1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4時起床。
前日の仕事が思いのほか長引いてしまい・・・睡眠時間は3時間。
どたばたと準備をしていると、妻が起きてきておにぎりを握ってくれました、感謝です。
―じゃあ!行って来るね~!
睡眠不足などどこへ行ったか、るんるん気分の出発です。なんせ今日は憧れの乗鞍ライドの日!

数時間後、まったく渋滞のない快調な高速をとろとろと走る不機嫌な私。
―ちっ、なにが遅れるだよ。アホ!!だから独りで行きたかったんだよ。どあほ!
悪友との約束の場所だった談合坂SAで飽きるほどの時間を過ごしていると、
―なにがいま高速に乗っただ・・・なにがごめんだ!
私のドライバー歴ではおそらく初となる高速道路左車線のみを使用し、SA・PAでとまりまくり・・・それでもこの日のスタート地点である乗鞍観光センターまで追いついてくれることなく到着してしまいました。
このときの怒りメーターは沸点近くとなっており、
―あんなやつら置いといて、独りで上り始めちゃおう!・・・という気になっていたのですが、
あのヒルクラレースのスタート地点ですね
さすがわれわれ自転車乗りの憧れの場所だけあって、駐車場にはお仲間さんたちがいっぱいです
組み立てながら、彼らとお話ししたり、彼らが仲間と楽しそうにしている姿をみていると、
―バカどもだけど、もう少し待ってやっかな・・・という気に。
しばらくすると、めずらしく平身低頭でやってきました。
「わりぃ~!昼飯おごるから・・・」―そりゃ、当然だ。

でわ。乗鞍に対する思い入れが強い私よりブリーフィング。
―あんたら待っている間にいろんな人に聞いたけど道は迷いようがないそうです。なので、自分の好きなペースで上っていいけど。途中落ち合う場所を作ります。最初はマイカー規制になる三本滝ゲート、2箇所目は冷泉小屋のバス停。そのあとはゴールまでがんばりましょう!初めのほうはゆるやかで、後半は激坂になるそうです。以上、あんたらを待っている間に済ませた情報収集おしまい。

予定より2時間遅れ、11時のスタートとなりました。
ゆるやか~な坂が続きます。
とっても快適な道です。
ちょっとキツクナッタかな?と思ったころに、私でも30km/hはでそうな緩斜面が現れるという感じ。
「面白い道だな~」・・・平地好きのイエロー君はぴゅ~と独りで行ってしまった。
この時点では、追おうと思えば追えないこともありませんでしたが、後半の斜度も不安だったし、なにより念願だった乗鞍を愉しみたかったので、34×21、23Tあたりでくるくる回して、木漏れ日のなかを走ります。後ろにはオレンジャー。。。見事に体重順ですね。
そんな感じで7キロほど進むと(距離はうろ覚えです。以下、同)・・・見えてきました!
ここから先は自転車天国です!
ここから先はマイカー規制の自転車天国となる三本滝ゲートです。
きょろきょろするも、先を行く、イエローの姿がない。調子がよさそうだったので、待たずに先に行っちゃったかなと、門番の方に―いってきま~す―と挨拶をして、先に進もうとすると、
「ずんどこ~!」
イエロー君、レストハウスで登山客からお弁当をもらって食べてました。
「いい道だな~。しかもオレ、今日調子いいみたい」
―うん、いい道だ!オレはあんたに2時間も待たされたからか、調子はいつもどうりだ。
三本滝
ほどなくすると、オレンジャーも到着し、ここにある自販機でこの後の苦闘に備えて、糖分補給し、再出発です。
ほどなくで、こんな光景が現れます。
気分はるんるんでございます
斜度もそんなにキツクはないし、幸せ気分満喫中。
実はマイカー規制といっても、バスやタクシーは通れるわけだから、自転車天国なんて表現は大袈裟?なんて疑ってかかってたのですが、夏休みの土曜日だというのに、ほんのたま~にしか車は通りません。たま~にすれ違うのはすでに上り終えた充実の表情の自転車乗りさんたち。
「がんばってね~!」
―ありがとうございます!
う~ん。夢のような世界がここにはありました。

へっこら、へつこら・・・たまに辛い場所がでてきました。
イン側の斜度は相当だと思われますが・・・なんといっても車の心配がないので、斜度が緩めの道のまんなかを堂々と通れます。4~5キロほど(?)で、おっ、第二チェックポイント到着!
ベタインを避けてきたとはいえ、それなりの傾斜を上ってきたわけなので、
冷泉小屋
こういう水場を目にしたら、浴びちゃうでしょ。
でも、止めたほうがいいですよ。私は顔洗っちゃいましたが、失敗しました。
冷泉小屋の名前の通り、硫黄の香りぷんぷんのつめた~い温泉なんですね。以後しばらく、目が痛くてときに目をつぶって上るはめになりました。
決戦モードでなく、われわれのように観光モードの方は、ここは硫黄の香りだけを楽しんで、もう少しがんばって、ゆっくり休める位が原山荘のほうがいいかもしれません。

