1. 無料アクセス解析

プロフィール

ずんどこ倶楽部

Author:ずんどこ倶楽部
長年の不摂生な生活で、体はすっかりなまってしまい、気がつけばデブオヤジ。ふとしたことで始めた自転車。これが結構、楽しい!そして、知り合いに会うたびに言われるのです―「最近、やせた?」と。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちらっと三陸

さすがに1週間で1,500~600キロも走ると疲れる。。。車の運転。
よって、本日はお疲れ休みといたしました。

先週の栄村に続き、今週は妻の実家に帰省。
花火
隅田川を凌駕する見事な花火大会を愉しんだり、
透明度の高い海で、海水浴したり、
ウニ、いくら、ホタテ、かに…夢のような食卓を堪能し、、、肥えた(汗)

さて、妻の実家はリアス式海岸で知られる三陸にあり、
以前から、走ってみたいな~と、車で行く夏の帰省時には自転車を積み込んでいたのですが、
例年は、持ち込んだ仕事処理で、終日机の人だったり、
さぁ!走れると思えば、雨にたたられたりで、結局余計な荷物になっておりました。

しかし、今年は差し迫った仕事はないし(いいことなのかしらんが…)、
なんといっても、天気が良好というか、関東地方に劣らぬ猛暑です。
(朝晩は涼しいですが、一般家庭にクーラーというものが存在しない分だけ、昼の辛さは上かも)

滞在2日目の午前中、ちょっとだけ走る時間ができました。
ささっとジャージに着替えて、義父母と集まっていた親戚に初披露。
「ほんとに自転車やってんだね。肩幅が立派だねぇ」
ようやく見つけた褒めポイントが肩幅だったんでしょう(泣)
「しかし軽い自転車なんだねぇ~。素材はなに?」
―炭、、、いやカーボンです。
「釣り竿みたいなもん?」
―そんなようなもんです。ちなみにギアはシマノ製なんですよ。
「へぇ、へぇ」
なかなか出発できないよ(汗)

さぁ~て、どこに行こうか?
有名人は…
2~3時間じゃ、海岸線沿いに釜石、宮古というのはとても無理そうだし、、、
かといってまったく地理不案内な場所なので、以前、義父に車で連れていってもらった手近な景勝地を目指すことにした。
ほんの2~3キロ走れば、、、
漁港
のどか~な漁港に。
止まっているとすんごく暑いんですが、漕いで感じる潮風が冷ためで心地よい♪
のどか~
JR大船渡線は、単線です。
車両が走る姿を撮ろうかと思いましたが、1時間に1本も走らないので、あきらめる。
出発から7キロ、起伏ばかりの道を漕ぎ進めると、
リアス式
リアス式の海岸線で有名な陸中海岸・碁石に到着できます。
ときおり見つけられる海水浴場は、文字通り碁石のような石ころの浜辺ですが、
持ち出し厳禁
持ち出し厳禁。
しかし、さぁ。。。
坂ばかり
これでもか、これでもか、、、と坂ばかり。でも、上りきって、少し歩くと、、
うみぃ~
絶景が待ってくれています。さらには…
焼きホタテ
朝飯直後だったけど、香りに誘われ、食べちゃった。
眼下の海岸に歩いていくと、
じゃぶ~ん
子供がじゃぶ~んと元気よく飛び込んでる。気持ちよさそ~!
この船着場からは観光船もでています。
観光船
そうだ!あの観光船を追ってみよう!っと。
こんなコース
ということで、地図の左下から、のぼって、、、
木陰は涼しい
木陰が多くて、涼しいです。
豪快に下って、、先ほどの地図の右上に到着。
景勝の地・穴通磯まではオフロードを上り下りする必要があるので、念のため持参した
スニーカーに
スニーカーに履き替えて、せっかくだから愛車のショットを撮ろうと、
自転車を抱えて、とことこ、ぜぇぜぇ歩いて、到着。
穴通磯
絶景を堪能したあとの
のぼりばっか
上り返しがキツイ!

