1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「私、大丈夫かな・・・」
ここのところの妻の口癖です。日程が近づくにつれて、佐渡への不安が募っているようです。
ここで言っておきますと、妻の佐渡参戦は事後報告だったのです。
最初から出ることがわかっていれば、私も130Kコースにエントリーして、完走目指したペースなども作ってあげることもできたのですが、すでに申し込みを終えていた私が参戦するのは210Kコース(これも無謀ですが…)。なので、自分でペースを作って楽しみながら完走を目指してもらわないといけません。去年の参加経験から、口ではいろいろとアドバイスするものの・・・未体験の距離、なにより苦手な坂への不安は言葉で解消させるのは難しいですね。。。あ~、困った。。。

そんなとき、目にしたのが↓こんな企画↓(jinさん、拝借します)
会告
このグループの企画の楽しさは自ら体験済みで、しかもtavasuke兄貴が優しく見守ってくれる機会。逃す手はありません。即参加の挙手をしてありました。

いよいよ当日(29日)、朝起きると、天気にも増して懸念事項だった、私の左足の状態も良さそう。
まったく渋滞のない道路を、集合場所の中央林間まで自動車を走らせます。自転車品評会!?いろんな自転車があってこれだけで楽しめます!
すごっ!まるでどっかのサイクリング協会が主催するイベントのような参集状況です。
ほとんど初対面の方でしたが、快く私ども夫婦を迎えてくれました。
(妻は諸先輩方の優しさ、何より散見される女性の姿に緊張がとれていったようです)
なんと!途中合流者も含めて、総勢25人・・・+大歓迎のベテランさんのドタ参者1名、計26人のお仲間さんたちです。
イベントリーダーのtavasukeさんのご挨拶、そしてお初のaizさんのとってもためになる一般道走行時の注意点(あのお話は一生忘れないよ!ありがたかった!…妻談)からいよいよイベントの始まりです。

さすがに20人を超える大集団ですから、1つのなが~い車列で一般道というのは安全上からも不可能です。なので、3班に分かれて、時間差出発となりましたが、
この組み分けからして、とってもご配慮を感じるものなのです。
私は妻とともに峠初体験者が多く含まれる「A隊」に所属。先頭tavasukeさん、しんがり骨折ライダーさんに守られ、しかも美女3人(我妻含む)に囲まれた役得グループですね。るんるん!

さて、気合を入れなおして、出発です!
実は自分自身かなり不安に思っていました。草津後、仕事やケガが重なって初めての自転車だし・・・最初はそろ~り、そろり・・・おしっ!大丈夫そうだ!!
前半戦はず~っと自動車が併走する一般道。
とっても配慮を感じる速度で進んでいきます(妻はマンホール、排水溝・・とつぶやいて乗っていたそうです。ほとんどCRオンリーライダーだったので)。
「あのね。最初は父ちゃんの見よう見まねで手信号だしてたんだけどね。こくさんが“旦那さんのサインが見えますから、走りに集中してくださいね”って言ってくれたの。とてもうれしかったよ」らしいです。
一方、私の視界に入るミニベロのyo-coさん、シクロのaiさんもきちっとした漕ぎ方をしておりました。いや・・・ミニベロやシクロで自分ならあれだけ走れるか?登れるか?の感服の走りです。
目的の峠までは無理をしないように、ホッとできるスポットで休憩を入れながら走っていきます。
ミニベロ、シクロ、ロード・・・いろいろで走るのも楽しいです!
ん?気づきました??
同グループのjunさんは、直近納車のコレでご参戦です。目の保養。
ま、まどん!!
ははっ、TREK乗りである妻には見せたくないお車でした。私のミニベロ、鉄車、さらに炭車計画が遠のいたりして。。。

で、いよいよ前菜である善波峠に突入です。
ゆる~い斜度が、それなりの長さ続くことになりますが・・・
記念すべき妻の初峠は善波でした。
がんばってます、妻。
で、登り、下りきったところにある名古木の7-11でB隊、C隊全員集合の補給休憩をし、いよいよメインの表ヤビツに挑戦の始まりです。
ここからは熟練者が集まるC隊からのスタートです。
C隊の隊長殿。かっこいいですね~ウエアと自転車と本人。
C隊の先頭はようやくお会いできました“555”じゃなくて、hirotoさん!今回は隊が分かれてしまいましたが、次回はじっくりと、かつやんわりとご一緒しましょう!

