1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
疲れてるという実感はないのですが、
昨夜は気がつきゃ、そうそうと寝入っておりました。
ハードな運動後には、知らず知らずに疲れが蓄積しているお年頃です。

ん、でわ。
ロード歴1年半。現在、173cm、80kgのヘタレ43歳の210完走レポはじめます。

まずはじめに、今年の佐渡も昨年に引き続き、スタッフと沿道の島民の方々の声援のおかげをもちまして、「楽しかった!また来たい!!」という余韻に浸っているわけですが、数少ないショックな出来事が昨年駐車場にしていた佐渡市役所佐和田支所がスタート集合場所になってしまったこと。。。わが夫婦は揃って、限界距離への挑戦だったため、ハナから宿から自走の選択肢はなく、会場から少し離れた駐車場に停めて、慌しく組み立て、健闘を誓い合い、集合場所へ。。。もう参加者でいっぱいでした。

なんせ、私の参加するAコース(210K)だけで、1,500人もの大群です。
最初と終わりのほうとじゃ、かなりの時間差が生じるはずで、、時間的余裕がないと思われる私としては、先頭集団でスタートしたかったのですが・・・
中盤あたりのスタートでしょうかね
まんなかあたりでしょうかね?も1つの懸念材料だった出走前の生理現象の解消は周囲の方と協力して、なんとか無事済ますことができました。あ~とりあえずスッキリ!

あっ、とりあえず、昨年の130出走経験と自らのロング経験から、ヘタレなりの戦略は立てておりました。
―100キロ地点の両津のBS(弁当ステーション)までは気張り過ぎない!!
自らの経験から34km/h巡航すると、ヘタレタイマーが点滅を始める傾向があるので、前半は27~28km/hくらいで余裕をもっていくべかね。。。あっ、スタート順が回ってきました。
DJさんの「いってらっしゃ~い!」に大声で―いってきま~~す―と応答し、スタートです。

ひさびさの自転車で心配してましたが、うん!なかなか足は回ってくれているようです。
まじぃ・・・さすがイベント。高揚感から回りすぎるきらいもあり、油断すると35km/hを超えていたりします。このまま!とも思うものの、なんせ後半は未知の世界。自制して、30km/h前後巡航の列車を見つけては乗り換えながら、楽をさせてもらいます。
佐渡ロングというと、Z坂とか大野亀坂とか10%超の坂が有名ですが、実のところは平地といわれる場所もこまかな起伏が続きますが、気張らずに、ケイデンスシャカシャカで順調に進んでいく。
―ん!?オレ、調子いい!?!?
そんなご機嫌気分で、最初の相川AS(エイドステーション)、入崎ASと快調に到着。
エイドステーション、おむすび、バナナ、オレンジ・・・!
それぞれ20キロ、40キロ前後の場所ですから、補給せず通過とも思いましたが、せっかくのイベントです。楽しまなきゃね。
佐渡ロング名物“相川のわかめそば”は、雨でふやけて露もうすまった昨年より美味かったような気が。あと、今年はどのASもオレンジがやたらと当たりでした!(ちなみに私、蜜柑嫌いですが・・・)

で、入崎を過ぎると、いよいよ前半の山場が迫ってくるわけですが、
ここで作戦その2を決行!
―ASのトイレはど~せ混んでるので、最初の用足しはここにする。
トイレはここね。Z坂の写真も撮れるし・・・
Z坂直前の休憩所は撮影者がいっぱいおりましたが、それほど並ばずに用足しも完了。坂に挑む前の気合(羊羹)も注入!
でも、踏ん張らないよ。シャカシャカで上りますよ。
―妻は大丈夫かな~と気にかけつつ、Z坂(140M、MAX11%)を知らぬ間にクリアし、、
昨年、苦労した覚えがある大野亀坂(100M、MAX10%)が近づいてまいりました。思わず走行中にパチリ!
ほんと亀さんです。周囲では卑猥な発言も目立ちます(笑)
これも気張らなかったので、すんなりとクリアして、直後のはじきのAS(72キロ地点)に。
ここのおむすびが一等賞!!
勝手ながら、今年の補給物ナンバー1はここの俵むすびとさせていただきます。超美味でした!