往復 20.5キロ

荒川CRでいうと、新荒川大橋から堀切までの距離か、、、毎日走ったら、さぞかし強くなりそうな起伏ばかりのコースでした。
本日午前中、栄村に向けての積み込み完了しました。
結局、車載したのは…ロード。

妻子に坂を上るのはミニベロのほうが楽ちん、という事実がバレて、非難されたというわけではなく、
私には、ロードか、ミニベロを選ぶという選択肢がそもそも存在しなかった。

まず、妻のロードをいつものように収納し、
次にミニベロを…と思ったら、、あらら。ほかに荷物を置くスペースがないじゃん(汗)
そう私のミニベロはそもそもフレームが大きめだし、
泥除けがついてるから、ロードよりスペースをとり、わが家のコンパクトカーじゃ、
人間2人、自転車2台、大人2人1泊分の荷物+帰路必須の家庭土産
の収納はムツカシイ。

泥除けをとっぱらえば、楽に積めそうだけど、
信条として、僕のラレー君は泥除けあって、美しいと思ってるし、
ま、もっと分解を細かくすりゃ、当然可能になるけれど、
サイクルイベントを終えた疲れた体で、長時間かけて積み込みなおす自分の姿をイメージしただけで、却下。

ということで、栄村。
今年もロードで、今年は妻と一緒に、楽しく走ってきたいと思います♪
暑い土曜日に、終日外仕事してたら、とっても疲れてしまい、
―明日の妻との約束反故にしようかな。栄村のためのその3:洗車…っていうのもオツかもしんない。
なんてことを思い寝床に入るも、、、朝6時前に目が覚める。嗚呼、老化。
せっかくの休日だけど、起きちゃったものはしょうがない。
―走りに行くよ!
本家ジョーのその3は、たしか必殺のクロスカウンターだったような気もするが、
ま、わが家なりのその3を実行に移しましょう!

目的は「上りに慣れること」。
片道50~60キロを使って、暑い荒サイのなかなんて論外なので、
車載、車載。
都幾川の駐車場まで、とぶ。
で、自転車を組み立て終えたころ、2台の自転車が戻ってくる。。。ん!?もしかして、来週の本番でご一緒するTakuさん&ちゅんちゅんさん!奇遇なこともあるもんです。しばしお話し、
―来週もよろしくおねがいしま~~す!
(にしても、ちゅんちゅんさんの愛車、、、あなうらやましや)
んじゃ、出発ね。

当然、向かうは、
松郷
松郷方面です。実は、息子の強いえらそ~なアドバイスで、
「母ちゃん、松郷―定峰―刈場坂くらい走れなきゃ、栄村楽しめないよ」
とのことでこちらに足を向けましたが、暑かったら、松郷往復おしまい、移動して物見一周でいいや!の目論見でございます。あっというまに松郷のぼり終了。
―あっという間だったでしょ?
「いや、辛かった」
うう~~ん。物見移動の公算が強くなったようです(笑)

ただ、松郷のぼりだけじゃ、ちょっと「その3」と題するには名折れすぎるので、だまして下らせ、折り返す機を逸して、あっ、カレー屋さん過ぎちゃった。産直センターまで来ちゃった。
―どう?辛い?
「いや、先週の湘南の暑さに比べれば暑さもやわらかいね。大丈夫だから、先進もう!」
この言葉どおり、定峰までのなが~い、だらだらのアクセスもピタリとついてきます。どうやら大丈夫みたい。でも、念のため…
白石車庫「
白石車庫で本格的?上り前になが~い休憩。
「風が心地よいね~」
―ほんと、冷たくって気持ちいい♪じゃ、進むよ。
定峰
斜度もほどほど、日陰が多くって、ほんと気持ちよし。
「○○○(息子)は、こんなとこ上ったの?」
―うん、当時はようやくだったけどね。たぶん、今なら15~20km/hくらいですいすい行くんじゃない?
「……」
本日はゆっくり、ゆっくり進みましょう。がんばってれば、、、
茶屋に!
ほら!着いた!
うどん
かる~く、もりうどんをかっこむ。
―どう進める?それとも折り返す?あと3キロで白石のぼりにぶつかって、それからも少しいけばあの刈場坂絶景ショットスポットだけど。松郷はあれだけ長い時間下ったってことは上り時間も長いよね。
というかなりの誘導尋問で進ませる。