で、ついにわれわれA隊も出動です。がんばりましょう!みなさん!!
A隊のみなさんです
表ヤビツは裏ヤビツに比べて、距離は短い分、最初の斜度がキツイと聞きますが・・・たしかに10%超えそうなのがちらちら。
今回はあくまでも「初心者のための・・・」ですから、適当なところで2度の休憩をはさんで天辺を目指す予定となってます。
―ちょっと踏みたくなる坂ですね・・・でも我慢我慢。自分の足のこともあるし、何より、妻の面倒くらいは自分で見ないとね。がんばれ、妻!これを登れば佐渡のZ坂なんて楽勝だ!がんば!がんば!
かなりきつい斜度が続く、最初の休憩場所まで残り50メートルくらいで一度だけ足つきしちゃいましたが、以降はかなり奮闘し、上っていきます。
あっ、妻よりも声援を送りたくなる方もいらっしゃいましたよ。
息子さん、がんばれ~~!!!
親子参加のはまださん。息子さんは、なんと本格的サイクリングが今日のヤビツが初というチャレンジャーな小学5年生です。とってもがんばってますよ。でもね。凄いんですよ。なんせ息子さん・・・
いいでしょ。
いいでしょ。この自転車。お父さんは後ろにちらっと見えるユーラシアです。家なんか足元にも及びません。
(わが息子よ。こんどのぼりにくるぞ・・・なんて思いながら漕いでました)

さて、妻。かなりがんばっております。
2度目の休憩場所では・・・モヤッテながらも景色も堪能。
山っていいね・・・

そして、ついに!制覇です。本来、妻の写真を載せるべきところですが・・・俺も登ったという証拠に、
がんばったね!妻!!!
かなり感動している妻、そして夫です。

ここから裏ヤビツを下っていきます。慎重に。慎重に。
撮影会。そして登りをねぎらい・・・
さすがのコースリーダー。ちゃんとビュースポットでは写真タイムも用意していてくれます。
素晴らしい景色です
あ~気持ちいい。ほんと楽しい!!
帰りも休憩をいれながら、お~!これが噂にきく、宮が瀬湖!!
実はヤビツとともに、来てみたかったスポットです
おっ、本日ミニベロでさすがの健脚と優しさをみせていただきましたリーダー様が写っております。
このあとおそい昼食にファミレスに立ち寄って、親睦。
さらに、七沢の心落ち着ける公園で・・・
とってもきれいな公園でした
最後の語らい休憩をして、参加メンバー、全員無事完走です!!(ご愛嬌のマシントラブルはいくつかありましたけど…)

帰路の車中。妻、興奮してしゃべり続けておりました。
「参加してよかったよ!」
「佐渡の自信になったよ!」
「みんな、優しかったよ!!」
みなさん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
また、機会があれば、参加したいな~と思わせてくれた、素晴らしい1日でした。

tavasukeさん、ご苦労様でした、そして本当にありがとうございました。

走行距離 98キロくらい?(2人のサイコンともに途中作動しなくなっちゃいました。でも、何キロでも構いやしないや・・・この残った思いが大切なのです)
体重 80.7キロ(体脂肪率:24.1%)…なんかまたこの辺で落ち着いてきちゃってますね・・・それにしても昨夜のビールは美味かった。

※掲載写真の選択にあたっては、後姿を使うなど配慮したつもりではおりますが、掲載不可がございましたら、コメントあるいは鍵コメなどでご指摘ください。即時削除させていただきます。
スポンサーサイト

コメント

こういう

ベテランの後に続く人たちへの優しさも自転車に乗り始めてから、感じるものの一つですね。
本当に頭が下がります。
私ももう少し精神的にも時間的にも余裕ができたら、ご恩返ししたいなぁ~なんて思うだけですが・・・。
奥様、自信がついたようで何よりですね。
イベント当日も優しいサイクリストが沢山見守ってくれるでしょうから、大丈夫ですよ!

お疲れさまでした!

