1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日は…終日、自宅でしたが、

さすがに、こんだけ天気がいいとうずうずしてきちゃいます。
なので、
強引に用事を作り出して、
―悪い。用事がないならついてきてくれ。
ほんの一時間もあれば済む用件だし、息子はノーヘル、ママチャリで、
(親父のほうは、自転車=ヘルメットが習慣化しちゃったみたいです)
ただし、遠回りして、荒サイへ。 
ランンボルギーニ
用事はすぐにすんでしまいましたが、せっかくなので、
CR脇の空き地前に自転車を停めて、背負ってきたカバンから、
「なんでそんなの入ってるの?」
ボールを取り出して、キャッチボールに付き合ってもらう。
―なんなら、縄跳びも入ってるけど、、やる?
息子はかなり呆れてるけど、強引に技披露。
二重跳びはかなり順調にできるけど、ハヤブサがなかなかできん。。。
「子供のときより、太ったってことだよ」
そんなこんなで、30分ほど運動してから引き返す。

あっ、そうだ。強引についてきてもらったんだから、お礼をしてあげないとね。
―乗ってみる?
「え?何に?」
―ミニベロ
「いいよ。転んで壊したら、殴られるだけだもん」
―そんなことじゃ殴らんよ(たぶんだけど・・・)
で、サドルを思いっきり、低くして、、、
息子、ラーレー君に
あらら。昨年夏に買ったときには、見た目からして、でかいし、無理だな…と思ったもんですが、
補助ブレーキの位置ながら、なかなか様になっていたりする。
「なんかちっちゃいのに、するする~というか、うにゅうにゅ~って進むんだねぇ」

んで、息子はママチャリ、親父はラーレーで帰路のCRを戻ってきたのですが、
離脱する新荒川大橋が近づいたところで、
「父ちゃんさ、そんだけいい自転車乗ってるんだから、重いギアで出口の坂を上らなきゃ、ずるいよ」
かちん!である。アウターハイに。
「もちろん、平地で勢いはつけちゃだめだよ」
どきっ!である。
たった50メートル程度の坂でありますが、お蔭様で相当に心拍あがりました。

走行距離 10.2キロ

さぁ、今週もお仕事がんばろ~!っと。
スポンサーサイト

コメント

息子くん… 
先が楽しみですね!
っていうか 大人の自転車乗りの会話になってますね~!

ありがとです

Aママさん、
この先、興味の対象がどこに移るのかは神のみぞしるですが、、家族の共通言語として「自転車」が使えるような家庭でありたいなと痛切に思っております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/442-2b8fc33e


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。