で、冷泉小屋出発後・・・・
まだゴールは遠いです
まだゴールは遠そうです。残りの距離は7~8キロであんなところまで上るということは、
はい。斜度がキツクなるということですね。
このヘタレがいままで上ったなかでは箱根旧道の七曲に近い感じでしょうか?あれが永遠と思われるほどに続くのです。うねうね、うねうね。もうイン側なんて絶対に近づけねぇ・・・
当初はきつかったら、足ついて、激坂の写真を撮ってと思っていた私でしたが、
いざ激坂に遭遇すると、負けず嫌いの血がめらめらと、
―遅くても足は絶対につかんぞ!
ということで、しばらく悶絶苦闘。写真なし。
でも、乗鞍が素晴らしいのは、常に絶景が励ましてくれるところ。ちらっと横をみると下界がみえて、
―すげぇ。オレ、こんなに上ってきたのかよ。もう少しがんばろ!
って、思いにさせてくれるのです。

それにしてもさっきの冷泉のせいか、目が痛い、意識も朦朧としてきたような・・・34×26Tをひたすら漕ぐ。。。そんなとき、ひやっ!
われにかえると、イエロー君が頭に水をかけてくれたようです。
―あれ?次はゴールでじゃなかったっけ?
「あの水みたら止まらずにいられなかった」
冷たい!!これまでの人生で最高にうまい水でした!
手をつけると、冷たい!
顔を洗うと、気持ちいい!(お蔭様で目の調子も治りました)
で、ボトルに詰め込もうとしばらく手をかざしていると・・・冷たすぎて凍傷しそう・・・
オレンジ君も生き返る!
これ以降、オレンジ君も生き返ったようで、記念撮影。
大雪渓のあたり?止まっているとひんやりしてきます
さぁ、あと2キロほどでしょうか?
もう少し・・・はぁはぁ
もう少し!!
本日はあいかわらず快調なイエロー君を先頭に、私とオレンジャーが並んで走る、いや喘ぐ。
あっ!!!もしかして、、
「あっ、オレンジ。先行ってくれ。オレ、写真とってくから」
きちゃったよ~
振り返ると・・・
上りきったんだ!!!
憧れの乗鞍エコーライン。ついに上っちゃったようです。独りということもあって、ちょっと感涙。
さ、早々と心の汗をぬぐって、ここから少し下って・・・
ゴールのレストハウス
ゴール!!!
期待を裏切らない素晴らしい空間でした
漕いだ時間は2時間と少し+三度の休憩というまったりライドでしたが、
乗鞍を愉しむというテーマは十分に達成できました。
あんなに苦しんだのに・・・上り終えた瞬間に、
―次回は休憩を入れずに、しかももう少しがんばって回してみようかな、踏んでみようかな・・・
なんてことを思っている自分も不思議でした。

昨晩はそのまま松本城を見下ろすビアガーデンで乾杯し、
近くのホテルに泊まりましたが、
いつもは朝まで話し続け、飲み続ける3人が・・・10時すぎには寝息をかく。
25年来の悪友との、充実の初乗鞍ライドとなりました。
「また、来ような!」
これを上ったんだ!
―もちろん!!

走行距離 42.2キロ
※ところで、エコーラインの下りは快適とはほど遠かったです。ヘアピンの連続なので、こわくてスピードはだせないし、初めてブレーキングで手が痛くなりました。最後は痛くてブランケットは持てなくなって、下ハンでゆるりゆるりと降りてくることになりました。
スポンサーサイト

コメント

ブラボー!!

さすがは隊長!!
見事に登られましたな!ウラヤマシイ
こちらは暑さまみれのライドでしたが、
坂嫌いなσ(・_・)には決して近づけない所ですなぁw

つ、ついにっ!

おぉぉ~っ!乗鞍だぁ~。
登頂、おめでとうございます~。(^^)/
東京はちょっと不安定な天気でしたが、乗鞍は絶好のヒルクラ日和だったよーでヨカッタっ。あ~、やっぱり見える景色が違いますねぇ、乗鞍はぁ。私も早く行きたいっ。

行けるよ!まかさんなら!!