ご夫婦でのご参加、お疲れさまでした。
やっとお会いできて、感激でございます。

今回は隊が違った事もあり、なかなかゆっくりと
お話しする事はできませんでしたが、次回は是非。

皆さんが頂上で笑顔だったのがものすごく印象的でした。
独りだったら絶対にあの感動はないなぁ~と、自分の初めての(って今回が二回目ですが:笑)ヤビツを思い出しました。

さて、荒川遠征もちょっと本腰入れて考えなくちゃ。

ご夫婦仲よく

峠ツーリングお疲れでした。
素敵な方々に囲まれて峠も苦にならなかったようですね。
ローディでなくツーリスト......素晴らしいフレーズです。
この調子で佐渡も大丈夫でしょう!



おつかれっした!!!

前日まではドキドキしていましたが
足の方も無事回復されてご一緒出来て嬉しかったです
奥様も健脚で素晴らしかったですね!
負けないように私も鍛えたいと心に誓いました!
最後にちゃんとご挨拶出来ずに申し訳ありませんでした
またご一緒出来る日を楽しみにしています!

(^-^)//""ぱちぱち

堪能出来たようで、良かったですねぇw
これでずんどこファミリーの自転車ライフは
更に前進ですね!!

あ、ステッカーですが
GW後半に第二弾作成しますのでご安心を~
柱|-^)v

いぃな、いぃなぁ~

ずんどこさん、脚は大丈夫だったみたいで何よりですっ。
ヤビツ峠と宮が瀬湖とは良いですねぇ~。
ツーリングの楽しさをご夫婦で楽しまれて。。。
奥様も、もうすっかり自転車の虜ですねっ。(^^)

まったくです・・・

row_kumaさん、まったくでございます。いつか私も少しのご恩返しができればと思ってます。
で、ですね。いつかこの方々たちを荒川にお招きできれば、と思っているのですが、その際はぜひ、タマレンジャーのお力をお貸し願えればと勝手に思っております。私の力では先頭しんがりなどとてもつとめられないお歴歴の方々もいらっしゃいますので・・・。

素晴らしい体験でした

hirotoさん、別チームでじっくりお話はできませんでしたが、お会いできうれしかったです。
とりあえず次回は都内で杯を!で、次は召集令状に従います(笑)。で、いつか荒川!ですが、こんな素晴らしい運営を見せられた日にゃ・・・どうしましょう。

仕上げに・・・

オビワンさん、ほんとに素晴らしい方々とのライドでした。われわれもいつかこういう企画をやっちゃいましょう!
で、この日を境に我が家の懸念事項は「妻の130非完走」から「私の210非完走」に変わってしましました。あ~、またヘタレレポを書かなきゃいけんのか・・・

こちらこそ、すみませんでした

jinさん、そもそもこんな素晴らしい企画に参加できたのはjinさんと知り合えたおかげです。
なので、本当はご到着を待って帰還すべきだったのに、非礼すみません!でも、きっと遭えますよね。そのとき改めてお礼を言います。場所は箱根じゃなくて、やっぱ新橋希望。。。

伊豆は・・・

まかだまさん、申し訳ないっす!
伊豆は父親権を発動させて、ぜったいシールを貼って走ります。もちろん佐渡も。
しかし、妻。なかなかの健闘でした!マドンを見る目は気になりましたが・・・(汗)

虜みたいです

えーじさん、
宮が瀬、ヤビツ・・お~、このヘタレもついにこんなところまで来れるようになったんだ!とうれしかったです。
ただですね。やばいです。もともと適正はあちらが上なのです。来年、草津に、乗鞍にでるなんて言われたらどうしましょう。。。特訓してくれますか?

お疲れさまでした!

昨日はA隊でご一緒させていただき、ありがとうございました!
クロスバイクで前をチョロチョロして…走り辛くなかったでしょうか(汗

坂を登る時など後ろから見ていて、
ベテランのずんどこさんが奥様を暖かく見守られている姿にかなり感動していた私です。
これぞ夫婦愛! ですね。見習わなければ…。

なかなか女性のお仲間とご一緒できる機会がなかったので、今回は奥様とご一緒できて、私も緊張がほぐれ、休憩時間もすごく楽しく過ごさせていただきました。
またご一緒できることを楽しみにしています(^^)
奥様にもよろしくお伝えください。

