1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか慌しく過ごしております。

週末は大抵、どこかに出張にでかけ、
たまに走れそうなお休みの日は、、雨だし、
仕事場の工事が相変わらず続いているから、ジテツウもできないし、
ならば、
イベントに申し込んじゃえ!とひそかに申し込んでいた「東京エンデューロ@彩湖」も、
当日朝の悪友のぎっくり腰で、チーム員の息子ともどもDNS。。。

……と、見事なまでにまったく走っておりません。
(この1ヶ月は、2~3回ローラ漕いだくらいか)

一方、息子も、目前に迫った初のヒルクライベント(草津)を前に相当に焦ってるみたいで、
「父ちゃん、今日は予定ないから、一緒に走ろうよ」
と、この春休みには積極的に誘ってくる日もあったほど、
―あのね。大人の予定は急に変更にできないの。パンク修理法教えるから、1人でいけば。
「……」

まぁ、かわいそうだし、さすがに私本人も不安になったので、
4日はまるまる時間をあけて、のぼりの感覚を思い出しにいくことにした。

本日は上るのが目的なので、もちろん車載し、西平近辺まで自転車を運ぶ。
現地につき、組み立て作業中。
いつもは組み上がりまで助手席でzzzなけしからん息子であるが、
本日は覚えようとしてるのか、作業を見たり、ボトルにドリンクつめたり、助手する息子。
多少やる気があるみたいだ。

組み立て完了。
―さぁ!行こう。コースは前に走った松郷→定峰→大野→刈場坂でいいね。
「うん、それで余裕があったら、帰りは逆走して、戻ってこよう」
おお!ほんとやる気まんまんだ。
―ところでさ、峠道走るのって、いつ以来だ?
「先月だかに物見山行ったじゃん!」
―あそこは坂道で、峠道じゃないよ
「なら。。。栄村以来かなぁ??」
―父ちゃんもそうだ。ひぃ、ふぅ、みぃ…8か月ぶりかぁ?

道理で足が重いはずで、、松郷峠ですでにファイナルロー導入の父。
ひさびさの上り、、というか久々の自転車は堪えます。
一方、息子はほぼ1年前に、このルートをたどったときには、
振り向くと米粒化していた松郷→白石車庫間のだらだら上り道も遅れずについてきます。
―おっ!快調だね。
「というか父ちゃんが遅くなったんじゃない?あとさぁ…」
―なに?
「背中が大きくなった。かなり太ったね」
―知ってる!そんなこと!!

そんな会話をしながら、定峰峠の登り口にあたる白石車庫に到着、小休止。
―父ちゃん、今日はだめみたいだから、さっさと先行っていいからね。一本道だから、茶屋のところで待っててね。
と、先に出発させる。
のぼりはじめ…
もちろん、途中で追いつき、追い越し、父の偉大さを見せ付けてあげる魂胆である。が、
追いつくどころか、背中が遠のいて、、
茶屋
先着を許すことになってしまった。

ちょうど昼過ぎだったので、ここで昼めし。
肉うどん&肉そば
茶屋のおばさんとの会話が非常に印象に残りました。
―あ~あ。まさかお前に追いつかず、放されるとはなぁ。父ちゃん、軽くショックだよ。
なんてことをつぶやいていたら、

何言ってるの、お父さん!
息子さんに追いつかれるなんて、最高の日じゃない!
父親冥利につきるでしょ!

う~ん。たしかに。。。でも、おばちゃん。
―男として、あと2年くらいは踏ん張りたいというのも本音
ともかく会話ははずみ、この後の行程の声援を受けて、送り出されました。感謝。

さ、再出発。
上るという行為に多少は慣れてきたのか、
今度は抜きつ抜かれつ上っていきます。
―ん!?お、お前。。。ア、アウター???
「あっ、そういえば前も変えられるんだっけ?面倒だから、そのまま上ってたよ。
―ずっと?
「うん。じゃ、変えてみようかな…。あっ、ラクチンだ」
行っちゃった。。。
―……。
行っちゃった(泣)

白石峠との合流地点で待っていてくれた。
「最後のところは、さすがにきついね~。父ちゃん」
う~~ん。なんかとっても複雑な気分です。とりあえず、
―五十肩が痛くて、父ちゃんはダンシングが長時間できないから…
とわけのわからん負け惜しみを言っておくことにした。
そんなとき、
白石峠を上ってくるタマレンジャージが…おお!この若者が噂の!お初です。
TT更新の瞬間に立ち会えて光栄でした。
まもなくもうお一方、白石を登る兵が…やはりタマレンでした。

今日は寒くて、グリーンラインを走る自転車乗りも少なかったのですが、
この時期に白石峠かぁ。。。
私に再び、あの峠をのぼる日は来るのであろうか。。。(遠い目)

しばらく会話し、吉見に向かうお2人とはお別れし、われわれ親子は先に進む。
例の場所で、記念撮影をし、
(しかし、親父を坂で置き去りにしたのがよほど快感なのか、刈場坂の看板前の表情がやたら笑顔だ)
寒いので、早々に下り、駐車場に向かうことに。
「さっきの写真みせて」
―いい写真だったよ。ちょっと待って。。。あれ?おかしいな??
「どうしたの?」
―保存しないで、バッグポケットに入れてたら、消えちゃったみたい。悪い!
「2周目行く?」
―いや、勘弁。また来よう。

しかし、写真のごとく、今日の上下関係を相殺できないだろうか。。。
などとちらっと思ってみたりもしたが、
数日後には草津で「タイム差」という現実をつきつけられるわけか。。。

帰路の車内。
「また来よう?」
「富士山もまた行きたいね」
「乗鞍も上れちゃったりするかな?」
と、普段の思春期がうそのように、やたらハイテンションな息子でありました。