さて、ここから両津までの道のりはかなり単調な道となり、
緊張感も途切れがち・・・ただ、ちょっと速度が落ちてきたな~と思うころに、
幸いにも、いい列車が着てくれたりして・・・順調に両津BS(100キロ地点)に到着。
ここは12時半という時間制限が設けられておりましたが、10時前後の余裕到着。
ここまでの平均速度も26km/hと、まぁ、計画通りのペースです。
ここで妻からメールありで、
「2つの坂を足つきなしでクリアできたよ~~!!!」
―やったね!(思ったより速いじゃないか!)
一方、こちらの足もまだまだ元気で、あと110キロ・・・なんとかなるかな。。。。
(しかし、ここのトイレは混んでた!!20分くらい並びました)

再出発というか、ここからがいよいよ本番です。
通常、食事後はヘタレモードになりがちな私ですが、体に鞭入れて、漕ぐ。
両津~多田(140キロ地点)~小木(162キロ地点)は、平坦基調の道ということもあって、
ほぼ30km/hをくだらない快調な巡航が楽しめました。
―もう制限時間は気にすることないかな・・・と多少、余裕も生まれる。
ここまでは、すでに何度も経験済みの距離ということもあって、順調にライドを進めておりました。
今年は天気もいいので、景色も堪能できて、最高の気分です。

さぁ~~て、ご覧ください。
高低表
佐渡一周の高低表でございます。
はい、ここからがキツイのでございます。
でもさ・・・小木~素浜の高度・・・高くないでしょ。クリアしてきたZや亀さんに比べて・・・私、甘く見ておりました。
とくに右から3つめのほそ~い三角形部分。。。ここが死ぬかと思いました。
MAX15%って・・・こんなにツライの???
私はもうよろよろで上ってましたが、押し歩きする人になかなか追いつかない(泣)
時速3キロ(泣)
腰痛い(泣泣)・・・押し歩きしようかと何度思ったことやらで、最後のAS「素浜」に到着したころには、もうへろへろ状態。
で、イベント中にもかかわらず、30分間私は寝ました。

さぁ、あと2つ坂が控えることだし・・・そろそろ出発すんべか。。。
で、いきなし始まるこの坂(高低表右から2番目)がMAX7%ながら長いんすよ!
最初は熟睡効果もあって、
―富士クラの練習にいい場所だな~
なんて思っていたんですが、
―いつ終わるんじゃい!!
今年は完走後は、妻の武勇伝の聞き役に回ったため、心の汗を流す間もありませんでしたが、この坂上っているとき・・・私、泣きそうでした。腰痛いし・・・
で、なんとかここをクリアし、最後の坂も越えて、あとは平地です。
時計をみると・・・踏み込めば4時前に着けるかな・・・・
でも、できない(泣)。。。21~22km/hがせいぜいで、向かい風の海岸線をひとり進む。
そんなときちょっと長めの列車が横をすぎ、思い切って末尾についてみることに。
時速34km/h・・・でも、意外とついていけるかな???
1人落ち、2人落ち、、最後は3人の列車になる。
本当は先頭をかわってあげるのが礼儀でしょうが、ごめんなさい、ついていくのが精一杯で楽させてください。。。この先頭の方が文句もいわず、最後の7キロを34km/hでずぅ~~っと引いてくれたおかげをもちまして・・・4時15分すぎに!待望のアナウンス!!
「ずんどこさ~ん!おかえりなさ~~~い!!!」
を聞くことができました。
両手を挙げてゴール!!
(妻撮影、両手を挙げてるのが私です)
実走時間は8時間20分・・・ちょっと長めの熟睡時間とトイレ待ち時間はありましたが、なんとか208.8K(サイコン計測)を走りきることができました!
数年前まで酒びたりだったオヤジが・・・ちょっと信じられない気分。そして充実感!!
スポンサーサイト

コメント

100km過ぎ

からの上りはキツイですよね~。
しかし、後半に34km/hで曳いてくれる人がいて良かったですね。
ひょっとしたら“曳き役”の人なんじゃないですか?

未体験ゾーンを

見事クリアしたずんどこさんが遠い存在に思えてきた....。
坂オンパレードのコース、私だったら最初の二つで満腹です(笑)
たとえ時速3kmでも足着かないところが、ド根性ですね!

神に見えました!

row_kumaさん、
とりあえず前半は楽に作戦は成功だったと思いますが…それにしても後半に上りが続くのは地獄でした。
最後の7キロで引いていただいた方には、途中一度つかまった信号で「お詫び」しましたが、コクッと頷く姿に神を感じました。彼がいなけりゃ、おそらく20km/hを下回り、、4時半・・いや5時を越していたかも。たぶん、途中でパンクトラブルかなんかあった方だったんでしょうね。最後の直線でスプリントされてかれましたが、超音速の実力者でした。

根性のみ!