お疲れさまでした。

c班の最後を走っていました。
全然、お話しできなくて残念でした。

時々、妙に「キツイ」企画もやるんですよ。
あの人たち。
是非、そちらの方もご一緒しましょう。
新橋もいいですけどね(笑)

とってもきれいなペダリングでしたよ

いえいえaiさん、とっても走りやすかったですよ…なんて偉そうなことを言ってますが、私も自転車歴1年です。しかも1年前はほぼ100kgで最近ようやっと首の判別ができるようになった自転車乗りです。
妻は昨秋、なかば強引に自転車を購入させましたが、とりあえず気に入ってくれたようでほっとしています。ただ、いつも同走者が私だけというのを気にかけていたんですよ。それが今回、aiさんやyo-coさんとご一緒できて、会話もできたみたいで・・嬉々として話す姿をみてこちらも嬉しかったです。

ということで、当ブログ初・・・以下、妻にコメントさせます。

aiさん、昨日はとても楽しかったですね。同性の自転車乗りさんとご一緒できたおかげで、リラックスして走ることができました。ぜひ、またご一緒できればと思ってます。

お話したかったです。。。

Red Rabbitさん、
私もひそかにお会いできることを楽しみにしておりました。私はかなり強烈な曇り男なので小雨で済ますことができるかもしれません。もともと大魔王さまには好かれているので、こっちについても恨みつらみは申しませんし(笑)
じっくりとしたお話はやっぱ新橋希望ですが・・・えげつない招待状のほうも、びくびくしながら待ってますね。

ありがとうございました!

遠いところお2人でのご参加本当に有難うございました!
ずんどこさんの足の回復が早くて本当に良かったです。
場所がら、そうはお会いできないので本イベントで再会できるのがとても嬉しかったのです。
念願かないました。
また奥様にも楽しんでいただけたようで企画を練った甲斐がありました。
次回も日程が合いましたらご家族でのご参加をお待ちいたしております。
今後もよろしくお願いいたします。
佐渡、頑張ってくださいね!
奥様にもよろしくお伝えください。

クセになりそうです!

tavasukeさん、
ある程度楽しくなることは最初からわかってましたが、予想を超えた思いを体験させていただきました。もう病みつきでございます。お邪魔でしょうが、今後もヤワ系企画は家族でお世話になりたいと思っておりますのでよろしくです。
あっ、妻ですが…「あっち方面の引越しも考えちゃうくらいだよね」と言うくらい、人情にべたぼれのようです。佐渡はがんばってきます。いまや、妻の130より、私の210のほうが“壁”が大きそう・・・

お疲れ様でした

A隊しんがりを努めました骨折ライダーです。
皆さん結構走り慣れていらっしゃるし、おまけに登りはtavasukeさんにやっていただいたので、何もしんがりらしい仕事はしませんでした(^^;
いいですね、夫婦でご参加、楽しかったでしょうね。
佐渡を楽しんできてください。

安心できました!

Kライダーさん、
スキルのある方が後ろにいてくれると安心できますし、先頭を引いていただいた際はご健脚も拝見させていただきました。
また、昼食時には結構なお写真も拝見させていただきまして感謝です。我が家もいつか行ってみたいです!
ぜひ、また走りましょう!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/275-aace6003

初心者のヤビツ峠

tavasukeさんプレゼンツのサイクリング「初心者のヤビツ」 この企画には、小学5年生から50代の方まで、女性4名を含む26人もの方々が参加された。 集合場所では22台の自転車が... もちろん、この台数で一列縦隊など不可能。 A・B・Cと3隊に分かれて時間差で名?...

私を峠につれてって@ヤビツ峠【前篇】

なんと申しましょうか…いろんなエピソードが有りすぎて 何から書けば良いのか???そんな気分でPCに向かって居ます とっても素敵な自転車のお仲間「総勢26人」での ヤビツ峠行は全員完走で無事終了っす!パチパチパチ(拍手) 前日の晩は深夜まで仕事して長津...

私を峠につれてって@ヤビツ峠【後篇】

落合のセブンイレブンに到着して 自転車仲間の「はまださん」のお連れの方にご挨拶しようと思ったら なんと小学校5年生の「息子さん」でした 愛車は丸石のROADACE お父さんはBS ユーラシアでご参加 お父さんと同じダブルレバーのランドナーです 全員集合した所で...

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。