1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月最大の思い出走となった息子とのスバルラインライドですが、
登坂後に、悪友と元気に水泳している息子を微笑ましく眺めながら、
親父は、ある不安に支配されておりました。
―どうしよう。本番まであと1箇月だよぉぉぉ。
息子を完走させるのが目的だった先月の登坂は、
―3時間で五合目に
のペースを心がけ、ほぼ予定通りの時間でゴールに到達することができたわけですが、

冷静に考えてみれば、
ヘタレの究極の目標である「1時間半」で上るためには、あの日のペースの倍。
現実的な目標である「1時間45分」でもそれなりのペースアップが必要なわけですが、
プールサイドで上ったばかりのコースを振り返ってみて・・・
平均時速15キロ近くにするイメージが沸かないのである。
―レース当日まで1箇月、あ~どうしよう。。。

以来、ローラー台とスーパーなVAAMなども導入して減量に挑むも、
直前に飲み会があったり、前日まで出張が入ったりで、、、
まとまった距離、そして峠ライドもできずの。。。上積み皆無の1ヵ月後。

前日6日(土)に起きたら雨降ってるし、正直「棄権」の文字が脳裏に浮かぶも、
人気イベントの抽選に落ちた方々を思うと、棄権は罪悪のように思えてきて、
大雨の中、車載し、渋滞の中央道を進む。
シトシト雨のなか、受付を済まし、
(なんだよ~!参加賞のTシャツに期待して、アンダーウエア持って来なかったのに!)
早々に会場をあとにして・・・温泉に。
温泉に
今回はヒルクラレースは第二義。
日ごろ仕事に必死に取り組む自分のリフレッシュが第一義でございます。
ただ、
―ビールは大瓶1本にとどめ(肴はわかさぎフライ)、
―サウナに入って、必死に1キロ落とし(最後の抵抗)、
という行為からして、やはり相当に翌日を意識していたようです。
宿の近所の安食堂からの帰り道には・・・
前日夕方には・・・
それまで隠れていた富士がちらっと姿を現してくれました。
―うん。天気は思っていたとおり大丈夫だ。なんせ明日は人生雨知らずの悪友も出るし。
9時にはZZZ。3時半起床。

クリアに目覚める。ただ・・・
直前練習に取り組めなかった今回は、いつものイベントと違い「やるぞ~っ!」気分がいまひとつ盛り上がってこないなぁ。
そんな冷めた心を、
素晴らしい天気です
天気が鼓舞してくれ、、、なにより見て、この光景。
すんごい人!
口あんぐりの5千人!!です。

ちょっとだけ機運が盛り上がってくる。そして、スタート直前には・・・
スタートです。
かなりやる気になっておりました。
(あっ、今回は自らの現実を踏まえた2時間目標の第7グループでの参戦です)

富士スバルラインは・・・もう5回?6回?7回目???
それなりに経験している道ですが、
(最初にお遊びで上ったのが一番いいタイムというのが悲しい)
いつも失敗しちゃうのが、はじめに暴走し、徐々にへたれて、4合目あたりの激坂で撃沈のパターン。
なので、今回は前半はとにかく踏ん張らない。
幸いにもこれくらいのグループだと、ばびゅーんと刺激するような方も少ないので、
周囲のペースにあわせて、軽めのギアで漕ぎ漕ぎしていく。
5キロ通過。
―まぁ、計画通りのタイム。
10キロ通過。
―イーブンペースだねぇ。。。
15キロ通過。
ここで漕ぎながら、ゴール時間を試算してみたところ・・・
―やばいぞ!この調子じゃ。史上最遅速タイム(先月除き)まっしぐらじゃん!!
単純計算で2時間10分は超えそうなタイムでした。

ヘタレなりのスイッチを入れる。
なんか私の今年の富士ヒルは、残り8~9キロを切ってからがすべてだったような気がする。
いつもはオーバーペースでへろへろの大沢駐車場あたりからの急斜度区間をそれなりにこなし、
待望の緩斜面区間。
出ました!45km/h。
(さすが高級炭。踏めば応えてくれます。普段はごめんね)
―ヒルクライベントでこんだけ足余してどうすんだよ。
と前半を後悔しながらも、35km/hを一度も下回らず、スプリント。ぜぇぜぇ。
―この勢いで行けば、最後500メートルも惰性で乗り越えられるかな。。。
と思ったころ、あららよりにもよって、残り500くらいからは大渋滞で勢いいかせず、
スプリントの疲れもあり、いつものヘロヘロゴールとなりました。

タイムはグループなりのタイム。
前半のまったり走をちょっと反省したり、
いやあのまったりがあったから後半少しは取り戻せたと思ったり、、、
ただ、いつものように上りきった充実感は、やはりありました。
五合目
自宅へのお土産を仕入れたりしていたら、かなり長時間の五合目滞在となり、
ほぼ最後尾のグループで下山の列に。
いい笑顔ですね
皆さん、いい笑顔をしております。
「1年のがんばりのおかげで、去年のタイムを大幅に更新したよ」
「やった~!1時間半切れた!」
「初めて2時間切った」
「3時間半で上りきれたよ~~。うれしい!!」
そんな会話が聞こえてきます。
みんながそれぞれにがんばり、自分を確認できるのがこのイベントのいいところですね。
うどん
各自の奮闘のご褒美の吉田うどんの写真ですが、
いま気づいたら、向こうにいる人は。。。。かぶりもの?
ゼッケン付いてるところをみると、まさかこの格好で上ったんでしょうか?すごい!

