1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父44歳、息子13歳の思い出の記録です。

さて。
これまで多くのサイクルイベントに出場し、たくさんの良き思い出を作ってきましたが、
いずれのイベントも「朝早い」スタートのため、
3時半ごろに起きて、身支度し、飯かっこんで、生理現象を解消し…と朝の慌しさが難点といえば難点でした。

その点、
45キロ宿泊コースのスタートは朝10時。
飯をのんびりちょっと過剰気味に食べ(うめぇ!)、食後のコーヒーまで味わえちゃう。
―んじゃ、息子そろそろ着替えるか?

9時半 スタート場所の「秋山郷総合センター」に向かうと、
朝食時にかなり激しく降っていた雨も落ち着き、曇天のなかの開会式。
いよいよスタートです
栄村名物の“灼熱のなかの絶景”を満喫できなかったのは少し残念な気もしますが、
結果、われわれ父子が完走できた大きな理由の1つが、終日この曇天が続いてくれたからかもしれません。灼熱ランは妻と参加する来年以降の宿題ですね。

それはさておき・・・
われわれのスタート地点は、フルの110キロコースのチェックポイントでもあるわけですが、
開会式途中にはすでに、60キロ以上走ってきた猛者たちがちらほらと走り込んできます。
―わぁ~~!!パチパチパチ!!
まか&きゃのさん、いま入ってこないかなぁ。。。今なら余裕あるから大声援を贈れるのに…なんてことを考えたりしていました。んで、開会式も終わり、出発前に・・・パチリ。
集合写真、お世話になりました!
今回お世話になりましたお仲間たちと。
―今日はお互い楽しみ!がんばりましょう!―
いよいよスタートです。
ネットをふらついてたら、こんな画像をめっけちゃいました。
わが父子。Youtubeデビューです。

―さぁ、のんびりと楽しもう!・・・って。。。
息子様、調子に乗ってくるくる行っちゃってます.......ん!?コラぁ~~!
―いいか。速く進んでもいいけど、抜かすときは声かけて右側からだ。突然、内側から抜かすなんてダメ!!
「わかった。気をつける」
快調みたい
なかなかに快調そうで、沿道からの声援には生意気にも?声でお礼を返しております。
元気あります
「気持ちいい~。来てよかったよ」といいペースで進む息子は・・・ヘタレ父と違って、
ベタイン!
果敢にベタインを攻めております。
―こっちのほうが楽だよ。
「いいよ別に。急に車が来たら危ないから」だそうです。

んで、前エントリーでも触れましたが、小生意気にもときに親父を振り切ろうとするんですね。
いつ覚えたの?っていう綺麗なダンシングで、すぅ~~っと。
(ちょっと笑えるダンシング前の儀式があるんですが、ブログに書くな!と言われて、残念)
せめて、その姿だけでも写真に収めたかったのですが、
写真撮ってると、まじに振り切られるので、勇姿の写真もなし。

と、そんなこんなでわが父子。なかなかのペースで前半戦を飛ばしていると・・・向こうから緑の物体。
―おっ!
「あっ!」
―まかさん!きゃのさんも続いてる!
「えっ!こんな前にいるんですか!?」
まかさんのこの発言が息子にはずいぶんと嬉しかったみたいです。感謝♪
で、またまたペースを上げられて・・・トンネル突入。
1.5キロのなが~いトンネルです
例のリアライトなかなかに明るかったんですが、フレームサイズの小さいTREKの右側にはブレーキと緩衝してつけられなくって、帰宅後にはミニベロ装着かな???
リアライトといえば、このトンネル内で未装着の参加者が直前を走っていて、、、直後を走らせるのは危ないので、オヤジがギュインと加速して、抜かしました。リアライトは自分のため、そして後ろの人のためにもつけましょうね(やじばばさんところに行ったら、ばばさんのリアに注目です)。

トンネルを抜けると、そこには・・・
名物!補給所!!
このイベントの名物、補給所です。
公式そして、村民の有志のおもてなしがコースの処処に点在しているのです。
漬け物。うまかった!あっ!
このお二人には処処でお世話になりっぱなしでした
さきほど颯爽とぬき去っていかれたムスティーンさんとレナっちさん!
笑顔の会話です。
前日自走入りのTakuさんちゅんちゅんさんは快調に通過!
通過
「下ったところの補給所に寄ります」
さすが栄村経験者は種種インプット済みです。
ところで、このトンネルを抜けた場所というのは、コースの最高標高。
のぼったという充実の表情
上ってきたという充実感に浸る父子のショット。
んで、この後の道は幅も広かったので快適に下り、おおっ、あった♪
休憩所を楽しむ
わが親子は今回、休憩所全制覇を狙っております。
「ここのズッキーニの漬け物はうまかったねぇ」とのことです。