しかし、さぁ。。。
本日私はミニベロでのんび~りと進んでるわけですが、なんて、上りが楽なんだろうか。
―うん、冗談のつもりだったけど、栄村はこいつででよう。き~めた!
と思ったときのことである。パン!!!!!!ケタタマシイ音。あちゃあ~~!パンクだ。しかも、
鋭利な刃物
鋭利なブツを踏んじまったようです(泣)タイヤ表面がぱっくりだ(泣)
さびしい背中
う~~ん、パンク修理のパッチを内から、外から貼りまくり、補強するも、、、
だめだね、たぶん
たぶん、ためだね。また、パンクするね。あと10キロくらいもってくれると、駐車場まで・・・バン!
1キロちょいで、予想通り(汗)
―あと1キロくらいでグリーンライン始点という表示があるから、そこで待ってて。押していくから。ちなみに斜度きつくなるけど、がんばってね。
こっからちょっときついからね
お~、がんばってる。
こちとらミニベロとはいえ、鉄のおも~い自転車を押して、クリートかちゃかちゃ、、、ツラいよ。
がんばった!
―どうだった?最後のほう、つらかったでしょ?
「うん、よろよろでがんばったよ」
お疲れさん!ところでさ、、歩きながら考え出した善後策を告げる。

―せっかくここまで来たんだから、本当は刈場坂まで連れて行きたいんだけど、とても押して歩けないから、今日はここでごめん。あきらめてね。んで、自転車貸して、待っててくれる?白石峠下って、自動車持ってくるから。

んで、ひさびさの白石峠(下り)。
すげぇ~、やっぱここはすげぇ~。ブレーキ握ってる手がつらいぞ。
(ば~ん!)
―ん?ずりりり(こわっ!すべった)。。。
なんと、笑い話じゃないけど、またパンクだよ(泣)
あちゃ~~~
なんか踏んだ?それともこんどは体重のせい???
ま、上で妻を待たせているので、さっさかさと直し、下る。
パンク修理の時間ロス分、飛ばし、、、
―おっ!
ローラー以外ではじめてこのTREK乗ったけど、かなり走るのね。感心しながら、疾風のごとく(自分比)駐車場へ。んで、急ぎ詰め込み、Uターン。

ふふっ、おかげさまで上ったよ。白石峠。
なんじゃ、この尋常のなさ
(オンボードカメラ映像・笑)
車でのぼってあらためて思っただ。
―1回でもここ上った俺って、すごいんじゃねぇ~?
うちの1500CCの車のエンジンが悲鳴をあげてるよ。人力でのぼるとこじゃねぇ・・・

頂上に到着すると、
妻はすっかりどっかのおじ様と話し込んでおりました。
―ごめん。遅くなった。また、パンクしちゃって。。。
「やっぱりね」
で、刈場坂の絶景は次回の宿題にすることにして、本日はそのまま車で、展望台へ。
絶景
ほぼ自分で勝ち取った景色だ。どうぞ、堪能してください。

んで、がんばったご褒美と、いろいろ迷惑をかけたお詫びに。
かんぱ~~い!
豆乳ミニソフトで乾杯!@豆腐工房わたなべ

走行距離 30キロくらい
ということで、明日5日より息子。
あの赤ちゃんがねぇ。。。感慨。
14歳。
んで、もう十分にプレゼントは買い与えましたが、
―14歳を迎えるにあたって、どうしても一人旅がしたい!
というので、
旅の行程表を提出させ(数箇所手直しはしましたが)、結果OKと軍資金を渡し、
今朝早く、緊張しながら、旅立って行きました。
行き先は、チルドレン世代の本拠・箱根(笑)

リビングに残された夫婦。
「大丈夫かね?」
―大丈夫だよ。ちと不安だけど。
「そうだね」
―さ、こちらも出かけよう!

