1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
―しっかし、子供の脳って大したもんだねぇ。。。
目的地に向かう車中。息子のリクエストに応えて、フジテレビの音声を流していたのですが、
(走行中はテレビ画面が映らない設定なので)
現役の『ONE PIECE』はまだわかるにしても、とっくに終了している『ドラゴンボール』までも、声優さんが話す前に、一文字一句違わぬ科白を、感情込めて言ってる。。。
―いまの科白は悟空?
「ええ?クリリンだよ。わかんないの?だめだな・・・父ちゃんは」
―しかし、よく覚えてるね。
「はぁ?漫画の科白なんて、一度読めば覚えられるでしょ。覚えられない父ちゃんがおかしいんだよ」
そんなことで批判される謂れはまったくないが、ぐっと堪えて、息子独演のアニメ劇場(絵なし)を楽しみ、都幾川村の駐車場に。

組み立てている間、補佐してくれている息子に。。。
―準備運動しといて。。。。あれれ、緊張してるの???
「そりゃ、初めて峠に上るんだもん。緊張するさ!」
形勢逆転だ(笑)
―予定変更して、白石峠にしようか?
などと言ってイジメて遊ぶ。
「ねぇ。今日の峠はほんと大丈夫なの???」

まずは、セブンイレブン西平店に立ち寄り、補給食購入。
「父ちゃん、ローディーさんがいっぱいいるね」
―うん。ここは聖地のようなもんだからな。ここで補給して、みんなお山に向かうんだ。んじゃ、そろそろ出発しよう。まずは、松郷峠ね。ここは斜度もゆるいし、あっという間に終わるから心配ないよ。ギアは軽めにして、体を温めようね。
初峠は松郷峠
―ほら!ペダルの踏む位置は意識して!!
「はい」・・・車中と違って、素直な息子は、山っぽいねぇ~などと言いながら元気に上っていき、あっという間に・・・到着。
松郷制覇
「ねぇ、てっ辺の目印みたいなのはないの?」
はい。ありません。さて、ここで本日の最重要事項の伝達式。
―いいか。本日は絶対に下りで父ちゃんのことを抜かさないこと。これだけは絶対に守ること。いいね。んじゃ、下るよ。
スピード5割減で下り始めますが、、さすが石橋を叩いて、安全でも、誰かを渡らせてから渡るタイプのわが息子。慎重すぎるほど、慎重に遅れ気味で下ってきております。

やがて、平地になり。後ろから話しかけてきた。
「父ちゃん、下りのほうが怖いって、よくわかった」
―もう少しはスピード上げてもいいぞ。下りで調子に乗ってスピード出す母ちゃんよりはいいけど。2人足して、2で割るといいんだけどね。。。ところで、ブレーキのかけすぎで手が痛いだろ?
「うん。手が疲れてる」というので、見えてきた東秩父の産直場で休憩。
―ここでなんか食ってこう。
「僕、おなかすいてないよ」
―だめ!いいから食え!!自転車のときはおなかがすく前に食うこと!!
と、まったり道の本質を説くオヤジ。
おやき
おやき。
だんご
焼きだんご。

んで、再始動。
「父ちゃん、のどかだねぇ。。。里山だね」
晴天に恵まれました♪
「あ~、来てよかったよ」
―そっか、そっか。。。
「ところで、次の峠はなんて名前なの?」

本日の峠行きの目的はこのGWに予定しているスバルラインの予行練習。
個人的にスバルラインに似てるかなぁ。。。と思っている定峰峠を目指しているわけですが、
そこまでのアプローチの起伏が、息子には結構きつめだったみたいで、
「ねぇ。そろそろ休まない?」を連発。
―大丈夫。上り始める前に休憩を考えてるから、そこまでがんばれ!あと2キロくらいかな。
んで、遅れ気味で白石車庫に姿を現しました。
白石車庫
ローディさんの団体がおられ・・・子供のローディの登場は多少インパクトがあったようで、なかには「あの子、見て、かっこいい」という若い女性の声があったり・・・
「お前、聞いたか?」
―え?なにが~??
なんて澄ましてますが、目が笑ってる、鼻の下が伸びてる。。。聞いたな。ご機嫌だな(爆)