なんか非常に疲れたので、表彰式は・・・
みなさん、充実の表情でした
35歳以下の女性の部だけを覗いて、帰路へ。

「お疲れ様」
妻子がねぎらい出迎えてくれました。はい、これお土産。
おみや
1ヶ月前に、これのすっかりファンになった息子は大喜びです。
―買うのに30分以上並んだから。
「うめぇ。富士の上じゃなくても、やっぱりうめぇ。ただ、五合目で焼きたて食べたほうがもっと美味しいよね。今度、かあちゃんも上って、食べてきなよ」

さて、今年のMt.富士ヒルクラ。
以上のように、それなりの結果に終わりましたが、
いいリフレッシュにはなったかな。それと、
前半にだらだらし、いつもはだれだれの後半をしっかりと登ってみて、
なんか今後のヒントがつかめたような気がします。

あいかわらず仕事の日々が続きますが、1年後を目指して、ちょっとがんばってみようかなという気になっております。
スポンサーサイト

コメント

お疲れ様でした~(^^♪

ヒルクライベントに参加するって時点で尊敬しますよ!
速い人はガシガシと競って、そうでない人も自分のペースで完走すれば達成感が味わえるのがサイクルイベントの魅力なんでしょうね。自分も富士山に一度は登って見たいけど人込みが苦手なんでイベント以外で行けたらと思ってます。今年もご友人達と乗鞍行くんですか?

晴れ男さんのお陰ですっ

ずんどこさん、お疲れ様でした~。天気が心配でしたが、カンカン照りで違った意味(み、水が。。。)で心配するほどでしたねぇ。これも晴れ男のお友達のお陰です。富士吉田を後にするに頃には、富士山はすっかり雲の中でした。(^^)

それぞれの目標を持って富士を目指す、そして五合目で富士山が迎えてくれる。。。それがこのイベントの良い所ですねぇ。

お疲れさまでした

今年も良い天気だったようですね。

>人気イベントの抽選に落ちた方々を思うと、棄権は罪悪のように思えてきて

その通り!人それぞれ事情はあるでしょうが、気分で出ないのは落選した人からすれば「ふざけんなよ!」でしょう。
それに行ったら行ったで、何かしら得るものがあるのもこの手のイベントの良さだと思います。

でも5,000人ですか…ちょっと今後の参加は考えちゃうなぁ…。

完走おめでとうございます

お疲れさまでした
お天気、好転して良かったですね

>35歳以下の女性の部だけを覗いて、帰路へ。
なんで目の保養してるんですか!(笑)

とりあえずでも なんでも 出場する! という姿勢に拍手します! 前進してるってことだもん…!!

なんか 子育てとか 仕事とかしてると アッ!という間に1年どころか 3年位 経過しちゃってます。
その間に 必ず 自分の証みたいなのを残しているずんどこさんは スゴイ! と 思います
高級炭… 焼き鳥 焼いてみたくなりました~

お疲れ様でした

思うように練習できない中でも、参加&完走したのですから大したもんですよ。
富士山は登るより眺めるところと思っている私にはとてもマネできませんわ。

イベントの効能の1つに

MARUさん、
尊敬してるのは、お忙しいなか、コンスタントに走っておられるMARUさんに対してでございます。実は私が苦手なヒルクラにもかかわらずイベントに出るのは走る機会を強引に作るためでもあったりします。貧乏性なので、土日でも日程が空いてれば仕事入れちゃう傾向があるのですが、イベントに申し込み、エントリーフィーを振り込んでおくと、その貧乏性のため、仕事を断ることができるので。
プライベート富士。ぜひ決行してください。気持ちいいですよ~!下りは(笑)
実は当方のプライベート乗鞍は、昨日話が勃発しました。ただ、40オヤジ3~4人の日程のやりくりがなかなか大変だったりします。

感心しちゃいます

えーじさん、
お疲れでした。乗鞍に参加できない鬱憤は晴らせましたか?しかし最高の天気でしたね。たしかに富士でボトル内がからになりかけたのは、こぼした昨年を別にすれば初めてだったかも。実は今回はヤツとは電話でやり取りしただけの会えずじまいだったのですが、時間的に考えて雲がでたのはヤツが会場を去ったあとのような気がしてなりません。ほんと恐ろしい能力です。
俗に富士は一度上れば…と言いますが、自転車で五合目の場合、何度上っても、課題を与えられ、二度、三度…とのぼりたくなりますねぇ。私、ヒルクラは好きじゃないのに、不思議です。

ブログが大きかったりして

row-kumaさん、
正直な話。最初からある程度の結果は見えていたこともあり、ブログで当選発表してなかったら、棄権した可能性大かもです(汗)ただ、ほんと出て良かったです。へとへとでたどり着いた際に見上げた先にあった霊峰の姿、そして下山待機時の参加者の笑顔。大いに触発されましたです。
しかし5000人。驚きです。このブームはすたれるのか?はたまた文化として根付くのか?