さて、昨年、息子と参加して、いい思い出を残してくれた栄村
今年は妻と2人で参加すべく、エントリーしておりますが、気がつけば、もう1ヶ月を切っているではないか。
―そろそろ練習に入ったほうがいいと思うよ。
ま、人のことは言えないけれど、わが妻、体調を崩していたこともありますが、この旦那以上に乗ってない。
そこで、参加するからにはせめて全エイドステーションを制覇したうえでの完走をさせてあげたいので、
この7月は、ささやかな強化月間にしたいと思っております。

本日日曜は、その第一弾:栄村完走のためのその1~とにかく平地でロードの感覚を取り戻すべし!~

出発時点では幸いにも曇ってくれていますが、万が一、昼間に晴れちゃうと、ホームの荒川は逃げようもないので、本日は…
芝川CR
芝川CRに進路をとることにしました。
一般道との交差が多いので、億劫ではありますが、ヘルシーロードに抜ければ、荒川よりは涼がありそだし。
―さ!がんばろ!!
と声援を送るものの、ん?あれれ??マイ・サイコン表示20キロですでに放れていくんだけど...。
ひさしぶりにしても、、、ちっと遅すぎないか!?!?
―それとも、やっぱりまだ自転車乗るのは無理なのかなぁぁぁ。。。
と少しの不安も過ぎりましたが…、なんのことはない。
最初の休憩
最初に休憩した↑ここ↑で妻の自転車を点検してみると、
―ん?ブレーキきつめ?ホイールこすってるじゃん!
よくここまでがんばりました。
なのでちょちょっとここで調整して、
ヘルシーロード
一転。木漏れ日のヘルシーロードを快調に走っていく。

え~、本日の目標は、ど~んと大きくでて、利根大堰までの群馬タッチです。

んで、推定120K前後にはなりそうだから、補給は早め早めにね。
うどん屋
店名は「彩讃」っていったかな?
二度目の訪問となりますが、ここのうどん結構お気に入り、初めて頼んだ舞茸天もうまかった。

んで、満足して店をでると、薄曇りの天候がぴーかんになってた。
そんななか、のんびりペースを意識して走りますが、、、
―う~ん。遅れ気味だ。ひさびさだから仕方ないね。行き先、変更しよ。そういえば、やじばばさんのブログで...うん!あそこにしよっ!
菖蒲町ラベンダーまつり
菖蒲町で開催中のラベンダーまつり。
北海道以外で、こんな素敵なラベンダー群を見たのは初めてでした。
んで、なんといっても香りがGOOD!
うっとり
疲れを癒す妻でありました。

―暑いから、無理しないでここから折り返そうね。
と言った本人自身がもうヘトヘトなのであった。だって、、、
あぢっ
太陽が容赦ないんだもん。
往路では「いまごろ息子はロマンスカーかな?登山鉄道かな?…」とそんな会話ばかりしてましたが、もはや頭くらくら、いくら愛する息子であろうと、、、気遣う余裕なし。そんななか、、、
ミニストップ。。。すげぇ!
ミニストップのマンゴーなんちゃらってデザート。。。すげぇなこの旨さ。まじめに感動して、生き返る。

おかげでほんのちょっぴりペースアップし、
さらにありがたくも、恵みの夕立に出会いながら、なんとか地元にたどりつく。
家に帰ってしまったら、二度と出かけたくはないであろう疲れ具合なので、
セブンにラック
(荒川近所ってこともあるんだろうけど、セブンイレブンに自転車ラック!!)
しっかりと自宅近所でビールを買ってから帰宅し、乾杯。

