1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ん、では。
走行編に移りたいと思います。

今回、われわれが参加したのは、昨年に引き続き、宿泊45kmコース。
ぐるっとまるごとすると110kmある栄村コースのおよそ半分の地点にある秘境・秋山郷に前日移動し、
そっから先のコースを自転車で走りましょう!といういいとこ取りのコースです。
でもね。コース前半の上りは省略できるとはいえ、「平坦」という言葉はほとんど存在しない、
普段、山岳に足を向けないものにとっては、なかなかに厳しい道程だったりします。

まずは…
集合写真
同宿の皆さんと、記念写真をパチリ。
で、健闘を誓ったあと、速い方のお邪魔をしないように、すごすごとスタート後列に移動しようとすると、
Takuさん&ちゅんちゅんさんから手招き。。。
―そうだね。お二人のお姿はもうゴールまで見られないだろうから、スタートくらいご一緒しよう!
とスタート第二組の列に加わる。
(しかし、びっくりしましたね~。このお二人、わが家と極めてご近所さんであることが発覚!今後ともよろしくです!くれぐれもお手柔らかに…)

んで、号砲出発!
Takuさん&ちゅんちゅんさん、行っちゃった~。ばいば~い♪
しばらくご一緒してくれたitaさんは、帰りの電車の都合もあり、そうそんびりと走っていられません。ということで、、、また、ぜひご一緒の機会を!
ばびゅ~ん
と、小径でばびゅ~~ん!行っちゃった。
「昨日は楽しかったね。また、ゴールで会えるといいね」
うん。それはあなたのがんばりにかかってる。
―じゃ、われわれのペースで進みましょう!
まずは、本日のペース確認。徒歩ペースを覚悟してましたが、
意外と順調
表情から判断して8~10km/hでなんとか上っていけるようです。意外と順調?
「車はほとんど通らないんだね」
―うん、でも去年、息子はベタインでわざわざ斜度のキツイところ選んで走ってたよ。
「安全重視派のあの子らしいね~」
と、母はキツメの左側をあけ気味に走る(笑)ちなみに父もベタインは回避派だ。
―どう、意外と楽勝?
「いや、考えていた通りにキツイ」
―ははっ。でもさ、もうここスタート地点から見えてたところだよ。
「え!もうあんなところまで上ってきたの?自転車ってすごいねぇ。ほんとだ、もうこんな高いところにいるんだ」
徐々に小さくなっていく眼下の村の光景に、上ってきたことを実感し、それを励みに上っていきます。
―おっ!トンネルだ。長いよ。でも、涼しくって気持ちいいよ。
「やっほ~。涼しいぃ!」
なんか上機嫌みたいだ。で、この約1.5Kにわたるトンネルを抜けると、
トンネル
そこは…
最高標高
45Kコースの最高標高。
「あとは下るだけ?」
―いや、まさか。ただ、文字通り、これ以上高いところには上らない。ただね、ここを下ると、お楽しみがあるよ。
充実の補給所
栄村名物。村民のご厚意による充実の補給所です。
妻、漬物や果物を堪能する。初のマタタビにも感動したみたい。
ところで、あれ?いま気づきましたが、写っている方はitaさんと同じジャージ?お仲間の方でしょうか?

「ごちそうさま~。おいしかったです!」
元気を取り戻したようです。ん?でも、さっきよりペースが落ちたかな???
おなかが…
「えーのかみさんの美味しい朝食を食べて、いま補給所でたくさん食べて…、おなかがいっぱいだよ」
―なるほどね(笑)

ところで、私のサイコンにはラフな標高が表示されますが、
先ほどの最高点に比べれば、2~300メートル下ったこの場所あたりは「むっ」と感じますが、
空は曇りがちで、心配していた灼熱とは程遠い気候。これはありがたかった。
さらには、時折、大粒気味の雨も落ちてきて、
「雨が気持ちいい!」
と妻はご機嫌。
―ただ、下りは細心の注意ね。泥なんかには乗らないように。
「わかってるよ!」
たしかに、ひさびさに自転車に乗るようになって、以前と変わったのは「下り」。
以前は下りをびゅんびゅん飛ばすお調子者で心配してたんだけど、最近はとっても怖くなったらしい。
こっちもかなりスピード落として下ってますが、振り向くと見えなくなったり。。。
「嫌だね~。下りは、これならずっと上ってたほうがいいよね」
―え!?俺、それはいやだ。
そんな調子で、慎重すぎるほど、時間をかけて下り。
つり橋へ
昨日、2人で観光した北野天満のつり橋に到達。
「写真、撮ってあげようか?」
はらが…(泣)
おっ!こちらを気遣う余裕があるとは、まだまだ行けそうだね。
(しかし、すげぇ、ハラ)

