1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてはて、どれくらい動かぬサイコンと格闘していたことだろう。
5分、いや10分というところか?...でも残念ながら作動せず、あきらめる。
―いいや。今回は完走目指すだけだし、幸い時計は動いてるから、タイムの目安にはなるか…
と遅ればせながら、スタートラインに向かう。
少し力を入れると、左肩から激痛が走りますが、可能な範囲で助走し、“ピッ!”計測タグの音声を確認。
―おし!長時間にわたる喘ぎの時間のはじまりだ。。。ん!?な、なんで?
見覚えのある顔が手を振っている。。。む、息子だ。
―な、なんで止まってるの?
「サイコンがね。外れちゃったの」
―そんなのはめなおして走ればいいだろ!もうスタートしてるんだよ。真面目にやれよ!ほら、貸してみぃ!
なんか怒りがこみあげてきた。スタート地点で喧嘩してたのは、われわれ父子です。
―あれ?これ外れたんじゃなくて、台座ごと折れてるじゃん!
「うん、スタートでリセットしたら、、、」
おそらく気合を入れてリセットした勢いで折れたんでしょうが、
ロングライドに乗るわけじゃなんで、ビニールテープも軽量化のため置いてきたし、、、
―折れたもんはしょうがないじゃん!レースなんだぞ!あきらめて走れよ!ぼ~っとつっ立ってんなよ。真剣に走ってるみんなに失礼だろ!臨機応変に行動できないやつが、父ちゃんは一番嫌い!!

いま考えれば、ちょっと言い過ぎた気もするが、ぶんなぐる勢いで罵声をあびせてしまった。

―ったく、バカもんが…
ぶつぶつ独り言をいいながら、こんな息子と走りたくないので、痛みも忘れて、感覚1キロほどは踏み込む。
でも、いまの実力差では、まもなく追いつかれるのが現実だ。
「父ちゃ~ん、追いついたよ」
あまりの能天気さに再び怒り。
―あのさ、父ちゃん、スタート後止められたんだよね。今日は記録はだせないけど、一応レースに参加してんだよね。人に迷惑をかける人間は最低だ。ともかく真面目に取り組め!!
少し大人気ないが、再噴火してしまった。

話によると、こっからは真面目に奮闘したらしい。

さて、それでは、まずは親父の奮闘記。
坂と格闘してたら、次第に怒りも収まってきた。
それとともに、痛みを感じはじめてきた。
ギアは34×25Tにほぼ固定。上半身に力はいれないように背筋をのばしてシッティングで走行。
草津は時折、斜度がゆる~くなり、そんときは多少スピードを出せますが、
それ以外の場所では、MTBでくるくる回している人以外は、全行程を通じて1人もローディを抜かしてないんじゃないだろうか。
予想していたこととは言え、悲しいし、悔しい。あっ!
―オールスポーツのカメラマンさんだ。ここだけは格好よく決めないとね…
親指立ててポーズを決めたら、ついつい左手だった。激痛、脂汗。。。かなりの後悔。
にしても、、、風が強い。
大まかに言って、コース全体を通じて、左にカーブすると強烈に押され、右にカーブするとぶわっと吹き付けてきて、ファイナルローな私はいまにも止まりそうな勢いです。
―ただ、絶対に足だけはつかんぞ!
と奮闘してたら、腰痛もではじめる。歳って、いやデブっていやね。
なので、ペダル下死点で、ゼロキロ近いスピードで休みを織り交ぜながら進み、
最後はちょっとだけ喘いで、ゴールにたどり着く。
タイムはなんと1時間24分(泣)。。。ほんとツライ時間だった。

