1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族でクロモリ

土曜夜。
スーツ姿で、電車に揺られながら決意した。
―おし!やっぱ、休も!2日くらいなら休めるだろ。。。
シルバーウイークなんてまったく関係のないお仕事ではありますが、
あいにく乗った電車が、夢の国行き列車...京葉線。電車の中は幸せそうな笑顔でいっぱいだったもので、、、

んで、帰宅後、早速・・・
―この連休は予定つまってるの?
「とりあえず明日は開いてるけど、あとは不明」
―んじゃ、明日走ろうよ!
「いいよ。ただ山の気分じゃないし、どうせ走るなら100キロ走ってみたいなぁ」
との息子からのリクエスト。
ということで、どうせなら車載して霞ヶ浦1周でも、と思いをめぐらせ、就寝。

今朝、音にびっくりして起こされる。正体は…。
この季節、わが家では窓をほんのちょびっと開けて、寝ているのですが、
ビュンビュン、ゴーゴーの、もの凄い風にオヤジの心はゆれていた。
そこに、起きてきた息子の
「すごい風だね~。こんな日は自転車辛いねぇ・・・」発言。計画頓挫の瞬間、
―またの機会にするかねぇ。。。
まったく、ヘタレ親子です。

んで、計画変更。
移動手段も「2輪」から「4輪」に変更し、
もともと連休中に行くつもりだった「お墓参り」に。

お墓参りって、なんか昔を思い出す機会でもあり、
途中のルートはなぜか、自分の縁のある場所を選んでしまいます。本日は、
悪友と出会った高校→幼稚園→幼少期に秘密基地を作った場所(とその近辺にある現・大与党幹事長宅)
のルートを妻子に紹介しながら。
―お父さん、見て。孫はもう嫁の背を抜かしたよ。な~む~

さて、わが家のお墓参りは、
亡き父が、幼少の僕をよく連れて行ってくれた「永福大勝軒」に行って、終了となります。
本日も永福町のコインPに駐車し、、、
―ねぇ、ちょっとブログネタに写真撮りたいから、遠回りしていい?
と進んでいくと・・・ん?  おっ!!!
のれんが・・・
長い連休なので、たぶん開いてないだろうなぁ。。。と思っていたんですが、
望外にものれんが出ておりました(嬉)

昨年のクリスマスに大騒ぎさせていただいた、
黒森庵
黒森庵さんでございます。
本日2度目の計画変更。初めて家族と入店。
うめぇ・・・
「うまいねぇ、父ちゃん!」
つまみの段階から、感嘆の声を挙げる妻子。
―だろ、だろ。
と偉そうにしながら、そば師匠に手を合わせる私。

んで、蕎麦到来!
うめぇ!!
妻:イタリアの赤、息子:イタリアのもり、私:もり2枚
うめぇ、ひさびさ旨い蕎麦、食った!!
で、妻子が例のそば湯に驚嘆の舌鼓を打っているころ、父ちゃんが思っていたことは、、、
―あ~、今度は歩いてこよう。
酒飲めないのは辛かった。
(しかし、ご主人はしらふでみても、かっこいいっす)

車に乗り込む前に、大勝軒に寄って、お土産ラーメンを購入して、帰宅。
スポンサーサイト

コメント

あの~、、、
そんなエラそうなモンじゃないんで、、、
手なんか合わせないでくださいまし(^^;

ご子息との100Kmラン中止は残念でしたが
御家族で黒森ワールドを楽しめたのはラッキーでしたね!
奥様もその後良くなられたのでしょうか?

また機会がありましたらご一緒願います。(^^)

PS...黒森庵さんは10月より木.金.土.祝都民の日定休になります。
  *8月全休.年末年始(不定休あり)

マンモス・ラッキーでした

aizさん、
いえいえ、あんな素晴しいお蕎麦屋さんをご紹介していただいた師匠には大感謝!そして、朝の暴風にも感謝ですかね?
仮に朝無風で走りに行き、墓参りをずらしてたら、連休でお休みで、またまた黒森ワールドを楽しめなかったわけだし、高速渋滞にも巻き込まれていたわけだし。。。

しかし、旨いっす!妻もいたく感動し(来週中ごろにはちょっといい報告ができるかもです)、現在、にんじんにチャレンジ中です。
ぜひぜひ、またご一緒させてください。徒歩で(←重要・笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/497-bd70ea2c


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。