じゃ、前に進もうか。
初めは順調
初めは順調も・・・息子にとっては未体験の坂の長さに、徐々に遅れ始め、気がつくと傍にいなかった。なので、下って様子を見に行くと・・・(なんかSCOTTって、反則だな。。。ゆっくり漕ぐ分には、上り返しなんてまったく苦じゃないんですが…)
―大丈夫?
「うん、平気!抜いていくローディーさんがね。みんな、君、がんばって!!と声をかけていってくれるんだ」
がんばれ!!
カメラを向けると、妙に姿勢を正しちゃいますが(笑)、奮闘しております。
―おし!その調子でがんばれ!!
で、・・・・・とうちゃ~く!!
到着!!!
「ここまではなんていうことはなかった」・・・・言ってくれます。
―どうする?ここから引き返す手もあるけど、下りの練習には今の道が一番いいし・・・
「進むよ。どうせだもん」
―そうか!なら食おう!
「食うって、さっき食べたばかりじゃん」
―いいの!自転車はとにかく食う。しかも、初めての峠茶屋で親父と一緒に食べた思い出つくりだ。
峠茶屋初体験
息子、肉うどん。父、そばがき。
「うどんの汁が疲れた体に効いて、うまい!!」んだそうです。

―あっ!言い忘れたけど、ここからは多少、斜度がきつくなるよ。
「ええ!!」
カーブごとに後ろを振り向くと、がんばっている姿が見え、オヤジうれしい。
んで、何本目かのカーブで後ろを見ると、姿が見えなく、下って様子を確認にしにいき、元気付けのギャグをかましてやると・・・
「父ちゃん!なんで笑わせんだよ!!足ついちゃったじゃん!!今まで足つきなしだったのに!ギャグ禁止ね!」とマジに怒られる。。。すみません。
んで、自分自身斜度のキツサを感じ始めると、ここのゴールはもうすぐ。
本当にキツイところは、自分の力だけでがんばって欲しいので、後ろ髪引かれながら、父ちゃんは単独ダッシュで一足先に待ってるよ。
見えてきた。がんばれ~~
もう少しだ、がんばれ~~!!そして、
白石峠看板前
―やったね!後ろ見てごらん。
「ええっ!白石峠???」
―あっ、よく言われる白石峠ってのは、そこの横の道を上ってくることね。1キロくらい下って、試してみる?父ちゃんはここで待ってるから。
「いい。やめとく。父ちゃん、帰りは同じ道を戻るの?ということは松郷峠を逆から上るの?」
定峰から白石峠の上りがちょっと堪えたみたいで、もうあんまり長くは上りたくない様子です。

う~ん。困った。かといって白石峠の下りは体験させたくないし、
(車のすれ違いなんて、子供の腕力じゃ怖いから。。。)
―もう少しがんばれるか?いまのとこよりキツイところはないから。
「うん。いまのところくらいだったら、もう少しならがんばれる」
グリーンラインをもう少し進むことにしました。
奮闘する息子に対して、壮年のグループが口々に声援を送ってくれます。

 ありがとうございます。
 オヤジ、猛烈に感動、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、
大野峠
大野峠を経由し、まさか本日ここに来れるとは・・・
茶屋がぁ・・・・
(茶屋が本当になくなってることにオヤジ軽くショック)
絶景の刈場坂峠にたどり着きました。
―ほんとは青い屋根の下のベンチで横にさせてやりたかったなぁぁぁ
という思いは捨て切れないものの、1つ夢達成!なにより・・・
息子、名所に立つ!
この笑顔をみて・・・わが子の成長を感じて、親父感動。
―連れてきてよかった!!

走行距離 43.5キロ

駐車場まで慎重に下ったあと、ご褒美は・・・
わたなべ
豆腐工房わたなべの豆腐ソフト。
自宅で待つ妻へのお土産に各種豆腐を買って帰宅しましたが、
「この豆腐。本当においしいね」と妻は感動。
息子は・・・
「そんなら母ちゃんも同じルートを挑戦して、買ってくれば」だって。
スポンサーサイト

コメント

感動ですねぇ~

息子さんが松郷にっ、定峰茶屋にっ、白石にっ、大野にっ、そして刈場坂にいる~。MTBの軽いギアでクルクル。。。ではなく、秩父を親子ロードで登られているを見たこと、無いですよ~。すれ違いの女性ローディからの声援っ。息子さんは十分、鼻の下を延ばして良いと思います~。(^^)

加筆

えーじさん、
白石から大野・刈場坂に向かっているとき、「僕、もしかして、えーじさんがよく走っている道を走ってるんだね。もしかしてスゴイ」と喜んでましたよ。
そうですか。親子ロード@秩父って珍しいんですか、それはちょっとうれしいです。息子も自信になると思います。しかし、あの鼻の下は・・・血を感じました(笑)

みんなうらやましいなあと思ってるはずです

親子で走る…誰しもが持つ願望だったりするのでは?と思います。
近くのサイクリング程度ならまだしも、峠についてきてくれるなんて、最高だと思いますよ。

私も娘を洗脳しなくっちゃ。
まだまだやっと小学校に入学したくらいですが…

不覚にも

ウルウルしちゃいました。
父に一生懸命ついていく息子と、それをあまやかすのではなく暖かく見守るオヤジ。最高ですね。
息子さんが足ついちゃったほど爆裂なギャグがチョイと気になりますが(笑)

声援送ります!