―う~ん。こんな暴風のなか、パワーのない息子は大丈夫だったかなぁ。。。

「辛かったねぇ~、風。吹き飛ばされそうになったよ」
抜き去られたときに一喝を入れた以降は、相当真面目に走ったそうだ。
「後半は斜度が緩くなっても、向かい風でスピード出せなかったよ」
たしかに、そうだろうねぇ~。
「それでね。途中で、まかちゃんから“がんばれ~”って声をかけられたんだよ。うれしかった。抜かれちゃったけどね」
ほう。でも、まか“ちゃん”はないだろ。目上の人間にw
「あとね。殺生をすぎたあたりで、えーじさんもみかけた♪すごいダンシングで、ついていこうとチャレンジしたんだけど、4メートルくらいで置いていかれた。ダンシング術を盗むつもりだったから残念!」
へぇ~、いいな~。
息子が遭遇したということは、当然私も早々に抜かれたんだろうけど、肩・腰痛と坂との戦いでまったく気がつかんかった。
―で、最後はスパートしたの?
「いや、風とそれまでに出し切っちゃって、スパートどころじゃなかったよ」
おしおし。それでよし!
で、結果は…1時間10分ちょい。
―あっ、間違っても、あのとき止まってなければ、1時間切れたかもなんて思うなよ。それを含めて今回の結果だからな。

でわ。それぞれの勇姿をお披露目。
トップ争い
うそうそ。これは応援バスで先着していた妻撮影のトップ争いの写真です。
まずは息子から、
ピース
完走後の充実の笑顔ですね。結果的にグッドジョブか。
そして、われ…
へたれ
立てん。。。苦渋の表情です。
そして、2人がそれぞれに自分の足で運んできた2台。
お疲れ~
そうそう。忘れちゃいけない。
寒いなか、長時間応援してくれた妻よ、ありがとう!
「え!?結構楽しめたよ。てっぺんまで行って、時間つぶしできたし」
こんなきれいなんだ
―へぇ~、絶景なんだね~

さ、そろそろ下ろう!
なんせ痛い体にムチ打って、苦労して上ってきた最大の理由は、息子1人で下らせるのが不安だったからである。
でも、慎重派の息子には無用の心配だったかも。。。
―遅せぇ、遅すぎる。寒いから、も少しはスピードだしてよ。
「安全第一。しかし、随分と上ってきたんだねぇ」
ま、下りで暴走するよりゃ、マシだが、、、こりゃ、上って下ってのレースならまだこっちに分があるな、、などと考えながら、なが~い時間をかけて下る。
「さ、完走証もらいに行こうよ~」
―はぁ?何言ってるの?まずはトン汁だろ?
「といいながら、何杯おかわりしてんだよ」
という言い合いも、スタート直後の喧嘩に比べりゃ、なごやかなものだ。
よくがんばった!
そう。いまや同じ坂を格闘した同志だもん!
実際、初のヒルクラで、あの猛烈な風のなか、その細っこい体でよくがんばったと思うぞ。
親として、ちょっと誇りたい気持ちで、
ご褒美に、半袖ジャージとウインドブレーカーを買ってあげた。

前夜宿泊したペンションのご好意で、走行後にお風呂をご馳走になることに、
ここで冷え切った体を温めたあとは、、、観光。
草津よいと~こ~♪
いや~、草津。よいところですな~。
で、勝負である。
射的
以前も書きましたが、この親父はこいつにかけては、自転車と違い(泣)、天才的な能力を持ってます。
「お父さん、すごい!」
店員の賞賛の声も慣れたものである。
「おっ!息子さんも上手だネェ」
えっ!なんと!同点。
―ま、結果は同点だけど、落としたブツの内容が違う。父ちゃんの勝ちだな。
「な、なんで?」
われながら大人気ない発言である。

で、後ろ髪はひかれますが、そろそろ草津をあとにしなければいけません。
疲れた体にムチ打って、車を走らせていると、
「あれ?」
―なに?どうした?
「あの橋って、もしかして八ッ場ダムじゃない?」
―えっ!?あれってこの辺にあるんだっけ?
「そうだよ。常識」
八ッ場ダム
運動能力、遊び能力だけでなく、教養まで抜き去られたような気持ちになりましたとさ。
スポンサーサイト

コメント

サイコンが…
私なら笑い飛ばしちゃうとこですが、マジに怒りをぶつけるあたり、真剣さが伝わってきます。
見習わなくては。

一度は走ってみたいな、こんな絶景のところ。
(去年もそんなこと言ってた様な気がする)

充実の草津でしたねぇ

レースはモチロン草津の温泉街もしっかり楽しみ、家族旅行としても最高だったのですねぇ。レースで息子さんとすれ違っていたとは。。。気づきませんでした。晴れ姿、見たかったなぁ~。