数時間後、息子も無事帰宅。
心なしか、、、精悍な表情をしているじゃないか...さらに、乾杯!
ホロ酔い状態で、息子が撮ってきたデジカメスライドショーをみてたら、うるうるしちゃったよ。

俺って、幸せかも。

走行距離 84.4キロ
いや~、びっくりした!
いまお風呂に入ってきたんですが、
午前中からお昼にかけて、ほんの3時間弱走っただけなのに、
手と膝下がまっかっかに日焼けしておりました。

ということで、前エントリーの続き。
新たな思い出を作ろうと、息子を誘ったところ、あっさりと振られるも、
代打、、、もとい、本命の妻が誘いに乗ってきてくれました♪

―じゃ、昼飯は食べてくるから、お前はこれで適当に食べといて。あっ、お釣りとレシートはあとで渡せよ。
と、冷たい息子には1000円札を渡して、GO。

持ち時間は1時ごろまでか、、、となると河口だな。
「おっ!追い風」
快適、快適♪
妻は非常にご機嫌で、すいすいと漕いでいく。
―あのさ、帰りは向かい風だからね。あんま調子に乗らないほうがいいと思う。
「うん、気持ちいいねぇ~」
あまりの快適さに、馬耳東風みたいだ(笑)なので、本日の課題を1つ与えることにした。
―復帰後、堀切、先週の荒川ロックゲートと徐々に距離を伸ばしてるから、今日の目標は河口まで(23キロ弱)休憩なしで行くことにしよう!
「わかった!」

さて、夫婦のペアライドっていうと、会話たっぷりの仲睦まじき光景を思い浮かべるかもしれませんが、
最初こそ、
―いい陽気だねぇ?「うん、気持ちいいねぇ」なんて天候の話を繰り返しますが、、、
15年も一緒にして、とくに今日のようにホームコースのような場所を走るとなると、とくに会話はない。
ただ、うちの場合、妻が療養明けなので、最初のほうこそ、ちらちらと振り向いて、様子伺いのようなことはするけど、追い風の今日は順調そうなので、途中からはスピードを上げないことだけを気をつけて、黙々と漕ぎ、、、瞬間、存在を忘れてしまったりして、慌てて存在を確認しようと、後ろを振り向くと、、、
―ごめ~~ん!!
米粒化
ほんのさっきまで斜め後ろにピタッといたと思ったのに、米粒化してたりする。

でも、なんだかんだで、順調に。
ひさびさの河口
目標達成!
―ここまで来たのひさびさでしょ?
「うん、1年ぶりだね。Aママさんやaiさんたちと来て以来だから」
―そうか。おめでと。

さぁて、と。
んじゃ、今度は本日のこっちの目的ね。
―帰りはゆっくり。ラーメン食べてから帰ろう!
「え!ダイエット中でラーメンは禁止じゃないの?」
―いいの。走った日は。無理すると続かないから。3週間もラーメン食べてないから食いたいの。
「……」
あきれ顔は無視である。

目指す場所は、先週のジョイントライドでやじばばさんから教えていただいた「菊や」さん。
河口からだと、国道4号の交差をすぎて、CRを離れて、すぐそこ。
菊やさん
―よかった~!今日は開いてたよ!!

私は着席するなり、珈琲牛乳ラーメンを注文し、、、
珈琲牛乳ラーメン
うん。たしかに!やじさんの言われるとおり、とんこつみたいで意外にイケる!!
んで、問題は注文時に耳を疑った妻のほうである。
―きた!ほんとのってるよ(驚)
アイスクリームラーメン
中央に鎮座するのは、、、そう。アイスクリームラーメンだ!!
冷やしラーメンに、アイスクリームを堂々とトッピング。
「これイケるよ。アイスクリームと青海苔の相性がこんなにいいとは知らなかった。こんどうちでも作ってみようかな」(妻談)とのこと。

しかし、さすがこんなメニューを作ったお店のご主人。
かなりユニークな方で、思わず話し込み、長居してしまいました。
―また、きま~す!!

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。