1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜朝の東京駅ホーム。
こだま号
いつもはどす~んと暗い気分で佇んでおりますが、心躍る気分で出発を待つ。だって、仕事じゃなく、
ひさびさ走るぞ!
輪行だもの。ひさびさ走るんだもん。

体の不調から、しばらく自転車に乗ること自体控えておりましたが、
目の浮遊物は透明となったことで、なんとなく違和感にも慣れてきたし、
肩のほうは、消炎鎮痛剤を貼ってさえいれば、そう痛みは感じないし、
そろそろと思っていたところに目にした、SNSでのイベント告知。
メンバーをみると、強え~のもいるけど、僕以上に走ってないのもいるじゃん!ということで参加表明。

集合場所の三島駅を目指します。
当初は7~8名の参加が予定されていた本日の企画ですが、皆それぞれに仕事や予定が入ってしまったりで、最終的な参加者は4人になっちまったのが残念ですが、参加できなかった人の分まで、存分に楽しんじゃいましょう!
小雨まじりのなか
イベントリーダーのイシダさんを先頭に、青春さん、ラッキーさんとともに、小雨のなかを走り出します。
「とりあえず修善寺まで行って、天気と相談して、その先を考えましょう。最悪、修善寺ゴールで温泉入って、飲みはじめちゃってもいいし」
―お~!賛成!!
こちとら久々の休日休み。それでも十分なリフレッシュになります。

さすが石田さんは元ジモピーである。
下田街道やら、河川敷やらを上手につなぎながら、先頭を走ってくれます。
―これなに川ですか?
「狩野川です」
こぶなつ~りし、かのかわ~♪
景色の素晴らしさに誘われ、ぴゅ~っと飛び出していった青春さん。
そこかしこで鮎つりにいそしむ釣り人の姿を見つけることができました。
そんなのどか~な景色のなかをしばらく漕いでいくと、道表示に「修善寺」の文字があらわれます。
「食ってきます?」
の問いかけに、全員即決で、通りがかりの蕎麦屋さんに。
禅寺そば
お店の名物「禅寺そば」を食す。
でっかいワサビがついてきて、それを自分でおろしたり、ゴマも自分ですったり、楽しいお蕎麦でございました。んで、この写真では隠れてるとろろが非常にうまし!

ということで、第一食目は大成功、天気もどうにかなりそうなので、予定通り、狩野川をのぼっていくことにしました。じょじょに、徐々に、傾斜がついていくことになります。
目的は天城越え
はい。本日の目的の1つは♪天城越え~♪です。
おっ、さすが!イベントリーダー!
傾斜がつきはじめると、後ろにさがる。皆の安全を後ろから見守るという気遣いを忘れない(笑)

実際のところは…
順調に傾斜をのぼるラッキーさん、青春さんの姿が遠くなるのを見ながら、
「ずんさん、やっぱり自転車は普段から乗ってないと辛いね」
―うん、しんどい。最近は乗るたびに体力の低下を確認してるよ。ぜぇぜぇ
などの会話が繰り広げられておりました。
浄蓮の滝
ということで、休憩ポイント・浄蓮の滝にたどりつく。
名物のわさびソフトで糖分補給と思うも、、、
「わさびソフトはこの先のほうがいいです。生わさびだから」
と青春さん。もうねぇ。。。やたら詳しいの青春さんって。このあたりのこと。
なので、鞭打って、進み。
生わさびソフト
ありがと。がんばった甲斐があった。うんめぇ~です。つ~んと効きます。香ります。

さぁ!もうひとふんばりです。
ラッキーさん、青春さん、私、イベントリーダーの不動の順。
とちゅう、青春さんが立ち止まっていた。
「ラッキーさん、旧道の天城隋道のほうに行っちゃったんですよ。早いから追いつかないと思うけど、追ってみますね」
う~ん、元気だ。
しばらくすると2人して戻ってくる。ラッキーさんはどうやら物見遊山で見学に行ったらしい。余力があるってステキ。

さて、本来のコースに戻ります。まもなく、天城トンネルに到達し、
天城トンネル
それを越えれば、長き上りはようやく終了。
あとは名所「ループ橋」を含めて、下る、下る。
幸いにも路面は乾いたところがほとんどで、快適、最高の気持ちよさである。

下りきったところが「河津」です。ここでも青春さんの案内で、
桜並木
かの有名な河津桜の並木です。
あいにく案内された先にあった足湯は終了時間で入れずでしたが、
冬のシーズンはさぞかし見事に咲くんでしょうねぇ~。
ここはのんび~りと進み、並木を抜けると、そこには…
海だぁ
磯の香り。ようやく海にたどり着きました。
三島~河津
本日仮デビューのわがニューサイコンの表示によると、
伊豆半島縦断(三島―河津間)の距離62.6キロ。
意外に近いと思う頭を打ち消すように、なまった体には結構こたえた行程でした。