で、旨い物という快楽のあとは…上り。
結構辛い上りでしたが、へたれたころにちょうどMTBのおじさんが漕ぎ漕ぎしており、ペースメーカーにさせていただき、上り制覇。
ただ、このあとの下りは怖かったです。
走行時こそ雨はあがっていたものの、路面はびしょびしょで、うねうねの道もせまい。
―父ちゃんの後ろを走って、なるべく同じラインを慎重に下ってきてね。
ここで効力を発揮したのが、熊鈴でした。
前日走とここまでの過程で息子の愛車の音はインプットされていたので、
後ろからしっかりとついてきているのがわかります。一度、激しく音がなったので、恐る恐る振り向くと・・・転倒は回避したもののスリップしたようで、、、
「父ちゃん、いつも思うけど、自転車は下りが怖いねぇ・・・」
この下り、最後にとどめの“逆・子の権現”みたいな部分があり・・・
あ~こわかった
そこは強制的に押し歩きさせました。下るとそこは・・・「あっ!昨日のところだ!」

昨日、記念撮影をしたつり橋、そして湧き水の「北野天満」です。
本日は参加コースの最初のチェックポイントなので、
チェックポイント
ヘルメットに通過シールを貼ってもらい・・・また休憩。
かわゆバナナですねぇ
なんか手作り感あふれるおもてなしです。
ニコチャンマーク顔のバナナを1本いただきました。
んで、こんだけ食ったのに、またまたお会いしたムスティーン&レナっちさんとお昼ごはんもいただきます。でっかいおにぎり2つです。
でっかいけど、ぺろっ
4人ともあっという間に完食です。

再始動後は、いきなしの強烈なのぼり。
このヘタレデブオヤジは食後すぐには動けないので、颯爽と上りはじめようとする息子に嘆願する。
―悪い。しばらくはゆっくり目に行ってくれ。
「ええ!!わかったよ」
で、そろそろ動けるようになったかな?と思うころ、、、息子が急停車。
―なに?
「写真撮るよ」
なぜに?かたつむり???
理由は不明ですが、かたつむりのオブジェです。
で、再度上りとしばらく格闘すると・・・このコース唯一といっていいかもしれない平地区間。
田園の風景
オラ、やっぱ上りより、平地が好きだぁ。。。しかも、本日は念願達成!
なんと息子君が運転手の時速35キロ列車の完成です。うる。うるっ。
この光景をなんど夢にみてきたことでしょう。。。
で、そんな感激に浸っていると、最後の補給ポイント到着!
じゃがいも
じゃがいも、とうもろこし、おいしうございました。
一方、息子は大好物の・・・
トマト、トマト天国
トマト食い放題の幸せに浸っています。

さぁ、目指すはゴールです。
このイベントは最後に激坂or坂か、コースを選択できるようになっているのですが、
われわれが選択したのは、当然、普通のコース。
でも、普通といっても、これがなかなか侮れない坂でして、
本日初、息子が遅れだす。
前半からの奮闘が足にきはじめたのか?はたまたトマトの食いすぎか?
―あと1キロ!がんばれ!!
そして、がんばってくれました。

走行距離 65.0キロ(ほどんど起伏)

休憩所以外では、きつい上りも足つきなし!!
弱っちぃ~と思っていた子がいつの間にかに成長し、やり遂げてくれました。父感激。
きのこ汁
完走のご褒美のきのこ汁は、ひときわ美味しかったです。

んで、帰路は渋滞が予想される関越道に入る前に、温泉に浸かってきましたが、
本人も充実感にあふれているようで、、、語る。語る。
「早く帰って、母ちゃんにお土産話したいなぁぁぁ」
熊鈴ハンドル
  ↑   ↑
思い出の熊鈴。
帰りにハンドルにつけてきましたが、鳴るたびにいろんな光景が思い出され、
しかも、高速の眠気防止にもかなり役立ちました。
恒常的な保管場所にしようかな。

以上、中学1年の息子とオヤジの夏の一葉でした。
スポンサーサイト

コメント

アイドル

父に似て?いやいや母似でしょう…
ほんとのところは定かではありませんが,息子さんはどこに行ってもアイドルですね。

ただ,通勤・通学の足として乗るだけじゃなくてイベントとかに参加して,自転車の魅力に気づいてくれてるようでいい感じです。

成長著しい(^_^)v

息子さん、色んな大人達に触れ合って素直に成長してますねぇ。伸び盛り↑の子供と追われる立場↓の父親...心境は複雑でしょうが、こと自転車については脚力で追い越されるのが時間の問題のようですね♪

さあ、今週末の妻有、オイラも補給地点完全制覇を目指そうかな?その前に完走か...(T_T)

お疲れ様でした

本当に成長著しくて、親父の威厳を保つのも大変ですね~。
ずんどこさんが、息子さんと同じ方向に成長されるのか、別の威厳を身につけるのかも興味のあるところですw

ダニー君へ!

来年はσ(・_・)と100kにチャレンジだ!!