さ、弁当タイム。
おにぎり弁当
「大きいね~。食べられないよ~」とか言いながら、しっかり一粒残さず、食ってるじゃん!
―しかし、いないかぁ・・・
実はitaさんは無理にしても、Takuさんたちには会えるかな~とも思ってたんだけど、速いな~、やっぱり。
も少し待つと、やじばばさんには会えそうだけど、
次の補給所のじゃがいもとトマトがなくなるのは嫌なので(笑)
―さ、行こう!このあとの坂、きついよ!
と出発することに。

「ほんとだ。食べた直後にはき、きつい」
と、愚痴こぼしながら、坂と格闘。
―ただね。ここを乗り越えると、ご褒美があるんだよ。
「また食べ物?」
いや、違う。栄村には希少な平地。
快適、快適
あんまし飛ばすと、このあとまた上るのに、ね。
「あっ!去年、写真撮ってたオブジェのところだ!」
―はいはい。急ぐ旅ではないので、止まりましょう。撮りましょう。
かたつむり
んで、もって、食べ物のご褒美もまだまだあるよ。
後ろが重い
ゆっくりとはいえ、連続しての上りとの格闘。漬物系はありがたい。
でね。村民の方はほんとにご親切で、僕の後ろのサコッシュ、膨らんでるでしょ。
「よかったら、ど~ぞ」
って、まるのズッキーニとか、ペットボトルとか、くれるの。
どんどん重くなってくの(笑)

で、次に目指すは参加者から根強い人気のアスパラの休憩所。
アスパラトマト
昨年、息子がやたらと食いまくったトマトを、今年は妻がやたらと食っていた。
父は今年はちょっとでかかったじゃがいもをもくもくと食す。うめぇ。

―さぁ、ゴールはもうすぐだよ。
絶景
「きついけど、名残おしいね~」
ほんと、残り距離表示が一桁となり、きつい坂を上りながら、あ~、もう終わっちゃうのか…不思議な気持ち。

最後のゴールに向かう坂。
向こうから見覚えのある方が激励の声援が。itaさんでした!
なんでも、午後早々にゴールし、温泉まで浸かり、これから帰りの駅に向かうところとか。
―ぜひ、またご一緒してください!
そして、、、ついに、、、おお~!!
がんばりました!
完走しちゃったよ!
昨年、長く体調不良の時期があっただけに、こちらのほうが感無量。
うん!がんばった!!それでは完走後の第一声を―。
「おなかいっぱい」
―はぁ? あっ、坂がおなかいっぱいってことね。
「いや、おなかがおなかいっぱい。でも、かなり感動!やった!という感じ♪」
すでにゴールしていたTakuさん&ちゅんちゅんさんに労いの言葉をいただきました。

そして、しばらくすると…ゴール地点に真打登場!
やじばばさん
やじさんの暖かいバックアップに支えらればばさんゴールの図。

これにて、同宿のお仲間全員、めでたく完走!!

さて、やじばばさん、Takuさん&ちゅんちゅんさんは羨ましくも、もう1泊してお帰りですが、
われわれは本日、帰らにゃいけません。
―でも、温泉くらい入っていきたいよね。
「北野天満の温泉にしようよ」
妻、去りがたいのか、自分が走った行程の温泉を指定。
のんび~りと疲れを癒し、風呂上りに「麒麟フリー」で乾杯。
後ろ髪ひかれますが、帰途につく。。。
―なんだよ、この渋滞。7キロ70分って、いくらヘタレでも自転車のほうが速いよ(泣)
自宅につき、本物のビールで乾杯ができたのは、、、なんと0時すぎ。

「来年はさ、うちももう一泊しようよ」
―そうだね。。。って、ん?
うれしいことに、妻、また出ちゃう気になってます。
「栄村、最高だよ!」

同宿のみなさま、
イベントスタッフの皆様、そして栄村の村民の方々、
楽しい思い出をありがとう!

完走後のお楽しみくじ。
私はあいかわらずトマトジュースでしたが(結果、大当たりですが)、
妻は大物をゲット!
きのこセット
で、さらにご機嫌に拍車。
スポンサーサイト

コメント

そのお腹に栄村の美味しい物がいっぱい詰まってるんですね。
お二人に乾杯です!

