1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは登坂編です。

2009年5月3日―息子12歳10か月。
北麓公園にて。はるかそびえたつ山頂を眺める
青のコントラストは弱いものの、絶好のヒルクラ日和です。
「やるぞ~」
とつぶやいたかと思えば、
「大丈夫かな?どんどん先に行かないでね」
スタート地点の北麓公園で、葛藤中のようです。
―ま、心配するな。先に行こうと思っても行けない父ちゃんだ。一応、3時間で到着するペースで上るけど、辛かったら言ってくれ。休み休みいこう!

事前に伝えた行程情報は・・・
・料金所まで結構、つらいよ。
・1合目まで長くて嫌になるけど、我慢しろ!
・4合目すぎると、きついのが3~4箇所ある。定峰→白石くらいかな???
・それを過ぎると平地っぽくなるけど、残り500メートルでいじめみたいな坂がある。
・最大の敵は斜度じゃなくて、バスの黒鉛だったりする。。。
こんなところだったか。

でわ。スタート。
さぁ!いこう!
料金所までの道のり。
―意外とキツイだろ。体温めるつもりで軽いのでくるくる回してね。父ちゃんが最初に来たときは、ここで引き返そうと思った。
「うん。きついけど、思ったよりはだね。帰ろうとは思わないよ」
心強い!!
料金払うんだ~~
自転車でも料金(200円)を払うことにびっくりしたみたい。
料金所のおっちゃんに激励されて・・・行ってきま~~す!!

時速7~10キロのスピードで先頭を引いていき・・・
うん、ちゃんとついてきてるな
―きついか?
「いや、これくらいなら・・・」
と答えが返ってきたのは、ゲートくぐって5分くらいまでだったでしょうか?
次第に無言に。。。そして、車間もあきはじめ・・・
ま、スバルラインは意外と最初の斜度はきつめだからね。
一合目下駐車場
一合目下駐車場で最初の休憩です。
(後日談:ここまでが一番辛かった。。。帰ろうと思ってたとか・・・笑)
後ろの木。まだ桜が咲いておりました!
ここでバイクのおっちゃんが・・・
「え!自転車で登るの!」
息子の気分が悪いはずがない。これこれこういう声かけによるモチベアップを願ってたんですよ。

―じゃ!体が冷える前に始動しようか?
足軽く・・・
休憩のかいあり、足軽く、ようやく一合目通過。
―さ、この調子でさくっと行こう!
おぅ!→無言→ちぎれのパターン。なので、予定外の休憩をとる。
ひょっとして限界か?
この光景をみながら、親父は正直思ってた。
―まだ早かったか?無理だったかなぁ・・・って。
ゆっくり休ませてあげたい一方で、あたたまった体を冷やしたくもないので、
チョコとアミノバイタル補給をさせて。。。
「チョコはうまいけど、ぼくこのアミノの味嫌い」
早々に再出発。

アミノ補給効果でしょうか。。。
斜度がやわめになったこともありますが、結構順調になってきました。
ちょっときつめの斜度かなと思うところで、姿を確認しようと、後ろを振り向くと、
おっ!直後に!!
たまには抜かしたりもして・・・
―やるねぇ!
うれしそうです。
がんばれ!!
(なんじゃ、そのメットのかぶり方は下る前に注意しないと。。。)
ま、元気になった最大の理由はアミノ効果などではなく・・・
雲海だぁ!
「見て見て、父ちゃん。横見て!雲海だぁ!」
2000メートルにも近づけば、時折見える景色で登ってきたことを実感できます♪

そのままいけそうな気もしましたが、
絶対に疲れてるはずだし(疲れると片手のドリンク飲みをしなくなる)、
ここの買い食いは体験させたかったので、
大沢駐車場で強制停車。

お~!まさにアイドルでございます。
「あんたたち、ここは疲れたお兄ちゃんが座るの!車で来たあんたたちはどきなさい。ど~ぞお兄ちゃん。すごいはねぇ。。」
どこぞのママさんか存じ上げませんが、いいんですよ。そんなはからいは、、、って
スターかよ。。。
遠慮なしに座ってるし。。。あせ、汗。そのうえ・・・
「お兄さん、握手してください」って・・・小学生低学年さんの申し出に
こやつ、わざわざ立って、左手は腰に手を当てて、頷いて右手差し出してるよ(爆)
(残念ながら、カメラ準備間に合わず・・・)