さて、予定ではこのあと伊東に向かうことになってます。
―なになに、あと35キロくらい?楽勝じゃん!
と思った私は、房総のまったいらな海岸線を思い描いてしまったわけですが、
ほんの1~2キロ走ったところで、
―拷問だ~!無理だ~~!
と思いなおす。
伊豆の海岸線って、きついのね。天城越えより余程、きっついよ。
なんとか稲取のセブンイレブンまでたどりつき、
時間と体力に相談しながら、皆で相談した結果、
「とりあえずのゴール場所かえましょ」
さすが盟主君という別名もあったコースリーダーさんの英断で、伊豆稲取の駅前をゴール!
700Cジャージ初走でした
ここまでの走行距離70.3キロの自転車の部完走記念写真。
しっかし、さぁ。ラッキーさんと同じジャージのはずなんだけど、、、なんか着られた印象が違う(爆)

さ、では。
本日のイベントの実はメインかもしれない自転車以外の部。
リンコウ講習
まずはイシダさんに、ちゃんとしたしまい方を教わり、いかに自分がいままでいい加減に包んできたかを思い知る。ありがと。
んで、電車を待つ間、待ちきれずに、缶ビールで完走のお疲れ乾杯をし、
帰るべき東京・神奈川とは逆方向の電車に揺られて、伊東駅に。
そこにはなんと!スペシャルなゲストが用意されておりました。
イシダさん、あんたほんと粋なことするねぇ~。
ケイサンさんでした。
なんでもjinさん、hirotoさん、junさん!そして、あっしの4人が集う予定だからと、連絡をつけてくれていたのでした。あの熱い冬~春を思うと、ちょっと感涙の出会いです(笑)

んで、特別ゲストの身分だというのに、
ケイサンたら、会うなりチケットを差し出すではないか!なんとスパ無料券。
自転車で汗、泥だらけの4人にはなによりのご馳走です。
さいこうだよ、天城越え後のお風呂、絶景の露天風呂。あ~、さっぱりした!!
んで、お風呂のあとは、ケイサンの運転で、
(あの~、なんで私が自動的に助手席に割り当てられるんでしょうか。腹に視線を感じます)
うめぇ~魚、つまみが食べられるお店に移動し、飲みなおして、わいわい、ガヤガヤ!
気がつけば、9時を回っているんですが、、、
「俺たち、帰れるのか?」
ぼく自身は、いいよ。もう、泊まっちゃおう!って気分になってますが、
よくよく考えると、明日日曜も仕事はあるし、
こんな時間まで遊んでも東京に帰れるんだね
各駅に揺られて、終電終電を乗り継ぎ、深夜1時過ぎに地元駅に到着。

イシダさん、青春さん、ラッキーさん、そしてケイサンさん!
楽しい1日をありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

久々に乗るには結構たいへんなコースだったようですね。
行く先に「美味しいもの」が待っていると暗示でもかけないと先に進めないような...

日帰り輪行なのに,終電までひっぱって飲んじゃうあたり,みなさん相当の悪ですね。
というか,タフなんですね。

ところでニューサイコンはいかがですか? いろいろデータが取れるのでしょうか?
使われてる事例が少ないようなので,ちょっと興味ありです。

どきっ!

やんさん、
ラッキーさんと青春さんの小さくなる背中を見ながら、やんさんがいたら、米粒以下になってるな…なんてことを思いながら、ひ~こらしてました。とくに伊豆の海岸線をなめてた、もういっぱいいっぱいでした。少しずつ前の自分を取り戻し、さらには追い抜きたいと思ってはいるのですが、ど~なりますことやらです。
たしかに…これで辛いもの好きのJさんとか、M屋さんとかが予定通り参加なされてたらと思うと、ど~なってたんでしょう?この旅は。次回、企画されたら、怖いものみたさでご参加しませんか?

ところで、どきっ!今回は海岸の標高が200メートルとなっている通り、スピード、距離以外はなんの設定もせず、試しに使ってみたのですが、説明書によると、いろんなデータがとれて、PCでいじれるようです。が!僕の場合、しばらく「仮使用」が続きそうです。箱を開封して、しばらく置きっぱなしにしていたら、非常に重要なパーツが……なくなっちゃったの(泣)つまり、正常に稼動させるためには、同じのをもう一個買うという暴挙が必要になってきます。いま考え中。

楽しい一日を ありがとうございました
実は 私も一瞬 泊まっちゃおうかと思っていました

これからも よろしくお願いします
今度 赤羽辺りも案内してください

こちらこそ!

らっきーさん、
こちらこそ、こんなヘタレとご一緒いただきまして、ありがとうございました。最初はこんなペースに付き合っていただいて、と申し訳なく思っておりましたが、楽しかったですよね。ほんと伊東に泊まりたくなりました。

赤羽。ぜひどうぞ!朝早くお越しいただければ秩父方面お山含みで適当に100オーバーして、早々と帰って、極上の夜の赤羽コースなんていいかもです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/556-9206c2bf


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。