1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ん、でわ。
ちょっと悔しい当日レポをしたためます。
お天気は、ご覧の通り、まさにピーカンです。
―あの中腹まで上るんだな~~、とやる気フツフツの私です。
スタート地点
私が陣取ったのは、目標タイム1時間45分の「第6スタート」。
去年仲間と気軽に走ったときのタイムが、灼熱&車の渋滞のなかを走っての2時間8分だったので、
最近はまったく上るどころか、走ってないということを差し引いても、
たとえエンジンは重量級でも、約1年の経験値を考えればこんなところかと。

んっと。スタート前にやれることはやっとかないとね。愛車を横倒しにして、まずは・・・
・行列まばらなうちに(それでも10分以上は並んだけど)、トイレをすませ、
・ブースでサロメチールを塗りたくり・・・
・集合場所に戻って、ストレッチし、深呼吸して・・・待つ。
・セレモニー開始、アスリートクラススタート後、われわれのスタートまでにバームを飲んどいた。
そして、いよいよスタートです。
―お~し!やったるぞ~~!!
富士ヒルクラは、計測開始地点までに多少の距離があります。
―余裕あるうちに写真撮っておこうっと。
めざせ五合目。

で、計測地点通過前に、いちおう、アミノバイタルをごくっと飲んどいて・・・
通過と同時にサイコンをゼロにセット。

1年前に上った経験では、料金所まで、そして料金所しばらくもキツク感じた記憶が・・・
さらに、草津で前半に玉砕してしまった新鮮な記憶も手伝って、
34×21・23(+19)をくるくる回して、1合目までを乗り切ることにした。繰言のようにつぶやく言葉は、
―ともかく踏ん張らない。1時間半を目指すわけじゃないんだから、抜かれてもあせるな!
さて、息抜きにお水でも飲むかね・・・ん!?えっ!かるくないか??ぞ~~っ!!
朝、駐車場で入れたはずの「CCDドリンク」が・・・ボトルのなかがほぼ空なのです。
おそらく、トイレ行くときに横倒ししたときに、こぼれちゃったのでしょう。
・・・背中のポケットを確認。バーム残量なし、アミノバイタル微量、それと・・CCDボトルに2センチ弱ね。いちおうボトル2本体制だったのですが、スタートまでにミネラルウォーターが入手できなくて、もう一方はもともと空ボトルだんだよね。
―ヘタレのドジ!アホ!
と自分を叱りながら漕いでると、5キロ地点が過ぎ、1合目表示が見えてまいりました。
―えっ!なんか速くないか?前に走ったときは遠く感じたのに・・・
平均速度を確認すると・・・終わりのほうのほぼ平地区間を考えれば、目標はクリアできるなというところ。で、ほっとした私、やっちゃいました。大事なCCDをひと息にグビッと。あわわ。

さて、2合目からはときとして、ゆる~い場所が出現してまいります。
斜度にあわせて、カクカクとギアを入れ替えて、対応していたものの・・・
ちとキツメかな・・・という斜度を乗り切ると、ついつい習慣でボトルに手を伸ばし、そのたび肩を落とす。もうボトルばかり気になっておりました。
―給水はどこだったっけな~。コース図ちゃんと見ておくべきだったな~。10キロ過ぎのような気がしたけど・・・15キロ地点だったらどうしよう。。。
ないと思うと、飲みたくなる水。次第に踏むという行為も怖くなってきて・・・この区間では計画になかったファイナルギア(34×26)導入。

10.5キロ地点。
まさか富士のレース中に給水所で止まるとは思っておりませんでした。
(結構、混んでおりました)
かけつけ2杯の美味しいお水を口と頭、そしてボトルにいただいて、とほほの再出発。
―あれれ?もしかして給水が遅かった???
見た目ではなだらか~に見える坂でも脚が回りません。ケイデンスが次第に落ちてくる。
―ここは踏まなきゃならんだろ!
ギア入れて、ダンシングしても、数漕ぎで、下死点で休みが入ってしまう。その感覚もどんどん縮まり・・・かといってシッティングも回らず。。。頭混乱。ちと泣きたくなってくる。

そんな状態で、へろへろになりながら、スバルラインのなかではキツい4合目過ぎの坂を乗り越え、
平坦に思える緩斜面区間に突入です。
依然走ったときは、40km/hほど出た記憶がありますが・・・
朦朧とした頭で、いちおう、アウター(50T)に、リアもローからハイに入れていくものの、、
確認したところでは28km/hが精一杯。。。んな!バカな!!
もうタイムなんてどうでもいい。。。目指すはゴールのみでした。

時間はなんと、1時間45分どころか、昨年プライベートで上ったタイムもオーバー。
それでも、ゴールの瞬間はやっぱりうれしかったけど・・・
荷物などを受け取り・・・
実は荷物を受け取ったこととか覚えてないのです
ふらふらとふらつき、さまよっていると、やりきれない悔しさが・・・
で、人がいないほう、いないほうになんだか導かれて歩き、売店で買ったチョコをぱくつき座り込んでいると・・・見覚えのあるお方が。
自然に足が向き、視線が会うと・・・「お疲れさん!」と手を差し出してくれた今中さん。
なんだかグッと来てしまいました。