このスター扱いにご満悦。。。したわけではなく、
あまりにも見事な景色だったので、体が冷えるのも忘れて、長居。
眺める先には・・・
背中方向には、目下に雪をかぶった山並みの絶景が、そして息子の視線の先には
山頂!
霊峰の頂がはっきりと確認できます。
―んじゃ、そろそろ行こう!ここから3~4箇所辛い傾斜があるぞ。それを過ぎると緩斜面。そして、ラスト500メートルがいじめの急坂ね。
「わかった」
大沢駐車場のヒーロー君。しっかりとついてきて、急斜面クリア。
GW期間中の車の大渋滞で、
予定していた緩斜面40km/h走は実現できませんでしたが、しばしの快適区間を満喫し、例の残り500メートル。
―さて、こっから父ちゃんは先に行って、ゴールで待ってるぞ!あとひと息だ。がんばれ!!
ダッシュし、一足先にゴール(しんどかった)。
待つ
待つ。
おっ!
見えてきました。もう少しだ。
ガッツポーズ
やったね!自然にそういうポーズってでるんだねぇ。
120%の笑顔
モザイクなしで行きます。
充実の表情!ようがんばった!!
記念のショット!
実質登坂時間 2時間57分(+休憩3回計約30分)
スポンサーサイト

コメント

ほんと スターでしょうね~!!
ええ 笑顔や~♪ ほっぺた ぷにゅぷにゅしたいです 笑

そうそう 聞きたかったんです!

「富士山に登りながら富士山は見えるのか」

見えるんですね~ なんだか 不思議です。
ますます いろいろ 挑戦していってほしいです!






素晴らしい!!!

おめでとうございます
またここに、一人の天才クライマーが誕生したわけですね
素晴らしい!!!!

息子さんに、「赤いオッチャンが感動していた」とお伝えくださいませ

ところで最後の写真...
そこにモザイク入れても、意味ネェ(笑)

見えますよ~

Aママさん、
あえて自慢させていただくと、見えないことが多い、富士山頂。私は5回自転車5合目登坂ですべて拝ませていただいております。やっぱ日ごろの行いってことですね(V)。
なので、Aパパ・ママ家も大丈夫だと思いますよ。車でも十分楽しめます!五合目から少し登るだけでも、溶岩ごろごろ、無料のお土産ができるのもGood!わが家、今回の記念すべき日に拾い忘れちゃったんですが。

妻子談

hirotoさん、
この記事書いてるときの妻子談。そんな「モザイク、誰も気づかないよ」。。。だから気づいてもらって、うれしいとともに、やはり悪魔だと思った(笑)
仮にクライマーに目覚めたらの話ですが、そんときはこの父じゃ育てられないので、しばらく里子にだし、鍛えてくださいませ。

初心者のための~部門であれば、なんとかなるかもしれません。その機会にはやさしく、厳しくご指導よろしくです。

いい写真です

本当にいい写真ですね。
富士山に自転車で登るなんて、なかなか体験&達成できません。幸せ気分が伝わってきました。

ありがとです

55号さん、
はい。いつも写真はブログ用に撮るだけで大抵は消してしまうのですが、今回はウェブ保存もし、さらにはメディアにも残しておこうと思っております。
荒川を走ったこと、つくばを走ったこと、富士を走ったこと・・・すべてが彼のこれからの糧になり、父母との思い出になってくれればうれしいです。

やりましたね

同じ日に、私は富士山北西側の裾の方で高低差ほんの300mほどのサイクリングをしてました。

上の方では、こんなドラマがあったんですねぇ。おみごと!

やってくれました!

くりはらさん、
1~2合目まではどうなることかと思ってましたが、息子がんばってくれました。獲得した絶景に加えて、ヒーロー化しちゃったことで引くに引けない状態に追い込まれちゃったし(笑)

北西というと湖でしょうか?実は私のロードデビューの場が無謀にも富士五湖全周でして、けっこう嫌な坂が続きますよね。だらだら~と。いつかリベンジサイクリングに行こうと思っております!景色最高ですよね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/456-f0202231


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。