まかだまさん、
休みを入れながら、なんとか喘いで辿りついたという感じですが、いまはそれで満足です。
ともかく絶景で。登坂達成直後にまた上りたい!と思ったのは今回が初めてでした。
ちなみに、まかさんなら行けるよ。行く気にさせるための餌の写真をつけるべきだったか。。。

感謝です!

えーじさん、
まずはこちらから御礼です。私がここを知り、ど~しても登ってみたいと思うようになったのは、えーじさんのブログのおかげですから。走破後の完走は…期待以上でした!
今回はゆっくりと上ったわけですが、初回はこれで正解だったと思ってます。ま、レースモードで漕いだとしても、1時間20分切りのイメージは沸きませんが。。。さすが!!と改めて思いましたよ。本番がんばってください!そして、秋には愉しんでください!(私も今年中にもう1回くらい行っちゃいそう)

祝!登頂

乗鞍登頂おめでとうございます!
もう20年近く前のことでウル覚えなのですがポストを拝見してなんとなく思い出しました。
あしかけ3日か4日かけて松本~乗鞍高原~畳平、乗鞍高原~白骨温泉~上高地などと走り回りました。
翌シーズンには車も使って(当時はスカイラインが自転車禁止だったかと・・・。)高山へも行きました。
自転車乗りにとって最高のフィールドのひとつですよね。
拝見していて絶対もう一度行こうと思いました。

すげぇ~

乗鞍登っちゃいましたか!
スゲェ~っす&お疲れさまです!
もうずんどこさんには登れない坂は無いという事ですね。
あとは碓井峠くらいっすか(笑)

幸せ、満喫しました!

tavasukeさん、ありがとうございます。

以前のコメントでトンネルのことに触れられていたので、松本から行かれたんだなと思ってはおりましたが、すごいですね。私の脚力ではあのトンネルを車にあおられながら走るのは無理だと思いながら車を運転しておりました。
まさに最高のフィールドでした。初日はエコーラインを上り、下って宿泊(温泉)し、2日目はスカイラインを上るなんて贅沢をぜひやってみたいです。3日目は上高地でのんびりっていうのもいいな~。あ~、東京に帰ってきたくなくなりそう(笑)

いやいや、示申さまなら・・・

hirotoさん、登っちゃいました。えへっ。本日は心地よい疲れでございます。
あっ、ちなみにですね。文中表現はあくまでも私レベルです。hirotoさんのような豪脚の持ち主は割り引いて読んでくださいね。実際、超のつく激坂ではなく、なんとかなるレベルが続くのです。ただ、環境が最高なのです。登れること確実ですので、ぜひ体験してみてください!
碓氷か・・・hirotoさんのブログにレポが載ること楽しみにしています。もちろん、キツサ5割り増しで読ませていただきます(笑)

良い景色ですね!

自分も自転車はレースじゃなくてこういう楽しみ方をしたいんですよ!足つきOK!自分もいつか景色を堪能しながら時間を気にせずゆっくり走ってみたいですね(^^♪

やりましたね!

乗鞍登頂おめでとうございます!

文面からも臨場感が伝わってくるようです。って言うか、自分も憧れの地なんですけどね!
いつかは行ってみたい、登ってみたい場所のひとつです。
ところで、ずんどこさんは富士とか箱根とか乗鞍とか、有名どころのお山はキッチリ押さえてますよね!
流石です。その内ご一緒させて下さいね!

乗鞍は

私も一度走ってみたいんですよね~。
日帰りで行ってみようかな?
来年辺りタマレンジャー合宿とかで行っても良いですよね。

乗鞍初登頂

おめでとうございます!
サスガは聖地、景色が別世界ですね。
マイペースで坂を楽しんでいるずんどこさんを見るにつけ、途中足ついたとか、人より遅いとかどうでもいいことを気にしている自分が恥ずかしくなります。
こういう楽しみ方ができてこそ真のヒルクライマーですよ。

祝!

乗鞍やりましたねー!
最後の1枚が素晴らしい達成感を物語っていますよー。
ちゃりんこの楽しみ方は人それぞれ。
レース嗜好、のんびりツーリング、飲食ポタ等々なんでもありですよね。
要はその人自身が楽しんで走れることが大事かと・・・。
わたくしの楽しみは8/31ですよ!
うひうひ。
晴れてほしーなー。

ナイス!レポートです

ずんどこさん、
やりましたね!。
天気も良くて、なによりでした。

私は8月末の乗鞍レースに出るものの、直前まで仕事が立て
込んでいて、事前走行はできそうもありません。坂の練習も
物見山周回へあと1~2回行けるかどうかという様子です。
一発勝負で乗鞍さんへ挑むつもりだったので、ずんどこさんの
今回のレポートと写真には本当に励まされました。

それにしても、良い友人の方々がいてよかったですね。

OH!

