1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ~、ざんねん!

昨日の日曜日。
「父ちゃん、じゃあ、行こう!」
起床後、リビングに来るなり、妙にやる気の息子ですが、
―おお、いいけど。一度、ベランダに出てみて。
「な~んだ、雨なの・・・」
―うん。雨は小雨だから我慢するにしても、風が強すぎだね。今日は止めとこう。
「あ~あ、行きたかったな。。。」

前夜の―ひさびさ走るか?―という提案はすんなりと受け入れられ、
息子からは、めずらしく
・川岸屋(ここの肉うどんが大好きだそうです)→榎本牧場(じぇらーと)→ホンダエアポート(発着観賞)
というルートのリクエストと、
「父ちゃんはミニベロじゃなくて、スコットでいいよ。いつもよりスピードだしていいよ」
という超積極的発言までもらい、
―ふふ。んなら、ホンダの後、物見山いって、散り際の越生梅林まで連れていっちゃおうかね。しめしめ…
なんて楽しい企みまでしていたのですが・・・
こんな激風の日に、荒川なんて走った日には、
『父ちゃん、僕。二度と自転車乗らない!』なんて言い出しかねないし、ね。

結果、終日自宅で休養の日となりましたが、
「あ~、いまごろ肉うどん食ってるころか・・・」
「あ~、走った後のアイスは格別なんだよね・・・」とつぶやく息子。
相当、走りたかったようです。

監督として参戦した先日のイベント会場の彩湖までの往復走で、ひさびさにロードバイクにまたがったわが息子ですが、その感覚があまりにも気持ちよく、その感触がとてもよかったみたいで、以来・・・
「ねぇ、自転車でどっか行こうよ」
「あ~、ぼくもエンデューロに出たいなぁ」
などとのたまっております。
で、前々から提案をしていて、及び腰だった企画に対しても・・・
「いついくの!」
と手薬煉ひいているようです(笑)。

あの小さかった息子も、今週には小学校の卒業式を迎えます。
数年前にばあちゃんの背丈を抜き、数ヶ月前には妻の背を越え・・・
可愛いだけの時代もそろそろ終わってしまいそうで、親としては少し寂しい気もしており、、
本人もまた、人生は平坦でなく、壁もあることをちょっと感じ始めているような気配。。。
そこで、ある日。親父から提案をしてみた。
―なぁ?卒業&入学記念の登山でもしないか?
「えっ!!考えとく・・・」
しばらく快い返事をもらえませんでしたが、ようやく決意してくれたのか?
「山。行くよ!いついくの?」

どうせなら、印象に残る山を2人で上っておきたい。
自分が登ったところでは、富士山、白根山、乗鞍、箱根旧道あたり???
―そんなあせるな。どうせなら高い山に挑もう。雪解けをまってだな。
「あ~、わくわくするなぁ。下りなんてすごいスピードでるんでしょ?」
はっ!そうだ。小6の息子の握力でも下れる山じゃないと、な。
―そうそう。山登りは下りのほうが危険なんだからな!
「なんで?」
―お前なぁ、上りはせいぜい10km/hだろ?下りは60~70km/hくらいは余裕ででちゃうぞ。休み休み下ってくるけど、絶対に調子に乗るなよ。
印象に残って、比較的下りが安全な山か。。。となると、あそこか。

「どうせなら富士山に登りたいな」
息子の希望とも合致したようです。となれば、GW頃に決行か???
その前に足慣らしに、2人で吉見往復、あるいは定峰くらいは登っておくか・・・なんて思いをめぐらしていると、
「父ちゃん。富士山って、自転車で登れるって意味では、日本一高い山ではないんでしょ?」
―そうだよ。乗鞍が国道最高峰だったと思うよ。ただ、2,000メートルは完全に超えるし、5合目から見る山頂は絶景だよ。
「あのさ、5合目まで自転車で行って、そのまま山頂まで脚で上っちゃうというのは、どう?」
それって、あんたの尊敬する片山右京さん方式じゃん。。。検討はするけど、たぶん却下。

ということで、
休みながらのゆっくりなヒルクライムになることが予想されますが、
このGWは、父子2人の思い出づくりに出かけたいと思っております。
スポンサーサイト

コメント

これは

楽しみですね~。
天候によって印象が180度変わる場所ですから、天気に恵まれると良いですね。
でも、男の子だから雨の中のヒルクライムでも良い思い出かな?
これからしばらくは下りの練習ですね!

富士山完全制覇ですかっ

おぉ~、富士五合目から頂上までですかっ。相当気合が入ってますねぇ~。中学生になったら、これは本当に行っちゃうかもしれませんねぇ。(^^)

自分の足で。。。

row-kumaさん、
当日までいい生活を心がけて、当日の好天を願かけますです。長距離の坂は初体験となるので、おそらく今回は適当に休憩を入れながらいくと思います。まずは初めの一歩、自分の足だけで勝ち取った絶景を堪能させてあげたいですね。仮に絶景なしでもなんらかの自信を持ってくれればいいんですが・・・
そうっすね。下りの練習は必須かもですね。。。どこに行こうかなぁ。。。

次回?次々回??

えーじさん、
まったく恐ろしいことを言い出したもんです。怖いものみたさで一度やってみたいような気も…なかなか出てこない(笑)。本人にその気があれば、その日はサポートカーの運転手かな。。。でも、日本人に生まれたからにゃ、一度は頂上には立ってみたくはあるかな???

若いっていいなあ~

若いっていいなあ。夢も大きくて。
それを一緒にやろう!とする父もすごい。
是非,頑張ってください。

雑誌を見ていたら,東京エンデューロ Winter Ver.が今年もあるようで。
息子さんもチームに入れていかがですか?

いいですよねぇ~

やんさん、
すばるラインは何度か上っているので、伴走はなんとかなりそうなのですが、そのままそっから上を歩いて登るなんて…オヤジには発想できません。やるとなるとそれなりの荷物、装備も必要だろ…とかなんとか言って、却下前提で計画を立てている情けないオヤジです。ただ、いつの日かやってみたくはありますね。。。

東京エンデューロの冬バージョンは、昭和記念公園のでしょうか?あそこは以前、妻とペアで出たんですが、最終コーナーが狭いんですよ。本気の大人のなかに子供が入るのはちと怖いコースなので、来春の彩湖か、あるいは別のを探しま~~す。昨夏、親子3人で出場したつくばの感動。。。これはどこかでまた味わいたいです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/431-f1f4660a


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。