走行距離 45.3キロ

そういえば駐車場で自転車をばらしていたら、「あっ!」と息子の声。その指差す方向をみると、メットにニコチャンマーク。二人して大声で呼びかけたんですが、わが家のヒーローは颯爽と過ぎ去っていきました。
「父ちゃん」
―なに?
「やっぱ日ごろから乗んなきゃだめだよ。ああいうふうになれないよ」
たしかに。
スポンサーサイト

コメント

ついにその日が。。。(^^;

すれ違っていたとは気づきませんでした~。(^^;
息子さん、たくましくなったんですネェ。もうどこにだって登れちゃいますねっ。草津、良い天気に恵まれて息子さんのヒルクラ魂に一気に火がつくことを願っておりますデス。(^^)

若いっていいなあ

>面倒だから、そのまま上ってたよ。

そんなこといってみたい。
乗り始めた当初は,ノーマルで…なんていっていたのに,今ではすっかりコンパクトドライブな私です。

上りきる前に下ってきた息子さんに吸収され…なんてことにならないように,頑張らないといけませんね。

このまま

ズルズルと差が広がらず、息子さんを再逆転することができれば、努力の大切さを教え、さらなる尊敬の念を獲得することができるのでしょうね?w

これをきっかけに一丁やってみてはいかがですか?
息子がライバルなんて最高だと思いますけどね~。

嬉しいじゃないですか。

白石峠にてずんどこさん父子目撃!の知らせを吉見で聞いて一同沸いておりました。
Xデーは思ったより早くやって来たんですね。
おめでとうございます!

Fight!!(o^-^)尸~''☆ミ☆ミ

今週の土日に丸山林道で練習しますが
いかがですか~?
ェ・)ジッ

見つけるの早い早い(笑)

えーじさん、
上りながら、そして刈場坂で、何度「会えるかなぁ」という言葉を聞いたことやらです(笑)もう少し待ってれば、会えるような気はしたのですが、あまりに寒いので、「今日は寝坊の日かもしれない」と言って降りてきました(失礼・笑)
にしても、発見の早かったことと言ったら。ヘルメット、自転車、ペダル。。。間違いないからと言われ、急ぎ車載し、追ったものの。追いつけず。草津でお会いできること願ってます。

ノーマルって何(笑)

やんさん、
まったくです。私なんて、上り坂を見た途端に条件反射で左手が動きます。それをアウターなんて、若さは老いの敵だ(怒)
にしても、ひさびさに乗りましたが、坂は甘くないな~と痛感しました。決して白旗あげることなく、がんばんないと。あ~、時間がほしい!

一応、予定では…

row-kumaさん、
たしかにライバルが息子なんて最高ですねぇ。考えただけでもワクワク、ゾクゾクします。
いちおうの予定では、今年の草津はもう仕方なく現実を受け止めることにして、今夏には…、いや来春くらいには、どこかのお山で!と算段はしているのですが。。

うん!うれしい!!けど…

オビワンさん、
こっちも走ってないけど、あっちはもっと走ってないという希望は、見事に打ち砕かれました(笑)
まじめな話。初めて彼に千切られ、最初にうれしさがきました。でも、あきらめたくはないよね。ぜったいに。

ざんね~~ん

まかだまさん、
いや~、予想をこえた差にはまいりました。

で、わが息子は土曜がご多忙なのでその間に少しでも差をつめたいところですが、あいにくこっちもこの土曜日は仕事です(泣)。んで、日曜日は悪友からお山に誘われておりまして、現在、息子ともども日程調整中なのです。。。ちなみに、それ以前の問題で、いま皆さんと走る自信はまったくなかったりして(汗)

実は

白石峠でお会いしたhajimeです。
実は、去年の3月のよるたまで一度お会いしていました・・・
リンク貼らしていただきました。今後とも宜しくです。

私も五十肩

子供は父親の背中を見て育つ。
私もそんな関係を夢見ていましたが、なかなかね。
ずんどこさんのところは休日一緒に遊べてとてもうらやましいです。

そうですよねぇ

hajimeさん、
そうですよね。実は、た~ぼ~さんからhajimeさんとご紹介されて、「えっ!?」と思ってました。よるの姿と昼の姿の印象の違いか(笑)、それとも走っておられるから体型が変わったのか...いずれにしても私も早く戦列に加わりたいと思っているのですが、なかなか現実社会が厳しい状況でして。。日程あえば、顔出すつもりですんで(特に夜)、その節はよろしくです。

リンク、ありがとうございます。こちらも相互貼らせていただきますね。

そう、なかなかね。

55号さん、
背中は太ると嫌でも目に入ると思います…

…という冗談はさておき、、
更新頻度が低いので(汗)、さぞかし仲の良い父子と思われていることと思われますが、ふられる確率、うちも高いというか、ほとんど別行動です。なので、一層、自転車という趣味をすりこんでおいてよかった~と思ったりしています。2人で走るのはほんと貴重な時間なんですよぉ。

嬉しい、悔しい、楽しい

複雑だけど良い一日。
って、感じですね!
私もこの春から乗るぞ!
と、誓うのでした。
明日は久し振りのロード。
青い方、赤い方、サイボーグマドンな方.....
自分に鞭打つ1日となりそうです。(笑)

錆付きは最小限に…

Aパパさん、

ほんとそんな1日でございました。そして、今日も…悔しさは消したくないな~と思いましたです。

しかし、そちらの本日のメンツ。。。そげぇ。まさに滑空だったでしょうね~。レポ楽しみにしています!
ちなみに、こっちはまたまた喘ぎのレポ(泣)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/542-bd55527b


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。