オビワンさん、
振り向けばそこにおりますのでご安心を。
にしても、MAX15%は文字通り、根性のみで乗り切りました。仮に足つきしてたら、私は非常に心が弱い人間なので、以後の2つの坂も押し歩きし、、結果、未完走。。少なくとも悔いは残していたかとっ。

《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ~

その根性と脚!

やはり隊長は偉大であると
畏れ入る隊員であります!
(*^-^)ゞ 敬礼♪

そんな~~ぽっ。。。

まかだまさん、
坂では多少の根性を発揮したつもりですが、完走できた理由の大半は・・・恥ずかしながら省エネ小判鮫走行でございます。ま、全行程のなかでは引く場面も多少なりともありましたが、9割はお尻いただき!のあざとい根性でございました。とくに最後の7キロを支えていただいた青年には大感謝です。次回出場がいつになるかはわかりませんが、そんときは列車に乗らないをテーマにしてみようかな。。。

両手を上げている姿が

カッコイイっす!
上手く言葉にできませんが…
うんうん凄いっすよ!とにかくリスペクトです!

懐かしい~

おぉ~、大野亀。。。懐かしぃ~って、去年もずんどこさんのレポ読んで言ってたよーな。。。(^^;

私が佐渡周回した時、小木のユースに泊まったのですが、確かにちょっと山になってたよーな。。。後半に15%はキツイっ。ゴールのビクトリーポーズ、ミシュランタイヤの包装ラベルのよーですねぇ(カックイィっ)。

広角効果っす・・・

jinさん、ありがとうございます。
佐渡はレースではありませんが、号砲がなると、どーもいけません。天候に恵まれ、素晴らしい景観のなかを走れているのに、、あくせく漕いでしまいました。一度、イベントでなく、プライベートで、のんび~りと一周まわるのもいいかもしれません。
ゴールポーズ・・・携帯(広角)で撮影してくれた妻に感謝ですね(笑)。

カッコイイ!

時速3kmが感動です!

照れ照れ・・・

えーじさん、
ははっ、確かに昨年もヘタレレポを読んで懐かしんでいただきました。感謝です。
去年は見ることができなかった景色を堪能できて満足です。余裕のあった前半限定ですが…。終盤は…右から3つ目の15%がボディーブロー、その次のスバルライン様で撃沈…付け焼刃パンターニを試みましたが…すっかりいつものヘタレの出来上がりでした。最後の直線、ビクトリーポーズか?スプリント敢行か?少し迷ったのですが…2~3回転まわしたものの、速度計がピクリとも動かず・・グリコのポーズとなりました。

でしょ?

Aパパさん、でしょ!
時速4~5kmは意外と目にすることがありますが、3km/hというのは初経験でした…って、何威張ってるんだか、オレ。。。近々、お披露目する機会がありそうですので、お楽しみに!伝授しましょうか?いりませんよね。。。

感動いただきました

感動のお裾分け、いただきました!
お疲れさまでした!?いや、楽しんだんですよね~。
歩いた方が早いとわかっていても、足付きはしたくない。
立派な坂バ○っぷりも見事でございます(笑)
で、今週は富士でしたっけ?頑張ってください!
箱根で待ってます。

はい!楽しみましたって、M?

hirotoさん、
現状でできることはすべて出し切ってまいりました。只今、出がらし状態のヘタレオヤジでございます。
しかし、押し歩きしている方になかなか追いつかないスーパースローモーションのような光景…瞼を閉じると鮮明に思い出されます。足つきしたい!でも、オラは足付きはしね~と決めたんだ。壮絶な己との戦いでございました。
富士は来月1日でございます。そして、翌週が!ふふ、待っててくだされ、帰路の車中ビールを鼻先につるされたオヤジの力・・・たかがしれてるか(笑)。

佐渡へ佐渡へと草木もなびく

完走おめでとうございました。
お天気で良かったですね。
職場にも210kmにエントリー&完走した女性がいてビックリしました。
周辺に2組も佐渡210kmに出た人がいるなんて、何なのでしょう。

非日常を求め???

Kライダーさん、ありがとうございます!
私の場合、佐渡は自転車の初イベントだったという思い入れのほかに、もともと離島が好きなんですよ。のんびりと船にゆられ、大海原にでて、島影が近づいてくると、日常から離れられた開放感ひときわで。。。
ただ、職場の方の場合は、お若いKライダーさんのお姿をみて、私も自転車走ろうかな~、どうせ走るなら、国内を代表する長距離レースにでて、Kライダーさんをあっと言わせてみようかな・・・なんていう動機もあったのでは???

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/287-43754551


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。