ずんどこさん!素晴らしい!
特に硫黄水洗顔が素敵です。(笑)

それにしても素敵なところですね~
乗鞍 = ツライ+シンドイ
という図式だったのですが印象が変わりました。
行くかどうかは別にして.....(笑)

お~同志よ!

MARUさん、
とっても嬉しくなるお言葉をありがとうございました。
何度かご一緒させてもらい同じ匂いを感じておりました(実力はMARUさんのほうが上ですが)。
私、弱いローディですが自分の足でいろんなところを踏みしめたいんですよ。これからもいろんなところに行きましょうね。まったりと。。。
ところで、すんません!これだけお世話になりながら、まだリンク貼っておりませんでした!ぜひとも貼らせてくださいませ。

もっともかかっているのが…

stケントさん、ありがとです。
ぜひとも、憧れの地を体験してみてください!

はい。確かに有名どころに行ってますね。。。走りたいと思うと行ってしまう身の程しらずなもので(恥)。ただ、結構財布に辛くって。今年も草津、佐渡、富士・・と登録フィー、交通費、宿泊費だけで炭一本いけそうなくらいで・・・ご一緒すると身の程知らず具合がわかると思いますよ。

お~!合宿!!

row_kumaさんが乗鞍未制覇とは意外でした。

しかし合宿なんて楽しい響きですね~。ソソラレマス。
あっ、仮に結構の際は、Bチームのスタート後、少なくても1時間後くらいにスタートしてくださいね。

照れるよ・・・

オビワンさん、照れますよ!
一向に速くも強くもなれないので、それなりに走るしかないだけですから。
乗鞍を走ってるとなんか迎いいれてくれているような不思議な感じがするんですよ。白石とか子の権現はもちろん、富士にもそういうのは感じないんですが・・・ただ、私にもう少し実力があれば、乗鞍をさらに愉しめるような気がするので、やっぱりもうちょっと強くなりたいな・・というのが正直なところです。

うひうひできますよ~

おるべーさん、いいところを指摘くださいました。
この最後の写真のポイントは上るときに気になっていて、下りのときに強引に悪友をとめて、収めた一葉なのですよ。
乗鞍は私のようなまったり系も、おるべーさんのようなうひうひ系も存分に楽しめるお山だと思いますよ。日頃の行いがいいから、きっと晴れるでしょう!

悩みどころですね

55号さん、
初イベント前に乗りたいのに乗れない・・わかりますよ。いまのご心境。
こんなレポ&写真が多少なりともモチベ↑にお役に立てたなら嬉しいですが、実際はもっと素晴らしいですよ~!ぜひ、ご自分の足と目で堪能してきてくださいね。

ツライ+シンドイ<感動

Aパパさん、
硫黄水に触れていただきありがとうございます(笑)。目が焼けるように熱く、痛く、しばらくは目をつむって走ってましたです。道は広いし、車は通らないし、のぼりで遅いし(笑)、たま~にちらっと目を開ければ走れるのも乗鞍でございます。
行動派のAパパさんのこと・・・こりゃ、まず行くと読んだ。

行きたくなったっす

読んでたら、無性に行きたくなったっす。
どーしてくれますか! ずんどこさん!

ナマはさらにいいですよ。ふふっ。

しんすけさん、
現実はこんな駄文・ダメ写真と比べようもないところですよ~。さぁ!
でも…ここは中毒性があるようです。今週は慌しい日常に戻っているのですが(他の方のブログ詣でもできなくて)、ついついあの絶景を思い出し、また行っちゃおうかな・・・なんてことを思いがちです。

いつかご一緒できたらいいですね!

写真を拝見していたら、毎年今頃行っていたことを思い出し懐かしくてなつかしくて・・・また行きたくなってしまいました。もちろん(?)自転車に乗りにではなくて滑りにです。
なんでこんな坂道自転車で登るのかな、自転車さん達って大謎~って当時は疑問に思っていたものです。。。そして、その疑問は今も続いています。そしてそしてずんどこさんもその大謎さんのひとりだった・・・と今頃気づいてしまったのです ^^;

いました、いました!

maa3さん、
この日も自転車乗りと同じくらいのスキーヤーさんたちがおりました。実は私、一度もスキーをやったことがないので、「なんでこんな斜面を降りれんだろう。すげぇなぁ」です(笑)。素朴な疑問ですが、この時期はグラススキーに来られているんですかね?上っているときは余裕がなくて、滑っている姿を見れなかったのです。
しかし、お互い大謎は置いておいて、いずれにしても素晴らしいところですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/325-cb9f0a63


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。