1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物見山、参上!

「荒サイ」をホームグラウンドと名乗るからには、一度は行っておかないと、と以前から思っていました。物見山。荒サイ経由の有名スポットですね。出発時(11時ごろ)の天候は典型的な「曇り」。いちおう、のぼりが控えているそうなので、出かけるにはちょうどよいかもしれません。

最大の不安要素は、私が致命的な方向音痴であること。
どこで荒サイと別れるか、どの一般道を走るか、、
出立前にいろいろ調べましたが、結局、わたしのバイブルであるリンク先の「サイクルロード なびっ」内の推奨ルートを走ることにしました。だって、
「ヤジマさんの脇の道を突き当たる自転車道を真っ直ぐ」って、非常に簡単そうなので。

さて、荒サイを上流目指して上っていきます。
追い風を受けて、順調、順調です。気候もよく、ローディさんの姿を多いような気がします。
で、第一中継点と勝手に決めたヤジマさんのところで荒サイとお別れ。
ヘラ鮒?の釣堀との間の農道をひたすらまっすぐ。
―埼玉県って、結構、お米作ってるよな。。。というのが走った感想。
しばらく走ると、ローソンが見えたので、道を離れて、おむすび昼食し、元の道に戻りました。はい、突き当たりました!たしかに自転車道(川島・こども動物自然公園自転車道)がありました(えーじさん、感謝です)。
川島・こども動物自然公園自転車道

左に進みます。
都幾川を渡り、東松山市に入ると、だらだら~とわずかに上りはじめ、
こども動物自然公園、大東文化大の前は、、、
―ははっ、たしかに噂どおりに傾斜も結構きつくなります。
でも、そんなに長くないのがすくい。
手打ちそば・うどん屋さんの横の道を入ると、山道。涼しくって気持ちいいです。ただ、一瞬だけ踏み込むと、あっという間に到着です。
物見山

眺望は・・・ありません。ちょうど、ハイカーさんが通りかかりました。
「自転車で来たの? この辺も昔は見渡せたんだよ」
―いつごろですか?
「25年くらい前かな? そのころは景色もよかったよ。いまじゃ、木がすっかり育っちゃって」ということです。

疲れたので休憩場所で横になる。
晴

すっかり晴れてます。写真の下の物体は羊羹です。。。栄養補給。
心地よい風が吹き抜けて、眠っちゃいそう。
紫陽花

さ、帰ろう。
帰りは、残念ながら、全体的に向かい風。
ちょっと辛くなったので、本田航空に立ち寄ると、、
飛行船

初めて見ました!飛んでいない飛行船(しかもアドなし)。でっかいです。
元気を取り戻せたので、治水橋からは少し遠回りして、仮設の自転車道に。なんか通行できるようになったと耳にしたので。
自動車との混在部分が多いのが少し気になる、、けど。仮設だからしょうがないか。あと、水分補給の自販機がせめて1~2台あればな。。
走行距離 110.0キロ
体重 80.5キロ(体脂肪率:24.8%)
スポンサーサイト

コメント

物見山、初見参ですか~。
今日は天気も良くて気持ちよかったでしょうね~。物見山まで来ると、登り目当てで来る自転車乗りが多くて、ちょっと燃えますよネ。(^^)
ここを通って秩父まで行く時は「さて、いよいよ。。。」と思い、帰って来る時は「ひぃ~、やっと最後の登りか(まだ逆風の荒川があるケド)」と思いながら走ってますデス。

祝!物見山見参

オオッ!物見山に行かれたんですね。
初めてなのに迷わずに行けたのですから、全然方向音痴なんかじゃ無いですよ。

私も話の種に一度だけ行きましたが、坂のキツさよりも、周回しているローディの多さにビビってしまいました。場違いなところに来てしまったと...。
一人で行くには怖いところ...という印象が拭えず、それ以降は行ってません(笑)

感謝です!

えーじさん、本日は秩父コースの入り口を覗いてきました。この先は、またの(いつの?)お楽しみ(苦行?)にとっておきます。
それにしても感謝です。“カーナビ依存症”の私が迷わずにいけたのは、えーじさんのブログ記事のおかげです。とってもわかりやすい道だったし、ローソンがあったのも非常に助かったです。

いました!ア・ポア・ルージュ

オビワンさん、するどいです。
ちょうど斜度があがるあたりのところで、颯爽と下ってくる“白地に赤水玉ジャージ”さんとすれ違ってしまいました。正直、気おくれしましたです。ただ、その水玉さんはじめ、挨拶比率は高かったですね。。。よくよく考えると、坂で積極的に挨拶って、、余裕あるってことかもしれません。
今日はほんのご挨拶で物見山で引き返しましたが、いつかきっと、その先を攻めてみたいと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zundokoclub.blog87.fc2.com/tb.php/85-f3fc634c


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。