うっ!そこ突っ込みどころ

hirotoさん、
な、なんで目の保養って。。。ほ、ほら。こ、今回は、り、リフレッシュが第一義ってことだから(汗)

ポイントに突っ込んでくれて、ありがと。ふん!!

前進してるのか、なぁ???

Aママさん、
素晴らしい解釈ありがとうございます。ただ、本文にも書いたように、最初にいい加減に上ったのが一番速いって。。。それもあって今回は前半脱力で上ったんですが。。。はは、うまくいかなかった。
…と冗談はさておきまして、ある程度、勝手きままにさせてくれている家族に心から感謝している親父であった(決まった!・笑)

焼いてみたくなったって。。。。。それじゃ、悪魔だ(爆)

うたがわしい。。。(笑)

オビワンさん、
最近、走れない状況下で、平地・山岳無関係にイベント予定入れまくっちゃおうかなと考えたりしちゃいます。そうすれば貧乏性の私は間違いなく参加するし、いろいろなところを走れる。つまり常に本番、常に練習。ただ、それを許せる懐の余裕がない(泣)

う、う…ん。ときに独りでも名栗方面に迷い込んでしまう会長にマネできないと言われても説得力がありませんが(笑)、たしかに富士は眺めて美しい山です。とくに五合目から山頂を拝むと、さらに美しいので、ぜひともど~ぞ(爆)

長かったですね。

お疲れ様でした。
あの緩斜面で45キロはすごいです。ゴボウ抜きだったでしょう。カッコいいなあ。私はあそこはコバンザメごめんなさい走法でした。
私が下山しているときに、大根のカブリモノの人が上ってくるところを見ました。暑くて大変だったでしょうね。

大根だったんですか!

55号さん、お疲れでした!

まずはお礼です。撮ってるときは気づかなかったのでかなり気になっていたのです。うどんの向こうのカブリモノの正体が。大根だったんですか。しかも上ったんだ、この姿で。。。すげぇです。

緩斜面はたしかにごぼう抜きでしたが、前半はほぼ足使ってませんから(恥)。いつもは30km/hいけばめっけものです。で、そのスピードのまま最後の500の坂につっこみ、300メートルくらいにしようと目論んだんですが…すごい渋滞で、即ファイナルローでした。

ヒルクラは遅くても楽しめますが、やっぱもうちっと速くなりたいなぁ。。。

完走おめでとうございます

キツイ&長い登りを”リフレッシュ”のために走っちゃうあたり...すごいです。
連日の激務で普通なら棄権しちゃいそうですが、違うんですね。

きっと何度でも来てしまう魔力がそこにあるんでしょうね。

恥ずかしながら、ありがとです!

やんさん、
この日のために1年間取り組んできながら抽選に落ちて出場できなかった方のことを思うと、、出場権を得ながら不参加という選択肢はなかなか取りがたく、「温泉浸かってこよう」のつもりでいきましたが、おまけのわりにはたしかに上りの距離が長すぎでした(笑)

魅力満載の乗鞍と違って、25kmの上りの大半は木に囲まれた眺望も楽しめない坂道で正直あまり魅力のない道なのですが…不思議とまた上りたくなります。五合目から見える日本一の霊峰の頂、そして経過が退屈な分、自己と闘う側面が強いのが、再び足を向かわせる理由なのかもしれません。

楽しそうですね~

読んでて、本当に楽しそうに思えました。
楽しそうに頑張るお父さんはご家族にとっても誇らしいでしょうね。

辛楽しい。。。

しんすけさん、ありがとうございます!

まさに辛いけど楽しかったです!満足できないタイムにもかかわらず、そういう気持ちになるのは、自転車はじめる前の自分じゃ到底こなせないことをできているという思い。そして、そのタイムに関して悔しいと思う気持ち―まだまだ自分も捨てたもんじゃない!―それを確認できるのがヒルクラの、自転車のいいところなのかもしれませんね。

家族(とくに息子)は速いお父さんを求めている気配濃厚ですが(笑)、幸い自転車で上ることの辛さをわかってくれているので、それなりにがんばりをたたえてくれます。ただ、もっと痩せろよ視線を強烈に浴びております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/474-3e79579e


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。