やんさん、ありがとうございます。
そうですね。子供の日常の姿って、外に出てるとわかりませんから、一緒に自転車乗ると成長を実感できたり、「おっ、意外にがんばる子なんだな」なんて一面がみられたり、幸せ実感できますね。

洗脳活動(?)がんばってください!わが家の場合はデブ酒飲みオヤジを痩せさせたツールとして、自転車ってすごいなぁというアドバンテージがありましたが、もともとかっこいい、やんさんの場合、どうやって興味を植えつけるか…興味深いところです(笑)

恐縮です

103さん、
背中押してやりてぇ~、紐でひっぱりたいと思う場面もありましたが、ぐっと我慢で心で声援送っておりました。あと第三者の声援は純粋にうれしいみたいですが、オヤジががんばれというと、「もうがんばってるよ!」と素直に受け取れないみたい。そこで、ギャグ導入でしたが、足つきのときは何を言ったっけな???いずれにしても無敵のオヤジギャグか、似てない物まねのどちらかです。。。(笑)

素晴らしい!!

さすがはずんどこ家のご長男!
さらりと峠をクリアされましたね
おめでとうございます

途中、景色を楽しんでいらっしゃるところなんか
「自転車の楽しさをしっかりとお伝えになってるなぁ」
と、我家のスパルタ系を(笑)反省しました

さあ、次は本番ですね、楽しみにしてます!

またまたぁ

hirotoさん、
間違いなくきっかけは、件のヤビツ越えです。自分よりも小さな女の子のがんばりは息子にも伝わるものがあったと思います。ということで、御礼申し上げます。もちろん2人の可愛い娘様に。
にしても、またまたぁ。。。hirotoさんだって、しっかりと楽しさを教えてるじゃないですか。願うべくは、われわれにもその優しさをもって(笑)

本番、楽しんできます♪そちらは箱根?

おっ

いいっすね~
何よりも計画性があるのがいい!
本番が楽しみっすね~

まだまだです・・・

Aパパさん、
富士は足つきながらのんびりと行けば上りはなんとかなると安易に考えてるんですが、下りはねぇ…息子が転倒し、コロコロいく姿は見たくないので、どうしても柄に似合わず「計画」立てちゃいますねぇ。
ただ、本番は長期戦になりそうなので、ヤビツ走でのAパパさんの“ドラえもんバッグ”のような用意周到さを見習わなきゃならんかなと…Aパパ+ママ家の行動力(+遊び心)に比べるとまだまだですよ。。。

よっしゃ!

やっぱり遺伝子なんでしょうかね?
峠制覇おめでとうございます!
里山の風景を良いと思える…教育の賜物です(笑)
こんな小さな時から峠の感動を味わえるって幸せですね!
オジサンなんて最近だもの!(爆)

ご無事で

何よりでした。
ウェアもビシッと決まって、息子さんのモチベーションも格段に上がったんじゃないですか?
富士山登りたくないとかほざいてるどっかのオヤヂに爪の垢でも飲ませて欲しいもんですw

食のですか(笑)

jinさん、
「食えねぇ!」と文句をたれながら、あっさりと食べる…食のほうは遺伝子が伝わったようです(笑)
と、冗談はさておき、ありがとうございます。辛い上りを自分の力でがんばれば、なんともいえぬ感動が待っていることをわかってくれれば。ただ、あんまり峠ばかりねだられると、オヤジはつらい。のどか~な里山(平地)であればいつでも喜んでつれていくんだけど(爆)

お!開通ですか!

row-kumaさん、
まさにお蔭様をもち…です。キャプテンのメットとアイウエアの効果は絶大でしたよ。
ほんと無事でよかったですが、あの慎重な下り方だとスバルラインを下るのに1時間半くらいかかるんじゃないかと。。。ま、事故するよりいいですかね。

爪の垢は。。。そのほざきオヤジにはもったいないのでやりません。しかし、申し込んでおいて悩むとは、さすが入賞を狙うお方は違います。私は一等賞以外は、2位も2000位も同じだと思うので、現時点の実力で楽しんできますよ~。減量はしなきゃならんけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/439-f6f5ea2d


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。