あそこまで辿り着くのに激坂が・・・
(w_-; ウゥ・・

このまま行ってほしいです

やんさん、
自転車イベントだと子供は目立ちますからねぇ。自然、カメラマンのターゲットになっているようです。
ところで確かに、大人に混じって自転車イベントにでてる息子には「自転車に乗ってる人は優しい」という図式が頭の中にあり、それが何よりの自転車の魅力となっているようです。このまま続けてくれるといいのですが…このイベント終了直後から部活の人です。

またまたお疲れです

雨が降らなくて良かったですねー
みんなの日ごろのおこないが良いからでしょう(笑
しかし息子さん良くがんばった
おじさんも嬉しいよ!!!
なんかもう他人の気がしないんですよ^^
blogリンクしても良いですかね~?
また機会が合ったら一緒に走りましょう!

現実を思い知らされました。。。

MARUさん、
オヤジが自転車で偉そうにできるのはたぶん今年が最後だろうな....と彼の走りを見ながら思っておりました。加齢という現実に加えて、あっちは毎日部活でトレーニング、こっちは連日座り仕事と晩酌の日々。。。ただ、最近の子供よろしくスタミナが著しく弱っちなので、まだまだ抵抗してやります!

妻有。いよいよですね。天候に恵まれ、とにかく楽しい1日となることを祈ってます!

威厳どころか・・・

row-kumaさん、
威厳どころか、昼食後しばらくは完全に支配されておりました。嗚呼。
自分の成長か…あんまし考えてませんでしたが、息子と同じ方向だと相当にダイエットが厳しそうなので(笑)、なんか別の方策を考える必要があるかもです。のんびりロングツーリストなんて魅力を感じますし、多数スポーツ自転車保有者なんてもっと魅力を感じる(爆)

来年は・・・

まかだまさん、
本人はすっかり来年も行く気でおりますが、現実問題、たぶん部活だと思う。
で、運良く出場できたら、来年はたぶん親子3人で宿泊コースです。もう希少な機会ですからね。しみじみ。あっ、自転車もう1台の件は置いておくことにして(爆)

ぜひご一緒しましょ~!

ムスティーンさん、
灼熱でなく、雨も降らない―わが家にとっては最高の天候でした。もし雨で下りで大怪我なんてなったら、帰宅後、妻から大目玉だったかも(怖)
しかし天候に恵まれたとはいえ、普段、まったく自転車に乗らない息子が予想以上にがんばってくれました。もちろん、本人のがんばりは褒めてあげましたが、それを支えてくれた皆様に心から感謝です。

リンクの件。こちらからもよろしくです。

ぜひぜひ機会を設けて走りましょうね。。。坂のあるコースはレナっちさんがちとコワイけど(笑)

おつかれさまでした~

充実したイベントだった様で何よりでしたね~。

それにしても息子さん、随分走るようになったんですねぇ。っていうか、こちらもウカウカしてられません。ヘタレて走っていたら、パスされるのは時間の問題っぽい。。。(^^;

ダンシングが得意とは聞き捨てなりませんっ。ダンシング前の「儀式」を伝授していただかなければ~。(^^)

素晴らしい!!

お二人揃っての完走、おめでとうございます
感激と感動と、色々感じさせられるランだったのでしょうね
ずんどこさんの気持ちが伝わってくるレポでした

いつまでも仲の良い家族でいるために、そろそろ息子さんに
一台専用車を...(笑)

いくら、えーじさんと言えども・・・(笑)

えーじさん、
ほんと充実の2日間を送ることができました!

ところで、息子。富士スバルラインや刈場坂にいったときと別人になっておりました。やっぱりクラブ活動で走ってると違うようで、ダンシングされると「すぅ~すぅ~」と差が広がっていく(泣)、ただいまのところ極度のスタミナ不足のため、逃げ切りは無理みたい。
で、聞いてみたところ、“儀式”なしにはまだ気合は入れられないそうです。ほんとは披露したいんですが、彼の友人の何人かがこのブログの存在を知っているそうで名誉のために内緒。ただ、一度、えーじさんに峠に連れてってもらおうかなぁぁぁ。そうすると聞けますよ。

ダメオヤジの子も育ちます、ね

hirotoさん、
5月に富士に上ったのと同じ息子なの!?ってくらいの成長を感じました。若いっていいね(笑)実際、3~5%くらいの緩めの坂が続くようなら、負けちゃうかもしれない(泣)

もう一台ねぇ。息子のを買うというよりも、妻の新しいのを買って、TREKと2台態勢というのはありかもしれないっすね。

人生のプライムタイム

実感する日々でしたね~
親父も負けてはならん!(笑)

ご、ゴールデンタイム前だ(笑)

Aパパさん、
ほんと親父も負けちゃあおれんですなぁ。体力の低下には精一杯の抵抗を、そして気持ちは常に若々しく。。。ということで、また、大いに遊びましょう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/486-1994ba92


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。