そうだよな。
まぁ、給水所で足はついちゃったけど、俺、がんばったかもしれないな。
課題が残るというのは、将来に向けていいことだ、と思いなおすことにし、
握手した足で、富士に足跡残したという写真を撮りに行って、
五合目。いつかまた訪れちゃる!
下山。
スポンサーサイト

コメント

水がないのは

お天気に反して、大変な思いをされたようで...。お疲れさまでした。
普段から補給食をほとんど取らない私ですが、さすがに水がないキツいっすね。
そんな状態でも、本番になればしょうがないんでしょうけれど、よくぞ登られましたね。
今週はちゃんと補給していきましょう(笑)

私も

結局水分補給が上達せず、2/3以上残しちゃいました。
でもいざとなったら飲める状態とでは、精神的余裕が違いますよね~。
今中さんとは私も写真撮ってもらいましたが、これが一番の収穫でした(笑)
来年も出ましょうね~!

タイムよりも。。。

ずんどこさん、お疲れ様でしたっ。
厳しいヒルクラになりましたねぇ。でも、困難な状況でもあの富士の長い登りきったというのは、価値あることだと思いますっ。今回のレースの経験が生かされますよーにっ。

臨場感溢れるレポ

楽しく読ませていただきました。
逆境にもめげず25km登りっぱなしの長丁場を無事完走されたずんどこさんのド根性に改めて拍手です。
今中さんに声かけてもらうなんて、それだけでも羨ましいことですよ。

そりゃ、もう…

hirotoさん、
少し分析したところ、前々日を含めて先週は3回ほど深酒をしたので(それまで控えてたのに…)、元々脱水気味だったのかもしれません。つまり、私のせい。。。情けなし。
今週は私のバッグポケットに注目です。おそらくドラえもん状態になっているのはないかと。

迂闊!

そうだ!前にはrow_kumaさんがいたんだ!!
どうせお飲みにならないんだから、事前打ち合わせで、ボトルをどっかに置いておいてもらえばよかった…なんて。ともかく空のボトルを持った瞬間、パニクってしまいました。反省です。
今中さんの手はあたたかかったです。いま思い出してもグスン。やっぱ一流は心も暖かいと実感。

せっかく・・・

えーじさん、ありがとです。
せっかく草津の反省を生かして、前半は我慢したのに、ワレ、どこまでもダメダメ君です。
薄れていく意識の中で、富士の「ばかやろ~、2度と来るかい!」と思ってましたが、秋口に1人リベンジに行こうかな…と思っていたりすることは内緒。

日ごろの節制も・・・

オビワンさん、
今回のレポはいつにも増してお恥ずかしい限りです。ほんとは読後に「俺も、私も登りたい!」というようなレポになる予定だったんですが、実際、放心状態でございました。
睡眠不足はある程度仕方なかったにせよ。直前の大酒摂取は…わが身の弱さを改めて痛感している現状です。あと、日ごろからもっと乗んなきゃね。
今中さんと握手…来年出れば、握手・ツーショットもろもろできること確実ですので、ぜひ!!

敢闘賞ものです!

σ(・_・)なら足ついちゃうとこですよ!
隊長の奮闘に勇気づけられた隊員その壱であります!
でも、坂イベントはまだ出れないなぁ~w

いやぁ~

オモロイっす!  ↓

「息抜きにお水でも飲むかね・・・ん!?えっ!かるくないか??」

...いやいや失礼しました。
こういう挑戦の中での失敗って価値アリですね~
(他人事モードですが...)

ずんド根性さんと命名...

いやぁ、凄いっす。
私ならボトルのせいにして10回は足ついて5kmほどは押してますよ。そのド根性あればこその幸運なんですね。
見習わなきゃぁ。

恐縮です。。。

まかだまさん、
ぶっ倒れてスタッフにご迷惑をかけなかったのはなりよりでしたが、、後日送られてくるゴール写真を見るのが怖かったりします。おそらく愛車に負けぬ、青白い顔色しているだろうと。。。
ところで本日は結構なものを。なんとなく一員になれたようでうれしいです。末席汚すことになりますが。

ははっ

Aパパさん、
そうして面白がってくれると救われます。
これからの季節は特に、ボトルの重量を確認してから出かけましょう!という反面教師でした。

照れちゃうよ~~

しんすけさん、
ダニーに次いで、結構な命名を。。。
でも、所詮自分が巻いた種ですから、褒められたものではありません。あと他人には勝てないので、せめて自分には勝たないと…って格好よすぎるか。
ちなみに5km歩くという強靭な選択肢はありませんでした。足ついたら、その場で寝て、収容を待っていた可能性大っす。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/295-cea0bfff


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。