますが、2000メートル級は違いますぞ!どうぞ!jinさんも。

誤解!よろよろでございます。

オビワンさん、
モチベは高い参加費と宿泊代を払っちまうことにありますが、パワーは・・・今回自分にはないんだなということを痛感いたしました。ここは現在休息中の、わがチームのエースにリベンジをしていただき、われわれは温泉浸かって高みの見物といきますか。

えっ!?天晴れでございますか。

まかだまさん、一応、重量オーバーでも天辺まではいけるようであります。ただ、予想通り、軽いにこしたことないように観察できました。
しかしご指摘のように、今回のMVPは、寒い中、ヘタレオヤジをゴールで待っていた2人と思われます。自分なら確実に山小屋で暖をとっているかと
で、まかさん!上る勇気はできましたでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/269-f057d2a3


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。