完走おめでとうございます!
とても楽しんでいらしたようで、うらやましいです。
それにしても、奥様はSPD禁止のままですか?
だったら余計に凄いッスv-12

お疲れ様でした

みなさんと話をしてから...とか思っていたのですが、時間に余裕があったので早い方のバスで帰ることにしてしまいました。(^^;
でも、ずんどこさんには帰り道でちょうどお会いできて、よかったです。

しかし、あの宿の食事、また行きたくなりますよね。
私はネコ部屋も平気ですので、来年はしっかり部屋数確保してもらいましょう。(笑)

ゴールでのくじ引き、私はトマトの国の入浴券を願ったのですが、トマトジュースをその場で飲むはめに...。(^^;

また来年、ご一緒できましたら、よろしくお願いします。

写真の私と同じジャージの方は110kmコースに参加の「チームじて吉」の仲間です。
弊ブログにも書いてますが、彼はあの日150km走ってるんですよ。(^^;
私も途中で追い越されてしまいました。(驚きの速さ)


栄村以外もたくさん

らっきーさん、ありがとうございます。

ラーメン禁止にしたり、お昼のカロリー気にしたり、最近はほどほどに自転車にも乗っているんですが、どうもおなかがへっこみません(泣)
ロングライドをすればいいんだろうけど、こう暑くちゃ、自殺行為だし、乗った後のビールはうまくて止まらないし…

ぜひ、フルコースを

Karasawaさん、ありがとうございます。

栄村45キロは前泊で日本の夏を堪能できて、それでいて走りごたえもあるコースなのでおすすめですよ~。ただ、Karasawaさんペアなら110も楽勝だと思うので、ぜひぜひ。フルコースのお二人にいつ抜かれるかな~とヒヤヒヤしながら走るのも面白いかも。

楽しかったです!

itaさん、最後にお会いできて、遅くてよかったと思いました(笑)
しかし、小径で早々とゴールし、温泉まで入って帰ったと、takuさんからお聞きしたときはびっくりしました。豪脚ですね~。今後ともよろしくです!

私、ほんとに猫苦手でして、普通は猫アンテナが反応して、徹底的に避けるんですが、あの宿なら何度も泊まりたいです。

完走おめでとうございます。
夫婦協力して無事完走、感動ですね。

帰りの渋滞は、みんな大変そうでしたね。
知り合いの参加の方は、途中温泉に入って完走したとか。まったくもって変人ですよ。

なんかもう坂がきついので2度と参加したくない!って思ってましたが、
ずんどこさんの日記を読んだら45キロなら参加してもいいかな~と思いました。
それでもきつそうだけど。
往復の運転も含めてお疲れ様でした。
来年は3人で参加ですか?
うらやましいです。

お疲れ様でした

ずんどこさんが朝食前に部屋から出てこなかったのは そういう理由だったんですねと 出発前に知りました

先週ブログを読んで どうも近くらしいとは思いましたが、あんなに近いとは(^-^;
今度ぜひ一緒に走ってください

> 最近はとっても怖くなったらしい。
栄村の下りはさしずめ白石峠を下る位に傾斜はあるしタイトですから怖いのは必然です
奥様のバイクのブレーキ関係をいじりませんか~

表紙

ぐるっと..のメインサイトの表紙がこんなのになってました~。
http://sakae100km.wakka.in/index.html

私は何故だかロードバイクで走るより、小径車で走る方が速いと言われてます。(^^;
気合いの入り方が違うと本人は思っているのですが。(笑)

来年は、、、

おれんじきゃのさん、ありがとうございます。
ただ、どこの夫婦も同じだと思うけど、実情は口喧嘩、ののしりあいしながらの、なにくそ走法ですよ。

んで、来年ですが、一応息子は中3になってる予定なので、受験勉強(予定)。よって、出場するなら、やはり妻と2人で宿泊45Kで、ほぼ決定です。

ちなみに、きゃのさん>佐渡210完走、この夏も妻有出場予定で、坂嫌いというのはあんまし説得力なし(笑)

Karasawaさんへ追記

あっ、回答し忘れました。
ぼくの恨みは深いので、当然平ペです(笑)

実際の話、ばてたときのスムーズなはずしがなぜか難しいみたいで、立ちごけが怖いみたい。ビンディングのほうが楽だよと言ってるんですが、、、坂の多いコースなので「押し」を考慮に入れた選択かと思われます。

こちらこそ

takuさん、
走ってください、面倒みてください、とお願いするするのはこちらからでございます。
ブレーキの件は前々から考えてはいたんですが、当方、史上まれに見る不器用&面倒くさがりなもんで、後回し、後回しにしておりました。今週末は帰省となりますが(ざんねん・泣)、ご近所さんのよしみで、ぜひともイジってくださいませ。心強いです!

ぎょへ~~!!

itaさん、
び、びっくり!このおなか、1年間さらされるんでしょうか(泣)おしっ!来年はへっこませて、出場してやる。めらめら。

ちなみに、あっしもロードより小径で走るほうが好きです。ただ、両方とも遅いけど(汗)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/565-8c535734


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。