初めてのヒルクラでしかも強風の中をこのタイムというのが凄いですね。私が始めてヒルクラレースに出た時は「もぉ~こんなシンドイの、絶対出ないっ(TT;」と思ったものですが、そうならなかったのは息子さんの日々の部活でのトレーニングはモチロンですが、ずんどこさんのレースまでの導き方がGoodだったということなんでしょうね。

ご褒美もしっかり自転車グッツ。これで益々自転車にのめりこんでくれれば。。。ですねぇ。(^^)

おつかれさまでした

今回は、目標の「ずんどこさんファミリー」に会う!
を達成できました。
ダニー君を叱ってしまうあたり
愛情を感じますね。
私達夫婦も子供と参加って、いつか体験してみたいです。
ステキなファミリーでした。
また、会いたいですね!

大人気無い・・・w

お疲れ様でした。
大人気無い対応?に息子さんとのライバル関係が窺い知れますねw
息子と競うというのは憧れますねぇ…私も簡単に負けるつもりはないですけどね!

息子さんの背中を追いかけるようになるまでの短い時間を色んなところに鞭打って頑張って下さいね~応援してますよ!

効果はなかなかね…

やんさん、
ちっちゃいころから怒鳴り続けて育ててきたので、免疫がついてしまったらしく、怒りの効果は実はあんましなかったりします。広い心で見守ろう…と思ったりもするんですが、見てるとついつい怒鳴りたくなる。

ぜひぜひ。走ってみてください。草津は走らない家族も慰安できるので、よいですよ~。やんさんには少しやわすぎかもしれないけど(笑)

喜んでます

えーじさん、
ちょっと嫉妬しますが、親父が褒めたことより、えーじさんのこのコメントに喜んでます。スポーツは苦手な子なんですが、自転車はなぜか肌に合うそうです。あとすれ違う皆様の笑顔や親切にも感動を覚えているようで、皆々様のおかげでございます。
ところで、ご褒美に買ったジャージですが、これがにくらしいほどに似合うのです。で、それを見た私、ひそかに痩せる決意をしております。

叱りたくなるのですよ

おれんじきゃのさん、
一見良い子風の風貌をしておりますが、一緒にいると叱りたくなることばかりするのですよ。
それとこっちも羨ましかったりするんですよ。自転車と出会ったのが遅く、自堕落生活のため、かなり体力が衰えてからだったので、まか&きゃのさんのようにもう少し早くはじめられてたらな~と、山で喘ぐたびに思っております。

がんばりま~~す!

row-kumaさん、
道案内しない、パンク修理放棄…すればやつなんて走れねぇ。ふふふっと大人気ないことをちらっと考えてみたり(笑)
ところで、ここ数週、草津に向けて数回のお山上りをしましたが、真面目に堪えましたです。まず、体を治して、そして減量にも真面目に取り組もうと決意しております。ほんとまだまだ負けを完全には認めたくないです。

(^○^)

遅くなりましたが、お疲れさまでした(o゜◇゜)ノ

ひさびさにずんどこファミリーの皆さんにお会いできて
草津に行った甲斐がありましたw
ダニー君の成長振りにびっくりし、
ずんままさんのお姿に(´▽`) ホッ
隊長のお腹に(-ι- ) クックック

途中なんとかダニー君に追いついた時は
このまま曳いてもらおうか、とも思いましたですw

ダニー君へ
週末漕ぎたかったら連絡おくれ~
まだずんどこさんが行ったことないとことか
案内するでよ~
( ^^)r おいでおいで

ありがと~!

まかだまさん、
とくに走行中の声援はうれしかったようで、やるぞ~の気持ちになったようです。たしかにオールスポーツの写真をみると、歯をくいしばって格闘してたみたいで、よしよしです。
いまどきの中学生はなかなかに忙しく、また、たまに予定がつきそうでも、親父は土日の仕事が多いので、、そんときは迷惑かけさせてもらうかもしれません。でも、くれぐれもやわいとこにしてね。あんまし強くなられると困るんだよ。まだ。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/546-46617d68


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。